名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

わたせせいぞうの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

わたせせいぞうのプロフィール

わたせせいぞう。日本の漫画家、イラストレーター。兵庫県生まれ、福岡県育ち。早稲田大学法学部卒業後、同和火災海上保険(のちの、あいおいニッセイ同和損害保険)に勤めながらイラストを執筆。16年勤務したのち独立。代表作に『ハートカクテル』『私立探偵フィリップ』。

わたせせいぞうの名言 一覧

基本的なマナーはもちろん大事。けれど、目の前の相手に臨機応変に振る舞うことができないといけない。それには相手を好きになることが大切。


作品づくりでも大切にしているのは「観察」。クリエーティブ力の基本は観察。観察からイメージを膨らませる。相手が何をいわんとするのか、今何を求めているのか、相手が幸せな笑顔になるイメージを描く。


会社員時代、最初の頃は仕事に追われながらアイデアを考えたり、絵を描いているときに仕事の心配をしたりしていました。でも、これは結果的にどちらにもよくない。平日は絵のことは考えず、休日は仕事のことはまったく考えない。片方を終わらせてからもう片方へと、きっぱり分けて取り組むようにしました。


営業所長になったとき、すでに二足のわらじで、上司からは数字を落としたら絵を描くのをやめろと脅迫(笑)を受けていました。だからこそ、効率よく仕事をすることを心がけていました。必死ですよ。成績が下がったら好きな絵をやめなくてはいけませんでしたから。


職場では、お手本が目の前にあるわけですから先輩のいいところを見て、真似るというのが一番。先輩の行動を見て「こうすると相手の機嫌がよくなる」「こうしたら相手を怒らせた」とよく見る。それがリアルなその職場でのマナーの学習。


営業所長時代、役職者になって心がけたのは、それまでに仕えてきた上司の「いいところを集めた」上司になることでした。たとえば、部下を褒めまくる上司がいたのです。上司の上司が部署に顔を出すと「○○君が今回の難しい仕事をやってくれました」。電話でも「○○君が頑張りましたから」と常に部下を立てる。これはものすごく部下の励みになると思い、はじめて所長になったときにすぐに真似しました。


営業マンの最終的な極意は「商品を売るのではなく、自分を売ることだ」とよく言われますが、まさにそのとおり。営業マンはファッション、外見も大切です。勝負するときはスーツもシャツもピシッとクリーニングして、靴も磨いてキッチリと決める。すると、自然と前向きに臨めます。初対面は見た目の印象から入りますから、やはり第一印象は大事なのです。清潔感のある身なりというのは意識していました。


恋愛には、臨機応変さが求められます。相手を見て言葉を発し、反応を見て、これヤバいかなと慮って進めていく。とにかくフェイス・トゥ・フェイスで会話をすることが第一歩。そういう経験が今の若い人は苦手なのかもしれない。「恋愛をしよう!」と学生には常に言っています。恋愛は、仕事の励みにもなりますし、大切なモチベーションにもなる。


わたせせいぞうの経歴・略歴

わたせせいぞう。日本の漫画家、イラストレーター。兵庫県生まれ、福岡県育ち。早稲田大学法学部卒業後、同和火災海上保険(のちの、あいおいニッセイ同和損害保険)に勤めながらイラストを執筆。16年勤務したのち独立。代表作に『ハートカクテル』『私立探偵フィリップ』。

他の記事も読んでみる

越智直正

経営者は社員にどんなにやかましく言っても、根底に思いやりを持って心を使うことが大事。


徳重徹

人生を一回チャラにするつもりで29歳のときに会社をやめました。
【覚書き|サラリーマンを辞めて起業家になることを決意した当時を語った言葉】


三谷宏治

私はずっと、他人に頼られ、任される人間になりたいと考えていました。でも、30代後半になった頃、相手も同じ気持ちなのかもしれないと気づいたのです。私だけが一方的に頼られることを目指すと、相手は「また頼ってしまった」と不安になり、相手に依存しているような気持ちになります。ようやくそのことに気づいてからは、あえて相手に頼ることを心がけるようになりました。自分から進んで、わからないことを教えてもらったり、困っていることがあれば相談したり。若い頃なら「自分の頭では何も考えられないのか」とバカにされるかもしれませんが、キャリアを積んで仕事上のポジションや能力が上がれば、相手も「この人が頼ってくれているんだ」と喜びを感じてくれるものです。


岡野喜太郎

非常時にも平常のように営業するのが銀行の使命である。お客様から預かった大切なお金を、この災害(関東大震災)で金のいるときに、支払いの出来るのに支払いをしてはならないというはずがない。必要なのは復興である。復興の資金である。
【覚書き|関東大震災の直後、神奈川県の支店を早急に立て直し営業を開始した当時を振り返っての発言】


吉永賢一

新しいことを学ぶときは、同じテーマや領域の本を少なくとも5~6冊、できれば10冊程度まとめ買いすることをお勧めします。書籍代というコストはかさみますが、10冊買っても2万円程度です。1冊だけだと、その本が間違っているかもしれませんし、難しすぎて理解できなかったり、初歩的すぎて役に立たなかったりするかもしれません。1冊だけ買うよりも、コストに対するリターンは大きいはずです。


見城徹

かけた電話は絶対に先に切るな。


早野忠昭

これまでのマラソン大会は、学生時代から走ってきたいわばエリート選手のものでした。だからスポンサー企業は、おのずとスポーツ関連に限られる。その考えの延長で東京マラソンを開いたら、当然、2万、3万人なんて集まらない。でも学生時代の体育の成績が必ずしも5段階評価で満点ではない人たちも集めれば話は変わりますよね。そこでマーケティングの登場です。「タイムが早い、遅い」とは違う様々な価値観を持ち込んだんですよ。例えば、「かっこよく走りたい」なんて好例。「健康」という価値観をぶら下げたところで、私より上の年齢の人しか寄ってこない(笑)。でも、「ファッション」をぶら下げたら、状況は変わる。美を意識する女性が集まってくるだろうし、若い男の子、いや、ちょいワルおやじだって後ろからついてきますよ。「ミュージック」「ボランティア」「チャリティー」といろいろなバリューをつけたからこそ、参加者の層が広がり、ここまでの人気を得られた。


和田裕美

世の中には「私が正しい」と言わなければいけない局面もあります。でも、それを相手に強制することと、選択してもらうことは、根本的に違うこと。


北野武(ビートたけし)

臭いものには蓋をする文化とでもいうか、最近は世間がとにかくきれいごとの、その場しのぎばっかりするようになった。そんなものは、差別用語の問題と同じ話で、ものごとの本質には何も手を触れずに、表面に覆いをかけて誤魔化しているだけのことだ。


向井万起男

多くの人は言われるまで気づきませんが、どんなささやかな目標でも、ほとんどの人は実現できていません。そもそも毎日考えたって、すべてが上手くいくわけではありません。それなのに何も考えていなかったら最悪です。考えていれば軌道修正もできますが、考えていなかったらそれさえできません。


和田秀樹

午前の計画遅れというトラブルにとらわれて、焦りながら続けても効率が悪い。確実に午後の仕事の予定も狂い始める。トラブルが起きたら、まず被害を最小限に食い止める努力が必要。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

一体感の醸成とともに、みんなのやる気を引き出すために、私自身が出席する「アクション会議」や、社長直轄に定めた店舗の店長を集めて行う「天領ミーティング」などで議論を積み重ね、その中で全ての戦略を決めてきました。経営のスピードは格段に上がっています。