名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

アイスキュロスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アイスキュロスのプロフィール

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

アイスキュロスの名言 一覧

歳をとるにつれ、時は多くの教訓を教える。


英知は苦難からもたらされる。


憧れざる人間は、幸せになれず。


嫉妬心を少しも持たず、友人の成功を喜ぶ強き性格の持ち主は皆無なり。


正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


ことばは怒りに病める心の医者となる。


人間は高慢な思いを抱くべからず。高慢は花を付け、破滅の穂を実らせる。実りの秋はとめどない涙を刈り取る。


幸福なる状態において、その生命を終えし者のみを幸福なりというべし。


苦しみこそ悟りの母という掟を立て、人間に思慮を教え給うた神なるゆえに、忘れ得ぬ苦しみは眠られぬ胸に染み入り否応なく悟りは訪れる。


苦しみの報酬は経験なり。


真の悲しみは、苦しみの支え杖なり。


アイスキュロスの経歴・略歴

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

他の記事も読んでみる

窪山哲雄

顧客がホテルに求めているものは、最終的には、人との触れ合いであり、感動だと思います。ホテルには「ハードウェア」「ソフトウェア」「ヒューマンウェア」の3つの付加価値があります。初めていらしたお客様はハード→ソフト→ヒューマンの順番に心を動かされます。たとえば、豪華な内装にハッとして、素晴らしいと感嘆してくださる。そして次に、ワインの注ぎ方ひとつにも驚き、ときめいてくれる。でも、そうした付加価値は3度、4度……と続くうちに慣れてきて、お客様はあまり感動してくれなくなります。それでも、いつまでも色あせることなく、お客様の心をとらえるものがあります。それがヒューマン、すなわち人によるおもてなしの心と行為なのです。


田﨑史郎(田崎史郎)

取材のアポ取りも出演依頼を受けるのも1人でやっています。やはり自分で直に獲った情報じゃないと、見る人、聞く人には伝わりませんよ。これからも自分の足で取材します。


千田琢哉

いつか役立つかもというレベルで英語を習っても、使える場面はなかなか巡ってこない。それよりも仕事に直結する勉強をした方がいい。


伊藤直彦

注意することは、情報を選択するにあたり、食わず嫌いにならないことである。自分にとって不利益な、または嫌な情報こそ避けてはいけない。


津田梅子

真理は、見ることを拒まなければ、私たちの誰の魂の中にも明りを灯すでしょう。その明りは、私たちの浅薄な才能、卑しい意地悪利己心、虚栄や嫉妬などを照らし出し、他人のなかにある良さを見せてくれます。


佐藤洋治

少なくとも上に立つ人は謙虚でなくてはいけない。分かったようなつもりで断定して、こうだああだと言ったとしても、この経済活動自体も分からないことばかり。だから最善の策はどうだろうかと幅広く意見を求めていく姿勢が大事だ。


田原総一朗

先日、京大の山中伸弥さんを取材しました。山中さんは米国に留学中、教授に「VWを大事にしろ」と教わったそうです。「VWはビジョンとワークハード」。山中さんはこの言葉に勇気づけられ、当時みんなに笑われながらiPS細胞を研究したそうです。自分にビジョンがある証拠なのだから気にする必要はないというわけです。


谷井昭雄

熱心な人は、放っておいても自分で成長していきます。しかし、熱心ではなくても多少なりとも関心・やる気のある人が熱心に物事に取り組むには、そうした環境を整えてやる必要があります。


中山茂

為替市場でのファンダメンタルズは唯一経常収支だけ。


石黒征三

自社ブランドを持てば、製品の問題点などが自分たちの耳に入るようになり、それを設計にフィードバックして次の製品開発に生かすことができます。メーカーにとっては重要なポイントで、より良い製品を作るためには自社ブランドを展開する必要があります。


田中良和(GREE)

集客で僕が参考にしているのはディズニーランドです。あそこは昔から変わらないようでいて、じつは一部のアトラクションの入れ替えが定期的に行われています。そのバランスが絶妙なので、いつ訪れても安心感と新しい発見の両方を味わうことができます。だから何度も行きたくなるし、飽きないのです。


アントニオ猪木

正直いって、初めての挑戦だっただけに不安もありましたよ。ただ元気があれば何でもできるというか、とにかく最初の一歩を踏みだそうという気持ちで立ち向かっていったんです、逃げたらオレじゃなくなってしまうので……。

【覚え書き|デビュー50周年で初めて映画の主演に挑戦したことについて】