名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アラン・シェパード・ジュニアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アラン・シェパード・ジュニアのプロフィール

アラン・シェパード・ジュニア。米国出身の初の宇宙飛行士。海軍のテストパイロットからNASAに移籍し、マーキュリー計画に参加。フリーダム7で米国人で初めて大気圏外に出た人物。その後、アポロ14で月面に降りた。月面でゴルフをするというパフォーマンスを行い、月でゴルフをした最初の人類となった。

アラン・シェパード・ジュニアの名言 一覧

長い道のりだった。しかし我々はここまで来た。


アラン・シェパード・ジュニアの経歴・略歴

アラン・シェパード・ジュニア。米国出身の初の宇宙飛行士。海軍のテストパイロットからNASAに移籍し、マーキュリー計画に参加。フリーダム7で米国人で初めて大気圏外に出た人物。その後、アポロ14で月面に降りた。月面でゴルフをするというパフォーマンスを行い、月でゴルフをした最初の人類となった。

他の記事も読んでみる

神成文彦

我々が期待しているのは、世の中にはいろいろな価値観を持っている人たちがいて、自分の一方的な意見ではなく、様々な角度から物事を見て、多様なアプローチの中から解を探していく、俯瞰力のある若者です。そうした人がこれからの時代のリーダーになっていくと思いますし、我々もそうしたリーダーを育成したいと思っています。


和田秀樹

媚び力も芸のうち。よく海外のビジネスは実力主義だから、お世辞なんて要らないと言う人がいるが、真っ赤な嘘。お世辞のうまい人ほど出世が早いのは、どこの国でも同じ。


横川竟

企業の価値は拡大だけにあるのではありません。体に良い商品を提供する。という志を失ったなら、自分が育ててきた子供のようなジョナサンでも、病死したと思ってあきらめるようにしています。もちろん、そんなことはあり得ないと信じているからこそ、潔く後進に後を譲ったのです。


石崎芳行

社会から認められなければ、どんなに凄いことをやっても駄目。


中原淳

上司との関係づくりが上手い人が、モノ申すきっかけにしているのが、移動中の電車や車の中です。電車や車では横に並んで座るので威圧感がありません。また、移動中は時間も限られるので延々と叱責されないし、他の客の目もあり、上司もあまり怒れません。そこで、モノを申す探りを入れるのです。いけると思うのであれば、自社に帰って本格的に案をまとめればいいのです。


奥山清行

イタリア人は、議論の最中はかなりきつい言葉でやり合っても、休憩時間になると何事もなかったように一緒にコーヒーを飲みに行く。そしてまた戻ってくると侃々諤々の議論をやる。なぜ彼らがそんなことをしているのかというと、自分が潜在的にしか考えていなかったことを、自分の言葉の中から探し出したり、相手の発言の中から、本人も気付いていないアイデアを引き抜いてきたりするといった作業を、議論の最中に行っているからです。


野口敏(話し方)

無理に「面白いことを言おう」「気の利いたことをいわなくちゃ」と考えるから、話すことがなくなってしまうんです。話題は何だっていいんです。たとえば、朝起きてから家を出るまでにあなたはどれくらい時間をかけているか考えてみてください。「いつも10分で出る」という人もいれば、「お化粧があるから2時間以上かかる」という女性もいるでしょう。このように、人の暮らしぶりは千差万別です。あなたがとるに足らないと思っていることでも、相手にとっては新鮮な話題になることはたくさんあるはずなんです。


國村隼

物をつくる人は、欲深くないと。


渡辺由美子

重要なのは、やっと認知されるようになった子供の貧困問題をブームに終わらせないこと。そのためにも、より強い情報発信に努めたい。全ての子供たちが夢と希望を持てる日本社会にする、それが私たちの願いです。


児玉和之

通常、広告は代理店、ウェブサイトは制作会社、物流は倉庫会社など業務ごとに外注先に発注しますが、当社のTTSP(天真堂・トータル・サポート・パッケージ)は、通販に必要な機能を一元的に提供しています。その結果、トータルコストが削減でき、その分をプロモーションや顧客サービス向上、新商品の開発などに充てることができるのです。


ロス・ペロー

いいか、ジョージ。私は捕虜達を捜し続けるが、米国政府が世界中に麻薬を流通させて、違法な武器取引をしているという件をなんとしても暴いてやるぞ。私が捕虜達を助けられないとしたら、わが国の工作員達が堕落しているおかげだ。(覚書き|ペロー氏は私費を投じてベトナム戦争捕虜救出活動を行っていた。上記発言はジョージ・ブッシュに怒って言い放った言葉)


中鉢良治

10年前、病気で倒れ、一時は危篤状態に陥りました。それから1ヶ月間入院しました。退院した日のことは忘れられません。雨が降っていて、銀杏の葉が黄色に染まり、入院前とは景色がガラリと変わりました。路傍に咲く、名もない花の美しさに目を奪われながら、これまでこんなふうに周囲の景色を感じたことはなかったなとつくづく思いました。ガムシャラに走り続けてきた毎日から、命を失うかもしれない状況に陥って歩みが止まったとき、スッと力が抜けた。そうしたら、いままでは視界に入っていなかった世界が、突然、鮮やかに目に飛び込んできたのです。