わたせせいぞうの名言

わたせせいぞうのプロフィール

わたせせいぞう。日本の漫画家、イラストレーター。兵庫県生まれ、福岡県育ち。早稲田大学法学部卒業後、同和火災海上保険(のちの、あいおいニッセイ同和損害保険)に勤めながらイラストを執筆。16年勤務したのち独立。代表作に『ハートカクテル』『私立探偵フィリップ』。

わたせせいぞうの名言 一覧

基本的なマナーはもちろん大事。けれど、目の前の相手に臨機応変に振る舞うことができないといけない。それには相手を好きになることが大切。


作品づくりでも大切にしているのは「観察」。クリエーティブ力の基本は観察。観察からイメージを膨らませる。相手が何をいわんとするのか、今何を求めているのか、相手が幸せな笑顔になるイメージを描く。


会社員時代、最初の頃は仕事に追われながらアイデアを考えたり、絵を描いているときに仕事の心配をしたりしていました。でも、これは結果的にどちらにもよくない。平日は絵のことは考えず、休日は仕事のことはまったく考えない。片方を終わらせてからもう片方へと、きっぱり分けて取り組むようにしました。


営業所長になったとき、すでに二足のわらじで、上司からは数字を落としたら絵を描くのをやめろと脅迫(笑)を受けていました。だからこそ、効率よく仕事をすることを心がけていました。必死ですよ。成績が下がったら好きな絵をやめなくてはいけませんでしたから。


職場では、お手本が目の前にあるわけですから先輩のいいところを見て、真似るというのが一番。先輩の行動を見て「こうすると相手の機嫌がよくなる」「こうしたら相手を怒らせた」とよく見る。それがリアルなその職場でのマナーの学習。


営業所長時代、役職者になって心がけたのは、それまでに仕えてきた上司の「いいところを集めた」上司になることでした。たとえば、部下を褒めまくる上司がいたのです。上司の上司が部署に顔を出すと「○○君が今回の難しい仕事をやってくれました」。電話でも「○○君が頑張りましたから」と常に部下を立てる。これはものすごく部下の励みになると思い、はじめて所長になったときにすぐに真似しました。


営業マンの最終的な極意は「商品を売るのではなく、自分を売ることだ」とよく言われますが、まさにそのとおり。営業マンはファッション、外見も大切です。勝負するときはスーツもシャツもピシッとクリーニングして、靴も磨いてキッチリと決める。すると、自然と前向きに臨めます。初対面は見た目の印象から入りますから、やはり第一印象は大事なのです。清潔感のある身なりというのは意識していました。


恋愛には、臨機応変さが求められます。相手を見て言葉を発し、反応を見て、これヤバいかなと慮って進めていく。とにかくフェイス・トゥ・フェイスで会話をすることが第一歩。そういう経験が今の若い人は苦手なのかもしれない。「恋愛をしよう!」と学生には常に言っています。恋愛は、仕事の励みにもなりますし、大切なモチベーションにもなる。


わたせせいぞうの経歴・略歴

わたせせいぞう。日本の漫画家、イラストレーター。兵庫県生まれ、福岡県育ち。早稲田大学法学部卒業後、同和火災海上保険(のちの、あいおいニッセイ同和損害保険)に勤めながらイラストを執筆。16年勤務したのち独立。代表作に『ハートカクテル』『私立探偵フィリップ』。

他の記事も読んでみる

藤原大

学生時代から「ISSEY MIYAKE」で働きたいとかなり強く意識していました。大学一年生のとき、「ISSEY MIYAKE」のオフィスを訪れ、「就職までにしておくべきことは何か」「アルバイトを募集していないのか」などと、勝手に聞きにいったりしたくらいですから。


黒田如水(黒田官兵衛)

武芸に凝って、ひとり働くことを好むのは、匹夫の勇といって、小心者の嗜みであり、大将の武道ではない。


水田正道

人材ビジネスの最大の資産は人です。社員一人ひとりの思いやモチベーションを大事にしていくのが「テンプ流」です。そして、同時に相手を尊重し、お互いが理解し合い、共に成長するために切磋琢磨していきたい。


三村孝仁

重視したのが、テルモや日本の文化を理解して、高いロイヤルティを持つ人財を育ててリーダーにすること。採用した中国人社員には、当社の理念を繰り返し伝えました。「みなさんのカルチャーはリスペクトします。でもテルモが何を大事にして、何をやろうとしているのかをきちんと理解してほしい」。対話を繰り返すことでお互いの信頼感と一体感が高まります。


オグ・マンディーノ

最も困難な仕事は、一回きりの爆発的なエネルギーの発散や努力ではなく、最善を尽くして日々努力し続けることによって達成されることを覚えておいてください。


冨田和成

大富豪になる人が念頭に置いているのは、「いかに自分の時間を売らないで済むか」。時間が買えるのであれば積極的に買いますし、その実現のためには自分の時間を売らなくてもお金が生まれる「仕組み」をいかに作れるかが勝負です「寝ている間にもお金が生み出せるのかどうか」と表現すれば分かりやすいでしょう。


植木義晴

私は「会社を蘇らせる」という大義を背負うことで、迷いが吹っ切れました。


金子源

1人で入りやすい店を作りたかった、というのが一番の理由です。私は高校卒業後、自衛隊に入隊したのですが、訓練が終わると特にすることもないため、よく飲み歩いていました。しかし、当時は総合居酒屋全盛の時代で、一人で気軽に入れるお店を探すのにいつも苦労していました。地元の個人店にしても、常連客で賑わっていて入り込む余地はほとんどありませんでした。こうした当時の体験から、一見さんでも入りやすい業態を追求した結果、「立ち呑み」という業態に行きついたというわけです。


佐藤裕久

流行の場所だとか、いい物件だとか、人の興味を喚起するものが情報だとすれば、僕は情報という表面的なものではなくて、その裏側にあるものに興味がある。


飯野謙次

自作のチェックリストやマニュアルはぜひ他のメンバーに見てもらって確認を取りましょう。過去のミスを記録し、定期的に話し合って分析し、リストのブラッシュアップを図るのも良い方法です。


若園浩史

現在では、実際に施工する職人を選んで家づくりをする人は極めてまれですが、適切なインフラさえ整えば、農業のように「作り手の顔が見える」ことが付加価値として評価される時代が来ると思います。家づくりにおける常識に、一石を投じるようなサービスを提供していきたい。


川村隆

日本の会社は社内の意識が、閉鎖的になりがち。最近、いい方向に向かってきたのは、日本の会社の2割ぐらいがグローバル企業となったからではないでしょうか。海外とのやり取りが多くなり、自然に変わり始めている部分もある。


江幡哲也

読む人の負担を考えているかどうかは、アポイントをとるメールでもわかります。「都合の良い日を2~3日、教えてください」というメールを良くいただきますが、この質問の仕方では、自分のスケジュールをすべて洗い出さねばならず、以外に返信が面倒です。それよりは、イエス・ノーで答えられる「○月×日か、△日はいかがですか?」の方が親切です。細かなことですが、こういった心配りができるかどうかで、文章の印象も大きく変わると思います。


鈴木健二(アナウンサー)

あなたが豊かな才能に恵まれたエリートだとして、より先へ進むために絶対に必要な三人の友を紹介しましょう。勇気と判断と洞察の3つです。


永持孝之進

大切なのは長期的、多面的に考えることです。例えば、人の話を聴いたり、レポートを読む時、その中の短期に処理を要する目先の事柄にも、これが長期的にはどう影響を及ぼすか、という捉え方をしなくてはならないのです。


ページの先頭へ