わたなべぽんの名言

わたなべぽんのプロフィール

わたなべぽん。日本の女性漫画家。山形県出身。コミックエッセイプチ大賞C賞を受賞しデビュー。エッセイ漫画を執筆。著書に『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方。』『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』。

わたなべぽんの名言 一覧

自分で幸せになろうとあがいてみたら、前よりは物事が上手くいくようになりました。それって、生きながらにして生まれ変わっているのと同じ事だと思うんです。


私はダメダメな子供のまま大人になってしまったんです。これはもう、生まれ変わらない限り、変わることはないだろうと思っていました。でも、案外どうとでも変われるんですよね。


心の引っ掛かりをとことん掘り下げ、何をすればいいのか考え、まず実践してみる。それをマンガに描いてみたという感じです。

【覚え書き|著書『もっと、やめてみた。こうあるべきに囚われなくなる暮らし方・考え方』について】


以前は、自分のことを大切にできていなかったんです。そういう状態だと、体のメンテナンスもできず、部屋も片付けられません。「部屋を掃除したからって幸せになるわけじゃないでしょ」って、やさぐれていました。それがようやく、「自分を大切にして自分の生活をより良くすることは、自立や幸せにつながる」と考えられるようになったんです。「親のせいにしてる場合じゃない。ちゃんとしよう!」って。私にとっては革命的な発見でした。


最初は簡単なことでいいと思うんです。自分が生活していく中で、「なんか不便だな」「もうちょっといい方法ないかな」ってところから始めるのはいかがでしょう。「こうすべき」という考えを取り払って、自分らしい方法でやればいいと思いますよ。洋服屋さんで、自分に合う洋服を探すのって楽しいですよね。それと同じように、自分の暮らしでも「これは必要だな」「これは要らないかな」っていろいろ試すのも楽しみのひとつだと思います。何かを変えることって、すごくワクワクしますよ。


子供の頃から「これをやりなさい」と言われるのが苦手で、宿題も一切やらない子でした(笑)。だからこそ、人にも押し付けたくないんです。何が自分の幸せか、何をどう変えると幸せになれるかは個人差があります。私はたまたまこのやり方で変われたけれど、人によっては違う場所、違うことで幸せになれる方もいると思います。


家柄や学歴、親のしつけ、過去の恋愛を引きずって「自分はこういう風に生きていくしかない」と思っていても、人生は長いので意外と変われるもの。何かをやめることで新しいことがスタートするように、悲しいことがあったからこそ楽しいことが待っているのかもしれません。それを常に忘れずにいると、幸せに生きていけるんじゃないかなと思います。


以前はパーマやカラーを楽しんでいましたが、根がずぼらなので少々伸びたぐらいではわからない黒髪ボブに。それはそれでラクだし、艶も良くなりましたが、あるきっかけでまた髪型を変えてみたら気分が変わってうれしかったんです。静と動を繰り返すのも楽しいし、それでいいのかもしれないと思いました。ボディソープをやめたら石鹸づくりが新しい趣味になるなど、やめたことがきっかけで何かが始まることもありました。


親が金持ちだったらよかったのに。親がもっと美人に生んでくれたらよかったのに……とみんな何かしら親のせい、兄弟のせいと思っていることがあるんじゃないでしょうか。もちろん誰かのせいにする時間、自分の中で整理する時間も必要です。でも、それがすんだら、パッと切り離しちゃったほうがいい。そして、「自分で幸せに向かって歩こう」「自分が生きやすいようにやっていこう」と切り替えるんです。そうすると、意外と幸せになれるんですよね。


私、飲み会などのイベントから帰ると、「あんなこと言わなきゃよかった」「テンション上げてはしゃいだけど、バカだと思われたかな」と膝を抱えてしまうんです(笑)。そうなると、次にイベントに参加する時に出かけるのが億劫になってしまいます。結果的に、自分の行動範囲を狭めてしまうことにつながるんですよね。私の場合、自意識過剰で「こう見られたい」という欲求ばかりが先に立ってしまっていたのでしょう。そこで、自分のハードルを上げるのをやめて、「私は私のままでいいや。純粋にイベントを楽しもう」って考えるようにしたんです。


わたなべぽんの経歴・略歴

わたなべぽん。日本の女性漫画家。山形県出身。コミックエッセイプチ大賞C賞を受賞しデビュー。エッセイ漫画を執筆。著書に『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『やめてみた。本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方。』『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』。

