アベベ・ビキラの名言

アベベ・ビキラのプロフィール

アベベ・ビキラ。エチオピアのアスリート(マラソン)。アフリカ黒人初の五輪金メダリスト。エチオピア・ショア州出身。19歳のときに軍隊に入隊。軍の陸上競技大会でマラソン2位を獲得しオリンピック強化選手に選ばれる。その後、ローマ五輪、東京五輪のマラソン競技でそれぞれ金メダルを獲得した。

アベベ・ビキラの名言 一覧

私は人を意識せず、人が私を意識した。だから、私は一人で走った。あと20キロは同じペースで走れただろう。
【覚え書き|東京五輪マラソン競技でトップを独走したことについて語った言葉】


アベベ・ビキラの経歴・略歴

アベベ・ビキラ。エチオピアのアスリート(マラソン)。アフリカ黒人初の五輪金メダリスト。エチオピア・ショア州出身。19歳のときに軍隊に入隊。軍の陸上競技大会でマラソン2位を獲得しオリンピック強化選手に選ばれる。その後、ローマ五輪、東京五輪のマラソン競技でそれぞれ金メダルを獲得した。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

将来の不安から、20代からコツコツと貯金や節約に精を出すビジネスパーソンが増えている。最近そんな話を耳にします。しかし、若いころは必要以上に貯金に励むことはない、と私は考えています。ビジネスの世界で大きな花を咲かせている人は、例外なく若いころの自己投資で人的資本を磨き上げているものです。


南場智子

交渉で一番大事なポイントは「なるべく交渉しない」こと。この提携で自分たちが達成したいこと、譲れないこと、困ることなど、双方が全部一度にテーブルに乗っけてしまうことが理想です。よく、のりしろを残し、譲れない線よりも上から交渉に入るべきと言う人もいます。けれどもこれをやっていると、例えば収益の分け方について、一度「ここから下は受け入れられません」と述べた後に、その下の線で妥協することになり、結局相手に「この人たちはふっかける」と見透かされ、それを前提とした探り合いに入ってしまいます。時間が浪費されるし、信頼関係は醸成されません。提携や協業の場合は、その後一緒に事業をしていくわけなので、「正直でない人たち」と思われて得をすることはひとつもないわけです。


田中雅子(コンサルタント)

ピラミッド型の組織で、その中間層である管理職は「上と下に挟まれて身動きが取れない」と感じることが多いようです。しかし、見方を変えれば、上にも下にもコネクトできるいわば全方位的中心「ハブ」の役割を果たせる唯一の立場でもあるわけです。上や下だけでなく、左右や斜めなど、全方位に目を向け、自分が円の中心に位置するのだという意識を持ってください。


山口周

スライドをつくるときは伝えたいメッセージにフォーカスを当てることは非常に重要です。


赤塚保正

5代目社長の父からは、常に前向きに、物事をプラスに考えろと教えられました。会長の言葉は「ピンチをチャンスに」という言葉です。これはまさにポジティブな考え方ですね。普通はピンチはピンチなんです。だけどそのピンチの状況でありながらどうチャンスに変えていくかということを常に考えろ。だから不況だと言って、自分まで不況にしてしまったら自分も負け組みだよと。経営者は常に冷静沈着で強気でなくてはいけないということを教えられました。だから私は頭の冷静さと心の熱さということを常に大切にしています。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

私の描くこの人体は、君の目の前にまるで本人がいるようにはっきりと見えるだろう。もし君が人間の体の各部位を解剖学的に完全に知りたいと思うなら、君あるいは君の目は、下から、前から、横から、また、回してみたり、どこに起点があるか調べたりしながら、いろいろ異なった面から観察しなければならない。私の絵は、どんな部位でも君にはっきりわかる。体の各部位を三つの視点から見て表現することが大切なのだ。


宮坂学

毎週1回必ず部下と一対一の30分ミーティングを行います。毎週30分をさくことは無駄なコストに見えるかもしれませんが、職場で上司と部下が一対一で話す機会は意外とない。人間は機械のようには動かず、そこには感情が影響します。顔と名前が一致して、「この人は話を聞いてくれる」という関係があって初めて、チームワークで仕事ができると思います。


河上和雄

悩むよりは割り切ったほうが本当は生きやすい。まずは「オレはこうするんだ」とか「嫌なことはしない」とかって自分なりの尺度を作ってみるといい。まずは決め事を作る。


山崎達光

挑戦者はいずれはチャンピオンになる。


嶋浩一郎

あなたが企画部門にいるのでなければ、企画書をつくる機会はそう多くないかもしれません。しかし、企画をするチャンスはいくらでも転がっています。たとえば飲み会の幹事になったら、飲み会を企画化しましょう。目的は何か、どうなったら成功か、実現方法などを考える。これが習慣になれば、要所を押さえた企画書、メールが書けるようになります。


高橋智隆

ヒューマノイドロボットの存在意義を突き詰めて考えていくと、答えは1つしかない。結局、その存在を擬人化してとらえることができて、人がコミュニケーションを取ろうと思える。そこに尽きるんです。人間の音声に従って動く機械は、既にたくさん存在します。でも、カーナビゲーションシステムの音声コントロールや音声ワープロソフトを使う人はかなりの少数派でしょう。人は四角い箱に話しかけることに抵抗があるからです。でも、人間は擬人化できるもの、命を感じられるものには抵抗なく話しかけられる。飼っている金魚やぬいぐるみなど、対象を擬人化さえできれば、知性の高低は関係ない。


村上太一

IT企業のカギは優秀なエンジニアがいるかどうかだと思い、クラスメイトや他校の友人に声をかけ紹介してもらいました。実際、創業メンバーの半分はそうして出会ったエンジニアです。


松尾昭仁

相手を受け入れて認めることが、自分の要求を通す大前提。たとえ本意は相手に完全に賛同していなくても、とりあえず「○○さんの言うことはもっともです」「その通りだと思います」から始める。すると驚くほど自分の意見が通りやすくなる。


高橋恭介(経営者)

評価を上げたいなら、自分の生産性を上げていくことが第一です。例えば、普段から残業を2時間しているのなら、定時で帰れる日を増やす工夫を考えましょう。目の前の残業代を得ることより、生産性を上げる意識を持ってください。


石田宏樹

我々の世界では、継続的に優秀な人材を生み出す事が重要です。例えば、優秀な若者が携帯電話1台で起業して、天才的な能力で市場に参入してきます。我々もその意味で個人を成長させ続けることは重要な課題となっています。


ページの先頭へ