名言DB

9429 人 / 110879 名言

わたなべぽんの名言

twitter Facebook はてブ

わたなべぽんのプロフィール

わたなべぽん。日本の女性漫画家。山形県出身。コミックエッセイプチ大賞C賞を受賞しデビュー。エッセイ漫画を執筆。著書に『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方。』『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』。

わたなべぽんの名言 一覧

自分で幸せになろうとあがいてみたら、前よりは物事が上手くいくようになりました。それって、生きながらにして生まれ変わっているのと同じ事だと思うんです。


私はダメダメな子供のまま大人になってしまったんです。これはもう、生まれ変わらない限り、変わることはないだろうと思っていました。でも、案外どうとでも変われるんですよね。


心の引っ掛かりをとことん掘り下げ、何をすればいいのか考え、まず実践してみる。それをマンガに描いてみたという感じです。

【覚え書き|著書『もっと、やめてみた。こうあるべきに囚われなくなる暮らし方・考え方』について】


以前は、自分のことを大切にできていなかったんです。そういう状態だと、体のメンテナンスもできず、部屋も片付けられません。「部屋を掃除したからって幸せになるわけじゃないでしょ」って、やさぐれていました。それがようやく、「自分を大切にして自分の生活をより良くすることは、自立や幸せにつながる」と考えられるようになったんです。「親のせいにしてる場合じゃない。ちゃんとしよう!」って。私にとっては革命的な発見でした。


最初は簡単なことでいいと思うんです。自分が生活していく中で、「なんか不便だな」「もうちょっといい方法ないかな」ってところから始めるのはいかがでしょう。「こうすべき」という考えを取り払って、自分らしい方法でやればいいと思いますよ。洋服屋さんで、自分に合う洋服を探すのって楽しいですよね。それと同じように、自分の暮らしでも「これは必要だな」「これは要らないかな」っていろいろ試すのも楽しみのひとつだと思います。何かを変えることって、すごくワクワクしますよ。


子供の頃から「これをやりなさい」と言われるのが苦手で、宿題も一切やらない子でした(笑)。だからこそ、人にも押し付けたくないんです。何が自分の幸せか、何をどう変えると幸せになれるかは個人差があります。私はたまたまこのやり方で変われたけれど、人によっては違う場所、違うことで幸せになれる方もいると思います。


家柄や学歴、親のしつけ、過去の恋愛を引きずって「自分はこういう風に生きていくしかない」と思っていても、人生は長いので意外と変われるもの。何かをやめることで新しいことがスタートするように、悲しいことがあったからこそ楽しいことが待っているのかもしれません。それを常に忘れずにいると、幸せに生きていけるんじゃないかなと思います。


以前はパーマやカラーを楽しんでいましたが、根がずぼらなので少々伸びたぐらいではわからない黒髪ボブに。それはそれでラクだし、艶も良くなりましたが、あるきっかけでまた髪型を変えてみたら気分が変わってうれしかったんです。静と動を繰り返すのも楽しいし、それでいいのかもしれないと思いました。ボディソープをやめたら石鹸づくりが新しい趣味になるなど、やめたことがきっかけで何かが始まることもありました。


親が金持ちだったらよかったのに。親がもっと美人に生んでくれたらよかったのに……とみんな何かしら親のせい、兄弟のせいと思っていることがあるんじゃないでしょうか。もちろん誰かのせいにする時間、自分の中で整理する時間も必要です。でも、それがすんだら、パッと切り離しちゃったほうがいい。そして、「自分で幸せに向かって歩こう」「自分が生きやすいようにやっていこう」と切り替えるんです。そうすると、意外と幸せになれるんですよね。


私、飲み会などのイベントから帰ると、「あんなこと言わなきゃよかった」「テンション上げてはしゃいだけど、バカだと思われたかな」と膝を抱えてしまうんです(笑)。そうなると、次にイベントに参加する時に出かけるのが億劫になってしまいます。結果的に、自分の行動範囲を狭めてしまうことにつながるんですよね。私の場合、自意識過剰で「こう見られたい」という欲求ばかりが先に立ってしまっていたのでしょう。そこで、自分のハードルを上げるのをやめて、「私は私のままでいいや。純粋にイベントを楽しもう」って考えるようにしたんです。


