名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

むのたけじの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

むのたけじのプロフィール

むのたけじ(武野武治)。日本のジャーナリスト。東京外国語学校卒業後、報知新聞記者、朝日新聞中国・東南アジア特派員となる。太平洋戦争後は反戦の言論活動を行った

むのたけじの名言 一覧

眠るなら目をつぶりなさい。考えるなら目を開けなさい。目をつぶって考える中身は大概くだらない。決断に向かって思考するとき、目は必ず見開かれて輝いている。


煮られても、踏まれても、裂かれても、これが俺だというもの、それは一体なんだ。何があってもそれがなければ満たされず、何が欠けてもそれがあれば満たされるもの、それは一体なんだ。


人間は生きていく力をまったく失ったら自殺しない。しようにしても、できやしない。自殺を考えるのは、生きる力がまだ十分に残っている証拠である。失意はバネである。


二度絶望することはない。二度は絶望できない。二度絶望したと思っている者は、一度も絶望していない。


始めに終わりがある。抵抗するなら最初に抵抗せよ。歓喜するなら最後に歓喜せよ。途中で泣くな、途中で笑うな。


むのたけじの経歴・略歴

むのたけじ(武野武治)。日本のジャーナリスト。東京外国語学校卒業後、報知新聞記者、朝日新聞中国・東南アジア特派員となる。太平洋戦争後は反戦の言論活動を行った

他の記事も読んでみる

山内雅喜

ホールディングスの社長になって変わったといえば「時間軸」のとらえ方でしょうか。ヤマト運輸の社長の時は実業を持っていましたから、今月、あるいは今年、長くても2~3年を中心に仕事をしていました。一方、ヤマトホールディングスの社長になったことで、もっと長いスパンで物事を考えなければならなくなったわけです。10年、20年後に向けて、ヤマトグループ全体をどう舵取りしていくか。より長い時間を意識するようになりましたね。そういった意味で、経営そのものに対しても、今後の世の中の変化についてもより意識するようになり、もっと勉強というか、学ぶべきことは増えているように感じます。


長谷川滋利

初対面の相手と打ち解けるのが得意な選手に共通するのは、人を褒めるのがうまいこと。そんな彼らを見て、私も褒め上手を目指すようになりました。


西村晃(経済評論家)

特殊な能力の持ち主でないと分刻みで仕事ができないと思うのは、間違いです。たとえば、毎日の出勤前の慌ただしいひとときを想像してみてください。7時13分の電車に乗るには家を7時6分に出ないと間に合わない。そのためには7時前の朝食を済ませて……というように、ほとんどの人が分刻みで動いています。ところが、夜になった途端、ルーズになってしまいます。10時5分までに帰宅するとか、11時58分までに寝るなんて言いませんよね。10時くらいに帰りました。だいたい12時に寝ましたでしょ。徹夜で仕事をする人というのは、まさにこの感覚なのです。


木村秋則

ほかの人と私が違うところがあったとしたら、それは失敗の数です。私は農薬に対して無知だったから、誰よりもたくさん失敗しました。


海老原嗣生

「このまま管理職になれる」と勘違いしている人が多い。今後、その考えは通用しません。評価が平均よりも低い。周囲よりも昇級が遅い。そうしたシグナルは早くから出ているはずです。それに気がつかないフリをせず、一日も早く仕事のやり方を改善し、評価アップを図りましょう。


脇若英治

会社というものは一定の目標を掲げ、それに合わせて働いてくれる人材を求めています。個人の方向性と会社の方向性が一致していればベストですが、一致しなければ自分の能力を最大限に発揮できません。全社員の方向性が会社の方向性と一致しているときに、企業は最大の価値を生み出すのです。


可児武夫

米国には変化の遺伝子があります。東京でモルガン・スタンレーの経営に携わり、それを実感しました。同社は、競争の激しい投資銀行業界の中で、前身のモルガン商会時代も含め100年以上も先頭を走り続けています。リスクを取ながら自ら果敢に変化してきたからです。


五十嵐幹

創業期はなるべく社員と一緒に仕事をするよう心がけました。一緒に仕事をすることにより、自分の考えていることや働き方が伝わっていくからです。


田村潤

ミスを減らすには、仕事への姿勢、根本的な考え方を変えることにつきます。お客に貢献するという理念の徹底。上からの指示でも、自分の成績でもなく「お客が喜ぶことをする」。それが行動基準であると肝に銘じて動く。その意識があればお客の声を見逃すことも減り、確認漏れや段取りミスといったポカミスも減るはず。たとえミスした時も「このまま隠してはお客にさらに迷惑がかかる」と素直に考えられるため、隠蔽するようなこともなくなります。


藤田晋

インターネット業界は今もなお、かなりのスピードで変化し続けています。そこでの現状維持は、むしろマイナスでしかありません。リスクを恐れて「安定」を選んだ瞬間にジリ貧の道を進みます。


川野幸夫

リーダーは、周囲の人に「この人はリーダーにふさわしい」と自然に認めてもらえる存在になる必要がある。人間としての生き方、哲学、普段の振る舞いなど、様々な部分が優れている。そう思ってもらえる人格を身につけようと、努力し続けなければなりません。


片岡勝太郎

日本人社員の海外勤務は最低五年以上でなければ意味がない。二・三年では現地の従業員と人間的な関係ができない。管理職やエンジニアも現地の人間になりきらないと経営はできない。【覚書き:アルプス電気はアジアなどへの工場移転を他社に先駆けて行った。海外に拠点をシフトする心得を語った言葉】