名言DB

9425 人 / 110833 名言

むのたけじの名言

twitter Facebook はてブ

むのたけじのプロフィール

むのたけじ(武野武治)。日本のジャーナリスト。東京外国語学校卒業後、報知新聞記者、朝日新聞中国・東南アジア特派員となる。太平洋戦争後は反戦の言論活動を行った

むのたけじの名言 一覧

眠るなら目をつぶりなさい。考えるなら目を開けなさい。目をつぶって考える中身は大概くだらない。決断に向かって思考するとき、目は必ず見開かれて輝いている。


煮られても、踏まれても、裂かれても、これが俺だというもの、それは一体なんだ。何があってもそれがなければ満たされず、何が欠けてもそれがあれば満たされるもの、それは一体なんだ。


人間は生きていく力をまったく失ったら自殺しない。しようにしても、できやしない。自殺を考えるのは、生きる力がまだ十分に残っている証拠である。失意はバネである。


二度絶望することはない。二度は絶望できない。二度絶望したと思っている者は、一度も絶望していない。


始めに終わりがある。抵抗するなら最初に抵抗せよ。歓喜するなら最後に歓喜せよ。途中で泣くな、途中で笑うな。


むのたけじの経歴・略歴

むのたけじ(武野武治)。日本のジャーナリスト。東京外国語学校卒業後、報知新聞記者、朝日新聞中国・東南アジア特派員となる。太平洋戦争後は反戦の言論活動を行った

他の記事も読んでみる

小山薫堂

学生は55人です。まだ、できたばかりですから、一学年しかいません。企画のつくり方、発想の仕方などを教えているのですが、よく考えてみると、僕の方が学生から教わることが多いのです。
【覚書き|東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科学科長の仕事について語った言葉】


東和浩

会社を辞めていく仲間も多かったが、私は辞めようと思ったことはない。例えば私がもし転職のために他の会社の面接を受けたとして、「りそな出身」と話したときに、「ああ、あの(公的資金が注入された)銀行ね」と言われるのが嫌だったのだ。残された私は再建に向けてとにかくもう踏ん張らなきゃいけないという感じだった。自分はトップでも何でもなかったが、とにかく立て直して、いい銀行にしたいとずっと思っていた。


小山勝弘(経営者)

親もいとこも漁師で船の仕事を幼いころから見聞きして育った。漁船員は組織の一員であり、時化(しけ)の時1人でも自分の役割を果たさないと船は沈んでしまう。生と死、組織観、人生観のはしりを幼い時に感じていて、それが自分の価値観、判断軸のベースを作ってきた。


川村隆

企業が何のために世にあるかと言えば、付加価値を社会に還元していくためです。企業が稼ぐことで、従業員の給料として、税金として、株式配当として、世の中へ豊かさが広がっていく。


石井茂(経営者)

各種調査でネット銀行の顧客満足度が高い傾向にあるのは、顧客目線の商品をつくろうとしているからだと思います。一般の金融機関の定期金利はほんのわずかで、普通であれば「ちょっとどうかな」と多くの人が考えがちです。ネット銀行はある程度の金利帯に加え、手数料の割引などが評価されていると感じます。


岡田卓也

いくら経営者が変革を訴えても、社員が「変わらなければ生き残れない」という強い危機感をなかなか持てないからです。社員の意識を変えるには、経営者は思い切って過去を捨てる勇気を持つ必要がある。私自身いろいろな過去を捨ててきました。


安中千絵

とくに果物は、30~40代の男性に不足する食材の筆頭です。果物の糖類が肥満の原因になると敬遠する人もいるかもしれませんが、果物には抗酸化作用のあるポリフェノールをはじめ、老化防止や抗ストレス効果のある栄養素が豊富に含まれています。最近は食べやすくカットされた果物も売っています。ぜひ、意識して食べてほしいです。


野口敏(話し方)

沈黙とは、相手にしゃべる機会を与えることですから、まずは穏やかな表情をつくって、黙って相手を見てみましょう。そうすれば、自然に相手の方から口を開いてくれるものです。もちろん、話の切れ目に上手に相づちを打ったり、ちゃんとうなずいて聞いたりすることが必要です。黙っているといっても、相手の話を促す反応をしなくてはいけません。


御手洗冨士夫

資本主義の会社の機能は、投下資本の拡大再生産の循環でしょ。社長や役員は、その機関を動かす機関士ですよね。その役割をうまくやっているかが大事で、何年やっているかは問題ではない。会社をうまく動かすために、ある人に任せる。その関係を考えたときに「人のために順番にポジションを用意する」ように見えることは、あまり合理的ではないと思いますね。


大竹美喜

リーダーの役割は、将来のビジョンを構築して理念を明確化することです。それを社員にしっかり実現してもらう。そんな中から次のリーダーが出て、企業の成長につながっていきます。