名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アマーティア・センの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アマーティア・センのプロフィール

アマーティア・セン、アマルティア・セン。インド人経済学者。ノーベル経済学賞受賞者。コルカタ大学経済学部卒業後、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号取得。その後、コルカタ大学、デリー大学、マサチューセッツ工科大学(M.I.T.)、オックスフォード大学、ハーバード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)などで教鞭をとった。経済の分配・公正と貧困・飢餓の研究における貢献により1998年にノーベル経済学賞を受賞。

アマーティア・センの名言 一覧

最も重要な問いかけは、「問いを問う」ことです。なぜ自分は、この問題に興味を覚えるのか、どうしてこの問いを問いたいと思うのかと。


社会学という分野は、数学に随分依拠するものであるのです。私が多くを学んだ森嶋道夫氏(ロンドン在住の経済学者)は、経済学者の多くがあまりにも現実離れした領域で抽象的思考へ走りがちになることをいつも注意していました。


結局経済学が世の役に立つか否かは、それが数式だらけの抽象的なものであるかどうかによって決まるのではありません。学者自身が何に興味を抱き、どんな問題を解こうとしているのかという「問いを問う」姿勢の有無によるのです。「なぜ」への理由は別段貧しい人のためというのではなくても構わない。しかし、知的でも、道徳的でも、政治的でも何であれ「だから自分はこれをやる」という明確な自覚を持ちたいものです。


マハトマ・ガンジーが言っているのですが、「仕事の変化は一種のレジャーである」と。若いころは、この意味がよくわかりませんでした。仕事は何であれ厳しいもので、どう変わろうとそれが楽しみだとは思えませんでした。年をとったいまではこう思っています。疲れたなと思うのは、必ずしも肉体的に消耗したときとばかりは限らない。むしろ同じことの反復に飽きて、打込めなくなったときにこそ疲労するのです。


自分自身の信条として、学生には日ごろからこう言っています。「いつもわくわくできる課題に取り組まなければならない」と。飽きるようではいけないので、私は博士論文なども早く仕上げさせます。それから「経済学の特定分野に閉じこもるのではなく、努めて関心を幅広く持て」とも勧めています。


アマーティア・センの経歴・略歴

アマーティア・セン、アマルティア・セン。インド人経済学者。ノーベル経済学賞受賞者。コルカタ大学経済学部卒業後、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号取得。その後、コルカタ大学、デリー大学、マサチューセッツ工科大学(M.I.T.)、オックスフォード大学、ハーバード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)などで教鞭をとった。経済の分配・公正と貧困・飢餓の研究における貢献により1998年にノーベル経済学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

辻慎吾

都市とは本当にいろいろな機能が複雑に絡み合っています。必要な知識は多岐にわたりますが、すべてに精通する人間などいません。そのときに必要なのは、専門家を集め、彼らの能力を引き出しつつ新たなコラボレーションをリードしていくことです。


村上龍

「交換できる有益な情報」を持っていない人は、限られた人脈しか持つことができません。会って話をするメリットが少ないからです。交流会に参加して、名刺を配りまくっても、「有益な情報」を持っていると判断されない限り、すぐに忘れられます。無理して人脈を作ろうなどと思わず、まず第一に「有益な情報」の持ち主になることのほうが重要なのではないでしょうか。


杉山知之

学生8~10人でグループワークをするときに、各人のアイデア、写真だったりキーワードだったり、そういうものをプリントアウトして、デスク上に並べて全員で見ながら共有するのです。物理的に、近くにいる人の体温を感じながらディスカッションを重ねていくことで、ひとつのアイデアがよりよい方向に発展したり、あるいは組み合わさって思いもしなかったカタチに変化していきます。また、実際に手にとって触れるというアクションがあると、学生の参加意識も高まるし、学習効果も効率も上がる。プリントしたものを共有することにはそんなメリットがあるのです。


山西健一郎

三菱電機では各本部の本部長になると執行役を兼務します。その執行役は「三菱電機の執行役」として、企業全体の視点で経営判断をすべきです。しかし本部生え抜きの人材は、「各本部の利益代表」という発想から抜けられないこともあります。このため他の本部から抜擢する人事を意図的に行ってきました。また、常務クラスが集まって経営課題を議論する場もつくっています。こうして次の経営層の人材に厚みをつくっておくことが将来の三菱電機の役に立つことだと思います。


千田琢哉

ある調査によると、商品を購入したり契約をしてくれた顧客にお礼のハガキを書く営業マンは、たった3%しかいないそうです。多くの営業マンは購入前にはあの手この手で必死にアプローチするのに、目的を達成するとなしのつぶて。そういう状況の中で、購入後や契約後にお礼のハガキを出せばどうなるでしょうか。それだけで誠実で信頼できる営業マンとして顧客の記憶に残るはずです。そうして既存顧客を大切にすることで、リピート購入や新しい顧客の紹介が生まれます。ハガキは新しい顧客をつくるうえでも強力な武器になります。


松本南海雄

狭小商圏でニーズに合わせていくことが需要の掘り起こしにつながる。中でも、お客さまの声を直接聞く、相談販売の形が重要。


小路明善

常に企業価値を上げていく経営を進めていく。企業価値が上がらないような経営や、価値が上がらないような業績の積み方をしない。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

昨日、フジマキは京都に行ってきた。出張で地方を訪れる機会は多いけれど、旅先では意識的に孤独な時間をつくるようにしているんだよ。そして、知らない街や雰囲気のいい場所を、一人で歩いてみる。途中で気になる店を見つけたら、物怖じしないで入ってみる。そこには必ずと言っていいほど、素敵な出会いや発見が待っている。感性や感覚というのは、そういう体験の積み重ねによって磨かれるものなんだ。


中島董一郎

会社は社長の人格以上にはならない。この言葉さえ覚えておいてもらえれば何をやってもよい。
【覚書き|後継者の藤田近男氏に社長を任せたときの発言】


岡崎富夢

この間、あるお客さんが、連休中に友達が毎晩来て、屋上でパーティーをしている様子をフェイスブックにあげていました。屋内に人を招いてもいいのですが、リビングだと生活感が出るので、いまは嫌がる人が多いんです。その点、屋上庭園は人を呼びやすい。僕は人が集まるきっかけを屋上庭園が提供することによって日本を明るくすることができると思うし、お客さんもそういう使い方をしてくれている人が多いです。


杉野幹人

開発・調達・営業など、それぞれの分野に知識やスキルを極めた精鋭が揃えば揃うほど、組織の戦力は強くなる。専門家を集め、専門家のそれぞれが知恵を出し合うことで、大きな問題の解決が図れます。


江上治

売り上げを上げるにしても集客にしても、マーケティングでは、とどのつまり人の心、感情を知る以外にない。相手を知るには、質問をして情報を取るほかないだろう。