名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アラン・ジマーマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アラン・ジマーマンのプロフィール

アラン・ジマーマン。「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO(最高経営責任者)。カルティエに入社。その後、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)CMO(最高マーケティング責任者)などを経て「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO。

アラン・ジマーマンの名言 一覧

愛着ある腕時計は、身に着けるだけで自信や高揚感を与えてくれる最良のパートナーだ。そのような時計こそ、実はビジネストリップに最もふさわしい時計といえるのかもしれない。


時には、発表前の新しいコレクションに対し、厳しい判断を下すこともある。不快な点はすぐに改善を要求するため、スタッフは私の帰国を恐れているかもしれない。しかし、厳しい基準で限界を押し上げる努力は大切だ。


海外出張は、ビジネスパートナーやクライアントと会う機会であると同時に、現地の風土を肌で感じ、現地で生活する人々と知り合える絶好の機会。実際に現地で得た経験と知識は、ブランドマーケティングにとって重要な情報になる。そのため、出来る限り人任せにせず、自ら赴くようにしている。


出張で腕時計を着用するということは、プロダクトの確認をする絶好の機会でもある。例えば私が気に入っているボーム&メルシエの新作クリフトン・クラブは、ジャケットやシャツの袖に引っ掛からない薄型のデザインで、スーツと合わせたときの着用感がいい。それでいながらスポーティかつエレガントで、カジュアルな着こなしにもフィットする。高温多湿の地域に赴く場合には、レザー製のベルトではなくステンレススティール製のブレスレットを選択。着け心地や使い勝手は、様々なシチュエーションに遭遇するビジネストリップ中の着用で再確認できる。


アラン・ジマーマンの経歴・略歴

アラン・ジマーマン。「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO(最高経営責任者)。カルティエに入社。その後、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)CMO(最高マーケティング責任者)などを経て「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO。

他の記事も読んでみる

吉田忠裕

東京一極集中というのは良い面と、悪い面がある。ビジネスも政治も全部集まっていること自体は効率的でいいと思うが、全ての役所や会社機能が東京にいた方がいいとは限らない。場合に応じて東京と地方それぞれに役割分担をすべきだ。


奥村政雄

60歳から70歳ぐらいまで勤めて自然に辞めてゆくというのが普通だった。自分自身の危険負担において自由に大空を飛んでみたいというのが希望である。誰からの制約も受けずに積極的に何かをやってみたいと思うのは当然であろう。
【覚書き:55年定年制を他社に先駆けて導入した時の言葉。余力を残し、第二の人生に踏み出せるようにとの想いから同制度を導入】


石川泰彦

当社の売上に占める人件費の割合は、実に82%に上ります。つまり、コストのほぼ全てが人件費であり、会社のリソースのほぼ全てが人だということです。従って、人への取り組みなくしては何も実現できません。


秋山浩保

どんな組織でも、自負が強くて「よそ者」に敵対する人は、少数ですが必ずいます。しらけた顔をしていたり、頼んだ仕事に手をつけなかったり。理屈ではなく感情的な反発だと本人も分かっているんですよ。でも、感情が先立ってしまう。その場合は、とにかく人間秋山を知っていただいて、この組織を良くしていこうという気持ちの共有を図ります。


武田良太

強い地域を作ればいいと思います。強い地域を作って弱い地域を守るという形です。そうすることによって大きな政府、大きな予算も小さくなってきますしね。足りないものすべてを地方交付税という形で守っていくのではなく、強い地域や強い産業から、弱い地域や弱い産業へとお金や人や活気などが流れて行くようなイメージです。


早乙女貢

家康の敗北の生かし方とは、次の機会までの力の蓄積の期間に転じることであった。ここに、負けて勝つ秘法がある。柔よく剛を制するのである。


ビル・ゲイツ

私は模範を示さなければならない。エコノミーを利用すれば旅費は少なくて済む。ファーストクラスでも、飛んでいる時間は変わらない。それに、私はエコノミーの席に収まらないような体型じゃない。ものすごく太っていたり、背が高ければまた考えも変わるかもしれないが。


三木雄信

会社員は、3年もすれば部署異動があります。ソリの合わない上司がいても、すぐ転職ではなく、少し待ちましょう。人は変わりません。自分が無理しても、苦痛でうつ病などになるだけです。無理なものは無理なのです。


高岡浩三

トップの意思が固くないと社員はついてきません。返品拒否を新聞で発表した時は随分いろいろな方が社長室まで押しかけてきましたけどね。でも、この出来事によって社内は変わりました。それまでは古い慣習からお客さんに非合理的な要求をされても、イエスと言っていましたから。でも、そういう場合、僕は断固として断ります。日本的経営のいい部分もありますが、価値を生まないものに対しては、すべて正していこうと思います。


守安功

インターネットのサービスは、何がヒットするのかは机上で議論しているだけではわからない。面白そうなアイデアはとりあえず実行してみることにしている。


水木しげる

私の職業である漫画家は、売れなければ終わりの冷酷な世界です。なんとか売れるようになった後も、ヒット作を捻り出し、マネーを獲得しないと食っていけない。普通の心臓ではもちません。よほど好きでないと務まりませんよ、ホントに。


池森賢二

毎日、必ず一日を振り返ることが習慣になっています。今日はあんなことがあったと。結局、そこで考えるのは「不」安を安心に、「不」快を快適に、「不」満を満足に変えてしまう商品や仕組みづくり。「不」の解消です。