名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

よせだあつこの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

よせだあつこのプロフィール

よせだあつこ(與世田温子)。日本の公認会計士、会計講師。宮崎県出身。熊本大学理学部環境理学科卒業後、監査法人トーマツを経て簿記教育の「willsi」を設立。著書に『簿記教科書 パブロフ流でみんな合格』『会計資格最短・最速攻略法』。

よせだあつこの名言 一覧

どの資格に挑戦するにしても、勉強法に関して忘れてはいけないのは、きちんと問題を解く練習をすること。テキストを読んでなんとなくわかった気になったけれど、実際の試験では通用しなかった、ということはよくあります。とくに、簿記の試験はマークシートではなく記述式ですから、自分の手で書く勉強が重要です。


簿記というのは、経理の仕事をする人のためだけにある資格ではありません。簿記やその考え方は、あらゆるビジネスで使われています。基本的なビジネススキルであり、ビジネスマンにとって必須の教養なのです。


テキストは、書店で何種類かを手に取ってみて、自分に合ったものを選びましょう。イラストを多用した説明がわかりやすい人もいれば、言葉で論理的に説明されるほうがわかりやすい人もいます。また、日商簿記三級のように独学で合格する人が多い試験でも、独学に向いていない人は学校を利用するべきです。行き詰まったときには無理をせず、「わからないことを質問できる環境」に移ることを検討してください。


簿記の基本を学ぶことは、自社のビジネスに対する理解が深まるということ。たとえば、管理職になれば常に損益のことを考えなければいけませんが、簿記を学ぶことで、損益の感覚が身につきます。仕事で「損益分岐点」という言葉を使っていたり、日々、「在庫管理」の作業をしていたりしても、簿記を学ぶことで初めて、こうした言葉や行為がビジネスの中で持つ本当の意味を理解できたという人は、数多くいます。顧客に対して話すときの説得力も変わってくるでしょう。ですから、ビジネスの基礎教養を学ぶつもりで、まずは日商簿記三級に取り組みましょう。


簿記の勉強が「複式簿記」という考え方を一から新たに学ぶものなのに対して、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強ではもっと身近な知識――年金、税金、不動産、相続、資産運用、保険といった、仕事や生活に密着したことを学んでいきます。当然、「勉強したことが実際に役に立つ」という楽しさがありますし、出題の傾向も、「1ページ勉強したら、1問問題が解けるようになる」という感じなので、手応えを得やすい。この辺りも、基本的な考え方を身につけるまでに少し時間がかかる簿記とは対象的です。こうした意味で、FPはとっつきやすい資格だといえるでしょう。「ちょっと時間があるので、何か勉強してみたい」「学生時代以来の試験勉強だから、カンを取り戻したい」という人の第一歩に最適です。簿記の勉強を始めたものの、向いていないと感じた人にもお勧めできます。


簿記の資格にはいくつかの種類がありますが、最も一般的なものが、日本商工会議所が実施している「日商簿記」です。三級、二級、一級があり、「転職などで有利になるのは二級から」といわれています。経理畑の人が「二級は持っていないとね」などと言っているのを聞いたことがあるかもしれません。そのため、いきなり二級にチャレンジする人もけっこういるのですが、これはお勧めできません。難しすぎて挫折する可能性が高いからです。簿記や他の会計系資格に挑戦するなら、まずは日商簿記三級を取得することを強くお勧めします。三級なら、難易度がそれほど高くなく、多くの方は1か月程度の勉強で取得できます。


よせだあつこの経歴・略歴

よせだあつこ(與世田温子)。日本の公認会計士、会計講師。宮崎県出身。熊本大学理学部環境理学科卒業後、監査法人トーマツを経て簿記教育の「willsi」を設立。著書に『簿記教科書 パブロフ流でみんな合格』『会計資格最短・最速攻略法』。

他の記事も読んでみる

鈴木修

僕は本社工場にものすごくこだわりがある。製造業である限り、モノつくりで生きていこうとする限り、経営の方針を決める本社は現場から離れてはいけないという信念があるからです。


出口治明

やる気が見えないというのは、与えられた仕事とやりたい仕事にミスマッチが起きていることが多い。面白いと思える仕事を与えれば、部下は頑張るはず。部下のやる気を引き出すのが上司の仕事。


塚本こなみ

私は「女性初の樹木医」として知られています。でも、樹木医になろうなんて思ってもいませんでした。1991年にぽっと生まれた樹木医の資格試験をたまたま受け、合格したに過ぎないのです。女性初というのも、受験した女性が私一人だけだった、というのが本当のところです。私は樹木医としてはまったく名医ではありませんが、女性初という肩書きのおかげで、いろいろなメディアに取り上げられました。


高島宏平(髙島宏平)

私自身、野菜のことも、システムのことも何もわからなかったし、小売業で働いた経験もありません。だから、現場の社員に「こうしなさい」とやり方を具体的に言うことはできません。その代わり私ができるのは、事業の出来上がりのイメージを伝えて、「システムはこうして」とか「カスタマーサポートはこうしておいて」などと伝えることです。


井上達彦

企業の差別化には2種類あります。ひとつは性能・品質・価格など「製品・サービスの差別化」です。もうひとつは「仕組みの差別化」です。前者が華々しいわりに他社が追随しやすいのに対し、後者は組織運用による差別化なので、強みが組織に埋め込まれ、一朝一夕には真似ができません。人材・組織戦略に裏付けされたものは、なかなか模倣されないというのが、経営学の教えるところです。


渡邉幸義

余裕がなければ損はできない。余裕を持つためにどうするか、考え続けることが大切。


ジャック・マー(馬雲)

10年前、インターネット上で電子商取引を行うアリババの挑戦は、1万トンの石油タンカーをヒマラヤ山脈まで運ぶようなもので不可能だと言われていました。しかし、社員の絶えざる努力が実り、夢が実現しました。
【覚え書き|アリババ10周年記念のスピーチにて】


間寛平

ヨットの学校に行って、免許も取って、いざいけると思って海に出たら、「あれ、違うわ」となって。航海中は「なんで? なんで?」の連続でしたね。


林修

調子に乗っているとか、ちゃらちゃらしているように見られるとか、ぜんぜんかまわないんですよ。そのあたり僕自身は冷静に見ているし、計算ずくでやっていることですから。


本田圭佑

経験上、外国人の組織は問題を抱えるとうまくいかなくなることが多いのですが、日本人は違う。追い込まれた時に誰かのために動ける、しかも想像を超えた働きができるというのが、日本人の本質です。


神田昌典

社内の意思疎通がなされていないと、会社の改革はうまくいかない。


沢村一樹

思えば、昔から、自分の価値観を曲げない一面があったんです。モテルをしていたのに、「男は鏡なんて見るものじゃない」と思っていましたから。でも、そんな考えは、自分を無意味に縛りつけるだけなんですよね。