名言DB

9425 人 / 110833 名言

アイスキュロスの名言

twitter Facebook はてブ

アイスキュロスのプロフィール

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

アイスキュロスの名言 一覧

歳をとるにつれ、時は多くの教訓を教える。


英知は苦難からもたらされる。


憧れざる人間は、幸せになれず。


嫉妬心を少しも持たず、友人の成功を喜ぶ強き性格の持ち主は皆無なり。


正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


ことばは怒りに病める心の医者となる。


人間は高慢な思いを抱くべからず。高慢は花を付け、破滅の穂を実らせる。実りの秋はとめどない涙を刈り取る。


幸福なる状態において、その生命を終えし者のみを幸福なりというべし。


苦しみこそ悟りの母という掟を立て、人間に思慮を教え給うた神なるゆえに、忘れ得ぬ苦しみは眠られぬ胸に染み入り否応なく悟りは訪れる。


苦しみの報酬は経験なり。


真の悲しみは、苦しみの支え杖なり。


アイスキュロスの経歴・略歴

アイスキュロス。ギリシアの哲学者、詩人。古代アテナイの三大悲劇詩人のひとり。貴族の子として生まれ、マラトンの戦い、サラミスの海戦などに従軍した。古代アテナイで開催されていた豊穣とブドウ酒と酩酊の神ディオニューソスの祝祭ディオニューシア祭の演劇賞で13回優勝という偉業を成し遂げた。『オレステイア三部作』『縛られたプロメテウス』『テーバイ攻めの七将』などの名作を残した

他の記事も読んでみる

やすひさてっぺい(安久鉄兵)

基盤を固めるため、今年、「全国唐揚協会会長総選挙」を実施します。各都道府県に、協会を立ち上げるための会長を選出する選挙です。既に昨年、静岡唐揚協会が発足しましたが、これからの世の中、各地域が盛り上がることで全体が動く。地方分権化すれば、地元の唐揚げ店とコラボしながら、町おこしイベントなどもやりやすくなります。


渡瀬謙

しゃべりが苦手な人ならば「しゃべらずに売るにはどうすればいいか」を考えるといいでしょう。


郷ひろみ

リッキー・マーティンのカバーである「GOLDFINGER’99」も完コピから始まっています。完璧にマネることはその対象と「並ぶ」こと。同じ場所に立って初めて「少しあっち側にいこうか」「こっち側にしようか」と「その先」へ行けるんです。ようは自分らしさを乗せられるようになる。


鶴野充茂

相手の聞く気を引き出すには、「他とは何かが違う」という差別化ポイントを説明することも大切です。映画のストーリーを長々と説明されても、相手は飽きてしまいます。わざわざその映画について話したくなるということは、一般的な作品とは違う何かがあったはずですから、「他と違ってここが面白かった」という点に焦点を絞って説明すれば、より相手に聞きやすい説明になります。


貝沼由久

ひとたびいいものを手にすると、安いものには戻れません。だから我々の製品が売れ続けるのです。


下村節宏

「カタツムリの歩み」という言葉に惑わされて「気が長いんですね」と理解する人もいるのですが、そうではありません。目標達成に向けた不断の歩みが、北村西望の心を動かしたのです。
【覚書き|下村氏の座右の銘である彫刻家北村西望の「たゆまざる 歩みおそろし かたつむり」という句を解説した言葉。この句は西望が平和記念像をつくった際、像の足元にいたカタツムリが翌朝に9メートルの高さの像のてっぺんにいたことについて感嘆してつくった句】


上山眞文

ただ不動産仲介会社に問い合わせるだけでは、優良物件の情報を出してもらえません。大事なのは、ここでも関係づくり。当社に物件・を紹介していただくメリットを丁寧に伝えています。たとえば、物件を購入するかどうかの判断が早いことや、個人に販売すると瑕疵(かし)担保責任を負うことになりますが、当社に販売してもらえば負わなくてもいいことなどです。こうしたことを伝えたうえでなら、「そのぶん、価格を下げてもらえませんか」という交渉ができます。


町田勝彦

だめだと思ってあきらめてはいけない。人件費が高いというのなら、工程を短くするとか、生産技術を進化させて、人件費がかからないようにすればいい。たとえば十工程を五工程にすれば人件費は半分になる。そうした努力の余地はまだまだある。


本田直之

私が出資して役員をやっている会社は10年以上のつき合いのところがほとんど。10年前、20年前の私に特別の実績があったわけでもないし、相手もそのときは学生時代からの仲間という関係。お互いに有益な情報を提供し合い、成長して行く中で貢献できるものが増え、その結果、お互いの成果が2倍3倍となっていったんです。


木下ほうか

「もしこんな役が来たら、こう演じてはどうか」と思いついたら忘れないようにスケジュール帳に書いています。20年以上続けている習慣です。