名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

わたなべぽんの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

わたなべぽんのプロフィール

わたなべぽん。日本の女性漫画家。山形県出身。コミックエッセイプチ大賞C賞を受賞しデビュー。エッセイ漫画を執筆。著書に『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方。』『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』。

わたなべぽんの名言 一覧

自分で幸せになろうとあがいてみたら、前よりは物事が上手くいくようになりました。それって、生きながらにして生まれ変わっているのと同じ事だと思うんです。


私はダメダメな子供のまま大人になってしまったんです。これはもう、生まれ変わらない限り、変わることはないだろうと思っていました。でも、案外どうとでも変われるんですよね。


心の引っ掛かりをとことん掘り下げ、何をすればいいのか考え、まず実践してみる。それをマンガに描いてみたという感じです。

【覚え書き|著書『もっと、やめてみた。こうあるべきに囚われなくなる暮らし方・考え方』について】


以前は、自分のことを大切にできていなかったんです。そういう状態だと、体のメンテナンスもできず、部屋も片付けられません。「部屋を掃除したからって幸せになるわけじゃないでしょ」って、やさぐれていました。それがようやく、「自分を大切にして自分の生活をより良くすることは、自立や幸せにつながる」と考えられるようになったんです。「親のせいにしてる場合じゃない。ちゃんとしよう!」って。私にとっては革命的な発見でした。


最初は簡単なことでいいと思うんです。自分が生活していく中で、「なんか不便だな」「もうちょっといい方法ないかな」ってところから始めるのはいかがでしょう。「こうすべき」という考えを取り払って、自分らしい方法でやればいいと思いますよ。洋服屋さんで、自分に合う洋服を探すのって楽しいですよね。それと同じように、自分の暮らしでも「これは必要だな」「これは要らないかな」っていろいろ試すのも楽しみのひとつだと思います。何かを変えることって、すごくワクワクしますよ。


子供の頃から「これをやりなさい」と言われるのが苦手で、宿題も一切やらない子でした(笑)。だからこそ、人にも押し付けたくないんです。何が自分の幸せか、何をどう変えると幸せになれるかは個人差があります。私はたまたまこのやり方で変われたけれど、人によっては違う場所、違うことで幸せになれる方もいると思います。


家柄や学歴、親のしつけ、過去の恋愛を引きずって「自分はこういう風に生きていくしかない」と思っていても、人生は長いので意外と変われるもの。何かをやめることで新しいことがスタートするように、悲しいことがあったからこそ楽しいことが待っているのかもしれません。それを常に忘れずにいると、幸せに生きていけるんじゃないかなと思います。


以前はパーマやカラーを楽しんでいましたが、根がずぼらなので少々伸びたぐらいではわからない黒髪ボブに。それはそれでラクだし、艶も良くなりましたが、あるきっかけでまた髪型を変えてみたら気分が変わってうれしかったんです。静と動を繰り返すのも楽しいし、それでいいのかもしれないと思いました。ボディソープをやめたら石鹸づくりが新しい趣味になるなど、やめたことがきっかけで何かが始まることもありました。


親が金持ちだったらよかったのに。親がもっと美人に生んでくれたらよかったのに……とみんな何かしら親のせい、兄弟のせいと思っていることがあるんじゃないでしょうか。もちろん誰かのせいにする時間、自分の中で整理する時間も必要です。でも、それがすんだら、パッと切り離しちゃったほうがいい。そして、「自分で幸せに向かって歩こう」「自分が生きやすいようにやっていこう」と切り替えるんです。そうすると、意外と幸せになれるんですよね。


私、飲み会などのイベントから帰ると、「あんなこと言わなきゃよかった」「テンション上げてはしゃいだけど、バカだと思われたかな」と膝を抱えてしまうんです(笑)。そうなると、次にイベントに参加する時に出かけるのが億劫になってしまいます。結果的に、自分の行動範囲を狭めてしまうことにつながるんですよね。私の場合、自意識過剰で「こう見られたい」という欲求ばかりが先に立ってしまっていたのでしょう。そこで、自分のハードルを上げるのをやめて、「私は私のままでいいや。純粋にイベントを楽しもう」って考えるようにしたんです。