他の記事も読んでみる

橋本俊治(経営者)

危機管理が経営の基本。経営における危機管理のために必要な情報は現場である下からの情報にかかっている。ですから、悪い情報が上がってこない組織はいずれ立ち行かなくなる。


中村崇則

当社の製品は、月額料金制のためお客様に末永く使っていただく必要があります。買いきりではないからこそ、顧客満足を高めなくてはなりません。顧客の声を聞き、使い勝手の改善や機能追加などのバージョンアップを繰り返し、サポートに注力する理由も、すべては顧客満足を高めるためです。


山田昇(ヤマダ電機)

創業期は創造と挑戦が経営理念。これは基本的にいまも変わっていませんが、チェーン化の頃は感謝と信頼になり、今度は社会貢献というふうに変わってきました。仕事を始めた頃は生きるか死ぬかでやっていますし、やはり企業の成長とともに人も理念も変わっていくのだと思います。


土屋嶢

マンションなどの不動産を当行グループで管理するなど新しいサービスも広げている。OKB農場で生産した野菜やコメも規制がなくなれば自分たちで売りたい。まだ手がけられることは多い。中小企業の皆さんへの様々な支援もその一つ。そうやって幅広いサービスを提供して、いろんな事業で収益を上げられる存在になる。やがては「OKBって銀行もやっていたの?」と言われるようになりたいとさえ思っている。


前澤友作

思いやこだわりなど背景となる哲学が伝わるものがブランド力。


田原総一朗

ネット時代になって、新聞やテレビなど既存のマスコミが叩かれるようになりました。僕は叩かれても仕方がない面があると思う。最近のマスコミはタブーが多すぎます。これでは読者や視聴者から信頼されなくなるのも当然です。


アルフレッド・アドラー

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は極めてシンプルである。


江上治

挫折で得ることは、とてつもなく大きく、逆境で覚えることは多い。


藤森義明

ジャック・ウェルチは自分でつくった「GEバリュー(ゼネラル・エレクトリック社で働く人々が共有すべき価値観について明文化したもの)」を3~4年かけて浸透させたのですが、社員に直接語ることに時間をたっぷり割いていました。管理職から一般社員まであらゆる社員をつかまえては、GEバリューについて同じことを毎日何回も話していました。それを3~4年間繰り返したのです。


小室淑恵

仕事が速い人と遅い人の違いは、まず上司から仕事を受け取るときの確認の仕方です。「はい、わかりました」と快く仕事を引き受けたものの、いざ作業に取り掛かろうとすると「あれ?上司はどのような方向性を望んでいるのだろう」と疑問になり、改めて確認しようとする。ところが、そのときには上司は外出していて、すぐに確認が取れない。仕方なく自分なりの仮説で作業を進め、上司が戻ってきたところで確認すると、「全然違うよ」と言われて、ほぼ一からやり直し。仕事が遅い人には、こういったケースが多く見られます。


岩崎裕美子

そもそも、自分が欲しくないものは作りたくないのです。明確に誰かの悩みを解決して、その人を幸せにする製品の開発こそ弊社の本分ですから、悩みが具体的でなければ作れません。毎年売上げ目標は設定しますが、実はその数字の中に新製品は入っていない。数字や目標を達成するために新製品を開発することはしたくありませんからね。私たちは期限にとらわれず、想いが体現できるまでとことん追求して製品を生み出します。


小川淳司

野球には正解がありません。しかし、だからこそ誰を起用するかについても、自分の中でしっかりと判断基準を持っています。けれども、それで失敗することもあります。自分の采配がまずかったと思ったら、「自分のミスで負けた」と新聞記者にコメントしますし、選手に直接「申し訳なかった」と言ったこともあります。


高田旭人

事業戦略についてはまず、当社の特徴である、「少品種大量販売」を磨き込むことです。どれだけ良い商品を選び抜けるか。コールセンターやアフターサービスなど、付帯するサービスの品質をどれだけ高められるか。製品やサービスを伝えるテレビやネットなどの販路をどれくらい特徴づけられるか。意識したのはこの3点です。


小野田寛郎(小野田少尉)

火種は下、薪は上。反対にしては火はつかない。


内藤忍

仕事では、重要なポイントを先に押さえて、そこを深掘りすれば、最後には形になっていきます。


ページの先頭へ