名言DB

9419 人 / 110788 名言

アラン・ジマーマンの名言

twitter Facebook はてブ

アラン・ジマーマンのプロフィール

アラン・ジマーマン。「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO(最高経営責任者)。カルティエに入社。その後、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)CMO(最高マーケティング責任者)などを経て「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO。

アラン・ジマーマンの名言 一覧

愛着ある腕時計は、身に着けるだけで自信や高揚感を与えてくれる最良のパートナーだ。そのような時計こそ、実はビジネストリップに最もふさわしい時計といえるのかもしれない。


時には、発表前の新しいコレクションに対し、厳しい判断を下すこともある。不快な点はすぐに改善を要求するため、スタッフは私の帰国を恐れているかもしれない。しかし、厳しい基準で限界を押し上げる努力は大切だ。


海外出張は、ビジネスパートナーやクライアントと会う機会であると同時に、現地の風土を肌で感じ、現地で生活する人々と知り合える絶好の機会。実際に現地で得た経験と知識は、ブランドマーケティングにとって重要な情報になる。そのため、出来る限り人任せにせず、自ら赴くようにしている。


出張で腕時計を着用するということは、プロダクトの確認をする絶好の機会でもある。例えば私が気に入っているボーム&メルシエの新作クリフトン・クラブは、ジャケットやシャツの袖に引っ掛からない薄型のデザインで、スーツと合わせたときの着用感がいい。それでいながらスポーティかつエレガントで、カジュアルな着こなしにもフィットする。高温多湿の地域に赴く場合には、レザー製のベルトではなくステンレススティール製のブレスレットを選択。着け心地や使い勝手は、様々なシチュエーションに遭遇するビジネストリップ中の着用で再確認できる。


アラン・ジマーマンの経歴・略歴

アラン・ジマーマン。「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO(最高経営責任者)。カルティエに入社。その後、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)CMO(最高マーケティング責任者)などを経て「ボーム&メルシエ インターナショナル」CEO。

他の記事も読んでみる

兼元謙任

クレーム内容が、お客様の勘違いであった場合、お客様と私たちで意見の食い違った点を一緒に考えてもらうようお願いします。お客様との対決を避け、問題をいったん外に置いて、客観的にしてから一緒に誤解を解いていく。決して難しいことではありません。


小林一雅(小林製薬)

マーケティングをかみ砕いて言えば、消費者のニーズを調べ、商品を作り、消費者に認知させる活動のこと。そのために、価格や売り場、広告宣伝などを組み合わせていくわけです。


佐藤剛志(経営者)

散々な1日でも、振り返ってみると良かったことは必ず見つかるもの。たとえば、「○○君がよく頑張っていた」でも、「奥さんといい会話ができた」でも、なんでもいい。それが明日への活力につながる。


藤田聰

あなたの価値を上げるうえで最も重要なのがビジョン、つまり志や目標です。3年後、5年後の理想とする自分の姿を思い描き、実現に向けて行動を起こす。ビジョンは能力開発の原動力。


小久保裕紀

ある試合で、私の守備のエラーが原因で負けたことがありました。それで試合後に記者から取材を受けた時に、「俺の守備はしょせんこんなもん。どうにでも書いてください」と投げやりな発言をしてしまったのです。実は、数日前にもエラーをしてスポーツ新聞に大きく取り上げられたことから、記者の皆さんに敵愾心(てきがいしん)を抱いていたことも、投げやり発言をした一因でした。その翌日です。私は王(貞治)さんから監督室に呼ばれました。入るなり目に飛び込んできたのは、机の上に広げられたスポーツ新聞。王さんは、各紙に載った私のコメントをひとつひとつ指差しながら、「お前は本当にこういう発言をしたのか!?」と問い質(ただ)されたのです。私が真実を伝えると、王さんの大きな叱声が飛んできました。「バカ野郎! こんな発言をしたら、ファンはお前から夢を買えないだろう!」と。このひと言で、私はプロとしての己の未熟さを心から反省しました。外れた道を歩ませないように真剣に叱ってくれる王さんの想いを、本当にありがたく感じたからです。以来、インタビューで後ろ向きの発言は一切やめようと心に決め、その通りにしてきました。


木村弘毅

まずモンストなどで収益の大半を占めるエンターテインメント事業に重点投資を行います。一方で新たな柱となる事業領域の構築へ3~5年で1000億円規模の投資をする方針を示しました。新たな分野にしっかり種をまきます。もちろん、家族や友達とわいわい盛り上がれるものであることが前提です。


小川栄一

不平はエネルギーだ。人間は不平がなければ、働く意欲を失ってしまう。


村上信夫(シェフ)

よく、下働きの人たちを指図するのに叱りつけている料理人がいます。口やかましく。お客さんの方も江戸前で威勢がいいなんて。でもこれプロの職人じゃありません。私ども料理人は怒ったりしたあとに味付けをすると辛くなってしまう。ですから本当のプロの料理人は泣いたりわめいたりしなくなるものなんです。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

「長生きも芸のうち」って言葉があってね。若いころは「何を言ってやがんだ。噺家が長生きも芸のうち? 冗談言うねぇ。噺家ってのはね、やさぐれた商売で、酒飲んで遊んで、ばーっとやっているのがいいんじゃねぇのか。長生きとか、健康とかね、てやんでぇしゃらくせぇ」と思っていたんですよ。でもね、今年で私も54歳になります。父の林家三平が亡くなった年齢です。周りには尊敬できる70代、80代の先輩もいます。するとね、長生きも芸のうち……つくづくそう思うようになりました。


小杉竜一

僕は、相手がどんな腹立つタイプの先輩でも、1つでも尊敬できるところのある人なら飲みに行っていました。最初の頃こそ、言われること全部受け止め、それをできてへんって怒られ、ノイローゼになるかも……という感覚もあったんです。でも、途中から聞き流した方がええ、と。本人も覚えてないですから。同じ自慢話に何回「ホンマですか?」と言っても、「前も言うたか?」とは言わへんから。とにかく「ホンマですか?」って言いまくっていました。