名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アイルトン・セナの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アイルトン・セナのプロフィール

アイルトン・セナ。ブラジル人レーシングドライバー。「史上最速のF1ドライバー」「音速の貴公子」として称えられた伝説的レーサー。4歳からレーシングカートに夢中になり、13歳で南アメリカのカート選手権を制覇。21歳で欧州に渡り、フォーミュラ・フォード1600と2000で優勝。その後、F3を経てF1に参戦。F1で通算3回ワールドチャンピオンを獲得するなど大活躍した。イタリアのイモラサーキットでレース中に事故死。享年34歳

アイルトン・セナの名言 一覧

競争するということは、常に自我を試されているということなんだ。


期待感や目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、僕にある種の力を与えてくれることがある。


アイルトン・セナの経歴・略歴

アイルトン・セナ。ブラジル人レーシングドライバー。「史上最速のF1ドライバー」「音速の貴公子」として称えられた伝説的レーサー。4歳からレーシングカートに夢中になり、13歳で南アメリカのカート選手権を制覇。21歳で欧州に渡り、フォーミュラ・フォード1600と2000で優勝。その後、F3を経てF1に参戦。F1で通算3回ワールドチャンピオンを獲得するなど大活躍した。イタリアのイモラサーキットでレース中に事故死。享年34歳

他の記事も読んでみる

米村でんじろう(米村傳治郎)

周囲が反対したとしても、本気なら絶対にやるべき。あなたが誰かを応援したいと思っても、本気の覚悟を確認できないと信用できないでしょう。


鎌田實

振り返ると、私は「やりたい」「やらねば」と思うことに携わってきた。


佐久間昇二(佐久間曻二)

人については、ひとりもクビを切らずに再建できるという確信が私にはあった。ソフト事業は特に人が財産。それを失いたくなかった。


尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)

努力の方向がズレていたら、どれだけ頑張っても評価されません。役割に応じた行動を取りましょう。


佐野健一

創業期にブラジルやペルーの人たちと一緒に仕事をしたことは、私にとって貴重な経験となりました。外国人を相手にビジネスをすることにまったく抵抗感がなくなったからです。確かに日本人とブラジル人とでは、性格も慣習もまったく違います。けれども、同じ人間なのですから、人としてやっていいことと悪いことといった、根本的なベースは同じです。育ってきた国が違っていたとしても何ら問題ありません。ですから当社では、採用は国籍で区別しないことをルール化しています。現に社内では、韓国や中国、台湾など複数か国出身の社員が何十人も働いています。取り組んでいる事業は国内向けでも、採用はずっとグローバルだったのです。


吉田穂波

留学して初めて気づいたこともあります。それは「英語を使ううえでは積極性が重要だ」ということ。中国やインドから来た留学生は文脈に沿わない質問や間違った表現でもまったく気にせずにどんどんと発言し、その姿勢が周囲から高く評価されていました。積極的なコミュニケーションこそが語学力の重要な要素であることを実感しました。


出水麻衣

現場で取材してリポートする場合などはとくに、ついいろいろな内容を視聴者のみなさんにお伝えしたくなってしまうのですが、短い時間に要素を盛り込み過ぎるとかえって伝わりません。そこでまず、「一番伝えたいことは何か」を考え、ワンテーマだけに絞り、それが確実に伝わるような話し方を心がけています。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

うまくいこうがいくまいが、自分がどうしても何かやりたいならやる。そして、その何かを見つけることが大事だということに尽きる。


仲暁子

組織で何かに取り組むのは私の苦手分野でした。私には大きな組織を率いる自信はありませんでした。学生時代に仲間と起業したものの、うまくコミュニケーションが取れず組織が崩壊してしまった挫折感が尾を引いていたのです。「自分にはリーダーシップがない」。そんな苦手意識を持っていた私は、起業して1年くらいはマネジメントを避け、コードを書いたりデザインしたりと、手を動かしてプロダクトを作る作業に徹していました。このままでは会社は成長しない、と意識を変えたのは起業から3年目。以来、プロダクト作りからはいったん離れ、経営に関する本を読んだり、同時期に起業した同世代から話を聞いたりして情報を集め、私なりのリーダーシップの発揮の仕方を模索してきました。


西岡喬

三菱重工の技術力は「総合技術」です。幅広い製品と技術を持って、それを組み合わせていく。幅広い技術を持てば、大きな相乗効果や波及効果を期待できるものです。


森俊一

環境や境情勢は刻々と変わりますから、最初に決めたゴールへと直進はしません。仕入という入口から途中のプロセス、販売という出口まで無数にある要素の最適な組み合わせを常に分析し、判断していきます。無数に生まれる筋道の中から最適な筋道を徹底して追求していきます。


國貞克則

勉強の目的は、何も知識を増やして視野を広げるだけではありません。勉強することの最大の効用は論理性を高めることです。論理性がないと、コミュニケーション能力が向上しません。また、世の中や仕事の複雑な仕組みも理解できないのです。