名言DB

9412 人 / 110637 名言

アナカルシスの名言

twitter Facebook はてブ

アナカルシスのプロフィール

アナカルシス。古代ギリシアのスキタイ人哲学者。3世紀の哲学史家ディオゲネス・ラエルティオスの著書ギリシア哲学者列伝で11人の賢人の一人として登場している

アナカルシスの名言 一覧

最も安全な船とは、陸に上がった船だ。
【覚書き|君子は危うきに近寄らずと同じ意味の言葉】


成文法はクモの巣のごときものだ。貧者と弱者をもつれさせ捕えるが、富者と強者は簡単に食い破る。


酒杯の一杯目は健康のため、二杯目は快楽のため、三杯目は放縦のため、最後のものは狂気のために飲む。


賢者は原因を検討し、愚者は原因を決めつける。


アナカルシスの経歴・略歴

アナカルシス。古代ギリシアのスキタイ人哲学者。3世紀の哲学史家ディオゲネス・ラエルティオスの著書ギリシア哲学者列伝で11人の賢人の一人として登場している

他の記事も読んでみる

木村皓一

同じ広告を出すんだったら、日本で一番という媒体に出す。広告費を値切って、安いところでやっていてもダメ。


飯塚克美

はぐらかす相手には婉曲な言い方は一切しません。イエスかノーかでビシッと答える。そうすれば、相手も本気にならざるを得ません。


加藤俊徳

目で見て、耳で聞いて覚えるというやり方は、いわば「受け身のインプット」です。記憶の定着率をより高めるには、脳が主体的になれる「能動的アウトプット」を意識するのが効果的です。脳の能動的アウトプットとは、主に「伝達、運動、思考」の3つの脳番地を使ったものです。「誰かに話してみる」「書き出す」「自分の身近なことに置き換えてみる」などです。


織田裕二

何をしたいかを一所懸命固めなきゃ駄目だ。人から役をもらうだけじゃなくて、こっちから「何をしたい」って言わなきゃ。


伊庭正康

結局、上司と部下の相互のコミュニケーション不足にムダが生じる原因があります。かりに報告書をまとめろと言われたときに、「どこでどのように使うのか」「目的は何か」をまず確認します。目的をはっきりさせないまま進めると、後でやり直しになりかねません。


稲垣精二

今の時代、経営におけるITの重要性は極めて高く、戦略として、さらには業務の効率化においてもITを活用していきます。これからは、ITを真っ先に活用して、技術革新を味方につけられる会社と受動的に終わってしまう会社では大きな差が出ます。我々はできるだけ味方につけて、お客様サービスを向上させていきます。


ロバート・キヨサキ

あなたにとって最大の財産は、あなたの知識、「知っていること」だ。反対に最大のリスクは「知らないでいること」。どんな事にもリスクはつきものだ。だからこそ、それを避けるよりも上手く乗り越える方法を学ぶことが大切なのだ。


篠原菊紀

仕事の難易度を客観的につけるのは難しいので、したい順を軸にしたほうがいい。困難な仕事でもワクワクするときってあるでしょう。


三好俊夫

日本の経営体制は、いずれも日本の文化、風土を背負った一人一人の人間によって支えられています。日本型経営の特徴ともいうべき、企業内組合、終身雇用制度、年功序列賃金制度などは、集団主義から自然ににじみ出ていた経済体制なのです。


田坂広志

人の都合や予定を無視するのは、「自分の時間」を最優先に考えているからです。自分の時間を大切にしても、「他人の時間」には無頓着。それが平気で遅刻する人の思考様式です。こうした思考様式の人に、倫理を説いても効果はありません。考え方を変えさせるには、自分の時間を最優先にすることが個人の行動戦略として最適かどうかを考えさせることです。


西山由之

私の考える洗濯革命とは、大型の洗濯機や乾燥機を備えたコインランドリーを利用して、1週間分の家族全員の洗濯物を一度にまとめて洗濯する、というもの。毎日洗濯する必要はない。これぞ洗濯革命。お掃除はダスキン、洗濯はコインランドリーでやるから、昨今の主婦は楽ですね。家庭のパパが休日にコインランドリーに行って1時間でやってくることもできます。今やゴミ出しはパパの仕事だから、洗濯もパパの仕事になっていい。


藤田聰

リーダーシップとマネジメント能力が欠如している人は、どんなに頑張ってもミドルクラス以上には出世できません。なぜならば、大多数の部下を動かすには、時に感情に訴えてマネジメントしていくことも必要だからです。


羽鳥兼市

もし、日ごろの小さな出来事に困難を感じる人がいるなら、その困難を取り除くよりも、自分の目標について考えてみるべきではないでしょうか。


ケリー・マクゴニガル

ビジネスパーソンにとって、自分の「意志力」をコントロールすることは非常に大切です。特に時間を効率的に使いたいと考える場合、意志力を自分の思い通りにできる人とそうではない人がいたら、確実に前者が成功するでしょう。


羽子田礼秀

(中国でカレーが普及したのは)商品の良さが前提にあるのは言うまでもありません。日本人社員が中国のご家庭を訪問し、冷蔵庫の中まで調べて、中国人が好むカレーの味を研究しました。中国の煮込み料理でよく使う「八角」というスパイスを入れたのが、決め手となりました。