名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アドルフ・ワーグナー(経済学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アドルフ・ワーグナー(経済学者)のプロフィール

アドルフ・ワーグナー(ワグナー)。ドイツの経済学者、財政学者。バイエルン州エアランゲン出身。ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン(ゲッティンゲン大学)で博士号を取得。中学教師、商業学校教師、タルトゥ大学統計学主任教官、フライブルク大学教授、ベルリン大学教授などを務めた。ワグナーの法則を提唱。

アドルフ・ワーグナー(経済学者)の名言 一覧

仕事をする時は上機嫌でやれ。


アドルフ・ワーグナー(経済学者)の経歴・略歴

アドルフ・ワーグナー(ワグナー)。ドイツの経済学者、財政学者。バイエルン州エアランゲン出身。ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン(ゲッティンゲン大学)で博士号を取得。中学教師、商業学校教師、タルトゥ大学統計学主任教官、フライブルク大学教授、ベルリン大学教授などを務めた。ワグナーの法則を提唱。

他の記事も読んでみる

町田典子(経営者)

逆境の中にあっても立ち向かう。悲惨な戦争を体験し満州から9歳のときに、九死に一生を得て帰国。焦土からの日本を生き抜いてきたパイオニア精神があるからこそ、厳しい状況でも耐えることができました。


深町秋生

私はろくに古典とか読んでいないんですけど、それでもシェイクスピアの悲劇が好きで、常にそうした人間の葛藤を描きたいと思っているんです。己の、欲望のままに突き進むか、それとも法律や掟を守って生きるか、そういう話に惹かれる。


仲山進也

楽天大学参加者の皆さんは、常に新しい状況の中で手探りでショップ運営に取り組んでいます。みんなで「どうしたらいい?」と考え実践し、「うちではこうなった」「じゃあうちはこうしてみよう」と情報や意見を交換しながら試行錯誤する。その繰り返しです。


小泉文明

プライベートで「ジョギングを毎日の日課にする」と目標を立てたのに、できたりできなかったりする日が続いたとします。でも、「2~3日に1回はジョギングできているのだから、よしとしよう」と自分を責めない。走っていれば体重は少しずつ減るし、習慣化してくるはず。そのうち走ることに対してポジティブになると思うのです。


塚越友子(水希)

老年期になって孤独になるのは圧倒的に男性です。会社人間として生きてきた彼らの定年後、自分の居場所や社会との繋がりはほとんどありません。そこで、自分の存在が無視されたと感じてしまい、威信を回復させようといろんなことを言ったり行動に移すため、異世代の人たちとの関係性がさらにこじれてしまいます。もし身近にこういう人がいたら、敬遠するのではなく、生きた時代が異なり、価値観の違う世代なんだということをふまえたうえで、一旦は受け入れてみてください。彼らは自己肯定感が低くなっていることが多いので、それを実感してもらうためにあえて活躍の場をつくり、「お陰で助かりました!」と感謝の気持ちを伝えれば、少しは頑固な面が和らいだり、こちらに歩み寄ろうと、彼らなりに不器用に頑張るはずです。


中山讓治(中山譲治)

自分自身で提案をつくりあげるということをしないと、ものの見方は練れてこないのですが、同時に大切なのは常に自分のものの見方は絶対ではないと思えるかどうかです。


内藤誼人

奢れば奢るほど、部下があなたのことを慕ってくれるかというと、実際は、逆である。人間というのは、奢ってもらうと感謝をするというより、増長して、つけあがってくるものだからだ。だからこそ、相手にも少しは出費を強いるくらいでちょうどいいのであるし、その方が飲み会も盛り上がる。


ジョン・D・ロックフェラー

私は災難が起こるたびに、これを良い機会に変えようと努力し続けてきた。


坂戸健司

自分を客観視するには、自分の中にある様々な物差しや基準をはるかに凌駕する存在に対峙すればいい。


日野原重明

今までやったことのないことをする。会ったことのない人に会う。これが若さを保つ一番の秘訣。


江上治

ビジネスの評価は他人がするものです。よく「自分はこれだけ頑張っています」と自己評価する人がいますが、これは稼げない人の典型です。努力が認められていないと感じるから、自己主張しようとするのでしょう。まわりに厳しい上司や、口うるさい上司がいるなら、逆に彼らから徹底的に学べるチャンスと思って、素直に耳を傾けてはどうでしょうか。


野田稔

「念のため」「とりあえず」がムダな仕事を生んでいます。とくに単純作業においては、そこに人件費が発生しているという意識が薄くなりがちです。日本人は「ミスをしないこと」「言われたことを正しくやること」に価値があると考えます。この優等生的な働き方は単純に仕事量を増やし、付加価値を生んでいないことを、まずは認識することです。