名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

やくみつるの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

やくみつるのプロフィール

やくみつる。日本の漫画家、珍品コレクター、テレビコメンテーター。東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経て漫画家デビュー。その後、様々な分野で活躍した。

やくみつるの名言 一覧

資産価値という視点になってしまうと、大切な遊び心がなくなってしまって、集めることが機械的になりかねない。日々、お金のことだけを考えて生きるのは、さぞつまらなかろうな、と思ってしまいますね。


大相撲協会が変わらないのは無理からぬ話。勝負に勝ち抜いた人だけで運営してきた世界です。外の意見に耳を貸さずに成功してきたわけだから、改革が必要という意識はあっても急に体質は変わらないでしょうね。


豊かな会話を楽しむには、それなりの教養と経験を備えていないとできない。私の趣味はお金がかからないものばかりなんですが、お金を遣うとしたら、教養になる書籍と経験になる旅行に遣いますね。


自分の珍品コレクションは「お金で買えない物」というのが基本スタンス。いろんな物を集めているので、毎日何かしらが増えていく。人からすれば、どんなしようもない物でも、自分にとっては毎日、一瞬の喜びを与えてくれているんです。


意図的に自分を変える区切りポイントを作っていいと思いますよ。実は、私はむしろ変えない部分のほうが多い人間なんです。もう少し柔軟性があれば、もっと生きやすかったろうなと思うぐらいにね。たとえばパソコンにはこれからも手を染めることはないでしょう。不便さはまったく感じてませんし、情報収集も紙媒体やテレビで十分に事足りています。だからこそ、区切りポイントで強引に新しいモードに変えるというのは有効でした。


自分を変えるタイミングは、閉塞感を感じたときだと思いますね。私は40歳のときでした。30代の仕事漬けの生活に見切りをつけたんです。いま振り返ると、当時の自分はゾッとするぐらい描いてました。40誌、紙の媒体に連載を持って、月産のネタの数が200以上……。とにかくキツい。この生活パターンを変えようと思ったんです。


やくみつるの経歴・略歴

やくみつる。日本の漫画家、珍品コレクター、テレビコメンテーター。東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経て漫画家デビュー。その後、様々な分野で活躍した。

他の記事も読んでみる

松下正幸

若い頃は、どうしても虚勢を張るところがありますよね。でも、歳を取ってくると、だんだん自然体になってくる。


坂本孝

会社はお客様のことを考えなければなりませんが、そこで働く人全員が、この仲間と過ごして良かった、自分の人生最高に幸せだったと言える会社を作りたい。


橘玲

ヒトが進化の歴史の大半を過ごした石器時代では、自然災害や肉食獣の襲撃などの不測の事態で命を落とすことも多かった。こうした環境では、将来を考えて計画的に生きるよりも、目の前の快楽や欲望に素直に従うことが正しい選択でした。これが「進化論的合理性」で、その瞬間の欲望を満たすことで子孫を残すプログラムがDNAにインプットされていたのです。貯蓄が可能になったのは農業で大量の穀類を栽培できるようになってからです。近代以降、経済社会が発達して初めて人生を計画的に考え、将来のために戦略的に資産を増やすことが可能になりました。「経済合理性」が重視されるようになったのはここ200年くらいで、石器時代の数十万年のほうがずっと長いのですから、市場経済に適応できない人がいるのは当然なのです。


梅田望夫

自分の持ち場で成果を出して、会社から「こいつは大事な人間だ」と思われることが大切です。僕が外資系企業のコンサルティング会社に勤めていたとき、サンフランシスコの事務所に1年間転籍させてほしいと申し出たことがあります。結局、それがOKになってシリコンバレーに住めるようになったわけですが、自分が「会社にとって大事な人間」でなかったら、そんなチャンスはもらえなかったと思います。


渡瀬謙

雑談のネタは「相手側の話題」であるということが大切です。自分の話ではありません。よく「会話の準備」というと、最新ニュースや天気、あるいは自社のPRポイントなどを考えがちです。ですが、人は自分に近い話題が一番しゃべりやすいもの。初対面の話題探しのポイントは、いかに「相手に近い」話題を探すかです。


牧野正幸

ソフトウエア産業は、欧米の方が強い。彼らと対等に戦うためには、ポテンシャルの高い人材を採用し、急成長させることが大事です。じっくり育てている間に、海外の企業との差はどんどん開いてしまいますから。


江見朗

ショッピングセンターの中にサンドイッチ店を出店したのが当社の始まりです。最初の1年か1年半くらいは全く売り上げが伸びませんでした。このままでは赤字が積み重なるだけ。そう考えて、追い込まれた時に、お店で待っていても売れないのであれば、自分から外に出て売るしかないと考えたのです。そこでサンドイッチを台車に積んで、岐阜市内の商店街に売りに行きました。そうすると、飛ぶように売れていく。店の1日の売上分が、わずか2時間で売れていきました。


工藤真由美(コンサルタント)

まず、中長期的な予定を立てることをお勧めします。時期を決めて、たとえば年の瀬が迫ってくる時期に、来年の年間のプランを立ててみてはいかがでしょうか。今年一年を振り返りつつ、来年はどんな年にしたいか、イメージを膨らませるのです。仕事の計画も大切ですが、このときばかりはプライベートの計画を中心に考えてみてください。私のお勧めは家族と一緒にこの計画を考えることです。なぜ何カ月も先のプライベートの予定を立てるのかというと、辛い局面になっても、「必ずここで休める」という予定があれば、頑張ることができるからです。


陰山英男

大人の勉強で非常に大事なことがあります。それは、お金をかけること。本気のスイッチを入れるには、これが一番簡単な方法です。お金をかければかけるほど、人はその分の学びを確実に得ようと必死になる。もしお金をかけるのをためらうとしたら、それはあなたが本気で学ぼうとしていないということです。私は教師になりたての20代の頃は、ひと月に5万円ほどを書籍代に費やしていました。当時の月給が15万円程度でしたから、かなりの出費です。しかし、より良い授業を実践するために参考になると思えば、惜しみなく書籍にお金を注ぎ込みました。その頃に投資したお金が、教師としての私のキャリアの礎を形成し、今では使ったお金の何百倍、何千倍にもなって返ってきています。


いっこく堂

街を歩いていて「いっこく堂だ」と声をかけてもらうことがあります。「何かやって」と言われたとき、僕は気分の善し悪しにかかわらず、できるだけ応えるようにしています。声をかけてくれた人は一生懸命勇気を振り絞ってくれたはずだから。道ばたでちょこっと芸を見せたことで、少しでも相手の気持ちが晴れやかになってくれたら、嬉しい。


山口絵理子

あれをやってみたい、これを手掛けたいという意欲はもちろん重要ですが、やはり必要なスキルが備わっていなければ、仕事を任せることはできないでしょう。


廣内武

生き残るには、メーカーという本業に磨きをかけ先鋭化・差別化していくことが重要。