名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

みうらじゅんの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

みうらじゅんのプロフィール

みうらじゅん。日本の漫画家、イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、小説家。京都出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学中に漫画家デビュー。その後、幅広い分野で活躍。

みうらじゅんの名言 一覧

偽善でも構わないんですよ。心に行動が伴うんじゃなくて、行動の後に心が伴う。心なんて見えないのに、みんな「心」「心」って言いすぎる。「親子だから話さなくても分かり合える。何もしなくていい」なんて言う人がいるけど誤りですよ。目に見えることを親にしないと。


プレゼンだって企画会議だって基本は「接待」。相手を喜ばせてなんぼ。


「おもしろいこと」は常に違和感から生まれる。その違和感を楽しむのが「マイブーム」の原点。


伝えたい主題をより目立たせるようにするのが「編集」という作業。ある意味、「自分」を消していくこと。


親孝行のいいきっかけは、親がちょっとだけ弱り始めた時ですよ。電話で弱音を吐いたとか、以前ほど元気じゃなくなったとか。逆に、全然元気なうちは親孝行なんて無理にはしなくていいと思う。


「いくら使ってるんだよ!」と思われないと、面白みは出ないですから。応接間に置いてあるラブドールも70万円もするから、笑える。世間で「得ブーム」が続く中、自分はわざと損する「損ブーム」なんだ、と考えればいい。


正直、マイブームが膨大にあるわけではないので。だから玩具のゴムヘビのように「誰が買うんだろう?」と違和感を覚えるものがあったら、まず大量に購入して、「これが好きだ」と自分を洗脳していくんですよ。興味がなかったものを好きになる過程は楽しいし、好きになったとき、自分が変われますし。


先人が手をつけておらず、まだジャンルとして成立してないものを探し、あたかもあるように見せてきた。それをネーミングするのも、仕掛けて広めるのも自分。デビューしてから「一人電通」をずっと続けてきたわけです。


世間的な価値はないかもしれないけれど、いつか誤解されたり、世の中が変化したりして、誰かに評価されることがあるかもしれません。「ゆるキャラ」だって初めは地方自治体から「うちはゆるくない」って抗議が殺到したんです。でも、今では「おもしろい」ということになっている。そうやって価値観は裏返ることがあるんです。それも違和感があればあるほど大きく裏返る。


世の中に完全なオリジナルなんてありません。ただし、自分で情報を切り取って、並べて貼ることで化学反応が生まれ、より「ないもの」に近づけることはできる。


好きなものは誰しもありますが、自分が好きなことが、即他人に伝わるほど世の中は甘くない。プレゼンでもそうですが、「自分」が出すぎるとウザいんです。多くの人に思いを伝えるためには、たとえ自分作業であっても「読者」という第三者の目が必要です。


親への贈り物は、親の年齢から20~30歳くらい引いた年齢の人が使う物が絶対いい。若い人は心配するけど、親は迷惑に思うどころかうれしいんだって。この感覚は年を取ると分かるんだけどなあ。それこそ、自分とペアになるものを親にプレゼントしてもいいんじゃない。親の年齢から20~30歳を引いたら、自分の年齢くらいでしょ。


親孝行は自分自身の成長を確認できる行為でもあるんですよ。親孝行プレイ中、自分の心が少しずつなくなって、「まずは親。自分は二の次」と自然に思えるようになってきたら、それは大人になったってことです。みんな仕事に精いっぱいで、親のことを気にかける余裕が十分ないのは分かるよ。でも親孝行プレイにぜひチャレンジしてみてください。


「故郷では自然体に戻る」なんて言うじゃないですか。戻っちゃ駄目! だって親は自然体なんだから、思った通りのことをお互いが言い合ってケンカになるって。親なんてもともと子供と話が合わない人だし、上から目線だしね(笑)。特に男にはつまらないプライドがある。純粋な少年のような気持ちで実家に帰るべきですよ。冗談じゃなくて、すごく大事な話ね。「自分は一人前の男になった。もう、お母さんに頼っていない」というプライドが、うまく親孝行プレイできない原因ですよ。


健康器具もそうだけど、親は子供から「年相応」なものなんてもらいたくないんです。「オカンは腰が悪いから、はい、この治療器」なんて自分の子供から言われたら、もうね、おまえウルサイと。逆に、もう一回、父親を男に、母親を女に戻すものをプレゼントすればいい。それに気づいた僕は、オカンに「どピンク」のバッグを贈りましたね。オカンにしてみたら若く見られたということがうれしいし、息子がくれたということを周囲に自慢したいわけですよ。「息子が若い人が持つようなバッグをくれたんだけど、派手やろ~」って。周りに「似合うんちゃうの~」と返してもらったら言うことなし。みんなも親の立場だったら、そうでしょ?


