名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

むのたけじの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

むのたけじのプロフィール

むのたけじ(武野武治)。日本のジャーナリスト。東京外国語学校卒業後、報知新聞記者、朝日新聞中国・東南アジア特派員となる。太平洋戦争後は反戦の言論活動を行った

むのたけじの名言 一覧

眠るなら目をつぶりなさい。考えるなら目を開けなさい。目をつぶって考える中身は大概くだらない。決断に向かって思考するとき、目は必ず見開かれて輝いている。


煮られても、踏まれても、裂かれても、これが俺だというもの、それは一体なんだ。何があってもそれがなければ満たされず、何が欠けてもそれがあれば満たされるもの、それは一体なんだ。


人間は生きていく力をまったく失ったら自殺しない。しようにしても、できやしない。自殺を考えるのは、生きる力がまだ十分に残っている証拠である。失意はバネである。


二度絶望することはない。二度は絶望できない。二度絶望したと思っている者は、一度も絶望していない。


始めに終わりがある。抵抗するなら最初に抵抗せよ。歓喜するなら最後に歓喜せよ。途中で泣くな、途中で笑うな。


むのたけじの経歴・略歴

むのたけじ(武野武治)。日本のジャーナリスト。東京外国語学校卒業後、報知新聞記者、朝日新聞中国・東南アジア特派員となる。太平洋戦争後は反戦の言論活動を行った

他の記事も読んでみる

田原祐子

売り手側からは見えない、買い手の視点を訴求するだけで、営業の流れが180度変わりました。売れない商品も、ひとつのきっかけで売れるようになるものです。


樋口廣太郎

早く対応する、礼儀正しい、謙虚であるということは、一般の社会通念や金融機関などにおいては美徳とされるわけですが、メーカーの場合は、肝心の商品の品質、評判が良くないと、みんな逆にとられるのです。つまり、ビールメーカーにとって大事なのは一にも二にも商品の質であり、それが原点でもあるのです。簡単に言えば「うまい」と言って飲んでいただけるビールでなければならないということなんです。


加藤照和

経営トップに限らず、当事者意識を持って仕事に取り組める人間を育てることが重要なのです。小さな経営体では、「自分がやる範囲はここまで」とか、「それは私の仕事じゃない」などとは言っていられません。例えば、決算の棚卸の時などは、地面に這いつくばってでも在庫の数をきちんと数えないといけない。営業担当であろうと経理担当であろうと、関係ありません。つまり、「やらされている」のではなく、自分の頭で考えて理解してできること、自主自立で動くことが、日頃から求められるわけです。


三木雄信

明確な目標を持ち、的を絞って集中すれば、人は1年でも大きく成長できる。英語の勉強も、とにかく1年間集中して、がむしゃらに頑張ってみてほしい。その経験は必ず今後の自信につながっていくはず。


熊谷正寿

グループ各社の経営は、もう起業家精神を持った方にやってもらい、基本的には任せています。権限の委譲というより、権限の分散ということです。グループとしての体裁は保ちながら、各社は任せています。


瀬戸健

常に危機感があります。足元の管理は意外とうまく回っています。ただ(売上高が)3倍に増えたときを考えて、経営しています。次のステップにいけるかどうかの危機感です。


貫地谷しほり

朝ドラのオーディションには2度落ちていたので、縁がないと思っていたのですが、マネージャーさんに「もう1回だけ、受けてみよう」と言われ、最後の機会のつもりで『ちりとてちん』のオーディションを受けました。このオーディションで、私に生まれて初めての感情がわき出てきました。「もし、この役を他の人が演じているのを見たら、私はすごくヤキモチを焼くだろう。私は、この役をどうしてもやりたい!」と。最終オーディションに臨む頃には、受からなかったときのことを考えなくなっていました。


戸塚隆将

一方的に指示をするのではなく、「君ならどうする?」「その結論に達した理由は何?」と、こまめに問いかけましょう。これは部下育成と同時に、自分を鍛える効果もあります。


唐沢寿明

嫉妬するのは、勘違いしている人ですよ。己を知らないと、勘違いが起きてくるんじゃないかな。若い頃は、セリフのない役に対して「オレはこんなもんじゃない」って騒いでいる人が周りにもいましたよ。でも、目の前の役をバカにしてる人には、未来はないですよ。


近藤宣之

社員全員が株主なので、会社がピンチのときには、当事者意識を持って「火事場のバカ力」を発揮してくれる。


箭内道彦

失敗というのはほとんどが自滅です。ダメだと思うからダメになるのです。リセットしてゼロからやり直せば、何らかの形で成功します。固執するよりも、リセット力を高める方が絶対に得です。20年勤めた会社をリストラされても、培った力があります。それまでのジャンルのエッセンスを別のジャンルに持ち込めて、新しいことを熱意を持ってできるのですから。


田崎正巳

大学院などで指導していて思うのですが、キャリアに悩み、「あれも、これも」と手を広げ過ぎて、結局、自分の強みを見失っている人が多いように思います。自分の強みを活かせる分野に力を集中させ、それ以外は捨てる。「選択と集中」は、ビジネスパーソンにとって非常に重要です。