名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

よせだあつこの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

よせだあつこのプロフィール

よせだあつこ(與世田温子)。日本の公認会計士、会計講師。宮崎県出身。熊本大学理学部環境理学科卒業後、監査法人トーマツを経て簿記教育の「willsi」を設立。著書に『簿記教科書 パブロフ流でみんな合格』『会計資格最短・最速攻略法』。

よせだあつこの名言 一覧

どの資格に挑戦するにしても、勉強法に関して忘れてはいけないのは、きちんと問題を解く練習をすること。テキストを読んでなんとなくわかった気になったけれど、実際の試験では通用しなかった、ということはよくあります。とくに、簿記の試験はマークシートではなく記述式ですから、自分の手で書く勉強が重要です。


簿記というのは、経理の仕事をする人のためだけにある資格ではありません。簿記やその考え方は、あらゆるビジネスで使われています。基本的なビジネススキルであり、ビジネスマンにとって必須の教養なのです。


テキストは、書店で何種類かを手に取ってみて、自分に合ったものを選びましょう。イラストを多用した説明がわかりやすい人もいれば、言葉で論理的に説明されるほうがわかりやすい人もいます。また、日商簿記三級のように独学で合格する人が多い試験でも、独学に向いていない人は学校を利用するべきです。行き詰まったときには無理をせず、「わからないことを質問できる環境」に移ることを検討してください。


簿記の基本を学ぶことは、自社のビジネスに対する理解が深まるということ。たとえば、管理職になれば常に損益のことを考えなければいけませんが、簿記を学ぶことで、損益の感覚が身につきます。仕事で「損益分岐点」という言葉を使っていたり、日々、「在庫管理」の作業をしていたりしても、簿記を学ぶことで初めて、こうした言葉や行為がビジネスの中で持つ本当の意味を理解できたという人は、数多くいます。顧客に対して話すときの説得力も変わってくるでしょう。ですから、ビジネスの基礎教養を学ぶつもりで、まずは日商簿記三級に取り組みましょう。


簿記の勉強が「複式簿記」という考え方を一から新たに学ぶものなのに対して、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強ではもっと身近な知識――年金、税金、不動産、相続、資産運用、保険といった、仕事や生活に密着したことを学んでいきます。当然、「勉強したことが実際に役に立つ」という楽しさがありますし、出題の傾向も、「1ページ勉強したら、1問問題が解けるようになる」という感じなので、手応えを得やすい。この辺りも、基本的な考え方を身につけるまでに少し時間がかかる簿記とは対象的です。こうした意味で、FPはとっつきやすい資格だといえるでしょう。「ちょっと時間があるので、何か勉強してみたい」「学生時代以来の試験勉強だから、カンを取り戻したい」という人の第一歩に最適です。簿記の勉強を始めたものの、向いていないと感じた人にもお勧めできます。


簿記の資格にはいくつかの種類がありますが、最も一般的なものが、日本商工会議所が実施している「日商簿記」です。三級、二級、一級があり、「転職などで有利になるのは二級から」といわれています。経理畑の人が「二級は持っていないとね」などと言っているのを聞いたことがあるかもしれません。そのため、いきなり二級にチャレンジする人もけっこういるのですが、これはお勧めできません。難しすぎて挫折する可能性が高いからです。簿記や他の会計系資格に挑戦するなら、まずは日商簿記三級を取得することを強くお勧めします。三級なら、難易度がそれほど高くなく、多くの方は1か月程度の勉強で取得できます。


よせだあつこの経歴・略歴

よせだあつこ(與世田温子)。日本の公認会計士、会計講師。宮崎県出身。熊本大学理学部環境理学科卒業後、監査法人トーマツを経て簿記教育の「willsi」を設立。著書に『簿記教科書 パブロフ流でみんな合格』『会計資格最短・最速攻略法』。

他の記事も読んでみる

塚越友子(水希)