恥ずかしさやつまらないプライドで親孝行できないなら、いっそプレイだと思い込んで楽しもう。僕自身、親に反発することが義務だったロック世代なので(笑)、親孝行が恥ずかしくて嫌だった。でも一人っ子だった僕は、両親の愛情を一身に浴びていた分、期待されちゃっている。30歳前後かな、「そろそろ親孝行する時期ちゃうんかいな」って親から言ってきた(笑)。親孝行にはリミットがあるんだよね。親孝行しようと思う心がじわじわとわくのを待っていたら遅い。だったら、すぐに始めて楽しんだ方が得策でしょ?


みうらじゅんの経歴・略歴

みうらじゅん。日本の漫画家、イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、小説家。京都出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学中に漫画家デビュー。その後、幅広い分野で活躍。

他の記事も読んでみる

蟹瀬誠一

資料の管理については、「書類が机に積み上がっていったら負け」と決めています。整理整頓は必ずしも得意な方ではありませんが、これも自分なりの基準をつくっておかないと収拾がつきません。


諏訪貴子

男性社会に入っていくので、まずはパンツスーツを買いそろえました。気持ちが追いついていないぶん、形から入ることで、「自分が会社を引っ張っていかなきゃ」とスイッチが入ったのを覚えています。


佐藤誠治(経営者)

現在、2人しかいない小型店舗を複数展開しようとしています。米国に、同様のスタイルで顧客満足度が非常に高い証券会社があります。扱う金融商品は5~6種類で平均保有期間は20年と長期分散投資をしっかりやって、地域コミュニティーの金融の相談役になっているんです。高齢化社会の中で顧客の人生のゴールは何か。我々はそこに寄り添い、金融面での安心を提供する存在になることを目指したいと思っています。


石渡美奈

毎朝の環境整備は、客観的に見ればただの掃除だと思うかもしれない。だが、毎日続けることで「ここが汚れているな」といった細かなことに気づくようになり、何でも整えて準備する習慣や力が身につく。それは丁寧な接客や、仕事の効率化につながっていく。


山崎将志

ひとつの課題を終えたあと、さらに難しい課題に挑戦したがる部下もいれば、同じことを続けたがる部下もいます。次に何をやらせるかを正しく判断できないと、起こったやる気はすぐにしぼみます。絶え間ない調整とメンテナンスが必要です。


山田進太郎

組織作りでお手本にしてきたのは米グーグルや、僕も日本法人の幹部を務めていた、かつての米ソーシャルゲーム大手ジンガです。特にジンガは非常に勢いのあった会社で、優秀な社員が多く集まっていました。その中で組織運営を経験できたことは大変勉強になりましたし、今でも参考になる部分は多々あります。


高城幸司

私はいままで、多くの企業トップと仕事をしてきましたが、彼らの性格傾向をひと言でいえば、「逆境や逆風と思われる状況でも、楽しそうに仕事をすることができること」。彼らは自分の会社はいまどの位置(谷)まで落ち込んでいて、これからどのルートを登れば山頂にたどり着けるのかというプロセスの仮説が、しっかりと立っているからこそ、ネガティブな状況をポジティブに捉え、笑って仕事ができるのです。


千葉智之

メールはためずに即答が基本です。返事をどのように書くか悩んでも、3分で結論を出して、それ以上は先延ばしにしません。理由はいろいろあります。先延ばしにすると、次々と届くメールの中に埋もれてしまって、返事を書くべきメールがあったこと自体忘れてしまいます。こうした漏れをなくすためにも、読んだら即返信の習慣が必須です。


仲田洋一

赤ちゃんの世界には、わからないことがたくさんあります。今ある商品が完成品ではなく、これからもより良い商品を追求していきます。


永野毅

「我々はいい会社だ」、「エクセレントカンパニーだ」と思ったら、そこで終わりで、進歩が止まってしまう。よりよい会社になっていくためには、100年先でも「グッドカンパニー」を目指しているような会社でなければいけない。


山本忠人

仮に製品をめぐって、開発部門と営業部門で意見の対立があったとします。最終的には顧客が判断するわけですから、開発部門の立場が悪くなったとしても、顧客の意見を優先します。常にそれで押し通してきたし、これからも変わりません。


松澤萬紀

どんな人とも打ち解けることができて、しかも好感を持っていただけるような話し方とは、相手の「承認欲求」を満たしてあげる言葉を発することです。人間はどんな人でも「人から認められたい」「わかってもらいたい」「大事にされたい」という欲求を持っています。生まれたばかりの赤ちゃんでも、企業の偉い方でも、人生経験豊富なお年寄りでも、誰でも等しく持っている人間の根源的な欲求です。