名言DB

9490 人 / 112001 名言

アウレリウス・アウグスティヌスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アウレリウス・アウグスティヌスのプロフィール

アウレリウス・アウグスティヌス、ヒッポのアウグスティヌス。4世紀から5世紀初期にかけてのキリスト教神学者、哲学者。ラテン語圏古代キリスト教において最も影響力を持った理論家とされている。北アフリカのタガステに生まれ、マニ教信者だったがキケロの著作や、新プラトン主義に出合い同教に失望。ミラノで弁論術を教え、キリスト教の洗礼を受ける。母の死後、アフリカに戻りヒッポにて修道院生活を送った

アウレリウス・アウグスティヌスの名言 一覧

良心と名声はふたつの別の事柄です。良心はあなた自身に属するもので、名声はあなたの隣人に属するものなのだから。


私たちが当然なすべきことをなすは称賛に値しない。なぜならば、それを行うことは私たちの義務だから。


あなた自身に立ち返れ、内なる人にこそ真理は宿る。


神は、人間をその本質が天使と獣との中間にあるものとしてお創りになられた。


時間が過去と現在と未来であるとするのは正確ではない。時間は過去の現在、現在の現在、未来の現在なのだ。そしてこれらは3つとも魂のなかにあり、ほかには見あたらない。


アウレリウス・アウグスティヌスの経歴・略歴

アウレリウス・アウグスティヌス、ヒッポのアウグスティヌス。4世紀から5世紀初期にかけてのキリスト教神学者、哲学者。ラテン語圏古代キリスト教において最も影響力を持った理論家とされている。北アフリカのタガステに生まれ、マニ教信者だったがキケロの著作や、新プラトン主義に出合い同教に失望。ミラノで弁論術を教え、キリスト教の洗礼を受ける。母の死後、アフリカに戻りヒッポにて修道院生活を送った

他の記事も読んでみる

安永竜夫

行動することで成功の確実性を上げるのが商社の営業。


ジョン・キム(法学者)

学びの材料は、ありとあらゆるところに存在しています。指示されたことを受け身でこなす人にはそれが見えないのです。そうではなく、常に経営者や上司の視点を持ち、その業務の意味や価値を考えてみることです。学びの材料は、そうした強い当事者意識の先に見つかるのです。


松下幸之助

一心不乱でやる、そうするとまわりもただ見てばかりはいないものです。一心不乱という本当に真剣な姿を見ていると、そこには必ず何か教えられるものが出てくる。まわりの人々は、いちいち言わんでも、手伝うし、働く。


清水久三子

重要なのは、最終目的地に向けて「小ゴール」を設定すること。まずは、小さな課題解決で成功体験を積んでいき、大きな課題を解決する流れを作っていくのです。これにより、課題解決への勢いがつき、課題を達成しやすくなります。


坂信弥

これから自分の仕事をやろうとしているのだ。骨董品を売って金をつくることはいわば背水の陣だ。人に頼ってやるようなことでは成功しない。
【覚書き|太平洋戦争後、満州から引き揚げてきた友人とともに濃硫酸を扱う東京酸曹を立ち上げたときの発言。坂氏が家に代々伝わる骨董品を設立費用のために売ろうとしたとき友人に止められて上記の発言をした】


鈴木宗男

上司や周囲に可愛げがあると思われるには、まずいつもニコニコして我を抑える必要がある。ただし、いい人だと思われるだけではだめだ。政治の世界では、「いい奴だ」は「間抜け」と同義である。


真田茂人

ビジネスが複雑化し、進む米方向が予測しにくくなっている状況下では、組織の中から知恵を生み出す「学習する組織」を作れる社員を支えるサーバントリーダーが必要。


青木俊介

チームラボ時代も充実していましたが、燃え尽きた感もあり、何か別のチャレンジをしたくなったのです。それまでも「ロボットを作りたい」という想いは一貫して抱いていましたし、それをビジネスとして成立させることを夢見てきました。当時は、誰もが自由に使えるように作り方などが公開されたハードウェアが登場したり、2005年には愛知万博が開かれたりと、ロボット分野が盛り上がりを見せていた時期。この追い風を受けて私は「ロボットがビジネスになるかもしれない」と考え、難しいチャレンジだとは分かっていましたが、一歩を踏み出すことにしたのです。


スガシカオ

挑戦というか、ひとつのところに安定しているのが得意じゃないんですよね。

【覚え書き|人生の節目で安定より挑戦を選んでいる理由を問われて】


玉生弘昌

プラネットの事業は、ライオンが既存で持っていたネットワークシステムを引き継いで始まりました。「このシステムを使えば面白いことができる」と考えていたところに、ちょうど良いタイミングでチャンスが訪れたのです。ライオンの社員だからできたことで、イントラプレナー(社内起業家)にしかできない事業です。


菅義偉

初めて選挙に出たのは38歳の時ですね。地元で頑張っていると応援して下さる方も出てきます。いろいろな人が見てくれているんですね。それで市会(市議会議員選挙)に出ろという声が少しずつ出てきたんです。思えば、そこから一日も休まずに突っ走って来た感じです。


秋田正紀

自分たちが「変わった」と思っていても、お客様に「変わった」と感じていただかなければ意味がない。たんに売り場をきれいにするにとどまらず、お客様に変化を実感していただき、改装による波及効果が得られなければ、成果が出たことにはなりません。