名言DB

9413 人 / 110706 名言

アマデウス・モーツァルトの名言

twitter Facebook はてブ

アマデウス・モーツァルトのプロフィール

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。オーストリアの作曲家、演奏家。古典派を代表する人物。神聖ローマ帝国皇室の宮廷作曲家や皇族の教師なども行った。ザルツブルク生まれ。数多くの名曲群とともに奇抜な言行をした人物として伝えられている。

アマデウス・モーツァルトの名言 一覧

いつ、どのようにやってくるのか、私にはわかりません。
【覚え書き|作曲のアイデアをどう得ているのか聞かれての発言】


みなさんが私に認めてくれる才能は、あるお守りのおかげだと思っています。そのお守り、それは勉強です。


オリジナルな曲を書こうなんて、これっぽちも考えたことはない。


誰のどんな褒め言葉も非難も気にすることはない。私はただ自分の感性に従うだけだ。


金持ちは友情というものをまったく知りません。とくに生まれたときからの金持ちは。


アマデウス・モーツァルトの経歴・略歴

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。オーストリアの作曲家、演奏家。古典派を代表する人物。神聖ローマ帝国皇室の宮廷作曲家や皇族の教師なども行った。ザルツブルク生まれ。数多くの名曲群とともに奇抜な言行をした人物として伝えられている。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

早いけれども雑だというのもいけないし、丁寧だが遅いというのもいけない。念入りに、しかも早くというのが、今日の名人芸なのである。


中山素平

人生に片付かない問題はないと信じている。


斎藤敏一

細かな点まで指摘すると、部下は失敗を隠すようになります。これでは業務スピードが上がるどころか、その場しのぎを繰り返し、最終的にはその会社全体を脅かす事態にもなりかねません。


為末大

負けても諦めず、もう一勝負を挑む人が多い。でも、違うカテゴリーで勝負を挑むという手もあります。前者は、まさに同じ土俵で再挑戦することで、後者はすでに勝負はついたと考えて土俵を変えて別の戦いを挑む。スポーツに限らず、企業も人も日本の場合は前者が美談になりがちです。だからいつまでも同じ戦いを続けることが多い。僕もそういう気持ちがありました。でも引退したいま、次に世界一に建つ可能性がある勝負は何だろうと模索しています。


三浦雄一郎

健康よりもうひとつアクティブな「健康寿命」が大事です。言い換えれば、攻めの健康。守るだけじゃ、どんどん年齢に負けますよ。


久水宏之

「一即多、多即一」という言葉のように、全体と部分は相呼応している。一人が本当に変われば、そしてその変化が誰にも共感でき、憧れとなる生き方であれば、必ず響き合い広がり、やがて世界を変えることにもつながる。


鵜澤静

企業とは、変化対応業である。進化論で有名なダーウィンも、生き残るのは強い種ではなく、環境変化に適応する種であると言っていたと聞く。百年以上の歴史を持つ企業はおそらく、そのような変化への適応力を身につけているのだろう。


金田一京助

閉ざされた心の扉を開くカギは、言葉にある。


辻井隆行

「相手の立場で考える」というのは、よく聞かれる言葉だが、実行は非常に難しい。慣れ親しんだ自分の思考方法を手放し、他の論理を受け入れるには、意図的にトレーニングを続けることが必要だ。


ジェイ・エイブラハム

人から興味を持たれたいなら、まず人に興味を持ちなさい。
あなたが人から感動されたいなら、まず相手に感動しなさい。


マルコ・カッシス

よく「スピードが大事」と言いますが、他の人も走っていることを忘れがちです。『鏡の国のアリス』ではないですが、他社と同じスピードで、しかも業界全体と同じ方向に走っていては駄目なのです。


大嶋啓介

ぼくは様々なところで講演をしているのですが、昔クビになった会社にも講演にいきました(笑)。ぼくは新卒で専門商社に入ったんですが、1年でクビ。その会社が今では、「おまえに社員教育を頼みたい」と言ってくれるんです。ぼくは自分を例に出して、「諦めるな。夢に向かって走っていると、人生こんなに変わるんだぞ」と話しています。


吉川洋

「こういうものがあったらいい」というセンサーは、男性よりも女性のほうが発達しているのではないかと思います。消費者に近いものは、女性のアイディアがヒットを生むことがあると思います。古典的な例では、電気洗濯機は、シカゴの主婦がアイディアを出して、GEが開発したと言われています。電気洗濯機というアイディアは、おそらく男性からは出てこなかった。


柳弘之

現地、現場、現物の「三現」を重視するのが、日本的経営の一番の強みだと僕は思っている。だから、開発途上の製品に乗ったり、現場の若い人たちと定期的に話す機会をつくったりすることは、ずっと意識的に続けてきました。やっぱり現場に入っていくと、彼らもいろんな意見や質問をフランクにしてくれるから。


益本康男

前例踏襲型の考えだけはするな。