アウレリウス・アウグスティヌスの名言

アウレリウス・アウグスティヌスのプロフィール

アウレリウス・アウグスティヌス、ヒッポのアウグスティヌス。4世紀から5世紀初期にかけてのキリスト教神学者、哲学者。ラテン語圏古代キリスト教において最も影響力を持った理論家とされている。北アフリカのタガステに生まれ、マニ教信者だったがキケロの著作や、新プラトン主義に出合い同教に失望。ミラノで弁論術を教え、キリスト教の洗礼を受ける。母の死後、アフリカに戻りヒッポにて修道院生活を送った

アウレリウス・アウグスティヌスの名言 一覧

良心と名声はふたつの別の事柄です。良心はあなた自身に属するもので、名声はあなたの隣人に属するものなのだから。


私たちが当然なすべきことをなすは称賛に値しない。なぜならば、それを行うことは私たちの義務だから。


あなた自身に立ち返れ、内なる人にこそ真理は宿る。


神は、人間をその本質が天使と獣との中間にあるものとしてお創りになられた。


時間が過去と現在と未来であるとするのは正確ではない。時間は過去の現在、現在の現在、未来の現在なのだ。そしてこれらは3つとも魂のなかにあり、ほかには見あたらない。


アウレリウス・アウグスティヌスの経歴・略歴

アウレリウス・アウグスティヌス、ヒッポのアウグスティヌス。4世紀から5世紀初期にかけてのキリスト教神学者、哲学者。ラテン語圏古代キリスト教において最も影響力を持った理論家とされている。北アフリカのタガステに生まれ、マニ教信者だったがキケロの著作や、新プラトン主義に出合い同教に失望。ミラノで弁論術を教え、キリスト教の洗礼を受ける。母の死後、アフリカに戻りヒッポにて修道院生活を送った

他の記事も読んでみる

松井道夫

利益を上げて経営状態が良くなってくると「うちの会社はいま何百人の社員がいる。将来は、何千人にするんだ」といって、買収を繰り返し、組織を拡大していく経営者がいます。つくづく疑問に思います。みんな規模を拡大しようとする。足し算の発想をするのです。しかし僕は、もう徹底的に引き算の発想をしようと思って、有無を言わさず本社を移転しました。余計なものを排除する。つまり、規模を捨てたんです。徹底的な引き算の発想を、社員に示したつもりです。


中嶋成博

どんな製品も10年から15年のスパンで衰退期を迎える。だから、常に次を考え続けないといけない。


瀬戸欣哉

無駄だと判断された部門の人は、当然反対します。それが自分の存在意義だから。しかし、本当にコストに見合っているのかを考えなければいけない。


梅宮辰夫

役者はいろんな役を演じるのであって、ヤクザ役が似合うからといってヤクザなわけじゃない。先生役がハマリ役の人が、必ずしも温厚な性格とはかぎらないしね。役はあくまで役なんだよ。


吉田尚記

雑談と言えば天気の話、と思っている人は多いでしょう。それは正しいのですが、切り札の数は多い方が、何かと便利です。私のおススメは、「きどにたちかけせし衣食住」。季節(き)、道楽(ど)、ニュース(に)、旅(た)、知人(ち)、家族(か)、健康(け)、世間(せ)、仕事(し)、衣類、食、住まいに関する話題を出せば、話に詰まることはないという先人の知恵です。


藤井隆太

同じ製品だから同じマーケティングをしても通用するわけではない。その国の習慣や文化にどうやって融合させるかが大事なんです。


ロバート・キヨサキ

起業家が果たすべき非常に重要な役目のひとつに、ビジネスの供給サイドと需要サイドとの調整がある。過剰な供給や在庫は、ビジネスが行き詰まる原因になる。逆に、需要が急増して供給が追い付かないときも、結果は同じだ。顧客は、欲しい物が手に入らないとわかると、競合他社の製品に走ってしまうかもしれないからだ。需要もなく、供給もままならないとなれば、そのビジネスは、早晩消える運命にある。


新渡戸稲造

我々の親にも子にも友人にも欠点があれば、我々の憎み嫌う人にも特長がある。


平野敦士カール

社外の人たちと結びついていくには、自分のプラットフォームをつくることです。具体的には異業種交流会や勉強会など、業界を越えて様々な人が集まれる「場」を自分で主催するのです。そうすれば、いままで出会えなかったような人とのネットワークを築くことができ、情報収集や他業種の見方など、さまざまなメリットを得ることができるでしょう。いきなり大きな会を主催するのでなくても、友人が友人を連れてくる数人程度の会を催すだけでも確実に人脈は広がります。


中部謙吉

商売のコツとして、親父は昔から「高く買って安く売れ」ということを教えていた。ちょっと聞くと変な気がするが、売り手は高く買ってやれば喜んでいいものをどんどん売ってくれるし、買う人は安いほうがいいに決まっている。とくに鮮魚の仲買問屋としてはこの商法はものをいった。


平井一夫

社長に就任して最初に、マネジメントの方々一人一人に、何を期待していて、どんな行動をしてほしいかを伝えました。その上で、この期待に賛同してくれる皆さんはぜひ一緒にやってほしい。もし賛同できないなら、言ってほしい。そうすればきちんと別の仕事を用意する。ただし、今賛同すると言いながら、後で変な動きをしたときは、キャリア的には打撃を受けると明確に言いました。幸い、賛同できないという人は一人もいなかった。それからは、おおむねワンチームとして機能しています。それが端的に、商品力や業績に表れていると思います。


アルバート・アインシュタイン

誰もが天才だ。しかし、魚の能力を木登りで測ったら、魚は一生「自分はダメだ」と信じて生きることになるだろう。


水留浩一

実は私、どの企業も辞めるつもりで入ったことは一度もないんです。それはスシローにしても同じ。しかもいまはファンドから離れて再上場を果たしたばかりです。ここを離れる理由もありません。最低でもあと20年はやりたいです。


古賀信行

わからないことをわからないと言ってしまえば、今度は自分の問題として覆いかぶさってきます。次は、いかに早くこれに対応するか。ここで重要になるのが、人に聞くことです。誰かに質問をする。その答えを教えてもらう。よほどのことがない限り、それだけでは終わりになりません。相手といろいろな話をするわけです。会話はどんどん膨らみ、余計な話が、知識に大きな広がりを持たせることになる。何より、人間関係を築くきっかけになるものです。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

たとえば、ゲームソフトの完成が予定より遅れているとわかったとき、報告書にまとめさせると、遅延の原因や経緯を書かざるを得ません。しかし、緊急事態において必要なことは、責任追及ではなく、素早く手を打つことです。まずは担当者全員を集め、今後の対策を練り、すぐ行動に移す。原因の分析は、そのあとからでも遅くありません。


ページの先頭へ