断わるのが苦手で、限界を超えて引き受けてしまい、常にパンク寸前で神経をすり減らしている。そんな人のメンタリティには、ある特徴があります。それは、人間関係が壊れることを恐れる、という点。良好な人間関係を保つには、たしかに「困ったときは助け合う」といった互恵性・返報性が不可欠ですが、このタイプの人はそこに過剰に縛られ、自分を犠牲にしてまで相手の頼みを聞こうとしてしまいます。なぜなら、人の頼みを聞くことで自分の存在意義を確かめようとする心理が働くからです。「人の要求を満たしていないと自分の価値はなくなる」という思い込みのせいで、断わることに不安を感じるのです。この状態に陥ったときの対策は、「断わったら最後だ」という恐怖心からくる「ゼロか百か、白か黒か」の極端な思考を緩和させることです。


星野佳路

星野リゾートでは誰もが滞りなく情報共有できるように、フラットな組織作りにも尽力し、情報を共有しやすい仕組みを整えています。フラットな組織が出来上がると、現場から新しいアイデアが持ち上がりやすくなります。


内永ゆか子

考えることはハードな作業ですが、論理的にとことん考えることで自分の仕事に対する「信念」が生まれます。そしてこれだけ考えたのだから、これがベストな判断であると思えるのです。


ロバート・キヨサキ

人が困っていることにビジネスチャンスは眠っている。くれぐれも、今流行っているからという安易な理由で起業しないことだ。私の場合、解決すべき問題とは「教育」だった。世界の問題は、お金の教育がなされてこなかったことに起因していて、いまだ学校ではお金についてきちんと教えていない。だからファイナンシャル教育の会社を立ち上げて、世界中でお金の教育についてコンテンツを提供している。おかげさまで、すごく儲かっているよ(笑)。皆さんも「問題」と「解決法」について考えてみることだ。「肥満」や「ガン」などヒントはたくさんある。


井上弘

放送メディアはこれまでどちらかというと「速く」が先にありましたが、「正確に」かつ、なるべく速く、ということを民放各社にはお願いしています。それがなくては、我々のレゾンデートル(存在意義)がなくなってしまう。


佐々木かをり

1時間と見積もった仕事が本当に1時間で終えられるのか。終わらないなら実際は何時間必要なのか。はじめは想像で、次は予測と実態をすり合わせて仕事にかかる時間を決定し、計画するのもポイントです。繰り返し検証することで、必要時間を予測する技術が磨かれます。計画通り進めることができれば、予測と実態のズレから生じる不安やストレスが軽減され、ハッピー度も増すはずです。


村山康夫

大変だったのは合併に伴う人材配置の問題でした。出身会社のバランスを取るという風潮が強い中、私は新会社の将来にとっては適材適所の人材を優先すべきだと主張したのです。今日なら当然の考えともいえるでしょうが、当時は「融和が一番大事な段階なのに」との反応が大勢でした。


坂尾晃司

全方位と密に接する「課長」は、コミュニケーションスキルを磨けば磨くほど「キーマン」になれる。


吉田晴乃

グローバルな競争の世界では、何もしなければ、そこで餓えて死んでいくだけ。


むらかみかずこ

文書を見せる・送るときに相手に好印象を与えるには、「手書きのひと言」を添えるのが効果的。今の時代、資料はパソコンで作るものですし、コミュニケーションツールも電話やメール、社内チャットなどがほとんど。だからこそ、手書きのメッセージによって、相手に強く印象づけることができるのです。すべての文書に手書きを添える必要はありませんが、目にとめて欲しいとき、より大事な資料として相手に認識して欲しいときなどは、手書きメッセージがあるとプラスアルファになります。


梛野憲克

サービスの種類だけでなく、実績や社内の経験・ノウハウを積み上げ、ストック型のビジネスモデルでサービスを進化させています。


井上貴功

金融系のシステムは24時間、365日止まってはいけないということが最大の条件です。こうした「ミッションクリティカル」なシステム開発を長年にわたって手掛けてきたことが、当社のシステム開発の品質と信頼性の高さを証明しています。