名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

やなせたかしの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

やなせたかしのプロフィール

やなせたかし。日本の絵本作家、漫画家。代表作に『アンパンマン』。東京出身。東京朝日新聞特派員をしていた父の関係で、幼くして上海に移住。父が他界し、高知で開業医を営んでいた伯父のもとで育つ。官立旧制東京高等工芸学校図案科(のちの千葉大学工学部デザイン学科)卒業後、田辺製薬勤務を経て日中戦争に従軍。陸軍軍曹として暗号解読、宣撫工作などの任務に携わる。戦後復員し、廃品回収会社勤務を経て高知新聞に入社。その後上京し、三越宣伝部でグラフィックデザイナーをしながら漫画家として活動し始める。その後三越を退社し専業漫画家になった。数々の賞を受賞。

やなせたかしの名言 一覧

バイキンマンの登場によって物語のもうひとつのメッセージが生まれました。それは「共生」ということです。バイ菌は食品の敵ではあるけれど、あんパンを作るパンだって酵母菌という菌がないとつくれない。助けられている面もあるのです。つまり、敵だけれど味方、味方だけれど敵。善と悪とはいつだって、戦いながら共生しているということです。


やなせたかしの経歴・略歴

やなせたかし。日本の絵本作家、漫画家。代表作に『アンパンマン』。東京出身。東京朝日新聞特派員をしていた父の関係で、幼くして上海に移住。父が他界し、高知で開業医を営んでいた伯父のもとで育つ。官立旧制東京高等工芸学校図案科(のちの千葉大学工学部デザイン学科)卒業後、田辺製薬勤務を経て日中戦争に従軍。陸軍軍曹として暗号解読、宣撫工作などの任務に携わる。戦後復員し、廃品回収会社勤務を経て高知新聞に入社。その後上京し、三越宣伝部でグラフィックデザイナーをしながら漫画家として活動し始める。その後三越を退社し専業漫画家になった。数々の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

竹鶴政孝

よりよく遊ぶ者は、よく仕事をする。


糸井重里

自分の意見が方向転換させられたときこそが、組織にとって、「一番いい方法」にたどり着く兆しだ。本当は、そういう話し合いが一番クリエイティブで面白いはずだと、ぼくは思ってきた。


的場正晃

叱りっぱなしでは、感情的なしこりが残って、相互の信頼関係にひびが入る恐れがある。叱責が厳しければ厳しいほど、優しさと配慮を持ったコミュニケーションが求められる。


酒巻久

スティーブ・ジョブズは彼自身が新たに発明した技術はひとつもありませんが、広い視野と知識を持ち、それを頭の中で融合させることで、人々が驚くような新しい製品を世に送り出すことができたのです。


佐田展隆

祖父は「男なら、迷ったら茨の道を行け」と口癖のように言っていました。そこまで意識してはいませんでしたが、私の人生を振り返ってみると、常に茨の道を選んでいました。祖父とのコミュニケーションが、私の人生の軸を作ってくれたと思っています。


アルビン・ロス

さまざまなエコノミストが幸福に関する研究をあまた手掛けているが、幸せの多くは、社会生活の健全さにかかわっている。信頼できる良き妻や友人、知り合いがいるかどうかだ。


濱田秀彦

パワハラタイプの上司には遠慮なく近づいて、徹底的に頼ろう。そうすれば「しょうがねえな」と言いながら面倒を見てもらえるうえ、周りから攻められそうなときは守ってくれるから心強い。


木暮太一

たとえば、未知のクライアントにアポイントがとれたとしよう。面談の場で、相手の担当者から「信用できない感じの人だな」とか「仕事ができなそうな人だな」といった印象を持たれてしまったら、次回のアポイントは難しいだろう。多くのビジネスは一発勝負なのだ。


児島惠美子

「合格して当たり前」と思われがちな薬剤師国家試験のプレッシャーは、大学受験よりもむしろ強いと私は考えています。だからこそ大事なのは心のケアと考え、私自身が心理カウンセラーの資格を取りました。そして、生徒のモチベーションサポートに力を入れるとともに、講師陣にも心理カウンセラーの資格を取らせています。すべて、私自身の(薬剤師国家試験に落ちた)つらい体験を誰にも味わわせたくないという想いからです。


藤森義明

グローバルで通用するリーダーの特徴は「多様性を重んじる」「権限を委譲できる」の2つです。今後は国内にいても、異なる文化を持ち、違う考え方を持っている外国人と仕事をする機会が増えてきます。ときには非常識だと思うこともあるでしょう。しかし、嫌悪感を抱かずに、「そういう考えもあるのか」と認めるのはもちろん、リスペクトできる。そして、仕事の権限を委譲できる。この姿勢があれば、世界のどこに行っても結果を出すことができると思います。


石田宏樹

中学生の時は、絵が得意な友人、音楽ができる友人を集めてゲームをつくってパソコン雑誌に投稿したこともあります。その時に、一人だと不可能なことも、組織だと可能性が広がることを学びました。


小濵裕正(小浜裕正)

本社が全て統制するやり方では、競合に勝てない、ローカル性を重視すべき。