名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

わたなべぽんの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

わたなべぽんのプロフィール

わたなべぽん。日本の女性漫画家。山形県出身。コミックエッセイプチ大賞C賞を受賞しデビュー。エッセイ漫画を執筆。著書に『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方。』『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』。

わたなべぽんの名言 一覧

自分で幸せになろうとあがいてみたら、前よりは物事が上手くいくようになりました。それって、生きながらにして生まれ変わっているのと同じ事だと思うんです。


私はダメダメな子供のまま大人になってしまったんです。これはもう、生まれ変わらない限り、変わることはないだろうと思っていました。でも、案外どうとでも変われるんですよね。


心の引っ掛かりをとことん掘り下げ、何をすればいいのか考え、まず実践してみる。それをマンガに描いてみたという感じです。

【覚え書き|著書『もっと、やめてみた。こうあるべきに囚われなくなる暮らし方・考え方』について】


以前は、自分のことを大切にできていなかったんです。そういう状態だと、体のメンテナンスもできず、部屋も片付けられません。「部屋を掃除したからって幸せになるわけじゃないでしょ」って、やさぐれていました。それがようやく、「自分を大切にして自分の生活をより良くすることは、自立や幸せにつながる」と考えられるようになったんです。「親のせいにしてる場合じゃない。ちゃんとしよう!」って。私にとっては革命的な発見でした。


最初は簡単なことでいいと思うんです。自分が生活していく中で、「なんか不便だな」「もうちょっといい方法ないかな」ってところから始めるのはいかがでしょう。「こうすべき」という考えを取り払って、自分らしい方法でやればいいと思いますよ。洋服屋さんで、自分に合う洋服を探すのって楽しいですよね。それと同じように、自分の暮らしでも「これは必要だな」「これは要らないかな」っていろいろ試すのも楽しみのひとつだと思います。何かを変えることって、すごくワクワクしますよ。


子供の頃から「これをやりなさい」と言われるのが苦手で、宿題も一切やらない子でした(笑)。だからこそ、人にも押し付けたくないんです。何が自分の幸せか、何をどう変えると幸せになれるかは個人差があります。私はたまたまこのやり方で変われたけれど、人によっては違う場所、違うことで幸せになれる方もいると思います。


家柄や学歴、親のしつけ、過去の恋愛を引きずって「自分はこういう風に生きていくしかない」と思っていても、人生は長いので意外と変われるもの。何かをやめることで新しいことがスタートするように、悲しいことがあったからこそ楽しいことが待っているのかもしれません。それを常に忘れずにいると、幸せに生きていけるんじゃないかなと思います。


以前はパーマやカラーを楽しんでいましたが、根がずぼらなので少々伸びたぐらいではわからない黒髪ボブに。それはそれでラクだし、艶も良くなりましたが、あるきっかけでまた髪型を変えてみたら気分が変わってうれしかったんです。静と動を繰り返すのも楽しいし、それでいいのかもしれないと思いました。ボディソープをやめたら石鹸づくりが新しい趣味になるなど、やめたことがきっかけで何かが始まることもありました。


親が金持ちだったらよかったのに。親がもっと美人に生んでくれたらよかったのに……とみんな何かしら親のせい、兄弟のせいと思っていることがあるんじゃないでしょうか。もちろん誰かのせいにする時間、自分の中で整理する時間も必要です。でも、それがすんだら、パッと切り離しちゃったほうがいい。そして、「自分で幸せに向かって歩こう」「自分が生きやすいようにやっていこう」と切り替えるんです。そうすると、意外と幸せになれるんですよね。


私、飲み会などのイベントから帰ると、「あんなこと言わなきゃよかった」「テンション上げてはしゃいだけど、バカだと思われたかな」と膝を抱えてしまうんです(笑)。そうなると、次にイベントに参加する時に出かけるのが億劫になってしまいます。結果的に、自分の行動範囲を狭めてしまうことにつながるんですよね。私の場合、自意識過剰で「こう見られたい」という欲求ばかりが先に立ってしまっていたのでしょう。そこで、自分のハードルを上げるのをやめて、「私は私のままでいいや。純粋にイベントを楽しもう」って考えるようにしたんです。


わたなべぽんの経歴・略歴

わたなべぽん。日本の女性漫画家。山形県出身。コミックエッセイプチ大賞C賞を受賞しデビュー。エッセイ漫画を執筆。著書に『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方。』『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』。

