名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アシュレイ・ブリリアントの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アシュレイ・ブリリアントのプロフィール

アシュレイ・ブリリアント、米国の漫画家、警句家、ユーモアを交えた皮肉が有名。イギリス生まれ

アシュレイ・ブリリアントの名言 一覧

私の人生は、一度もリハーサルのチャンスをもらえなかった公演のようなものである。


人生とは「ルールを学ぶこと」が目的になっている唯一のゲームだ。


偶然の富が私にどういう影響を与えるかを調べる実験なら、どんなものでも喜んで実験台になるよ。


アシュレイ・ブリリアントの経歴・略歴

アシュレイ・ブリリアント、米国の漫画家、警句家、ユーモアを交えた皮肉が有名。イギリス生まれ

他の記事も読んでみる

山内溥

祖父の社訓は、あくまで祖父のもの、決してぼくのものやない。


清水久三子

情報や思考を整理するときにはA5判のノートを使います。スペースを限定したほうが、必要なことを厳選して書くので、思考を整理しやすくなる。


矢野龍

アラスカにはシルバーグリズリーという巨大な熊がいますが、私はこれに遭遇して3回死にかけています(笑)。アラスカで山を見に行く時には四輪駆動のジープで行くわけですが、雪崩などで途中の橋が流されていることもあります。現地は午後3時~4時くらいには暗くなりますが、車は動けないですから現場まで7~8時間歩いて、ロッジに着くのは夜中の2時~3時です。そうすると食べ物はありませんからエスキモーの人達のキャンプでご飯を食べさせてもらっていました。


小飼雅道

フル生産になっていない工場は、絶対に「名工場」にはなりません。生産台数を求められれば、トラブルに俊敏な対策をしないといけない。みんな知恵が回るわけです。


塚越友子(水希)

人の頼みを断れない人は、「断る」のではなく「交渉する」のだという気持ちに置き換えると効果的です。相手の要求を100%飲むのではなく、「90%やるとしたら、何ができるか?」と考えましょう。それにより、「今日中に仕上げるのは難しいですが、明日の午前中ならできます」といった交渉をすることができます。この方法を取れば、自分の負担を軽くしつつ、「役に立たない怖さ」も感じずにすむでしょう。さらに、80%なら、70%なら……と、度合いごとのバリエーションをできるだけ多く考えていきましょう。こうした「ものさし」を心の中に作り、柔軟な対応ができるようにすることで、心の緊張も取れてきます。


藤原健嗣

世の中が変化する中で、それに一喜一憂して慌てて対応するのは、事業の経済性も含めて得策ではない。自分たちが決めた目的やベースをもう一度再確認し、しっかり進めていくべきだ。


木下和彦

趣味でもありますが、いろいろな料理を食べ歩いています。でも、食べているときは「これはこうで」と頭の中で考えないし、メモも取りません。新しいメニューをつくるときは、心の中に残っているものだけを参考にします。いま自分がつくりたい料理が自分の料理です。伝統の調理法を重視しつつ、現在の自分のお皿の中に表現していくことが喜びなんです。


尾崎元規

必要な情報が3割しかなくても、進むか退くか決断しなければいけない場合もあります。そういうとき、最後はある意味直感が頼りになるのですが、それはいきなり出てくるものではありません。さまざまな要素や過去の経験を踏まえて考え抜く中で、迷いながらもやっと方向性が見えてきます。しかもそれは、スパッと割り切れるような単純なものではありません。


和田裕美

自分の意見を100%正しいと思ったり、相手に強要しないことも大切です。意見が対立すると、こちらにとっては「正解」でも、相手にとっては「不正解」。一方が、自分を「正義の固まり」のように思い込むと、表現も「あなたは確実に間違っている」という言い方になりがちで、相手をさらに頑固にしかねません。ですから、いつでも「思い込みがあるのではないか」と、自分を客観視しながら伝えるように意識した方がいい。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

いま持っているところで最高のものを出したい。


福井康夫

会社が大きくなると、独りよがりになるものなのです。そうならないためには、自分が愚かな経営者になっていないか自問自答し、謙虚に反省する習慣をつけることが重要で、志を高く持ち、堅実に経営していかなくてはなりません。


水野泰三(経営者)

スキー以外のものを売り始めたきっかけは、実は市場の縮小とは関係ないんです。アルペンがまだ1店しかなかった時、スキーは季節商材なもんですから、需要のある冬の半年だけ店をやって、残りは従業員に「来るな」と言ったんです。スキーだけで食えちゃったからね。夏の人件費も電気代ももったいないじゃないですか。でもそうしたら、「アルペンが潰れたらしい」と噂になった。さすがにそれはまずいと思って、閑散期にできるものを探してゴルフを始めたんです。