名言DB

9429 人 / 110879 名言

アユカワタカヲの名言

twitter Facebook はてブ

アユカワタカヲのプロフィール

アユカワタカヲ。日本の不動産プロデューサー、ファイナンシャルプランナー。大阪府出身。大学卒業後、メディア関係の会社に勤めながら不動産投資を開始。著書に『6億円サラリーマンになる方法 入門編』。ブログ「人生自由化計画」を運営。

アユカワタカヲの名言 一覧

大事なのは、「○○歳までにいくら」という目標数字を明確にすること。私は50歳で独立したいと考えており、そこから逆算して投資を進めました。ただ、老後のお小遣い程度でよければ、月5万円もあればいい。そこを明確にしておかないと、焦って失敗したり、逆にタイミングを逃したりします。


不動産の管理会社選びは重要です。私が今の会社を選んだのは、リスクも含めた情報を客観的に伝えてくれたこと。安心して管理を任せられると感じたのです。実際、物件の管理はすべて任せ切っており、担当者のメールを確認するくらい。費やす時間は月一時間もないくらいです。


自分の経験を振り返ると、成功の要因は「やらないことを決めた」ことだったと思います。不動産投資はこだわろうと思えばいくらでもこだわれる。でも、仕事をしながらだと、どうしても時間が限られる。そこで私は、「いい管理会社を見つけたら、あとは何もしない」と決めた。だからこそ仕事と無理なく両立できたのです。


投資に興味があってもなかなか踏み出せないという人は、一度セミナーに参加してみることをお勧めします。セミナーに行きその空気に触れることで見えてくることはたくさんあります。まずは行動すること。それが、お金の不安を解消する第一歩だと思います。


アユカワタカヲの経歴・略歴

アユカワタカヲ。日本の不動産プロデューサー、ファイナンシャルプランナー。大阪府出身。大学卒業後、メディア関係の会社に勤めながら不動産投資を開始。著書に『6億円サラリーマンになる方法 入門編』。ブログ「人生自由化計画」を運営。

他の記事も読んでみる

ラルフ・ウォルド・エマーソン

自由とは好きなように生きる権利ではなく、自分の可能性を実現するためにはいかに生きるべきかを知る権利である。


真田茂人

1人のカリスマに頼るのではなく、社員全員がアンテナを立てて自律的に動いていくように、変革していくことが必要とされている。


梅森浩一

挨拶の仕方や起床時間、会話の内容やランチの店など、できる先輩がなぜそのような行動をしているのか、それがどう仕事に影響しているのか。そう意識しながら先輩を真似ていくと、たとえば歯の浮くようなお愛想が、実は人間関係に役立っていたりと、予期せぬ因果関係に気づくはずです。一挙手一投足を真似することで、自分に足りないものが実感としてつかめてくるのです。


高岡浩三

誤解されやすいのだが、リーダーシップは経営者や管理職だけに求められる能力ではない。一般社員でもアイデアを実行して結果を出すには、周囲の協力を得たり、社外の人を説得するなど、人に動いてもらう必要があるからだ。


福田千里

大和の野球部は私の道楽でやっているわけではない。私は、野球というスポーツのチーム・ワークを尊ぶ。これなくしては国も企業も家庭生活も成り立たない。自分のチームを勝たせたいのは人情というもので、それはそのまま愛社の精神につながるし、またときおりの試合を通して相手会社との親善にも大いに役立っている。私の野球を礼賛する根拠はそんなところにある。


堀之内九一郎

全力を尽くし、自分のすべてをかけたとき初めて、人は物事をなし遂げることができます。もしあなたが何かしらの逆境に身を置いているのだとしたら、それはまさにチャンスです。あながた抱く目標に一直線に突き進むことのできる絶好のチャンスだととらえて、野良犬のように脇目も振らず邁進してほしい


西川徹(経営者)

いま世界ではプログラマーの採用競争が過熱していて、いい人材をいかに集めるかが課題になっています。いい人材を集めるには報酬も大事ですが、それ以上に、中長期でどのような技術をつくり、何を変えていきたいのかというところが鍵になる。


三宅義信

つくづく、夢は大切だと思います。夢のない人に理想はなく、理想がなければ信念が生まれません。信念がなければ計画が立たず、計画がないと当然実行はなく、成果もないからです。


吉野真由美

商談が短い時間しかないのなら、お金の話や商品説明は後回しにして、次回のアポイントメントをとることに集中することが何よりも大切です。それにはやはり「また会いたい」と思わせられるかどうかがカギを握ってきます。そこで、相手を褒めあげて抱えている悩みや不安を引き出し、その解消につながりそうな成功事例を2つ提示することに徹するのです。ここまでならば5分あれば十分ですし、「うちにはどんな提案をしてくれるのか、もっと話を聞きたい」という気持ちに持っていけます。


加藤隆生

誤解を恐れずに言えば、「面白い」よりも「面白そう」の方がずっとエライ。どんなに面白いゲームを作っても動員できなかったら負けです。例えば、ポスターのキャッチひとつとっても、シンプルで分かりやすく一瞬で「面白そう」「参加してみたい」と顧客の動機に結びつけられるかが重要なポイント。