名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アニス・ウッザマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アニス・ウッザマンのプロフィール

アニス・ウッザマン。アメリカのベンチャーキャピタリスト。「フェノックス・ベンチャーキャピタル」CEO(最高経営責任者)。東京工業大学工学部開発システム工学科卒業、オクラホマ州立大学で修士号取得、東京都立大学で博士号取得。米国IBMなどを経てフェノックス・ベンチャーキャピタルを設立。著書に『スタートアップバイブル』『世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか?』。

アニス・ウッザマンの名言 一覧

研究所をつくるときは、人材は駐在員だけでなく、積極的に現地採用すべきです。シリコンバレーの技術を吸収するには人の交流が必要で、それには現地の人材が力を発揮します。


海外の最先端技術に触れる方法は、もちろん提携や買収だけではありません。最近、トヨタやKDDI、損保ジャパン日本興亜ホールディングスがシリコンバレーに研究所をつくりました。これも海外の技術を吸収する効果的な手段です。


日本の企業はもともと高い技術力を持ち、自前で技術開発してきました。しかし、世界のトレンドの変化は早く、自前主義ではついていけなくなっています。それを痛感した企業が、海外のベンチャー企業と業務提携をしたり、買収をして、技術を取り込もうとしているのです。


日本にはシリコンバレーに負けない技術がありますが、日本のアピール不足もあって、海外の投資家はあまり投資をしていません。シリコンバレーで日本に積極的に投資している投資家は、私を含めておそらく片手で数えられるくらいでしょう。私は学生のころに東京工業大学で学んでいたので、日本の技術レベルの高さを知っています。しかし、そうでなかったら、いまごろ日本をスルーして中国の企業に投資していたかもしれない。それくらい、日本の注目度は低いのです。


いま世界が注目する最新技術の多くはアメリカ発が多い。それに対して、かつて技術大国と呼ばれた日本はなぜ最先端の技術が少ないのか、と問われることがあります。私から見ると、この問いは少しズレています。なぜなら、日本にはイノベーションにつながる技術が数多く眠っているから。いまはまだビジネスに結びついていないため見えにくいのですが、日本で研究されている技術は世界でもトップクラスです。


アニス・ウッザマンの経歴・略歴

アニス・ウッザマン。アメリカのベンチャーキャピタリスト。「フェノックス・ベンチャーキャピタル」CEO(最高経営責任者)。東京工業大学工学部開発システム工学科卒業、オクラホマ州立大学で修士号取得、東京都立大学で博士号取得。米国IBMなどを経てフェノックス・ベンチャーキャピタルを設立。著書に『スタートアップバイブル』『世界の投資家は、日本企業の何を見ているのか?』。

他の記事も読んでみる

山崎妙子(山﨑妙子)

父(山﨑富治)はかねてから、会社の経営理念を社員に理解してもらうために、毎年目標を作り、月ごとに新しい標語を掲げていました。その標語も、いつも短くわかりやすいものをと工夫したそうです。「頭を使ってカネを使うな」という第1号のビラは、群馬銀行の当時の常務に「これは良い、使わせてください」と持って行かれたといいます。他にも色々な標語を考えて試行錯誤を重ねながら、「ほうれんそう経営」にたどりついたのです。


岡野雅行(岡野工業)

釣でいうコマセ(撒き餌)を、こんだけ撒いて鯛が3枚上がらなきゃ元は取れないななんて考えて撒くやつがいるかい?釣果は二の次、その場は損得抜きで、豪快にパッと撒いてこそのコマセだろ。俺はそんな付き合いこそが世渡り力だと思ってるんだ。一番価値があるのは、情報を持っている人間なんだよ。だったら、その人間にお金を注ぎ込むのは当然じゃねえか。人間を大切にする。大切にするためのお金は惜しまない。それが世渡り力の原点だ。


美崎栄一郎

評価も人事異動も自分の思うようにはなりません。しかし、同じ会社員でも、「都合の良い歯車」になるのか、「その人にしかできない仕事がある人材」になるのかでは、充実度が変わってきます。社外に頼れる人脈を作ることは、そういう人材になるためのチャンス。


前沢孝夫

新しいサービスやビジネスモデルを作っていくには半歩先、一歩先の将来ビジョンを描いておくことが、何より必要になる。


厚切りジェイソン

他の人間にできたことが、僕にできないわけがないと信じることが大事。


堀紘一(コンサルタント)

仕事や人生において重要なのは目的であって、手段ではありません。「仕事時間を短縮すること」も、あくまで手段にすぎない。まずは人生の目的を設定して、「自分はこれを成し遂げたいから、そのための勉強や自己啓発の時間を確保しよう」と決めること。目的が明確になれば、どうすれば仕事時間を短縮できるか、真剣に考えて実行できるはずです。


成毛眞

何をしているのかよくわからないけど、遅くまで残業して一生懸命資料を作って考える人と、「やらなくていいんじゃない?」「適当に決めればいいんじゃない?」という人がいたとしたら、前者のほうがまじめで正しいように見えるでしょう。一般に、一生懸命努力することは「いいこと」で、適当に決めたり、思いつきで動いたりすることは「悪いこと」だとされています。でも、仕事のアウトプットとは関係がないプロセスに一生懸命時間をかけているのだとしたら、それは本来、「悪いこと」であるはずです。


石渡美奈

部下にやる気を出してもらうためにはまずリーダーが元気であること。自分が組織の中でどういう役割かを理解し、心身ともに健康であろうと自助努力することが大切です。


野田亨

自分の意見が間違っていることもあります。自分の意見を述べる時間を1とすれば、聞く時間は9を心がけています。頻繁に社内や営業現場などにふらふらっと行って雑談しています。そうすれば、現場の正しい情報が入ってきますから。


箱田忠昭

すべての仕事に締め切りを設定することが大切です。顧客や上司から締め切りを提示されていない仕事でも、自分で締め切りを設け、それを必ず守るように自らに課すのです。人はノルマがあれば、それをクリアしようとする生き物ですから。


松本大

フィードバックを得て、間違えたら、それを修正する。そのサイクルを早めるために「すぐやる」ことが大事。


千田琢哉

会議が多いなら資料は1枚にして時間を節約するなど、ムダに全力投球しないのが賢い。変化に対応できた者だけが生き残れるのは世の常。周りとの軋轢を恐れて慣習に縛られていたら滅ぶだけ。まじめを続けて共倒れしても、いいことは何もありません。