名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アナカルシスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アナカルシスのプロフィール

アナカルシス。古代ギリシアのスキタイ人哲学者。3世紀の哲学史家ディオゲネス・ラエルティオスの著書ギリシア哲学者列伝で11人の賢人の一人として登場している

アナカルシスの名言 一覧

最も安全な船とは、陸に上がった船だ。
【覚書き|君子は危うきに近寄らずと同じ意味の言葉】


成文法はクモの巣のごときものだ。貧者と弱者をもつれさせ捕えるが、富者と強者は簡単に食い破る。


酒杯の一杯目は健康のため、二杯目は快楽のため、三杯目は放縦のため、最後のものは狂気のために飲む。


賢者は原因を検討し、愚者は原因を決めつける。


アナカルシスの経歴・略歴

アナカルシス。古代ギリシアのスキタイ人哲学者。3世紀の哲学史家ディオゲネス・ラエルティオスの著書ギリシア哲学者列伝で11人の賢人の一人として登場している

他の記事も読んでみる

谷正人

僕らが言うのはクリエイションに関してではなくて、お客様がブランドに対してどう思っているのかです。デザイナーって意外とお客様の顔が見えていないことが多いので、良くも悪くも現実を伝えるようにしています。


原晋

2月に新チームを始動、翌年1月2日、3日の箱根駅伝を最終的なゴールとして、その間に自分がすべきことを紙に書き出させる。時間が有限であることを肌で感じ、1分1秒でも無駄にできないと意識できるようになる。


小池百合子

ペーパーレス化を進めるのは、オフィスから離れて働く「テレワーク」の土台をつくるためです。紙を前提に仕事を組み立てていると、オフィスに集まって働く必要がありますが、ペーパーレスであれば、離れた場所でのテレビ会議もスムーズになります。


上山信一

プロジェクトを効率的に進めるうえで重要なのは、「着地点」を早くから意識して動くことなんです。たとえば、プレゼン資料の作成でも、だいたいの素材が揃ったら、細かいところは無視して、とりあえずダミー版をつくってしまいます。すると、着地点に対して「いま何が不足して、何をしなければいけないか」が明らかになるので、無駄な作業をすることが減り、効率が一気に上がるんです。


中野信子

本を読んだり、人と会って知識や知恵を吸収する。運を引き寄せるため、まずは勝負に勝つ実力をつけること。


舘神龍彦

予定は「すぐに」手帳に記入すること。すると、その予定に付随して新たに発生したやるべきことも見えてきます。自分が自由に使える残り時間がはっきりし、そのリソースを有効活用するための段取りを組みやすくなるのです。


稲本健一

順調に4店舗の出店できました。しかし、いつもお客様の事を考えて作っていたはずでしたが、どんな経営者にもそういった時期があると思いますが、一度鼻が高くなりました。何をやっても流行ると思っていました。5店舗目は、鏡を使って、ガラスを使って、モニターを付けて、デジタルな雰囲気で、ミラーボールぐるぐる回して……ディスコチックな居酒屋を作りました。できた瞬間に「ダメだこれ、こんな所で飯を食いたくない」とわかりました。しかし、それまで順調だったため、作り上げるまで分かりませんでした。月々3~400万円ずつ赤字が出ました。その後東京出店も控えていましたが、どんどんお金が無くなって行きました。しかしそこで、お店の閉め方も大事だという事を学ぶことができました。


木村博紀(経営者)

私の健康法は、気分転換も兼ねたスポーツジム通いです。40歳を超えた頃、少し健康のことを考えなければならないと感じ始めたことをきっかけに、スポーツジム通いを始めました。最近は土曜日、日曜日のどちらか1回くらいしか行くことはできませんが、疲れている時でも運動をして一汗かくと疲れが取れることがわかりました。その点でも健康にいいのだろうということが実感できます。


清春

長い間、エレキギターの音を聴いて歌っていると新鮮味はなくなるし、ライブをしても、繰り返せばどこか飽きてしまう。そうならないためにも、いつもとは違う所にアンテナを伸ばし、マンネリを阻止することは大事なこと。今まで僕の音楽を聴いてこなかった人にこそ、聴いてもらいたいんです。その反応として、「いい」と思うか、「なんだこれ」と思うかは自由。ただ、聴けばみなさんの日々のマンネリを阻止するアイテムには、なっていると思います。


国部毅(國部毅)

どの組織もそうですが、部門や部ができるとそこに高い壁ができます。もちろん部門を作ると、権限と責任が明確になってスピードが上がるというメリットはあります。しかし、今は例えばある企業の海外プロジェクトのファイナンスをしようという時に、ひとつの部で完結することはありません。複数の部が専門性を持ち寄って対応しないとお客様にサービスが提供できない。この連携が重要になっています。


橋本進(経営者)

顧客は我々のコストを考えて、値段を決めたりしない。


藤田近男

結局、仕事は人であると思って進めたのが、分社経営です。100人で1台の神輿を担ぐなら、3人がぶら下がっていてもばれない。10人で担ぐ神輿を10台作れば、1人がサボるとすぐにわかる。それに10人の神輿なら自分の貢献度も実感できます。組織の歯車にすぎないと思えば、自分で考えることをしなくなる。責任と権限を与えられれば、それぞれが創意工夫をするでしょう。