名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アドルフ・ワーグナー(経済学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アドルフ・ワーグナー(経済学者)のプロフィール

アドルフ・ワーグナー(ワグナー)。ドイツの経済学者、財政学者。バイエルン州エアランゲン出身。ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン(ゲッティンゲン大学)で博士号を取得。中学教師、商業学校教師、タルトゥ大学統計学主任教官、フライブルク大学教授、ベルリン大学教授などを務めた。ワグナーの法則を提唱。

アドルフ・ワーグナー(経済学者)の名言 一覧

仕事をする時は上機嫌でやれ。


アドルフ・ワーグナー(経済学者)の経歴・略歴

アドルフ・ワーグナー(ワグナー)。ドイツの経済学者、財政学者。バイエルン州エアランゲン出身。ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン(ゲッティンゲン大学)で博士号を取得。中学教師、商業学校教師、タルトゥ大学統計学主任教官、フライブルク大学教授、ベルリン大学教授などを務めた。ワグナーの法則を提唱。

他の記事も読んでみる

島井哲志

死を恐ろしいと感じるのは年齢・性別問わず、人であれば当たり前のことです。これまで心理学では「ネガティブな気持ちにどう向き合うか」について考えられてきました。しかし近年では、21世紀に入って研究が進んでいる「ポジティブ心理学」が注目されています。簡単に言うと、自分自身が持っている心の強みを発見して、前向きに幸福と人生の充実を目指すのが、ポジティブ心理学。この心理学の新しい領域が、「死への恐れ」と付き合う助けになってくれます。


鈴木優輔

上司は部下の嫌われ役であれ、という説もありますが、私はその意見を認めない。たとえ厳しいことを言ったとしても、常に「私は君を見ている。応援しているよ」という態度を示し、言葉を投げかければ、愛は伝わるはず。上司と部下が相思相愛になるほど、組織は前進しやすくなるんです。


山野正幸

基礎はともかく、細かな技術は実践を通じて習得しました。突き返されて嫌な思いをすることもありましたが、難題を克服していくことが楽しかった。


青野慶久

これはメールに限らないことですが、大事なのは内容であって、形ではないと思うのです。要点さえきちんとおさえてあれば、形式が簡便であっても、それは問題にはならないはずです。逆に形式を簡単にすることで、かえって内容が充実する場合もあると思います。


加谷珪一

外資系金融機関に勤めている知り合いも、職場のすぐ近くに住んで夜遅くまでバリバリ働いている。本当のエグゼクティブは職住接近が多い。


有本均

いまでも私が心がけているのは、つねに短期の目標を設定し、それに集中するということ。「10年後や20年後を見据えた長期の目標を持ちなさい」という人もいますが、それだけだと「10年後はこうなりたいが、いまはまだやらなくていいだろう」と思ってしまう。今日の目標や今週の目標といった短期の目標を設定し、それを必ず達成していくという積み重ねによって、モチベーションを高いところで安定させることができるというのが私の考えです。


木村皓一

とくにマイナーなスポーツをやっている子は、学校を卒業すると環境を失うことになるんで可哀想なんですよ。それに、同じ会社に頑張っている選手がいると思えば、他の社員への勇気づけになります。彼らのモチベーションの高さや夢への一途さは、どんな訓示よりも心に響く。うちの選手がテレビに出ているとなれば、「仲間や」という気持ちが持てる。それに、共通の話題にもなるし、コミュニケーションも生まれます。


森田克司

まずは自分自身を知ることから始めてください。なぜなら他人の情報をより多くキャッチするアンテナを立てるのに欠かせないからです。例えば、「自分は物事を仕切るのが得意な一方で、飽きっぽい面がある」などと自己分析できれば、「そんな自分と比べた時に、部下のA君はどうか」と相手への興味が強く湧くし、その人の性格を的確に判断しやすくなる。


秋元康

場数を踏むこと、たくさんの企画を考え続けることが大切。野球に例えると、打席に何度も入り、経験を重ねるしかない。大切なのは打席でボールを見送らず、バットを振り続けること。とにかく規定打席数に達していないバッターは、ヒットメーカーとは決して言われません。


山口瞳

時には破目を外すことがあってもいいから、ともかく行儀よくやれよ。
【覚え書き|新入社員への激励の言葉】


佐久間俊行

昔、ビジネス誌に尊敬する経営者のインタビューが掲載されていまして、その中に、「ビジネスマンとして上達する近道は、とにかく仕事の量をたくさんこなす。 圧倒的な量をこなすことで、見えてくるものがある。私はそのために職場の行き帰り以外は、ずっと仕事をしていた」といった内容が書いてありました。それなら、私は泊まりこんでみようと。尊敬する経営者の仕事量をまずは上回ってみようと、最初の6ヶ月間は家に帰らず、ずっと泊り込んで仕事をしていました。単純に忙しくて、家に帰る暇がなかったということもありますが、それは経営者として経験の浅い私なりの工夫と挑戦でもありました。


柴山政行

部下に与える仕事の内容や難度は、おおむね年数に応じたものがいいでしょう。仕事を1年こなせば、1年分のキャリアはついてくると思うからです。そして、その経験に応じて価値が高まります。バランスシート上の数字には表れないものの、会社の目に見えない財産は着実に大きくなっていきます。