名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

やくみつるの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

やくみつるのプロフィール

やくみつる。日本の漫画家、珍品コレクター、テレビコメンテーター。東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経て漫画家デビュー。その後、様々な分野で活躍した。

やくみつるの名言 一覧

資産価値という視点になってしまうと、大切な遊び心がなくなってしまって、集めることが機械的になりかねない。日々、お金のことだけを考えて生きるのは、さぞつまらなかろうな、と思ってしまいますね。


大相撲協会が変わらないのは無理からぬ話。勝負に勝ち抜いた人だけで運営してきた世界です。外の意見に耳を貸さずに成功してきたわけだから、改革が必要という意識はあっても急に体質は変わらないでしょうね。


豊かな会話を楽しむには、それなりの教養と経験を備えていないとできない。私の趣味はお金がかからないものばかりなんですが、お金を遣うとしたら、教養になる書籍と経験になる旅行に遣いますね。


自分の珍品コレクションは「お金で買えない物」というのが基本スタンス。いろんな物を集めているので、毎日何かしらが増えていく。人からすれば、どんなしようもない物でも、自分にとっては毎日、一瞬の喜びを与えてくれているんです。


意図的に自分を変える区切りポイントを作っていいと思いますよ。実は、私はむしろ変えない部分のほうが多い人間なんです。もう少し柔軟性があれば、もっと生きやすかったろうなと思うぐらいにね。たとえばパソコンにはこれからも手を染めることはないでしょう。不便さはまったく感じてませんし、情報収集も紙媒体やテレビで十分に事足りています。だからこそ、区切りポイントで強引に新しいモードに変えるというのは有効でした。


自分を変えるタイミングは、閉塞感を感じたときだと思いますね。私は40歳のときでした。30代の仕事漬けの生活に見切りをつけたんです。いま振り返ると、当時の自分はゾッとするぐらい描いてました。40誌、紙の媒体に連載を持って、月産のネタの数が200以上……。とにかくキツい。この生活パターンを変えようと思ったんです。


やくみつるの経歴・略歴

やくみつる。日本の漫画家、珍品コレクター、テレビコメンテーター。東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経て漫画家デビュー。その後、様々な分野で活躍した。

他の記事も読んでみる

松井忠三

私が社長に就任する前、業績が停滞した際にまず出てきた意見は「担当者が悪い」というものでした。とくに衣服・雑貨部門の落ち込みが激しかったので、部門長を2年間で5人も入れ替えました。仕組みに問題があることに目を向けずに、「人を替えればなんとかなる」と思っていたわけですが、当然うまくいきませんでした。


板倉雄一郎

当時はビジネスとして一つの階段を上がったところだったので、焦って早く次の一段を上がろうとしていたんです。ビジネスには「たられば」はありませんが、もうすこしゆっくりやっていれば、IT企業が上場し始めた時期と重なって状況は変わっていたとは思います。
【覚書:上記はインターネット接続料金無料のプロバイダを経営していた時を振り返っての発言。当時は斬新なビジネスモデルとして各メディアで取り上げられ期待されたが、様々な問題が重なり倒産に至る】


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんは私によくこう言っていた「金持ちになる方法はたくさんある。だが、その方法には、それぞれ支払わなければならない代償がついてくる」。


山口仁司

「和製メジャーになる」というのが我々のスローガンです。和製メジャー、つまり日本でトップになること。日本一にならずして、世界で活躍することはできません。


中鉢良治

上司の靴音は技術者の肥やし。上司が現場に行って、声をかけ、励ますことが大切。


魚谷雅彦

企業のリーダーが海外展開をするに際しても、必要なのは「グローバルなビジネスをやるんだ」という情熱を社員に伝えることです。10から20年後に我が社はこうなる、自分はこうコミット(確約)する、という夢や思いを発信し続けなければ人はついてきません。


田中稔哉

とくに管理職の場合は、自分が主役だと考えている人の下では、部下はやる気をなくしてしまい、育ちません。「自分は脇役であり、部下が育つためのサポートをしている」と自分に言い聞かせましょう。


堀江貴文

社員の中に起業するかしないかで悩んで僕のところに相談に来る人がいます。しかし、僕はシンプルにやればいいじゃんと言うだけです。話は5分で終わりです。そうするとみんな拍子抜けして帰っていきます。でもこれはイジワルをしているわけではありません。本当にシンプルにやればいいと思っているからです。なんでもやりたいときにやるのが一番なのです。昔から善は急げといいます。


野田佳彦

私にとっての「素志」は、政治を通じて世の中をよくしたいということ。今を生きている人だけでなく、将来世代のことも考えた国益の実現こそが仕事。


逢沢明

訴訟社会・アメリカの影響で、いま日本では「いかに自分の主張を通すか」に興味が集まっていて、雑誌や本でも取り上げられますよね。でもいかに話すかより、いかに聞き上手になるかのほうが戦略としては有効なんですよ。口下手でもいいじゃないですか。


柳川範之

毎日「短めの目標」を立てるのがオススメ。「今日は英単語を7個覚えよう」などと、毎日短い目標を設定することで、具体的に今何をするべきかが明確になります。やるべきことが目に見えてわかるので、モチベーションを維持するうえで効果的です。


桜井一紀

上司の多くは「聞く耳を持っているし、聞いている」と言いますが、部下の印象は「聞いてもらっていない」と食い違っていることがよくあります。当社の調査では、日本は世界に比べて「上司が語りすぎ」というデータも出ています。重要なのは部下が主体的に動けるようにすること。上司は「語らない」「教えない」を強く意識し、聞き役に徹することも必要です。