名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アブ・アラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アブ・アラーのプロフィール

アブ・アラー(本名アハマド・クレア)。パレスチナの銀行家・財務家・政治家。PLOパレスチナ解放戦線の財務担当。

アブ・アラーの名言 一覧

問題の本質を直視しよう。どの点は合意できて、どの点はできないかを見つけるべきだ。まず合意点を見つける。それを脇において、次に相違点を見つける。その上で、それを処理する方法を探っていこう。


アブ・アラーの経歴・略歴

アブ・アラー(本名アハマド・クレア)。パレスチナの銀行家・財務家・政治家。PLOパレスチナ解放戦線の財務担当。

他の記事も読んでみる

土光敏夫

人と機械の原価計算をして、どちらが安くつくかという考え方では、これからは通らなくなる。人間には人間らしい仕事をしてもらうという立場から、取り組むべきだろう。そうでなければ人々は喜んで企業にとどまってくれなくなる。


西山昭彦

大半のビジネスパーソンは、40代半ばになれば、先の道筋もおおよそ見えてくるはず。「自分は経営者や子会社役員になれそうもない」と考えたら、定年後を見据えたキャリアプランを再設計し、仕事のやり方も転換すべきです。具体的には、自分の得意なスキルに磨きをかけ、社内よりも市場価値を意識して仕事をするべきでしょう。


山田進太郎

どんな提案であれ、重視しているのは、プロコン(賛否)、つまり、メリットとデメリットを必ず併記することです。たとえば、A、Bの選択肢があったとき、Aのメリットとデメリット、Bのメリットとデメリットというように書く。Aならこういうプロセスになって、こんなことができる、と書くだけでは、デメリットがよくわかりません。細かい説明は要らないので、どんな案件でもメリットとデメリットを併記して、長くても10~20行くらいに整理してもらう。それを見れば決断できます。


鈴木茂晴

自分の会社に対して、全く不満のない人っていうのは、あんまりいないと思うけれど、そうは言っても最後には「ウチはいい会社だよな」と社員から一言出てくるような会社は素晴らしいと思うんです。私はそこを目指している。


齋藤勇(齊藤勇)

人から好かれる人というのは、爽やかさを感じさせるものです。挨拶も「おはよう!」「おつかれさま!」「元気?」など、ごく単純なのですが、それがかえっていいのです。「単純接触の法則」といい、人は簡単な挨拶とうなずきだけでも回を重ねていけば、相手に対する親しさは増すものなのです。


竹原慎二

引退後、パチンコに行ったり、ダラダラした時期もあります。いよいよ生活費を本気で稼ごうと思ったときに、反省しました。ずっと世界チャンピオンの肩書きを使ってラクに儲けることを考えてた。こんな仕事はできない、なんていうのはプライドじゃない。ただの見栄です。自分が決めたことを信念を通してやり続けることがプライドです。そこで、日焼けサロンのアルバイトを始めました。掃除してると「なんで、元世界王者が……」っていうお客の声が聞こえて、へこみましたよ。でも、1年頑張って自分の店を持つという目標があったから続けられたんです。


村上太一

平日は情報収集をしている余裕がないので、週末にまとめて行なっています。具体的には、解決策そのものを探すのではなく、世の中のさまざまなトレンドをチェックしています。


猪子寿之

英語を社内公用語にしようなんて、ただのバカ。英語が不要とは言わないけど、日本人が日本語で話し、考えなくてどうすんの。


小島順彦

日本ではディベートの授業が活発だという話は、あまり聞いたことがありません。大人でも議論というと、つい感情的になってしまいます。本気で国際人材の育成に取り組むなら、こうした教育にもっと時間を割いてもよいのではないでしょうか。


北村晴男

弁護士という仕事について、一番活きたのは、やっぱり高校野球の体験。どんなに頑張っても勝たないと意味がないということですよ。一生懸命やればいいなんていうのは、負け犬の遠吠え、眠たい話でしかない。「勝たないと意味がない」と思えばこそ、最高の準備と努力ができるのですから。


菊川剛

ダラダラと仕事するのではなく、常にスピードを念頭に置いて、社長以下の社員一人一人が時間を有効に活用していく。これは我が社が掲げるワーク・ライフ・インテグレーション(仕事とプライベートの両立・統合)の理念にもかなうことだと思っています。


森辺一樹

多くの日本企業が、リスクを取って失敗した人を評価しないという組織の評価基準に問題があると私は思う。アジアの担当役員の多くは50歳以上、現地の執行責任者は40歳以上である。この年齢で失敗をすれば、本流から外され、いままで築き上げて来たものが一瞬で崩れる。日本に戻っても席は無い。こんな評価基準が平然とまかり通っている組織で、訳の分からぬアジア市場で果敢にリスクを取ってチャレンジすることなどできる訳が無い。