アラン・ウエストの名言

アラン・ウエストのプロフィール

アラン・ウエスト。日本画家。アメリカ・ワシントン州出身。カーネギーメロン大学芸術学部卒業、東京藝術大学日本画科修士課程修了。アトリエ兼ギャラリー「繪処(えどころ)アランウエスト」を設立。日本画・屏風絵・掛軸などを手がけた。

アラン・ウエストの名言 一覧

私は自己完結した絵よりも、依頼主に喜ばれる絵を描きたい。ですから、飾る場所や絵を眺めるシチュエーションなどを徹底的にリサーチしてから制作に臨みます。互いに意見を交わしながら完成した絵を喜んでくれると、なんともいえない達成感があるのです。


結婚記念日のプレゼントとして、奥さんに花の絵を贈りたいという依頼がありました。絵の内容だけでなく、プレゼントするシチュエーションまで打ち合わせたのでとても印象に残っています。依頼主が偶然を装って私のアトリエに入り、サプライズで奥さんへプレゼントする。驚きながらも喜ぶ奥さんの姿を見て、私もこんな夫婦になりたいと思った。


アラン・ウエストの経歴・略歴

アラン・ウエスト。日本画家。アメリカ・ワシントン州出身。カーネギーメロン大学芸術学部卒業、東京藝術大学日本画科修士課程修了。アトリエ兼ギャラリー「繪処(えどころ)アランウエスト」を設立。日本画・屏風絵・掛軸などを手がけた。

他の記事も読んでみる

玉木康裕

市場開拓とは、世の中の多くの人をワクワクさせること。そして、新しい価値や気付きを与えること。


柳井正

若い企業家の中には上場して終わりという人も見受けられる。それでは駄目。一生の仕事としてやってもらいたいですね。


日向野幹也

フィードバックをするうえで注意したいのは、評価と混同しないこと。相手の人格や業績を評価するものではなく、あくまでもリーダーシップスキルを高めるために行うものだということを、あらかじめ明確にしておくことが大切。


富田秀夫

世界経済が一体として動いているので、グローバルとローカルのいずれも深いレベルで情報が必要。


井上陽介

私は担当する講義でトヨタ自動車をよく例に挙げるのですが、同社には、社員一人ひとりに繰り返し問いかけ、考えさせる組織文化が根づいています。例えば、「あなたの仕事の本当の目的は何ですか」という問いがあります。この問いもある意味、「俯瞰力」を高める思考のギプスだといえるでしょう。仕事の目的というと、日常ではつい売上や予算といった目前の数字に意識が向かいがちですが、それらを達成した先にある本当の目的とは何なのか。自問自答を習慣づけ、徹底的に考え抜くことで、視座をより高く、視野をより広く保つことができるからです。


出口治明

幼稚園の頃、ぼうっと空を眺めていたら、太陽ってなんか熱くて重そうな感じなのに、なんで落ちてこないんだろうと。「なんでや?」と、おやじとおふくろに聞いたら、うっとうしいと思ったんでしょうね。『なぜだろうなぜかしら』という本を買ってくれたんです。そこには、「重い石に紐をつけてぐるぐるまわしてごらん。落ちてこないでしょう」って書いてあって、子ども心にすごく腕に落ちたんですよ。で、「本を読んだら、親もわからんことがいろいろわかるんやな」と思って、本の虫になりました。


天羽稔

留学中、多くの人に助けられました。大学院に進学し、いい成績で卒業しなければと勉強しすぎて、ある日、下宿で血を吐いて倒れた。私を車で運んでくれた友人、カネのない私を1年の月賦で医療費を払えばいいと診てくれた医師。「20分遅ければ死んでいた」と言われ、人は独りでは生きていけないと身をもって学びました。


小林一雅(小林製薬)

肩書が何かを生み出すわけではありません。むしろ、権威をかざせばかざすほど官僚化が進み、言いたいことが言えない空気が生まれてしまう。そういったリスクをなくすためにも、さん付け呼称を導入する必要があると思ったんです。


水谷佑毅

企業の好不調を景気や環境のせいにするのは、好きではありません。従業員にとっての幸福な職場環境を整備するために、いつまでも弾けないバブルを社内に生み出したい。そう考えると自ずとやるべきことは見えてきます。


野村忠宏

世界トップレベルの柔道では、「投げよう」と自分が思った瞬間に、その意思が相手に伝わるものです。それが伝わらずに技を成功させるには、投げようと思って投げるのではなく、「ここだ!」と思った瞬間に、ふさわしい技ですでに投げていることが必要です。お互いに「気づけば投げている」「気づけば投げられている」感じです。ある種、無意識の反応ですね。こうした柔道をするには、「脱力」の技術や感覚を身につけることが大事だと思います。


萩本欽一

今思うと、小さい頃からつらいことや悲しいことが多かったから、大きな夢にまっすぐ向かっていけたんじゃないかな。苦しみってバネにすることもできるから、子供の頃から苦労してる人って自分の夢が近くなるんです。


田岡信夫

2位という地位は、1位に対する差別化が戦略となる。まず絶対に1位の模倣をしない。言い換えれば独創力で勝負をするということになる。これは2位に課せられた最大の条件である。さらに、3位の敵を徹底的にたたくこと。地位間においては利害関係は一致しない。つまり、2位という地位は二正面作戦を余儀なくされる。こうした戦略のシステムを社内的に余程体制化しルール化しておかないと、ガタガタになってくる恐れがある。


松本大

プレゼンテーションの際に重要なのは誰を説得するのかということです。例えば20人が出席している会議であっても、その中の意思決定権を持つ人が いた場合、その人に向かってプレゼンをする。たった1人説得すれば成功という場合に、そこに出席する全員に向けてプレゼンする必要はないわけです。


河岸宏和

成長を感じられない職場に人は残らない。


大野直竹

営業員も経営者も、とかく足元の出来事からものを考えようとします。しかし、ビジネスに必要なのは、短期・中期・長期の様々なスパンの視点です。


ページの先頭へ