名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

アイスキュロスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

アイスキュロスのプロフィール

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

アイスキュロスの名言 一覧

歳をとるにつれ、時は多くの教訓を教える。


英知は苦難からもたらされる。


憧れざる人間は、幸せになれず。


嫉妬心を少しも持たず、友人の成功を喜ぶ強き性格の持ち主は皆無なり。


正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


ことばは怒りに病める心の医者となる。


人間は高慢な思いを抱くべからず。高慢は花を付け、破滅の穂を実らせる。実りの秋はとめどない涙を刈り取る。


幸福なる状態において、その生命を終えし者のみを幸福なりというべし。


苦しみこそ悟りの母という掟を立て、人間に思慮を教え給うた神なるゆえに、忘れ得ぬ苦しみは眠られぬ胸に染み入り否応なく悟りは訪れる。


苦しみの報酬は経験なり。


真の悲しみは、苦しみの支え杖なり。


アイスキュロスの経歴・略歴

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

他の記事も読んでみる

平田弘(経営者)

創業の精神や経営理念はDNAとしてしっかりと継承しながら、商品や事業は時代の変化に迅速・的確に対応しなければ顧客創造と顧客満足を実現することはできない。


須藤憲司

「誰が・何を・いつ・どのように」を明確にすることが大切。「あとはよろしく」でトラブルを再発させる現場は、意外に多いものです。最後まで手を抜かないでください。


高橋滋

スペシャル(個別客への特別な対応)の積み重ねが、ある日スタンダードになる。それがレストランやホテルをスキルアップしていく。スペシャルのできないところに進化はないんです。今日はそのお客様にスペシャルのサービスをすると、その方は絶対に嬉しいんです。喜ばれるわけです。すると、それを見たスタッフは「こんなことでこんなに喜んでいただけるんだから、今日来るお客様にあと三組くらいサービスできないかな」というようになっていく。その繰り返しなんです。


楠木建

戦略の論理の本質は、「いかにして他社との違いをつくるか」です。競争を繰り広げる中、業界の平均以上の利益を上げている会社があるとしたら、それは競合他社との違いがあるからに他なりません。


高橋克徳

プライドの高い部下には、どこかの段階で「このまま自分のためだけに仕事をしていてはダメだ。周りの人のために仕事しろ」と伝えないと、彼の成長は止まります。


安田佳生

モチベーションを高く維持できるかできないかは、ひとつはその人の性格でしょう。たとえば、新入社員を20人採用して、1人だけみんなと違う仕事をやらせたとします。そのとき、「私は特別な仕事をもらえた。ラッキー!」と思って頑張れる人と、「なぜ私だけがこの仕事なのか」と不安に感じる人がいます。これはもう、本人の性格の差です。


藤本篤志

マネジャーの成果は、部下の成果の足し算だと考え、管理職は部下の管理に専念することが、長い目で見れば得策といえるだろう。部下を管理し、チーム全体の営業成績を上げるのがマネジャーの役目だ。


鈴木眞理

地縁のつながりは薄れ、地域の問題は役所に任せれば良いという無関心な層も少なくありません。今のままでは20年、30年後、日本は成り立たなくなってしまうでしょう。この状況を変えるには「地域の課題は自分が解決する」という意識と能力を備えた人材が不可欠です。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

私が商人としての心構えを学んだのは、小さな洋品店を切り盛りしていた母親からでした。はっきりとした話とか文章で伝授されたものではなく、あくまで日常の会話の中とか、その背中を見ながら自然に学びとったものです。


池谷幹男

資産運用は「人」のビジネス。そこでは人との共感が大事になる。


竹内清文

人は持ち物の8割をほとんど使っていない。お気に入りの2割があれば、満足度は変わらない。


吉山勇樹

人と自分の考えは少なくとも二割は違うと考えるべきです。