他の記事も読んでみる

川村誠

私は入社後に鹿児島県の川内工場に配属され、入社2カ月で「アメーバリーダー」に任命されました。資材の発注、納期の管理、経費項目の按分、他部署との調整なども任きれましたが、若造の言うことなど誰も聞いてくれません。どうやったら人に動いてもらえるか。自問自答しながら、他者との接し方を学びました。比較対象がない中で、ごく素直に京セラ流を吸収していったのです。


辻慎吾

でき上がった街の運営「タウンマネジメント」が重要です。ディベロップメントとタウンマネジメントを一気通貫で取り組んでいるところが大きな特徴です。「都市を創り、都市を育む」という言い方をしていますが、つくった街を育てていくことを一生懸命やっています。一般的な施設はオープン時がピークで、時間の経過とともに鮮度が落ちて来館者数が落ちてくる。しかし六本木ヒルズでは、リニューアルをしたり、新しいコンテンツを加えたりして街の鮮度を保ちつつ、コミュニティーを育むことで人々との絆を深めている。そうすると時を経るにつれて街の磁力は高まっていきます。今後もさらに磁力を高めていきたい。


井村雅代

若い人の特権は、間違っても失敗しても、それが許されることです。失敗ができる、いい時期なのです。どんどん間違えばいい。


國分文也(国分文也)

事業を通じて世界の発展に貢献できるのが商社の醍醐味。心のどこかに国を背負い、その次に丸紅を背負う。一人一人が国や会社の代表者なのだということを考えて仕事をしてほしい。


ジャック・ウェルチ

社員に財務情報を開示することにはさまざまな危険がついて回る。一番大きな問題は、財務情報は小出しにするのが難しい点だ。もしコストを開示し出せば、売上も利益も開示しないと意味を成さない。どのくらい利益をあげているかを社員に知られても気にならないだろうか?当然、彼らはその数字を自分たちの手取りの給料と比べ、やがてあなたがどれだけ分け前を取っていて、自分たちがいかにわずかな分け前しかもらっていないかを推測するようになる。もしあなたの開示する情報が、彼らの想定している給料レベルに衝撃を与えそうなものだと考えるなら、とりあえず見送ったほうがいい。


戸塚隆将

中身の薄さを言葉の量でごまかそうとしても、意味のない多弁は評価されません。相手の質問にうまく答えられないとき、何か言葉を発して間を埋めるのはかえって良くありません。沈黙を怖がる必要はありません。少ない言葉でも、核心を突く答えを返す意識の方が大事です。


ポール・ヴェレーヌ

希望は日光に似ている。つまり、どちらも明るさだ。ひとつは荒んだ心の清い夢となり、ひとつは泥水に金の光を浮かべてくれる。


出口治明

広島のある眼鏡チェーンでは、「この職場は私に合いません」と言う部下がいたら、「それなら、どこがいいか言ってごらん」と、無条件で他の店舗や部署などの希望を聞いて異動させるそうです。それを3回くらい繰り返すうちに、誰でも「あ、悪いのは自分かもしれない」と考え始める。


菅野誠二

「論理」があれば、相手が納得し、行動してもらえると勘違いしている人も多いようですが、じつは、それだけでは相手の心と身体を動かすことはできません。もうひとつの条件は、「感情」です。自分がなぜその提案を実現したいのか、という熱意を示すことです。ただ、論理のみでは「君の言うことは理屈としては正しいんだろうけど、なにか納得できないんだよね」ということになり、感情のみでは「君のやる気はわかるんだけど、独り善がりなんだよね」ということになりかねません。そこで、このふたつの要素を結びつけるのに不可欠となるのが、「共感」だと私は考えています。相手が抱えている課題に共感を示し、その課題を一緒に解決していこうとする姿勢をみせるのです。


田口佳史

人間は「いま、ここ」でしか生きられません。いま、ここでやると心を決められるかどうかで人間は変わる。それが覚悟。


富山忠一

見る人が限られる実店舗には、安くしてでも売りたい商品がある。でもネット市場には、定価やプレミア価格でもいいからそれをネットで便利に買いたい人がいる。その差額が利益になります。いわばネット転売の利益は、実店舗の商品をネット市場に移す作業分の、手数料のようなものなんです。


久米一正

交渉していた選手が他のクラブへ加入したこともあります。でも、だからといって、失敗だとは思わない。全力で取り組んだ経験は、間違いなく財産になりますから。