名言DB

9412 人 / 110637 名言

アウグスト・フォン・グナイゼナウの名言

twitter Facebook はてブ

アウグスト・フォン・グナイゼナウのプロフィール

アウグスト・フォン・グナイゼナウ。プロイセン王国の軍人、軍事参謀。ワーテルローの戦いで参謀長としてナポレオンを迎え撃ち勝利。軍司令官に昇進し、『戦争論』で知られるクラウゼヴィッツを見出し参謀長に抜擢した人物。

アウグスト・フォン・グナイゼナウの名言 一覧

すべての軍人は、逆境という名の学校を卒業しなければならない。


アウグスト・フォン・グナイゼナウの経歴・略歴

アウグスト・フォン・グナイゼナウ。プロイセン王国の軍人、軍事参謀。ワーテルローの戦いで参謀長としてナポレオンを迎え撃ち勝利。軍司令官に昇進し、『戦争論』で知られるクラウゼヴィッツを見出し参謀長に抜擢した人物。

他の記事も読んでみる

上田準二

高度成長期のように「黙ってオレについてこい」などと言っていたら、誰もついてこないのがいまの時代です。上司は自分の方針についてきちんと説明し、部下の話をしっかり聞いてあげることが大切です。そして、部下が最大の力を発揮できるように環境やツールを整え、上司自ら雰囲気を盛り上げて全員のモチベーションを上げていかなくてはなりません。


小林靖弘

各担当役員ともいろいろ議論をするのですが、社内にいても社外にいても仕事が出来る方、もしくは志の高い方とはやはり仕事が繋がっていきます。


松村清

世界のトップ企業はコミュニケーションを重視します。企業理念を掲げて社員の価値観を1つにしたり、人種や国籍、宗教といった異なる背景や価値観を持つ人々が気持ちよく働ける環境を整えたり。それが企業の力になることを知っているからです。


新将命

私はよく講演で「あなたがいまのままでいたら、3年以内に使い物にならなくなりますよ」と話しています。自分が変化し成長を続けないと、市場価値が摩耗して、長いビジネス人生を完走するのは難しいでしょう。


田中マルクス闘莉王

自分自身は今シーズン、ハットトリックも決めて、多くの点を取ることができていますけど、ゴールの喜びが目標ではありません。第一は、チームを勝たせること。点はおまけみたいなものです。


羽鳥慎一

「羽鳥はしゃべりすぎてうるさい」と書かれた苦情を目にすると、さすがにそのときはへこみますが、あまり引きずらないようにしていました。数が多すぎていちいち引きずっていられなかったというのが真相ですが(笑)。そのうち、最初は山のようだった批判も徐々に減ってくると、今度は仕事がどんどん楽しくなってきたのです。


小口英噐(小口英器)

当社は今年、創業30年を迎えます。ゼロからスタートし、ある段階に至るまでは神経をすり減らすことも多くありました。それこそ体を酷使して仕事をしてきましたが、それでも人と会うときには私は必ず、無理にでも気持ちを高揚させ、元気はつらつでいることを心がけてきました。


蜷川幸雄

舞台での上演は企業で言う商品化に値するだろう。商品価値が高くなければ誰も観に来てくれない。


カンニング竹山

テレビのバラエティ番組でも、まだまだやれることはいっぱいあるし。これからですからね。ネットとバラエティの融合など、オレならではの仕事は。ネット大好きですね。テレビとうまく連携して面白いことができないかなと、試行錯誤中です。


徳重徹

4つの事態が半年の間に立て続けに襲いかかってきた悪魔のような半年間を通じて、私は、経営は頭がいいだけではなんにもならないこと、そして、たとえ論理的に考えれば不可能なことであっても、信念と気合いで突破しなくてはならないのだということを、骨身に染みて学んだ。


五百田達成

「会社=仕事の場」としてだけ捉えるのは、あまりにもったいないと私は考えます。一人で研鑽を積んでも、ビジネスマンとしての成長にはやがて限界が訪れます。「成績はよくても、人心掌握力はいまいちな人」で終わりがちなのです。逆に、さまざまな他者の価値観に触れ、「人的刺激」を多く受けた人は、能力も人望も兼ね備えた人材へと成長できます。ですから、一見ムダに思えるつき合いにも、ぜひ積極的に参加することをお勧めしたいと思います。


安藤俊介

怒りを伝える目的とは、感情をぶつけることではなく「どうしてほしいかを相手に伝える」ことです。そのためには「私」を主語にした「Iメッセージ」が効果的です。「あなたが私に仕事を押しつけるのは間違っています」と言うのではなく、「私は今やるべき仕事があるので難しいです」と自分を主語にして伝えると、相手を攻撃することなく、自分の置かれた状況を説明できます。


鈴木敏文

我々は常に時代の変化に対応して生きてきた。創業当初からそういう考えで来た。


佐藤可士和

アイデアは、そもそも自分1人で考えなくてもいい。みんなで肉づけしていくというか、魅力的なアイデアにしていくと考えれば随分、楽になります。


小笹芳央

仕事に対するキャパシティは、若いときの5年で決まる。若いときにぬるま湯の環境で働いてしまうと、せっかくの才能も使いものにならなくなってしまう。最初の5年をどう過ごすかで、その後20年が大きく変わってきます。