名言DB

9413 人 / 110706 名言

アラン・ジマーマンの名言

twitter Facebook はてブ

アラン・ジマーマンのプロフィール

アラン・ジマーマン。「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO(最高経営責任者)。カルティエに入社。その後、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)CMO(最高マーケティング責任者)などを経て「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO。

アラン・ジマーマンの名言 一覧

愛着ある腕時計は、身に着けるだけで自信や高揚感を与えてくれる最良のパートナーだ。そのような時計こそ、実はビジネストリップに最もふさわしい時計といえるのかもしれない。


時には、発表前の新しいコレクションに対し、厳しい判断を下すこともある。不快な点はすぐに改善を要求するため、スタッフは私の帰国を恐れているかもしれない。しかし、厳しい基準で限界を押し上げる努力は大切だ。


海外出張は、ビジネスパートナーやクライアントと会う機会であると同時に、現地の風土を肌で感じ、現地で生活する人々と知り合える絶好の機会。実際に現地で得た経験と知識は、ブランドマーケティングにとって重要な情報になる。そのため、出来る限り人任せにせず、自ら赴くようにしている。


出張で腕時計を着用するということは、プロダクトの確認をする絶好の機会でもある。例えば私が気に入っているボーム&メルシエの新作クリフトン・クラブは、ジャケットやシャツの袖に引っ掛からない薄型のデザインで、スーツと合わせたときの着用感がいい。それでいながらスポーティかつエレガントで、カジュアルな着こなしにもフィットする。高温多湿の地域に赴く場合には、レザー製のベルトではなくステンレススティール製のブレスレットを選択。着け心地や使い勝手は、様々なシチュエーションに遭遇するビジネストリップ中の着用で再確認できる。


アラン・ジマーマンの経歴・略歴

アラン・ジマーマン。「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO(最高経営責任者)。カルティエに入社。その後、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)CMO(最高マーケティング責任者)などを経て「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO。

他の記事も読んでみる

柏村美生

就業システムを改革することは簡単ではありませんが、トップの意識が変われば、着実に変わっていくはず。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

新卒社員に限らず、若い社員に接する場合には、その人の現状だけでなく、その人の「将来性」を感じ取る、鋭い感覚が経営者には求められる。


外山滋比古

株式投資は、偶然というものの存在を知る上でもいい。実際の経験で偶然の存在を知るには、一生かかることもある。偶然というのは非常に面白いものです。株式投資なら2~3年やっていれば、偶然というものがあることが誰にでも分かる。思うようには行かず、理屈通りにも行かないから。そして偶然に素直についていけば、偶然の良い面が出てくる。うまくいけば60%、悪くても30%くらいの勝率があるという形になってくる。


長谷川穂積

僕もそうなんですが、どのスポーツの選手でも自ら進んで練習をしたいという人はいないんじゃないですかね。でも、そんな気持ちに勝って練習するわけですよ。なぜかといったら練習しないと勝てないから。大勢の人が見ている前で負けるのがイヤだからです。人前で負けるのは恥ずかしいですからね。


五十嵐大介

自分は自分の出来ることしかできないんですけど、それが漫画の幅のひとつになってくれていれば少しは貢献できるのかなっていうのはありますね。


夏野剛

昔のサラリーマンは、「給料は我慢料」と割り切って我慢することが将来の安定に結びついたかもしれないけど、それは昔の話です。突き抜けたいのなら好きなことをやる。好きなことや得意なことであれば周りの人からも評価されやすいので、確率的にも食っていける可能性が高くなる。楽しみながら働くことが、一番の成功の近道なんです。


小山五郎

本当に、絵という趣味を持っていたことでどのくらい救われたか分かりません。「よく絵など描いている暇がありますね」と言われますが、私は忙しいからこそ描くんです。神様は1日に24時間しか人間に与えてくれない。要は配分の問題であって、ずっと仕事をし続けるなんて、できっこないでしょう。つまり、「逃げ込む場所」というものは、その配分次第で24時間の中で2時間でも3時間でも取ることができるのであり、それができないようでは本当の仕事もできませんよ。


戸塚隆将

独立したときも、友人たちに支えてもらいました。実は、私は「金がからむと、友情が壊れるのではないか」と心配していたんですが、最後に頼れるのは友人だと痛感しました。会社の看板といった社会的信用がなくなっても、友人は私のことを理解し、協力してくれたのです。個人的な信頼関係があれば、仕事と友情を両立させることができると思います。


野田一夫

企業は限りなく個性的であれ。


小路明善

感性を磨いていくと、データではないところでの判断、決断ができるのではないか。それが経営者には必要。


西村晃(経済評論家)

結局、時間管理で大事なのは、その人が24時間をどう活かしきるかです。ポイントは大きな時間の確保と、細切れ時間の活用です。あとは、その人にとって最適な方法で段取りすればよいのです。


コシノジュンコ

私の母の教育方針は「子供は放っておいても育つ」という放任主義でした。そもそも子供に「こうしなさい」と言っても、親の言うことなど聞かないのが普通でしょう。それよりも、親の姿勢や行動を実際に見せ、子供自身に気づかせたり、発見させたりするほうが、よほど本人の身になります。私も息子が小さい頃から世界中を連れ歩き、私の仕事や世界の現場を見せ、いろいろな体験をさせてきました。どう感じ、どう受け止めるかは、本人の感性によりますが、大事なのは本物を体験させることです。


岸良裕司

無茶ぶり目標を「理不尽」と捉えるか、「チャンス」と捉えるかは、結局、自分次第。


山本一成

人間の弱点は、何かを目にした時、そこに意味を感じて「物語」として理解しようとすることなんですよ。将棋でも相手の一手を見て、「これは後に続くこんな意味があるに違いない」と考えすぎる。すると、そうした物語が見えない手、常識的には悪手を過小評価してしまう。


猪子寿之

個人で出来ることなんて、大きなブームにはなり得ない。個人の働きなんて、たかがしれている。