名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

みうらじゅんの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

みうらじゅんのプロフィール

みうらじゅん。日本の漫画家、イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、小説家。京都出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学中に漫画家デビュー。その後、幅広い分野で活躍。

みうらじゅんの名言 一覧

偽善でも構わないんですよ。心に行動が伴うんじゃなくて、行動の後に心が伴う。心なんて見えないのに、みんな「心」「心」って言いすぎる。「親子だから話さなくても分かり合える。何もしなくていい」なんて言う人がいるけど誤りですよ。目に見えることを親にしないと。


プレゼンだって企画会議だって基本は「接待」。相手を喜ばせてなんぼ。


「おもしろいこと」は常に違和感から生まれる。その違和感を楽しむのが「マイブーム」の原点。


伝えたい主題をより目立たせるようにするのが「編集」という作業。ある意味、「自分」を消していくこと。


親孝行のいいきっかけは、親がちょっとだけ弱り始めた時ですよ。電話で弱音を吐いたとか、以前ほど元気じゃなくなったとか。逆に、全然元気なうちは親孝行なんて無理にはしなくていいと思う。


「いくら使ってるんだよ!」と思われないと、面白みは出ないですから。応接間に置いてあるラブドールも70万円もするから、笑える。世間で「得ブーム」が続く中、自分はわざと損する「損ブーム」なんだ、と考えればいい。


正直、マイブームが膨大にあるわけではないので。だから玩具のゴムヘビのように「誰が買うんだろう?」と違和感を覚えるものがあったら、まず大量に購入して、「これが好きだ」と自分を洗脳していくんですよ。興味がなかったものを好きになる過程は楽しいし、好きになったとき、自分が変われますし。


先人が手をつけておらず、まだジャンルとして成立してないものを探し、あたかもあるように見せてきた。それをネーミングするのも、仕掛けて広めるのも自分。デビューしてから「一人電通」をずっと続けてきたわけです。


世間的な価値はないかもしれないけれど、いつか誤解されたり、世の中が変化したりして、誰かに評価されることがあるかもしれません。「ゆるキャラ」だって初めは地方自治体から「うちはゆるくない」って抗議が殺到したんです。でも、今では「おもしろい」ということになっている。そうやって価値観は裏返ることがあるんです。それも違和感があればあるほど大きく裏返る。


世の中に完全なオリジナルなんてありません。ただし、自分で情報を切り取って、並べて貼ることで化学反応が生まれ、より「ないもの」に近づけることはできる。


好きなものは誰しもありますが、自分が好きなことが、即他人に伝わるほど世の中は甘くない。プレゼンでもそうですが、「自分」が出すぎるとウザいんです。多くの人に思いを伝えるためには、たとえ自分作業であっても「読者」という第三者の目が必要です。


親への贈り物は、親の年齢から20~30歳くらい引いた年齢の人が使う物が絶対いい。若い人は心配するけど、親は迷惑に思うどころかうれしいんだって。この感覚は年を取ると分かるんだけどなあ。それこそ、自分とペアになるものを親にプレゼントしてもいいんじゃない。親の年齢から20~30歳を引いたら、自分の年齢くらいでしょ。


親孝行は自分自身の成長を確認できる行為でもあるんですよ。親孝行プレイ中、自分の心が少しずつなくなって、「まずは親。自分は二の次」と自然に思えるようになってきたら、それは大人になったってことです。みんな仕事に精いっぱいで、親のことを気にかける余裕が十分ないのは分かるよ。でも親孝行プレイにぜひチャレンジしてみてください。


「故郷では自然体に戻る」なんて言うじゃないですか。戻っちゃ駄目! だって親は自然体なんだから、思った通りのことをお互いが言い合ってケンカになるって。親なんてもともと子供と話が合わない人だし、上から目線だしね(笑)。特に男にはつまらないプライドがある。純粋な少年のような気持ちで実家に帰るべきですよ。冗談じゃなくて、すごく大事な話ね。「自分は一人前の男になった。もう、お母さんに頼っていない」というプライドが、うまく親孝行プレイできない原因ですよ。


健康器具もそうだけど、親は子供から「年相応」なものなんてもらいたくないんです。「オカンは腰が悪いから、はい、この治療器」なんて自分の子供から言われたら、もうね、おまえウルサイと。逆に、もう一回、父親を男に、母親を女に戻すものをプレゼントすればいい。それに気づいた僕は、オカンに「どピンク」のバッグを贈りましたね。オカンにしてみたら若く見られたということがうれしいし、息子がくれたということを周囲に自慢したいわけですよ。「息子が若い人が持つようなバッグをくれたんだけど、派手やろ~」って。周りに「似合うんちゃうの~」と返してもらったら言うことなし。みんなも親の立場だったら、そうでしょ?


