名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アベベ・ビキラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アベベ・ビキラのプロフィール

アベベ・ビキラ。エチオピアのアスリート(マラソン)。アフリカ黒人初の五輪金メダリスト。エチオピア・ショア州出身。19歳のときに軍隊に入隊。軍の陸上競技大会でマラソン2位を獲得しオリンピック強化選手に選ばれる。その後、ローマ五輪、東京五輪のマラソン競技でそれぞれ金メダルを獲得した。

アベベ・ビキラの名言 一覧

私は人を意識せず、人が私を意識した。だから、私は一人で走った。あと20キロは同じペースで走れただろう。
【覚え書き|東京五輪マラソン競技でトップを独走したことについて語った言葉】


アベベ・ビキラの経歴・略歴

アベベ・ビキラ。エチオピアのアスリート(マラソン)。アフリカ黒人初の五輪金メダリスト。エチオピア・ショア州出身。19歳のときに軍隊に入隊。軍の陸上競技大会でマラソン2位を獲得しオリンピック強化選手に選ばれる。その後、ローマ五輪、東京五輪のマラソン競技でそれぞれ金メダルを獲得した。

他の記事も読んでみる

川路耕一

大事なのは将来を見据えて事業の柱を立てること。リーマンショックが起きたとき、金融事業だけではいけないと強く感じました。それまでは「先物感覚」を中核に置いた、金融全て、銀行や保険などフルラインを持った「金融総合商社」を創ると言い続けてきましたが、今は金融を核とした「総合商社」になることを目指しています。先物感覚をしっかりと身に付けて経営すれば絶対に成功できる、アメリカにも勝つことができるという思いに変わりはありません。


山崎亮

コミュニティデザインをやっていても、もう戦っても仕方がないでしょうっていう局面がよくあるんです。一番わかりやすいのが商店街の商売敵。いま、地方の商店街の多くが壊滅的な状態にあって、もはや内部で商店同士が戦っている場合じゃない。「戦わない」って、まちづくりにとっても重要なキーワードだと思いますね。


西多昌規

仕事のできる人は、みんな「腹八分目」ならぬ「がんばり八分目」です。人間は常に十割の力を発揮し続けることなど不可能。八割くらいの力で留めておいて、余力を二割残しておく。これが長期にわたって活躍する人に共通するスタイルです。


佐々木常夫

私は30歳を過ぎた頃から、目下の人でも必ず「さん」付けで呼ぶようにしてきました。新入社員に対してもそうです。若い人でも私より優れたところがある。年を取っていても、私のほうが得意なこともある。それぞれに違う得意分野を持っているわけですから、業務で成果を挙げるには、相手をリスペクトして、強みを引き出してあげないといけない。


吉良俊彦

情報が最終的に伝わるところまで責任を持つというのは、コミュニケーションの取り方としてかなり重要な点です。


松橋良紀

20年位前までは、自分の成功体験はそのまま部下にも参考になりました。いまは時代の流れが早く、過去の成功体験がそのまま成果に結びつくとは限りません。IT分野などは言わずもがなです。その他、営業の分野でも、足を使っての地道な営業活動が、必ずしも成功するとは言えないのです。


ロバート・キヨサキ

妻と私はいつも笑うことを忘れなかった。状況がつらくなればなるほど、人は悲観的になる。人生の困難や自分の犯した間違いの愚かさを、妻や夫、真の友と一緒に笑い飛ばすひとときがなければ、立ち直るのも難しい。一人より二人の方が心強いに決まっている。


中島義道

哲学をやっていて結婚するのは間違っているという意見もあります。確かに妻がいなくても私は生活できます。でもね、妻と子供がいたから、人生が豊かになったとも言える。自分が一番わがままな人間だと思っていましたが、妻と出会って私の次にわがままな存在を知りましたから。


渋沢栄一

たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。


山本梁介

以前は経営理念をわかりやすくまとめたカードを唱和していました。しかし、唱和だけでは不十分だと思い、「話を聴く・発表する・実行する」の一石三烏の人材育成法を新たに取り入れました。それは、朝礼で毎朝一人ずつ、理念に関して自分が取り組んでいることを人前で発表してもらい、それに対して上司がコメントを返すというものです。みんないつか自分の発表の番が回ってくるので、他の人の発表をよく聴きますし、深く考え、一つでも多く実践して発表のネタを増やそうとします。これを繰り返しやっているうちに、理念が浸透するようになりました。


大久保真一

健康にはとくに気をつけています。早寝早起き、コンスタントに1日1万歩以上は歩く、そして朝昼晩と1日3度の食事をしっかりとる。これらのことを長年続けてきました。


徳重徹

最終的には自分を信用してもらえるかどうかで、すべてが決まる。