名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アマーティア・センの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アマーティア・センのプロフィール

アマーティア・セン、アマルティア・セン。インド人経済学者。ノーベル経済学賞受賞者。コルカタ大学経済学部卒業後、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号取得。その後、コルカタ大学、デリー大学、マサチューセッツ工科大学(M.I.T.)、オックスフォード大学、ハーバード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)などで教鞭をとった。経済の分配・公正と貧困・飢餓の研究における貢献により1998年にノーベル経済学賞を受賞。

アマーティア・センの名言 一覧

最も重要な問いかけは、「問いを問う」ことです。なぜ自分は、この問題に興味を覚えるのか、どうしてこの問いを問いたいと思うのかと。


社会学という分野は、数学に随分依拠するものであるのです。私が多くを学んだ森嶋道夫氏(ロンドン在住の経済学者)は、経済学者の多くがあまりにも現実離れした領域で抽象的思考へ走りがちになることをいつも注意していました。


結局経済学が世の役に立つか否かは、それが数式だらけの抽象的なものであるかどうかによって決まるのではありません。学者自身が何に興味を抱き、どんな問題を解こうとしているのかという「問いを問う」姿勢の有無によるのです。「なぜ」への理由は別段貧しい人のためというのではなくても構わない。しかし、知的でも、道徳的でも、政治的でも何であれ「だから自分はこれをやる」という明確な自覚を持ちたいものです。


マハトマ・ガンジーが言っているのですが、「仕事の変化は一種のレジャーである」と。若いころは、この意味がよくわかりませんでした。仕事は何であれ厳しいもので、どう変わろうとそれが楽しみだとは思えませんでした。年をとったいまではこう思っています。疲れたなと思うのは、必ずしも肉体的に消耗したときとばかりは限らない。むしろ同じことの反復に飽きて、打込めなくなったときにこそ疲労するのです。


自分自身の信条として、学生には日ごろからこう言っています。「いつもわくわくできる課題に取り組まなければならない」と。飽きるようではいけないので、私は博士論文なども早く仕上げさせます。それから「経済学の特定分野に閉じこもるのではなく、努めて関心を幅広く持て」とも勧めています。


アマーティア・センの経歴・略歴

アマーティア・セン、アマルティア・セン。インド人経済学者。ノーベル経済学賞受賞者。コルカタ大学経済学部卒業後、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで博士号取得。その後、コルカタ大学、デリー大学、マサチューセッツ工科大学(M.I.T.)、オックスフォード大学、ハーバード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)などで教鞭をとった。経済の分配・公正と貧困・飢餓の研究における貢献により1998年にノーベル経済学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

宗次徳二

ココイチは飲食業界のなかでもかなり細かい部分までマニュアルを定めている方だと思います。しかし、マニュアルだけでは絶対に対応できない細かな部分は当然存在します。それを指導するためには、やはり現場に入ることが大切なのです。


清水祐孝

生きることの大切さを人々に伝えていくのも、この仕事をしている我々の使命。


熊谷正寿

(社員の特徴を色で表すならば)一色ではなく、バラバラの方が良いと思います。種々雑多な人がいてくれた方が組織として強くなれる。画一的だと言われるようになるとリスクですね。本当に色んな方が思い思いに活躍できる場を作りたいと思っています。


伊藤洋志

小さな仕事でも自分たちで創り出していく。大変な時もあるけれど面白いですね。


町村敬貴

泥炭地での牧場経営は、私だからできたのだと思う。私には十年間の米国での知識があり、国内だけの知識だったら必ず失敗しただろう。


エリック・シュミット

今日のGoogleは人々をインターネットに繋ぎ、80年前にラジオがそうしたのと同じように、世界を開きました。今回の私の講演は1930年のアルバート・アインシュタインの基調講演と共鳴するものです。アインシュタインは、当時の新技術であったラジオについてこう言いました、「技術がコミュニケーションを可能にし、コミュニケーションが人々を繋ぐ」と。


稲葉善治

我々は市場という戦場で戦っています。社内の機密というのは、戦争で言えば、軍事機密のようなものです。どの地域にどれだけの部隊を配置するとか、敵に手の内を明かすようなことはできない。だから、しゃべらないことはとても多いのです。それを「閉鎖的」とみられても困ります。


池田貴将

感情をつくっているのは脳です。そして、脳に一番刺激を与える器官は筋肉。身体の使い方を変えると、感情も変わっていくものです。悩んでいる人がお寺に修行にいくと、気分がすっきりするのはなぜでしょうか。いろいろ理由はあるでしょうが、一番大きいのは、お堂の雑巾がけをさせられることだと私は考えています。現代人が滅多にしない身体の使い方をすることで、脳に新鮮な刺激が伝わり、感情が一新するのです。


夢枕獏

初めての本のあとがきに「この本は絶対に面白い」と書いた。言った以上は後に引けない。てっぺんめがけて登るしかないわけです。


三村明夫

簡単なことを難しく言っても、人に感動を与えることはできない。


竹島一彦

後追いになると結果は足して2で割るような中途半端なものになってしまいがちです。


髙松修身(高松修身)

企業も人もどんなピンチの時でも必ず糸口が見つかるもの。それには絶対に諦めないこと。