恥ずかしさやつまらないプライドで親孝行できないなら、いっそプレイだと思い込んで楽しもう。僕自身、親に反発することが義務だったロック世代なので(笑)、親孝行が恥ずかしくて嫌だった。でも一人っ子だった僕は、両親の愛情を一身に浴びていた分、期待されちゃっている。30歳前後かな、「そろそろ親孝行する時期ちゃうんかいな」って親から言ってきた(笑)。親孝行にはリミットがあるんだよね。親孝行しようと思う心がじわじわとわくのを待っていたら遅い。だったら、すぐに始めて楽しんだ方が得策でしょ?


みうらじゅんの経歴・略歴

みうらじゅん。日本の漫画家、イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、小説家。京都出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学中に漫画家デビュー。その後、幅広い分野で活躍。

他の記事も読んでみる

裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

睡眠障害を訴える人の多くは、適切な環境が整っていないから眠れないだけの場合が多くあります。考えられる原因を改善しても睡眠障害が続くなら、そこで睡眠薬の出番です。まずは環境や生活習慣を見直して、それでも改善しなければ医師の診断と処方のもと、適切に睡眠薬を服用する。この順番を守ることが大切。


池谷正成

企業経営に要求されるのは機動性です。一歩では駄目。他社より二歩も三歩も前に出て積極果敢な手を打つ。


吉田浩一郎

「働くことを通して人々に笑顔を」が私たちのミッション。そのために必要なことは、クライアント企業やクラウドワーカーさんからの要望をもとに取り組んでいきます。


池上彰

とりわけビジネスの世界で成功される方って、読書好きの方が多い。


山内雅喜

私利私欲だけで働いている人の場合、目線の置き方が変わっていくことはないと思います。反対に、この世の中に自分が存在している意味は何か、自分は何に誇りを感じるのかといったことをつねに考えている人は、自然に目線が変化していくと思います。志の持ち方の違いといってもいいと思います。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

社内で専門的な知識が求められるときに、関連する資格を持っていれば大きな強みになります。他に詳しい人がいなければ、その分野での唯一無二の存在になれるでしょう。


村尾隆介

僕は、ブランドづくりで一番大切なものは究極的にはマナーだと思うんですね。広義の意味でです。ここで言うマナーっていうのは、その人が持つ「雰囲気」です。単純にポジティブマインドっていうような浅いものではなくて。一緒にいると、なんか楽しそうだなと思えるような雰囲気って、服装とか、持ち物よりも、遥かに大切だと思います。ブランディングは「ブランド物を持つ」ということではなくて。姿勢一つ、話し方一つ、身振り手振りで印象が作られる。それが結局、会社が持っている空気にもつながります。いわば「会社のマナー」です。これが今、すごく大切です。


荒蒔康一郎

トップは、社員が「大変です」と言ってきたら、「そうか、じゃあ、まず情報をくれ」というくらいの冷静さがないといけません。トップが冷静なら、「僕たちは僕たちで、できることをやろう」という話になるけれど、一緒になって慌てふためいたり、青くなっていたら、「船長は諦めたらしい。早いところ、救命ボートを確保しよう」という話になってしまいます。


伊藤正文(経営者)

言葉が適切かどうかわかりませんが、「アマノジャク戦略」ということに尽きます。たしかに海外に生産を委託して国内で安く製品を売るのも、ひとつのビジネスモデルの成功例です。しかし当社では、しっかりした技術や素材に裏打ちされた最高の製品をお客様に届けていくことが、私たちの使命だと考えています。そこで当社では、日本国内におけるモノづくりを大切にしています。


高城幸司

挨拶は、「私はあなたのことを認識しています」というサインを送ること。逆に、挨拶をしないということは、「あなたは、私が相手にするほど重要な存在ではない」というサインを送っているのと同じ。つまり、敵をつくっているのと変わらないのです。敵をつくらないためにも、挨拶はまず自分から。


宮本彰

みんなにウケる商品ではなくて、特定の人が待ちに待っていた商品。これを打ち出す独創性をいかに伸ばすかが重要。


菅原健介

貧乏ゆすりなど、無意識にやっている行動を変えてもらうのは難しいもの。貧乏ゆすりをしているということは、相手はストレスによって論理的な思考力が減退している可能性が高い。無下に声をかけると、相手を苛立たせてしまうかもしれません。強面の同僚や、上司に指摘するならなおのことです。ただ、そのままにしていても問題は解決しませんから、声をかけるしかない。その際に重要なのは「こちらが仕事に集中できないから、協力してくれませんか」と、下からお願いすることです。本人は自分の貧乏ゆすりを意識していないわけですから、指摘されると体裁が悪い。どんな人でも、「自分が悪いと思っていない」ことを指摘されると、うろたえてしまうもの。善意で声をかけたとしても、思わぬ反発を受ける可能性もあります。極力、相手の気まずさを低減させてあげる振る舞いをするのが大切です。