名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アドルフ・ヒトラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アドルフ・ヒトラーのプロフィール

アドルフ・ヒトラー。ドイツの政治家。オーストリア=ハンガリー帝国ブラウナウ・アム・イン出身。画家になるために美術学校を受験するも失敗。第一次世界大戦に従軍。戦後は政治家になりドイツ労働者党に入党。同党を乗っ取り国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)に改名。その後、党勢を拡大し第一党となる。戦争によりドイツ領土を拡大するも、連合国軍にじりじりと巻き返されベルリンの地下壕で自殺した。

アドルフ・ヒトラーの名言 一覧

あらゆる世界史的事件は、良かれ悪しかれ、すべての人種の自己保存本能の表現である。


アドルフ・ヒトラーの経歴・略歴

アドルフ・ヒトラー。ドイツの政治家。オーストリア=ハンガリー帝国ブラウナウ・アム・イン出身。画家になるために美術学校を受験するも失敗。第一次世界大戦に従軍。戦後は政治家になりドイツ労働者党に入党。同党を乗っ取り国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)に改名。その後、党勢を拡大し第一党となる。戦争によりドイツ領土を拡大するも、連合国軍にじりじりと巻き返されベルリンの地下壕で自殺した。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

簡単に言えばリーダーシップとは、立場が上の人間に下の人間がついてくるかどうかということだ。そのためには、どんな言葉で目的や手段を伝え、どう語るかが重要になる。


延岡健太郎

機能や技術、特許といった「表層」の価値にとどまらず、顧客との成功体験の共有といった「深層」にまで入り込むことが、競合企業の進出や模倣を防ぐことになります。それができれば、赤字が続くということはないでしょう。


野中正人

当社では部下が全員年上なんてこともザラにありますし、「ちょっと部長から降りてもらいますよ」などという降格人事を発令することもよくあります。降格されて会社を辞めてしまう人もいませんし、次に与えられたポジションで成果を出して部長に返り咲くといったことも日常茶飯事です。


河村亮

一流選手は例外なく、記憶力に優れている。プロ野球でいえば、松井秀喜さんや高橋由伸さんは驚くほど記憶力がいい。引退後、「松井さんの思い出に残るホームランを振り返る」という企画があったのですが、ほとんどのホームランを放った打席を覚えていました。「あの広島戦ね。相手投手は佐々岡さん。二塁ランナーは仁志さんだった」などと、そのときの状況を即答できるのです。対戦相手や味方のランナー、現在の点差やアウトの数、風の向きなど、あらゆる情報を把握したうえで、「次は一球見るか。それとも打ちにいくか」と結果を出すために必死で考え抜いている。だからこそ、情報が脳に刻まれるのだと思います。


坂根正弘

小刻みにリストラをするのは最悪です。最後に、全体でダメになってしまうからです。私は1度だけ大手術をしました。世界で1位、2位になれそうにないものはすべてやめることを明言し、国内2万人の従業員に手紙を書き、希望退職を募りました。結果、従業員数は一時1万8500人まで減りましたが、今は国内投資も増え、会社全体の収益性も大幅に改善し、2万人台を回復しました。


アンジェロ・ボナーティ

経営者は待つことを知ることが大事です。農作物と同じで、じっくり育てて待つのです。栄養をしっかり与えていれば毎年、美味しい実をつけてくれます。


伊與田英徳

マーケティング論は必要ですが、このドラマにとっていいと思うことを信じて皆で突き進んでこられたのがいい結果に結びついたのだと思います。


山崎元

お金を使うペースを適切に管理するためにお勧めしたいのが「現金主義」です。クレジットカードは使用せず、極力現金で支払いをするという非常にシンプルな方法です。月2回、銀行の口座から毎月の生活費の半分を引き出し、半月間はそのお金で賄う習慣を付けるのです。そもそも毎月の可処分所得がどれだけあって、そのうちのどれだけを貯蓄できるのか。そういうお金の流れが自然に把握できるようになればしめたもの。現金主義は、お金の使い方の感覚を身に付ける有効な手段といえるでしょう。


澤田秀雄

調べると、ホテルの一番のコストは人件費、光熱費であることが分かった。世界一生産性の高いホテルを作ろうと考えた時に、この人件費と光熱費をどう削減させるか。それにはロボットや自動化されたシステムが必要なのではないか。そう考えたのです。最初からロボットホテルありきだったわけではありません。しかしロボットホテルを作ったことで世界から注目されるようになり、集客を後押しする結果になりました。


中田敦彦

RADIO FISHでは個性を束ねた経験を通して、多くのことを学べました。一番大きな発見は、興味と適性は一人ひとり「細かく」違うということです。チームって、一つの目的を共有するものですよね。RADIO FISHもダンスと音楽をやりたいという目的を共有しています。だから、最初は「ダンスができて、ダンスをやりたい人たち」に均等にタスクを割り振っていたのですが、これがなかなかうまくいかない。そこで、よくよく各メンバーを観察してみると、細かな適性の違いが見えてきました。目的をともにした一つの「箱」の中にメンバーを入れて、何をやりたいのか、できるのか、どんな可能性があるのかを見極めて、適材適所に配するのが、チームを運営する僕の役割なんだとわかりました。


山元峯生

国際線に進出して20年経ちました。我々にはまだ、当時の「追いつけ追い越せ」の一生懸命さが残っていると思います。


石坂正人

ずっとワンマンでやってきたが、それはとんでもない思い違いだった。社員や家族をはじめ、周囲の人々に助けられてきたからこそ、今の会社、今の自分がある。その人たちに感謝し、みんなが幸せになるように力を尽くさなければならない。
【覚え書き|経営危機を振り返っての発言】