名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アウエルバッハの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アウエルバッハのプロフィール

ベルトルト・アウエルバッハ。ドイツの作家、エッセイスト。ティービンゲンのエバーハルト・カール大学卒。19世紀のドイツで最も人気のある作家であったが、彼がユダヤ人だったためナチスによって文学史から抹殺されることとなった。

アウエルバッハの名言 一覧

誰も信用しないものは、おのれ自身が信用されていないことを知っている。


新たな発見をする民族のみが、文化の未来を有する。


人間が生きている社会基盤は、一瞬なりとも安定することなく、いろいなの変革によって常に変化している。


アウエルバッハの経歴・略歴

ベルトルト・アウエルバッハ。ドイツの作家、エッセイスト。ティービンゲンのエバーハルト・カール大学卒。19世紀のドイツで最も人気のある作家であったが、彼がユダヤ人だったためナチスによって文学史から抹殺されることとなった。

他の記事も読んでみる

マザー・テレサ

この世の最大の不幸は、貧しさや病ではありません。誰からも自分は必要とされていないと感じることです。


渡邊剛

心臓手術は、メスで体を開く前に勝負が決まっています。一回はじめれば戻れないし、血が止まるまでやめられない。手順が狂えばうまくいかないから、それぞれの作業工程もいかにすばやくまちがえないでやるのかという組みたてを、身体にしみつかせる必要があるんですね。


平井嘉朗

大掃除の感覚で一気にきれいにすると、すぐに元の状態に戻るケースが多いので注意が必要です。すぐに雑然とした状態に戻ってしまうのは、一定の整理ルールがないから。何も考えずに「たくさん捨てて、とにかく引き出しに収納した」のではダメです。「整理のルール」を決めるタイミングとしては、異動で席替えをした時や会社の移転時がチャンス。自分の仕事や環境が大きく変わるので、それに合わせて整理ルールを構築し直してみましょう。


竹田陽一

会社という組織体にとって欠かすことのできない粗利益は、どういうときに生まれるのでしょうか。それはお客が持っているお金と商品か有料のサービスを好感した時にのみ発生します。お客が持っているお金に手が触れた瞬間に、粗利益という分子がポンと飛び出します。お客のお金をもらったとき以外に粗利益が出るという仕事は何一つないのです。


藤田恭嗣

当社は電子書店と出版社の間を取り持つ電子書籍の取次です。ニーズが高まってきた2006年頃に事業を開始しましたが、市場拡大とともに出版社の煩雑業務の担い手として定着することができました。その後、取次の利用が主流となって流通シェアは年々上昇しており、今ではほぼ全ての電子書店と契約させていただいています。出版社自ら電子書店を開拓し、個別に契約を管理するのは大変です。出版社にはデジタル化や印税分配などの面倒な作業から開放され、作家と良いコンテンツを作ることに専念していただく。一方、電子書店はシステム開発と運用に人員を充てる必要が無くなり、ユーザーの利便性などサービスの質向上に集中できます。どちらか一方の立場に寄るのではなく、中立の立場として両者を繋ぐことが弊社の役割です。


武田信繁

褒美を与えるような善行があれば、その行ないがいかに大きくても、また、いかに些細な事でも、褒めたたえることを忘れてはならない。『三略』に、「賞は即時に行なえ」といっている。


川崎敏寛

総合エネルギー企業として、今後とも大きく3つのことに力を注いでいきます。「地域貢献」「環境負荷の低減」、そして「快適で楽しい暮らし」。この使命を果たすため、まずは私たち自身がお客様にどのような価値を提供しているのか、明確に意識することが大事だと考えています。それによって、サービスに思いがこもるからです。


永田豊志

何かテーマを与えられたとき、頭の中で考えるか、それとも書いて考えるかが成否を分ける。頭の中がごちゃごちゃしている人は、書くことをあまりしていないと思います。書く習慣をつけるだけでも、頭はクリアになり、仕事の成果も上がるはず。


江尻義久

実は、ミャンマーの工業団地側と工場設置の調印を交わした翌日の2011年3月11日に東日本大震災が起きました。現地側からも社内からも進出の見送りムードが高まりましたが、進出に必要な2億5000万円の送金をすぐに決めました。震災によって当社の物流機能も止まり、生活物資が不足するなど、大変でした。しかし、ミャンマー進出は5年、10年の長期的な視点に立って決めたこと。実行するべきだと決断しました。


五十嵐久也

昨年、本学の機械工学科准教授の山西陽子さんが「針なし注射器」の開発に成功しました。彼女がコツコツ進めていた研究が認められた形です。研究というのは地道なものです。大学としては、そうした研究者をサポートし、環境を整えることが大事だと考えています。


齋藤匡司

突然現れた日本人に対し、当初は反発の声もありましたが、根気強くスタッフ達と向き合い続けました。また、優秀な部下をワールドワイドのトップと面接させて彼の夢である海外勤務を実現させるために、私のビジネスクラスチケットをエコノミークラス二枚に変えてパリ出張に同行させるなど、部下が将来を切り拓くきっかけづくりも積極的にしました。こうして3年間の任期を終えてシンガポールを離れる時には、スタッフ全員が早朝の空港まで内緒で見送りに来てくれ「World Best Boss賞」と刻まれた金メダルを贈ってくれました。私の人生で忘れられないサプライズでした。
【覚書き|「ロレアル」のシンガポール法人でゼネラルマネージャーをしていた当時を振り返っての発言】


白井一幸

選手の立場で考えるのは、選手の成功をサポートするのが本来の役割である指導者にとって当たり前のことなのですが、日本のスポーツ界では、そうでない人が圧倒的に多いのが現状です。選手が失敗するのは指導法が間違っているからであり、いわば指導者の責任です。自分のミスなのに選手を責めるのはおかしな話で、自分主体で考えている証拠です。本来なら、「つらい思いをさせて悪かった。私の指導が至らなかった」「お前のためになれなかった。申し訳ない」と、指導者のほうが謝るべきです。選手のミスは自分の責任であるという心構えは、指導者として常に持つべきであり、指導のベースになるものだと私は思います。