アラン(哲学者)の名言

アラン(哲学者)のプロフィール

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

アラン(哲学者)の名言 一覧

悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである。


怒りと絶望はまず第一に克服しなければならない敵である。それには信じなければいけない。希望を持たねばならない。そして微笑まねばならない。


うまくいったからうれしいのではなく、自分がうれしいからうまくいったのだ。


我々の社会は、求めようとしない者には何ひとつ与えない。


人間が幸福であると言えるのは、何かを欲する時と、作り出すときだけである。


年代順にいえば、恋愛の次には野心が、野心の次には貪欲が来る。


困難な仕事は忠実を要求する。天才の条件はいろいろあるが、自分自身に対する誓言をもち、そしてこれを守るということが必須の一条件だ。


どんな小さな努力でも、それをする事で、無限の結果が生まれてくる。


他人に対しても自分に対しても親切であること。人の生きるのを助け、自分自身の生きるのを助けること。これこそ真の思いやりである。


人間は自信を持ち、貫禄がつき、自分の仕事以外に己れがないようになると、平凡なものになる。役所ほど人間を殺すところはない。


いかなる職業でも自分が支配するかぎり愉快であり、服従するかぎり不愉快である。


できるだけ気持ちよく過ごすためには、いやな言葉を吐いたり、いやな思いを抱いたりしてはならない。


幸福になろうとする努力は決して無駄にはならない。


最大の不幸とは物事を悪く考えることではないか。人が想像する不幸は、決してあるがままの不幸ではないということを知るだけでも、すでにかなりの成功である。


賢人の言っているように、甕(かめ)にふたつの取っ手があると同じく、どんな事柄にもふたつの面がある。悪いと思えばいつでも悪い。よいと思えばいつでもよい。


敏感な人は悲しければ悲しいなりに、嬉しければ嬉しいなりに、必ずそれぞれの理由を考えだすものだ。


幸せだから笑っているのではない。むしろ僕は、笑うから幸せなのだ。


期待を抱くこと、それはつまり幸福であるということなのだ。


幸福とは贈りあうことによって増えていく宝である。ひとこと、親切な言葉を、心からの感謝の言葉を言ってごらん。


誰だって強いられた仕事は好きではない。好きでやっている仕事は楽しみであり、もっと言えば幸福である。


幸福になろうと欲しなければ、絶対に幸福にはなれない。


力いっぱい戦ったあとでなければ負けたといってはいけません。これはおそらく至上命令です。


幸福になることはまた、他人に対する義務でもある。


喜びを目覚めさせるためには、何かを開始することが必要である。もしある専制君主が僕を投獄したならば、僕は毎日一人で笑うことを健康法とするだろう。


お辞儀をしたり微笑んだりする仕草は、まったく反対の動き、つまり激怒、不信、憂鬱を不可能にしてしまうという利点がある。


優しさや親切や喜びのしぐさを演じるならば、憂鬱な気分も胃の痛みもかなりのところ治ってしまうものだ。


微笑むことや肩をすくめることは、思いわずらっていることを遠ざける常套手段である。


気分に逆らうのは判断力の成すべき仕事ではない。姿勢を変えて、適当な運動でも与えてみることが必要なのだ。なぜなら、我々の中で、運動を伝える筋肉だけが我々の自由になる唯一の部分であるから。


社交生活や訪問や儀式やお祝いがいつも好まれるのである。それは幸運を演じてみるチャンスなのだ。この種の喜劇は間違いなく我々を悲劇から解放する。


戦いが自分の意思で行われるならば、困難な勝利ほど楽しいものはない。


何もしない人間は、何だって好きになれない。


どっちに転んでもいいという見物人の態度を決め込んで、ただドアを開いて幸福が入れるようにしているだけでは、入ってくるのは悲しみである。


幸福とは、報酬など全然求めていなかった者のところに突然やってくる報酬である。


幸福はあのショー・ウィンドウに飾られている品物のように、人がそれを選んで、お金を払って、持ち帰ることのできるようなものではない。


本当を言えば、上機嫌など存在しないのだ。気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。だから、幸福とはすべて、意志と自己克服によるものである。


