名言DB

9412 人 / 110637 名言

アベベ・ビキラの名言

twitter Facebook はてブ

アベベ・ビキラのプロフィール

アベベ・ビキラ。エチオピアのアスリート(マラソン)。アフリカ黒人初の五輪金メダリスト。エチオピア・ショア州出身。19歳のときに軍隊に入隊。軍の陸上競技大会でマラソン2位を獲得しオリンピック強化選手に選ばれる。その後、ローマ五輪、東京五輪のマラソン競技でそれぞれ金メダルを獲得した。

アベベ・ビキラの名言 一覧

私は人を意識せず、人が私を意識した。だから、私は一人で走った。あと20キロは同じペースで走れただろう。
【覚え書き|東京五輪マラソン競技でトップを独走したことについて語った言葉】


アベベ・ビキラの経歴・略歴

アベベ・ビキラ。エチオピアのアスリート(マラソン)。アフリカ黒人初の五輪金メダリスト。エチオピア・ショア州出身。19歳のときに軍隊に入隊。軍の陸上競技大会でマラソン2位を獲得しオリンピック強化選手に選ばれる。その後、ローマ五輪、東京五輪のマラソン競技でそれぞれ金メダルを獲得した。

他の記事も読んでみる

高橋大輔(フィギュアスケート)

不利な状況に陥り、自信がない時も、「自分はできる」「自分はすごいんだ!」と良い意味で勘違いができる人ほど、結果を残している気がする。


松永真

ストライプは誰のものでもないけど、誰のものでもある、ニュートラルなもの。


長島聡

良い製品を造れば、それを買って喜んでくれる人がたくさんいる。QCサークル(小集団改善活動)で面白い改善を実現できたら、それは充実感につながります。B2Bの素材メーカーの人であっても、最終的なユーザーが満足しているかどうかを知ることは大事です。自分の仕事の価値が理解できますから。会社の進化、製品の進化を現場の従業員が感じられる状態にしていく。そうすれば、現場で働く人のモチベーションは高まり、本質的に間違っていることをしないようになるはずです。


キケロ

第1に必要になるものは大胆、第2に必要となるものも大胆、第3に必要になるものも大胆なり。


岩瀬大輔

1回のイノベーションよりも、100万回のイテレーション(反復型開発)がベンチャーにとって必要。


前原金一

頭ではその通りだと分かっていても、実際の言動が一致しているかどうかが大事。


堀史朗

最も脳内伝達物質が減ってしまうのが「同じことばかり考えているとき」です。仕事でも家事でも、ずっと同じことばかり考えていると脳内伝達物質が減ってしまうのです。しかし現実的には、仕事の多くは「同じことを考える」ことが求められます。さらに最悪なのは「答えが出ない」問題。「仕事でトラブルがあり、解決策がまだない段階で謝罪に追われる」「どう考えても無理なノルマに向けて仕事をさせられる」などです。


小坂敬

商売も社会も、信頼の積み重ねで成り立つものです。信頼とは相手の立場になって、相手のことを考えることで醸成されていくものなのだと思います。


上野和典

企画の第一段階では、大多数を対象に考えるのではなく、まず自分の子供など身近な人物をイメージして考えた方が、アイデアがより具体的になります。次に、そこから一歩引いて、これがマジョリティ(多数派、多数者)にも通用するかどうかを検討します。そして仲間とのブレスト(ブレイン・ストーミング、自由に意見・アイデアを出し合うこと)を繰り返します。もとのアイデアが良いものほどブレストも活発になり、どんどん意見が出てきます。


竹内洋岳

山の天気を私専門に予測してくれる気象予報士さんがいて、その精度はとても高い。だからといって、100%それに従うわけではありません。自分の目で空を見て、雲の様子や風の向きなどを考慮して、総合的に判断します。計画よりも、むしろ必要なのは、登山中の変わりやすい天気に自分のコンディションをいかに合わせられるかというスキルです。


塚越寛

自分の金儲けや利益を第一に考えると、本質を見失ってしまう。赤字に陥ると、社員をリストラする会社がよく見受けられます。利益のためとはいえ、そういったやり方が社会のモラル低下を招いているのは確かであり、その責任は重いといわざるをえません。


犬塚尚美(悠木そのま)

ずっと同じ作業をしていると脳は退屈によって疲れてしまい、作業効率が落ちることがわかっています。だから休みを取ったほうが、むしろ効率がいいのです。


生瀬勝久

僕が役者になったのは、偏差値教育から続く「数字で人を測る」社会が嫌だったから。自分を認めてくれる人がいる、それでいい演劇の世界が魅力的でした。役者は数字的な評価でなく、僕のことを好きになる人がいてくれたら勝ち。学生時代に、僕の演技にお客さんが笑ってくれた。カーテンコールの挨拶で拍手が多かった。それが活動意欲の原点。


井村裕夫

企業は利益を上げなければなりませんが、医学や医療の関連で忘れてならないのは、その人が健康になることで得られる社会的利益です。健康や医療に関連する産業の目標は、企業的利益と社会的利益を両立させることです。


枡野俊明

遺産相続などの「相続」という言葉はもともと仏教用語です。師の教えを次の代に受け継いでいくという意味です。金銭やモノではなく、師からの教え(法)を伝えていったのです。