名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アウエルバッハの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アウエルバッハのプロフィール

ベルトルト・アウエルバッハ。ドイツの作家、エッセイスト。ティービンゲンのエバーハルト・カール大学卒。19世紀のドイツで最も人気のある作家であったが、彼がユダヤ人だったためナチスによって文学史から抹殺されることとなった。

アウエルバッハの名言 一覧

誰も信用しないものは、おのれ自身が信用されていないことを知っている。


新たな発見をする民族のみが、文化の未来を有する。


人間が生きている社会基盤は、一瞬なりとも安定することなく、いろいなの変革によって常に変化している。


アウエルバッハの経歴・略歴

ベルトルト・アウエルバッハ。ドイツの作家、エッセイスト。ティービンゲンのエバーハルト・カール大学卒。19世紀のドイツで最も人気のある作家であったが、彼がユダヤ人だったためナチスによって文学史から抹殺されることとなった。

他の記事も読んでみる

ムーギー・キム(金武貴)

応援される人の第一の特徴は何と言っても、その人がものすごく頑張っているのが、周囲に伝わってくることである。熱量高く自分を応援してくれる人たちは、第一に対象が全力で頑張っている姿に引きつけられるのだ。これは、高校野球で仮に大量失点で負けていても、全力で1塁にヘッドスライディングする選手を見て感動するのと同じメカニズムかもしれない。


菊池誠(物理学者、テルミン奏者)

体験談というのは何の証明にもならない。科学的に検証すれば、その多くは「偶然」です。多くの病気は自然治癒することがあるし、また体調は常に変化しています。何かをした時、それとは無関係に、たまたま体調が良くなるということは、十分にあり得ます。


黒鉄ヒロシ

お金の起源は、見なしです。誰もがそこに「価値がある」と認めているから価値が出現する。貨幣、金、ダイヤモンド。みんな、同じ。物品としては意味がない。ものすごい思い込みで成り立っている。お金を積めば幸せも買えるという発想は気の毒で、無残だ。


中西宏明

グローバルな市場で生き残るには一流にならなくてはなりません。いま、ビジネスユニットという事業単位が30ほどありますが、そのすべてが世界で一流ということは絶対にない。小さな市場でもいいから生き残っていける特徴を持たないと自然に消えるし、消さなかったから大赤字になりました。事業を強くするには投資が要ります。利益率を高めないと投資する原資がありません。生き残るために必要だから、利益率を高めないといけない。社内には同じことを言い続けています。


津田秀晴

売れる営業マンといえば、口八丁な話し上手の人をイメージするかもしれないが、たとえ口下手ではあっても、顧客の話に熱心に耳を傾け、訥々と丁寧かつ真摯に伝えるように心がけることで、顧客からの信頼を得ている営業マンも少なくない。つまり、模範的なセールストークを手がける営業マン=売れる営業マンというより、自分の特徴を強みにしている営業マン=売れる営業マンという意識に切り替えたほうがいいだろう。


白洲次郎

政治に一人合点は最も危険でもある。


桂歌丸

どうしたら話がうまくなるのか。逆説的ですが、人の話を聞くことです。人の話を理解しようと努めれば、自分にない人の性質や発言の真意を想像するでしょう。ひいては、聞き上手が話し上手になり、芸が上達するんです。


正垣泰彦

公明正大にやれば絶対に信頼は回復できる。不祥事のときこそ、自分たちにとって不都合のなことでも一切誤魔化してはいけないんです。


谷まさる

モード学園コクーンタワーは、特徴あるデザインだから「何、あのビル」と思う人もいる。でも「ココならオレの何かを引き出してくれそうだ!」と興味を持つ人もいる。それはすでに「好き」の第一歩でしょ。設立当初からの学生募集のCMにも同じ狙いがある。「豚に真珠は似合うのだ」「昨日の私と思うなよ!」と感性に訴えるものばかり。こうしたとがった環境にピンときた、やる気のある人だけが集まる。CMや校舎は入試代わりなんです。


古田英明

20代後半といえば、仕事のやり方をひととおり覚え、ビジネスマンとしての自信が形成される時期でしょう。しかし実際のところは、仕事のやり方を表層的に学んだだけです。人間の成長にたとえると、ようやくオムツが取れた状態にすぎません。


野口吉昭

仕事でいえば、会社のミッションや理念が目的、ビジョンが大きな目標、ビジョンをブレイクダウンして定量化・定性化したものが、部門や個人に割り当てられた目標といえるでしょう。仕事上の目的と目標は会社が与えてくれるため、明確でわかりやすい。ところが、そこに落とし穴があります。たとえ目的と目標が明確になっていても、受け身のままでは長続きしません。会社から与えられた目的や目標を、いかに個人のミッションやビジョンとすり合わせて主体的に動くか、それが目標達成のカギです。


ジェームズ・ドゥティ

私はずっと両親や自分たちの生活に対して、怒りの感情を持っていた。酔っ払って何週間も家に帰らない父親、そんな父親を怒鳴る母親、お金がない生活……。でも、マインドフルネスを始めてからは、それはただの「状況」であることがわかったのです。両親の苦しみは両親の混乱や怒りで、私のせいではない。そうして怒りの感情を手放し、その分「思いやり」や「愛」を受け入れたときに、自分が変わったのを感じました。私に対する周りの反応も変わりました。