気分に任せて生きている人はみんな、悲しみにとらわれる。それだけでは済まない。やがていらだち、怒りだす。


不機嫌というやつは、自分に自分の不機嫌を伝えるのだ。


金儲けの上手い人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。


労働とは最良のものでもあり、最悪のものでもある。自由な労働ならば最善のものであり、奴隷的な労働であれば、最悪のものである。


雨が降り出してきたら、舌打ちなんかせず、軒下に出て悠然と傘を広げよう。傘がなけりゃ、ああけっこうなお湿りじゃないかと言おう。人間関係もこの雨と同じだ。対応の仕方はいくらでもあるものだ。要するに、自分のため、できるだけ気持ちよく過ごすためには、いやな言葉を吐いたり、いやな思いを抱いたりしてはならない。


頭を下げることや、ニコニコすることは、腹立ち・疑い・悲しみを不可能にするという長所がある。だからこそ社交や訪問、儀式や祝祭がいつでも喜ばれるのである。それは幸福を真似る機会である。そしてこの種の喜劇は、我々を確実に悲劇から解放するものだ。これは、つまらぬことではない。


精神上のあらゆる不幸に対して、また初期の病気に対しても、柔軟運動と体操とが必要である。そして、たいていはこの療法だけで間に合うと思う。だが世間の人はこのことを少しも考えない。


どんな平凡な俗人でも、自分の不幸を真似ると大芸術家である。よく言うように心が締め付けられるときには、腕で自分の胸を締め上げ、あらゆる筋肉が互いに突っぱりあう。敵なんかいもしないのに、歯をくいしばり、胸を守り、拳をふりあげる。こういう大げさな身振りは、外にあらわれないときでさえも、じっと動かない肉体の内部でやはり行われているのであって、そのためにいっそう大きな影響を生ずるものなのだ。


気分に逆らうのは、判断力の問題ではない。判断はこの場合なんの役にも立たない。そうではなく、態度を変えて適当な運動をやってみる必要があるのだ。というのは、我々自身のうちで、筋肉というモーターが我々の支配しうる唯一の部分だからである。微笑や、首をすくめることは、心労に対する天下周知の操作である。


死におそわれるのは生者のみであり、不幸の重荷を考えるのは、幸福な人たちのみである。


不信の力とは、宣託を聞こうとしないことである。聞けば少しは信用するに違いない。


実際には、幸福や不幸の原因というものはなんでもないのだ。いっさいは我々の肉体とその作用とにかかっている。そしてどんな頑丈な体格だって毎日、緊張から沈滞へ、沈滞から緊張へと、しかもたいがいは食事や、歩行や、注意の努力、読書、天気の具合などにつれて、移っていくものである。君の気分は、それによって上下すること、まるで波の上の舟と同じことだ。そういうものはたいていは取るに足りないものである。何かしているあいだは、少しも気にならない。ところが、それを考える暇ができ、丹念に考えだすと、たちまち小さな理由が大挙して押しよせてくる。


人がいらだったり、不機嫌だったりするのは、あまり長い間立ち通しでいたせいであることがよくある。そういう時、その人の不機嫌に対して理屈をこねあげたりしてはいけない。椅子をさしだしてやるがいい。


アラン(哲学者)の経歴・略歴

エミール=オーギュスト・シャルティエ。「アラン」というペンネームで知られているフランスの哲学者、教師。フランスのノルマンディー地方出身。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後に高校の哲学教師になる。その後、アランの名でデペーシュ・ド・ルーアン紙に哲学コラムを寄稿し続けた。46歳で第一次世界大戦に志願し従軍。その後、65歳まで教職を続けたのち、83歳で亡くなるまで執筆活動を行った。幸福についてのコラムをまとめた『幸福論』はいまなお多くの愛読者を持つ。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

褒めるということはいたわりであり、お互いの人間同士をしっかり結びつけるひとつの大切な絆ではないかと思うのです。


井出健義

商売というものは、常識が8割、業界特性が2割でできている。


高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットでのビジョンも、ただ「モノを売ればいい」というだけではないんですよ。売るだけだったら、面白くないし、続かなかったでしょう、きっと。僕たちは「モノの先にある幸せ」を見つめてきたんです。僕たちが紹介する商品を買ったことで、お客さんが「どれだけ幸せになるか」を目指すことがミッションですから。