わたなべぽんの経歴・略歴

わたなべぽん。日本の女性漫画家。山形県出身。コミックエッセイプチ大賞C賞を受賞しデビュー。エッセイ漫画を執筆。著書に『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方。』『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』。

他の記事も読んでみる

金子英樹(経営者)

僕、プライベートは大雑把なんですが、何というか仕事では絶対に譲りたくないものがあってね。自分でもエキセントリックだと思うくらいに。それにこだわって生きてきたら、結果的にサラリーマン生活は長く続けられなかった、というだけのことなんです。


山田義仁

海外事業で重視しているのは企業理念の共有です。創業以来、オムロンには「企業は社会の公器である」という理念があります。事業を通じて社会に貢献する。その実践例を研修で共有して、いまの立場で何ができるかを発表し、議論します。こうしたオムロンの哲学を理解して実践できる外国人を育て一緒に事業を拡大していきたいと考えています。


小沼勢矢

集中力とやる気を保つには、持続性の高いドーパミンとセロトニンの分泌を促す必要がある。ドーパミンを増やすには、「問題集を1週間で10ページ解く」といった「小さな成功」を積み重ねること。ただ、ドーパミンの効果も、時間とともに緩やかに低下します。そこで今度は、「中間目標を達成したら、高級ホテルに泊まる」といった心理的な「お祝い」を自分に与えること。すると、セロトニンが分泌されて、集中力が長続きします。


小倉広

ダメなのは、ミスをただすうちに、キミはいつもぼんやりしているな、ダメなヤツだなと部下の人格まで否定するケースです。人には2つの価値があります。存在価値と機能価値です。前者は仕事のできる。できないに関係なく、あらゆる人に価値があるということ。これを否定されたらツライでしょう。


高橋俊介

専門性がひとつしかない人は、その専門性からのものの見方しかできないので、学びのレベルが低いままになりがちだが、専門性の分野が違うとものの見方が多角的になってくる。いうなればマルチの専門性からの学びだ。


高橋智隆

今のニーズに応えることよりも、常に新しい提案を行い、時代の先を行く姿勢を大切にしています。


守屋洋

情報には必ず裏を取る必要がある。ひとつだけの人脈ではなく、できれば複数のルートをつくっておくことが望まれる。


吉村典久(経営学者)

クーデターが成功しても、新社長はリストラなど痛みを伴う改革には踏み切りにくい。自分に反対する勢力も含め社内の意見に幅広く耳を傾けないといけないからで、いわば「クーデターの2次被害」とも呼べる停滞期を迎えることになります。


清宮克幸

僕はずっと、どこで相手に勝つんだと選手に言ってきました。そのひとつがスクラムでした。勝ちにこだわるならキックでもよかったけど、自分たちらしさを出すという部分で意味がった選択でした。


岸良裕司

自分の目的は、あくまでも仕事で成果を出すことです。英語は手段のひとつにすぎません。そこから発想が変わりました。成果を出すには、お客様とコミュニケーションができればいいんだから、身振りや図、筆談だって使えるじゃないかと。
【覚書き|京セラ時代、ほとんど英語が話せない、海外に行ったこともない状況で海外出張に出された当時を振り返っての発言】


酒巻久

褒めるのは、私は下手です。持って生まれたキャラクターというものがありますから。だから私の場合、部下がいい提案をしたら、すぐに全員に回覧するようにしています。すると、その人は周りから「すごいですね」と言われる。本人に強みを自覚させるには、一番いい手段でしょう。


牧野克彦(セールストレーナー)

全員に売ろうと思うと苦しくなります。断られたら、それだけターゲットがしぼれたと思えばいいんです。そのたび、ニーズのありそうな顧客層がクリアになってきます。