名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アドルファス・ブッシュの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アドルファス・ブッシュのプロフィール

アドルファス・ブッシュ。ドイツ生まれのアメリカの経営者。バドワイザーで知られるビール会社アンハイザー・ブッシュの創業者。大学を出て就職するも、アメリカにチャンスを求め移住。セントルイスで友人とビール卸売ビジネスを開始する。その後、ビール醸造所の娘を妻にし、舅とともにアンハイザー・ブッシュを設立(妻の実家がアンハイザー家)。バドワイザーを米国ナンバーワンのビール銘柄へと躍進させた。その後も、複数のビジネスを立ち上げ、30を超すビジネスのオーナーや筆頭株主となった。

アドルファス・ブッシュの名言 一覧

最も価値のある資産は、ビジネス関係にあるすべての人々が示してくれる誠実さである。


アドルファス・ブッシュの経歴・略歴

アドルファス・ブッシュ。ドイツ生まれのアメリカの経営者。バドワイザーで知られるビール会社アンハイザー・ブッシュの創業者。大学を出て就職するも、アメリカにチャンスを求め移住。セントルイスで友人とビール卸売ビジネスを開始する。その後、ビール醸造所の娘を妻にし、舅とともにアンハイザー・ブッシュを設立(妻の実家がアンハイザー家)。バドワイザーを米国ナンバーワンのビール銘柄へと躍進させた。その後も、複数のビジネスを立ち上げ、30を超すビジネスのオーナーや筆頭株主となった。

他の記事も読んでみる

浅野秀則

一つの成功というのは1ではなくて、一つの成功モデルを見つけると100につながっていくんです。ですからスタート時の成功モデル作りは非常に重要だなとその時学びました。それからギブ・アンド・テイクの精神で行けば、必然的に事業はグーっと伸びていくと思います。


川本英利

入社当時から考えていたのは、社会の中では「人と人とのつながり」が重要だろうということ。その中で成長し、貢献していくことが重要だと。浪人時代に人とあまり話さず勉強ばかりしていた反動もあったのかもしれませんね。今も変わらぬ私の原点です。


宮永俊一

内部で努力すればできることはしました。事業所が強いかつての体制を事業部制へとくくりを大きくして再編し、グローバルとリージョナルに経営資源を分ける絵を描きました。組織の最適化はできてきたと思います。


森信親

まずはトップがどうしたらいいのか真剣に考えるべきです。自分たちに足りないものを真剣に考えた結果、導き出した答えが再編なら、それはうまくいくでしょう。一方、図体を大きくすることだけ考えて、小さいところをとにかく吸収するようなケースでは、内部で主導権争いになったりしますね。


大平浩二

自分の間違いを素直に認めて明らかにすることができればいいのですが、人間はそれほど精神的に強くはありません。人間の本性は苦境の時にこそ現れるといいますが、メンツにこだわって隠すこともあれば、嫉妬、驕り、油断、甘え、決断を先延ばしする怠慢、知らないふりをする黙認などによって、不正の隠ぺいが始まることも多々あります。


ジャック・ウェルチ

変化はつらい。だが、ビジネスの世界では避けがたいことだ。あなたに残されているのは、名残惜しいだろうが、過去に別れを告げることだけだ。もう終わったことなのだ。昔に日々は返ってこない。


浜脇洋二

私が出会った100人を超える米国やドイツの経営者たちも戦略に長けた、したたかな経営者だったと思い起こしました。彼らに比べれば、日本の経営者はどことなくひ弱に見えてならない。例えて言えば、野良犬のたくましさと飼い犬の弱さの違いがあるように思えるのです。


伊井哲朗

私は、50歳を過ぎたら少額でもいいので資産運用を始めることをお勧めしています。退職金を運用で増やすには、ある程度投資に慣れておく必要があるからです。50歳からでも十分資産は増やせます。


宮沢俊哉

「君はこれを目標にせよ」と押しつけても、社員は「やらされ感」を味わうのみです。やる気は、自分で決めることから生み出されるもの。「こんな働き手になろう!」と自分の中でイメージできてこそ、前に進む力が湧いてくるのです。そうなれば必要なスキルを身につける努力もできるし、逆境に折れない強さも育つでしょう。


梶村尚史

眠気を誘う睡眠ホルモン「メラトニン」は、起きてから14~15時間後に分泌され始めます。つまり、夜眠くなる時間は、その日起床した時間で決まるのです。したがって、生活パターンを朝型に転換したければ、まず早起きから始めること。少々眠くても、思い切って早く起きる。そうすると、その晩は早寝することができ、また翌日も早起きしやすくなります。


岩田松雄

長めの文書作成や企画立案など、ちょっと骨が折れそうな仕事がある場合は、とりあえず考えるべき問題を頭に入れたうえで、単純な事務作業を片づけていきます。人間の脳は、問題さえ頭に入れておけば他のことをやっていてもどこかで考えているもの。事務作業が片づく頃には、ずいぶん考えが発酵していますし、しかも雑務は片づいているので、じっくり考える時間も確保しやすい。そこで難問に取りかかると、スラスラと進むこともよくあります。


桜井一紀

部下と一緒に考えることを優先する質問型リーダーと、部下にやり方を教えることを優先するアドバイス型リーダー。どちらが部下を成長させるのか比較した調査結果があります。それによると、ビジョン構築や目標設定、積極的な提案などの項目で、質問型の部下や同僚の方が、積極的な姿勢がみられました。