名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

よせだあつこの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

よせだあつこのプロフィール

よせだあつこ(與世田温子)。日本の公認会計士、会計講師。宮崎県出身。熊本大学理学部環境理学科卒業後、監査法人トーマツを経て簿記教育の「willsi」を設立。著書に『簿記教科書 パブロフ流でみんな合格』『会計資格最短・最速攻略法』。

よせだあつこの名言 一覧

どの資格に挑戦するにしても、勉強法に関して忘れてはいけないのは、きちんと問題を解く練習をすること。テキストを読んでなんとなくわかった気になったけれど、実際の試験では通用しなかった、ということはよくあります。とくに、簿記の試験はマークシートではなく記述式ですから、自分の手で書く勉強が重要です。


簿記というのは、経理の仕事をする人のためだけにある資格ではありません。簿記やその考え方は、あらゆるビジネスで使われています。基本的なビジネススキルであり、ビジネスマンにとって必須の教養なのです。


テキストは、書店で何種類かを手に取ってみて、自分に合ったものを選びましょう。イラストを多用した説明がわかりやすい人もいれば、言葉で論理的に説明されるほうがわかりやすい人もいます。また、日商簿記三級のように独学で合格する人が多い試験でも、独学に向いていない人は学校を利用するべきです。行き詰まったときには無理をせず、「わからないことを質問できる環境」に移ることを検討してください。


簿記の基本を学ぶことは、自社のビジネスに対する理解が深まるということ。たとえば、管理職になれば常に損益のことを考えなければいけませんが、簿記を学ぶことで、損益の感覚が身につきます。仕事で「損益分岐点」という言葉を使っていたり、日々、「在庫管理」の作業をしていたりしても、簿記を学ぶことで初めて、こうした言葉や行為がビジネスの中で持つ本当の意味を理解できたという人は、数多くいます。顧客に対して話すときの説得力も変わってくるでしょう。ですから、ビジネスの基礎教養を学ぶつもりで、まずは日商簿記三級に取り組みましょう。


簿記の勉強が「複式簿記」という考え方を一から新たに学ぶものなのに対して、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強ではもっと身近な知識――年金、税金、不動産、相続、資産運用、保険といった、仕事や生活に密着したことを学んでいきます。当然、「勉強したことが実際に役に立つ」という楽しさがありますし、出題の傾向も、「1ページ勉強したら、1問問題が解けるようになる」という感じなので、手応えを得やすい。この辺りも、基本的な考え方を身につけるまでに少し時間がかかる簿記とは対象的です。こうした意味で、FPはとっつきやすい資格だといえるでしょう。「ちょっと時間があるので、何か勉強してみたい」「学生時代以来の試験勉強だから、カンを取り戻したい」という人の第一歩に最適です。簿記の勉強を始めたものの、向いていないと感じた人にもお勧めできます。


簿記の資格にはいくつかの種類がありますが、最も一般的なものが、日本商工会議所が実施している「日商簿記」です。三級、二級、一級があり、「転職などで有利になるのは二級から」といわれています。経理畑の人が「二級は持っていないとね」などと言っているのを聞いたことがあるかもしれません。そのため、いきなり二級にチャレンジする人もけっこういるのですが、これはお勧めできません。難しすぎて挫折する可能性が高いからです。簿記や他の会計系資格に挑戦するなら、まずは日商簿記三級を取得することを強くお勧めします。三級なら、難易度がそれほど高くなく、多くの方は1か月程度の勉強で取得できます。


よせだあつこの経歴・略歴

よせだあつこ(與世田温子)。日本の公認会計士、会計講師。宮崎県出身。熊本大学理学部環境理学科卒業後、監査法人トーマツを経て簿記教育の「willsi」を設立。著書に『簿記教科書 パブロフ流でみんな合格』『会計資格最短・最速攻略法』。

他の記事も読んでみる

疋田文明

考えを行動に移せるかどうかが重要。行動に移せないアイデアは思い付きにすぎない。


嶋田隆司(ゆでたまご)

つらいときに助けてくれるのも、迷ったときに背中を押してくれるのも、やっぱり自分以外の誰かなんやと思います。そういう仲間は、いればいるほどいい。


大谷竹次郎

偉くなる役者は必ずどこかに普通人とは違うものを持っているものだ。


向谷匡史

部下に「この仕事で成功したら、出世の道が開かれるし給料も上がるから頑張れ」というのは誤り。「今回の仕事は、いろんな意味で人生の岐路になると思うよ」と表現を濁らせ、相手に想像させる。自分でストーリーを作らせること。上司がすべて明かすと、他人のストーリーに乗せられているという被害者意識と、自分は出世とお金のために仕事を頑張る人間ではない、そんな風に見られたくないというプライドや見栄が邪魔するのです。


石田孝

企業経営者の社会的な役目、これは何はともあれ、雇用の保障、すなわち仕事をつくることです。そのためには、絶対に黒字を出さなくてはなりません。そして、その黒字をもって、時代が求める新たな職場をつくり上げる。こうした事業を行っていくことが、経営者の責任だと私は考えています。


福井晴敏

大きい映画を撮るとなるとCGワークなどで以前より高精度で作れるようになっていて、それが大作映画という先入観があるけれど、大事なのはその中でどれだけ役者が魅力的に見えるかなんですよね。


ヒッチコック

まだ笑うことができる限り、彼はまだ貧乏ではない。


木村皓一

若いころ、フランスで友人に勧められてワインのロマネ・コンティを飲みました。言わずと知れた何十万円もする高級品です。友人に「木村、これなんぼするか知ってるか?」と聞かれ、そのときは正直なところ、「地元の河内ワインと味は変わらへんな」と思いました(笑)。今なら違いが分かりますよ。しかし、そのころは分からない。私にとっては似たような味で、片や980円、片や数十万円。「ラベルの差やな。これがブランド力か」と思いました。


稲垣浩之

すべてを自分一人でこなすことはできませんから、不動産会社、管理会社、金融機関、コンサルタントなどとの良好な関係は、当然ながら大きな力になります。特にこれからは、賃貸経営においても情報の持つ意味がいっそう大きくなっていくはず。経済情勢にしても、顧客のニーズにしても、変化が激しい時代にあって、正しい判断を下していくためには、多面的な情報が必要になります。それを収集するにあたっても、パートナーとなる事業者の存在は重要です。


曳野孝

他社と差別化が難しい状況の中で、ブランドをいかに確立するか。それが利益を確保し続けるカギです。ユニクロのブランドコンセプトは、「手ごろな価格でファッショナブルな商品を提供する」です。ユニクロは価格競争を促す側で成長しましたが、ブランド確立後は低価格に依存しない体制を築き、事業を展開しています。


山極寿一(山極壽一)

僕は音楽的コミュニケーションと言っています。音楽や祭り、儀礼を通じて、互いにつながっている感覚を確かめ合っていく。言葉がなくても、身体の五感である視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を最大限に使って、つながっていくわけです。つまり、家族を支えているのは言葉以外のコミュニケーションなのです。


上昌広

言い古された表現だが、「組織はトップ次第」だ。トップに人望がなければ、部下や共同研究者はついてこない。だからこそ、トップの人事は大切だ。