松岡修造

自分がメンタル的に強いなんて思ったことはありません。だからこそ、メンタルトレーニングには懸命でした。


柄澤康喜

私が上司の立場になって意識して行ったのは、難しい案件はあえて一番忙しい部下に託すことだった。忙しい人間ほど、限られた時間内に多くの案件を処理するスピードが要求され、決断力が研ぎ澄まされているからだ。


真山仁

社会の仕組みを変えていくには、人の意識を揺さぶらないといけない。私は小説を通じて、こんなところを見落としてるんじゃないか、こんな社会もあるんじゃないかと、いろいろなチャンネルから揺さぶりたい。根本的に考え方を変えれば、たぶん別の視点が出てくると思うんです。


杉本哲太

どの役をやるにしても、やるのは自分自身。全く別人格にはなれません。そういう意味では、どんな役にも、素の自分が潜り込んでいる。時には素の杉本哲太が出過ぎて、監督から「もう少し押さえて」と指摘される失敗もあります。それでも、以前の現場で感じた「演者の中で完全に傍観者になっている感覚」はなくなりましたから。役に対するアプローチの仕方はだいぶ良くなったはず。若い時のように外見だけで作るとか、必要以上に力を入れて空回りするとか、そういうボタンの掛け違いは減りました。


廣瀬禎彦

TQC活動が論理力を鍛えることになるのは、「なぜ?」を繰り返し問うからです。たとえば、「残業が多い」という問題の改善策を考えるなら、「なぜ残業が多いのか?→仕事の効率が悪いから」「なぜ効率が悪いのか?→部員間の連絡が滞りがちだから」「なぜ滞るのか?→……」というようにどんどん掘り下げて考えます。そうして考え出した改善策を、きちんと実行する。それで実際に効果が出れば、他の問題についても改善策を考えるモチベーションが高まっていくでしょう。これを繰り返すことで、組織として論理的に考えて実行する体質ができていきます。


米村でんじろう(米村傳治郎)

世間から「でんじろう先生」がどう見えるかわからないですけど、実際には先のしれない不安を抱えています。科学を楽しく見せるという現在の手法の将来性、イベント、番組出演が今後も続くのだろうか。お客さんは喜んでくれているだろうか、と。また、先端科学の世界で活躍している研究者、技術者から見れば、僕らがやっていることは、何の役にも立たないと言われちゃうかもしれないな……とも思っている。だけど、そうした不安の一方で、誇りもあるわけです。これは一般の人に科学への門戸を開く一種のアートなんだ、と。児童の理科離れ、科学離れが指摘される中で、実験という表現活動を行う。それは映像作りや絵画、音楽と同じように意味のあることのはずで。実験だからこそ、伝わる不思議さ、驚き、キレがあり、見ている人へ感動を与えることができる。一種の創作活動なんだと胸を張る気持ちもあります。


堀場雅夫

日本の技術力が低下していると懸念する声がありますが、私は悲観していません。日本人は凝り性で、やりだしたら止まらない。なぜ、世界で日本製品が売れるかわかりますか?信頼性があるからです。これは何ものにも替えがたいこの国の武器です。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

孤独な時間は、自分のイニシアチブで自由に使える時間でもある。信頼し合える仲間というのは、とても大切な存在だとフジマキは思っている。お互いに切磋琢磨することで伸びる能力もたくさんある。その一方で、独りにならなければ磨かれない力というのも、じつはたくさんあるということを知って欲しいとフジマキは思う。


松田晋之介

世界一になるのであれば、他の人と同じやり方をしたら、絶対勝てない。


柄澤康喜

新しいこと、とくに局面を大きく変える強い決断を下そうとするとき、できない理由をあげてくる人は非常に多いでしょう。いわゆる「No because」です。しかし、それにとらわれると何もできなくなってしまいます。


河内幸枝

先人の歴史に遡って会社の今を理解すれば、将来も見通しやすい。


堀内信之(経営者)

現在毎週末、全国各地で当社の即売会を兼ねた個展を開催し、製造の社員が営業と一緒に出向くので、お客様の安心感につながっています。当社のジュエリーをご愛用いただいているお客様のお声を聞き、お困りの点などを作り手が直接聞いて、次の制作に生かしています。


ページの先頭へ