わたなべぽんの経歴・略歴

わたなべぽん。日本の女性漫画家。山形県出身。コミックエッセイプチ大賞C賞を受賞しデビュー。エッセイ漫画を執筆。著書に『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方。』『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』。

他の記事も読んでみる

榊原健太郎

0から1を興すのがベンチャー。今あるものの延長ではなく、まだ目に見える形では存在しない10年後の未来社会の姿を妄想する必要があります。


中山泰男

中核を担うのが「あんしんプラットフォーム」です。セコムが培ってきた社会とのつながりをベースに、セコムと想いを共にする産官学などのパートナーが参加して、暮らしや社会に安心を提供する社会インフラで、一人ひとりの不安やお困りごとに対して、きめ細やかな切れ目のない安心を提供することで、多様化する安心ニーズに応えていきます。


朝倉千恵子

出逢いに偶然はない。やっぱりそれは出逢うべくして出逢っているんです。一途な夢と熱い行動力とが、いい出逢いを次々と引き寄せているんです。


古森重隆

意思決定には常にデッドラインがあり、ライバルの動向を含め情勢も刻一刻と変化している。その中で、経営者が完全な情報で判断できる機会はまずない。それを恐れて、意思決定を先送りするくらいであれば、どちらを選んでも成功の確率に大差ないと腹を決めて、いずれかの方向に足を踏み出す方がいい。


内藤誼人

気弱で口下手な人の方が、実は交渉に向いている。自分に自信がない分、相手の話をしっかり聞こうという姿勢ができているから。そして、相手の反応が気になるので、顔色を注意深く観察するので結果的に、相手の本心や真意に気づきやすいから。


滝野一征

まずはロボットが止まらないようにすることが大事ですが、万が一止まったとしても、リモートでサポートをして24時間稼働できる体制を作らねばなりません。ただ、売上げが3倍になったとしても、そうしたサポートばかりに人員を割きたくはありません。私たちはあくまでコアな技術の部分に投資して、導入した会社さんが簡単に使えるようにしなければならないと考えています。


江上剛

私もそうですが、日本人は、周りに助けてもらうことを期待しつつ、頼れないこともどこかで分かっている民族なんです。不安定な季節感の中で生きていますから。不平不満を言うよりも、満足しながら仕事を楽しむ。それぞれの世代がその姿を見せ合うような生き方をしていれば、きっと、いろんな広がりが出てくるのではないでしょうか。


松井忠三

人を叱るときは、言い方にも細心の注意を払いたいところです。相手の人格を否定するような言い方をする人がいますが、あれは良くありません。結果が出なかったのは考え方や行動が間違っていただけで、人格は関係ありません。あるいは、根本的に会社の仕組みにも原因があるかもしれません。それらを考慮したうえで、考えや行動の間違ったところだけを指摘して、次のチャンスを与えればいい。


本田圭佑

海外に移籍して、本当に貧しい環境で生活する子供たちを見ました。彼らにチャンスを与えられないかという思いでサッカースクールを始めました。引退後ではなく現役のうちに取り組んだ方が、強い影響力を持てますからね。しかしその後、カンボジアやウガンダなど貧しい国を訪れると、スクールに通えない子供も多いことに気づきました。そこからエンジェル投資に乗り出しました。世界では仕事や富がうまく分配されていません。そうした構造的な問題を、発明や新サービス開発を通じて、本気で解決しようと考えている人がいます。僕がサッカー選手として稼いだお金は、そういった人に投資した方が生きるのではないか、と。


実藤裕史

起業して12年になりますが、病欠したことがありません。経営者は身体が資本なので、健康のためにも、食事、運動、睡眠と規則正しい生活を心掛けています。