名言DB

9412 人 / 110637 名言

アマーティア・センの名言

twitter Facebook はてブ

アマーティア・センのプロフィール

アマーティア・セン、アマルティア・セン。インド人経済学者。ノーベル経済学賞受賞者。コルカタ大学経済学部卒業後、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号取得。その後、コルカタ大学、デリー大学、マサチューセッツ工科大学(M.I.T.)、オックスフォード大学、ハーバード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)などで教鞭をとった。経済の分配・公正と貧困・飢餓の研究における貢献により1998年にノーベル経済学賞を受賞。

アマーティア・センの名言 一覧

最も重要な問いかけは、「問いを問う」ことです。なぜ自分は、この問題に興味を覚えるのか、どうしてこの問いを問いたいと思うのかと。


社会学という分野は、数学に随分依拠するものであるのです。私が多くを学んだ森嶋道夫氏(ロンドン在住の経済学者)は、経済学者の多くがあまりにも現実離れした領域で抽象的思考へ走りがちになることをいつも注意していました。


結局経済学が世の役に立つか否かは、それが数式だらけの抽象的なものであるかどうかによって決まるのではありません。学者自身が何に興味を抱き、どんな問題を解こうとしているのかという「問いを問う」姿勢の有無によるのです。「なぜ」への理由は別段貧しい人のためというのではなくても構わない。しかし、知的でも、道徳的でも、政治的でも何であれ「だから自分はこれをやる」という明確な自覚を持ちたいものです。


マハトマ・ガンジーが言っているのですが、「仕事の変化は一種のレジャーである」と。若いころは、この意味がよくわかりませんでした。仕事は何であれ厳しいもので、どう変わろうとそれが楽しみだとは思えませんでした。年をとったいまではこう思っています。疲れたなと思うのは、必ずしも肉体的に消耗したときとばかりは限らない。むしろ同じことの反復に飽きて、打込めなくなったときにこそ疲労するのです。


自分自身の信条として、学生には日ごろからこう言っています。「いつもわくわくできる課題に取り組まなければならない」と。飽きるようではいけないので、私は博士論文なども早く仕上げさせます。それから「経済学の特定分野に閉じこもるのではなく、努めて関心を幅広く持て」とも勧めています。


アマーティア・センの経歴・略歴

アマーティア・セン、アマルティア・セン。インド人経済学者。ノーベル経済学賞受賞者。コルカタ大学経済学部卒業後、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号取得。その後、コルカタ大学、デリー大学、マサチューセッツ工科大学(M.I.T.)、オックスフォード大学、ハーバード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)などで教鞭をとった。経済の分配・公正と貧困・飢餓の研究における貢献により1998年にノーベル経済学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

もちろん、間違える場合もあります。その場合は撤退。うちの場合、撤退は本当に素早い。景気かいいときは自重、悪くなったときに投資するのがうちの創業以来のやり方ですから。


浜島俊哉

我々の時代は、実践で先に学んで、あとから机上の知識をつけてきた。創業期特有の幸せな経験だよね。


山西健一郎

4年では、任期中に目に見える成果を出そうと無理な経営に走ることはありません。「歴代社長は誰が何をやったか」などと考えないのが三菱電機です。社長の名前は知らないけれど業績はいい。それがいい会社だと思います。


佐々木かをり

時間管理は、その人が幸せを味わうためにあるものだと思うんです。あくまで自分がハッピーになるための手段です。


武田双雲

あるとき、先輩社員から頼まれて、筆書きのプライベート名刺をつくったんですよ。そうしたら、「字が上手いよね」とすごく喜んでもらえて、そのとき、「これだ!」とスイッチが入りました。何事も中途半端な人間だったので、人にそんなに褒められたことって、それまでなかったんですよ。だから躊躇はなかったですね。
【覚書き|サラリーマンを辞めて書家になったきっかけについて語った言葉】


平田好宏

こういう商品(チタンテープ)は爆発的なブレイクが起きたりするもので、そこをうまくコントロールしないと会社経営としてはダメ。今はブームは落ち着いて、安定して100億円以上の売り上げを維持しています。


村田昭治

人には、いろいろなチャンスがめぐってくるものだが、大切なのはそれに気づいて活かす感受性。


柴山政行

なぜ決算書だけではなく帳簿を見ることが大事なのか。売上高や現金の内訳は帳簿を観なければわからない。そして、それを知ることで決算書がどう組み上げられているかを理解できるようになる。簿記検定には4級からあり、ビジネスマンなら3級くらいはマスターしておくといいし、2級を持っていればかなり評価される。


山本梁介

私も仕事で世界中の一流ホテルチェーンに宿泊します。とても豪華で落ち着きますが、「眠る」ということだけならばビジネスホテルも同等に戦えるのです。乱暴な話と思われるかもしれませんが、ベッドに入って電灯を消せば真っ暗で何も見えません。体が感じるのは枕とベッドの感触だけです。


有馬浩二

危機感はあります。製品開発という上流と、生産を担当する下流が、昔は一緒になってモノ作りをしていました。何かあれば、現場で両方の技術者力議論した。それが、組織が大きくなり、分業化してしまったことで、なかなかできなくなっています。それでも何とかなった時代と、どうにもならなくなる時代。今はその境目です。


近藤宣之

普通、海外の展示会に出張するのは2~3人。しかし、当社では10人くらいで出かけて、朝食時に打ち合わせをしたあとは、「勝手に良いパートナー(取引先)を見つけてこい」と別行動をとらせます。一人で海外企業と商談をすることで、社員は一気に成長するからです。人材育成のために増える出張費は無駄ではありません。


中川晶

人間は相手との「詰まった距離を開ける」のは苦手です。一般的に、詰まり過ぎてしまった距離を開けたいときは、わざと敬語を使うなど、相手との「他人性」を強調することが有効です。しかし、家族の場合はこれがなかなか難しい。とくに、親子関係で子供のほうが親を遠ざけるのは難しいのですが、成人して独立している場合は、お互い大人同士ということを意識した態度を取るべきです。


小泉進次郎

なんでこれだけ話を聞いてもらえないんだろうか。「世襲だと、厳しく言われる自分って、本当に政治の世界を目指して良かったんだろうか」と思うほど悩みましたよ。苦しかった。街中に出るのが、本当に怖かった。そのときに僕がやったのは、自分の演説を自分で聞いてみたんです。「どうしてこんなに人は止まってくれないんだろう」と思って。演説をする時はICレコーダーをポケットに入れて、自分の話を録ってました。選挙中、夜、電気消してベッドに入り、イヤホンで自分の演説を聞いてみたんです。そうしたらですね、驚くほどよく眠れるんです。つまらないから! 自分で自分の話を聞いてみると、話し方が思っている以上に早口で、1文が長くて、言葉に抑揚がないということがわかるんです。


オマル・エル=アッカド

ジャーナリズムは今起きている出来事、目に見えている事実を書くもの。フィクションというのは出来事の背景にある「なぜ」を書くもの。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

価格競争ではなく接客重視の「アイケア」サービスに転換することにしましたが、当初、社員は簡単には納得しませんでした。180度の方向転換ですし、やったことのない挑戦はやっぱり怖い。「同業に顧客が流れてしまう」など「やらない言い訳」がたくさん出てきました。そもそも社員は、会社が危険な状態なのに、「どうにかなる」とどこか他人事なのです。経営に関する数値は本部だけが把握していたので、実感が湧かなかったのかもしれません。