みうらじゅんの名言

みうらじゅんのプロフィール

みうらじゅん。日本の漫画家、イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、小説家。京都出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学中に漫画家デビュー。その後、幅広い分野で活躍。

みうらじゅんの名言 一覧

偽善でも構わないんですよ。心に行動が伴うんじゃなくて、行動の後に心が伴う。心なんて見えないのに、みんな「心」「心」って言いすぎる。「親子だから話さなくても分かり合える。何もしなくていい」なんて言う人がいるけど誤りですよ。目に見えることを親にしないと。


プレゼンだって企画会議だって基本は「接待」。相手を喜ばせてなんぼ。


「おもしろいこと」は常に違和感から生まれる。その違和感を楽しむのが「マイブーム」の原点。


伝えたい主題をより目立たせるようにするのが「編集」という作業。ある意味、「自分」を消していくこと。


親孝行のいいきっかけは、親がちょっとだけ弱り始めた時ですよ。電話で弱音を吐いたとか、以前ほど元気じゃなくなったとか。逆に、全然元気なうちは親孝行なんて無理にはしなくていいと思う。


「いくら使ってるんだよ!」と思われないと、面白みは出ないですから。応接間に置いてあるラブドールも70万円もするから、笑える。世間で「得ブーム」が続く中、自分はわざと損する「損ブーム」なんだ、と考えればいい。


正直、マイブームが膨大にあるわけではないので。だから玩具のゴムヘビのように「誰が買うんだろう?」と違和感を覚えるものがあったら、まず大量に購入して、「これが好きだ」と自分を洗脳していくんですよ。興味がなかったものを好きになる過程は楽しいし、好きになったとき、自分が変われますし。


先人が手をつけておらず、まだジャンルとして成立してないものを探し、あたかもあるように見せてきた。それをネーミングするのも、仕掛けて広めるのも自分。デビューしてから「一人電通」をずっと続けてきたわけです。


世間的な価値はないかもしれないけれど、いつか誤解されたり、世の中が変化したりして、誰かに評価されることがあるかもしれません。「ゆるキャラ」だって初めは地方自治体から「うちはゆるくない」って抗議が殺到したんです。でも、今では「おもしろい」ということになっている。そうやって価値観は裏返ることがあるんです。それも違和感があればあるほど大きく裏返る。


世の中に完全なオリジナルなんてありません。ただし、自分で情報を切り取って、並べて貼ることで化学反応が生まれ、より「ないもの」に近づけることはできる。


好きなものは誰しもありますが、自分が好きなことが、即他人に伝わるほど世の中は甘くない。プレゼンでもそうですが、「自分」が出すぎるとウザいんです。多くの人に思いを伝えるためには、たとえ自分作業であっても「読者」という第三者の目が必要です。


親への贈り物は、親の年齢から20~30歳くらい引いた年齢の人が使う物が絶対いい。若い人は心配するけど、親は迷惑に思うどころかうれしいんだって。この感覚は年を取ると分かるんだけどなあ。それこそ、自分とペアになるものを親にプレゼントしてもいいんじゃない。親の年齢から20~30歳を引いたら、自分の年齢くらいでしょ。


親孝行は自分自身の成長を確認できる行為でもあるんですよ。親孝行プレイ中、自分の心が少しずつなくなって、「まずは親。自分は二の次」と自然に思えるようになってきたら、それは大人になったってことです。みんな仕事に精いっぱいで、親のことを気にかける余裕が十分ないのは分かるよ。でも親孝行プレイにぜひチャレンジしてみてください。


「故郷では自然体に戻る」なんて言うじゃないですか。戻っちゃ駄目! だって親は自然体なんだから、思った通りのことをお互いが言い合ってケンカになるって。親なんてもともと子供と話が合わない人だし、上から目線だしね(笑)。特に男にはつまらないプライドがある。純粋な少年のような気持ちで実家に帰るべきですよ。冗談じゃなくて、すごく大事な話ね。「自分は一人前の男になった。もう、お母さんに頼っていない」というプライドが、うまく親孝行プレイできない原因ですよ。


健康器具もそうだけど、親は子供から「年相応」なものなんてもらいたくないんです。「オカンは腰が悪いから、はい、この治療器」なんて自分の子供から言われたら、もうね、おまえウルサイと。逆に、もう一回、父親を男に、母親を女に戻すものをプレゼントすればいい。それに気づいた僕は、オカンに「どピンク」のバッグを贈りましたね。オカンにしてみたら若く見られたということがうれしいし、息子がくれたということを周囲に自慢したいわけですよ。「息子が若い人が持つようなバッグをくれたんだけど、派手やろ~」って。周りに「似合うんちゃうの~」と返してもらったら言うことなし。みんなも親の立場だったら、そうでしょ?


恥ずかしさやつまらないプライドで親孝行できないなら、いっそプレイだと思い込んで楽しもう。僕自身、親に反発することが義務だったロック世代なので(笑)、親孝行が恥ずかしくて嫌だった。でも一人っ子だった僕は、両親の愛情を一身に浴びていた分、期待されちゃっている。30歳前後かな、「そろそろ親孝行する時期ちゃうんかいな」って親から言ってきた(笑)。親孝行にはリミットがあるんだよね。親孝行しようと思う心がじわじわとわくのを待っていたら遅い。だったら、すぐに始めて楽しんだ方が得策でしょ?


みうらじゅんの経歴・略歴

みうらじゅん。日本の漫画家、イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、小説家。京都出身。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学中に漫画家デビュー。その後、幅広い分野で活躍。

他の記事も読んでみる

パトリック・ハーラン(パックン)

面白い話をするとなると、ジョークや落語家がやるような定番の噺を頭にたたき込んで、それをうまく演じきることだ、と考えるかもしれません。ですが、さすがにそれは一般的には難しすぎます。多くの人は構えすぎて、言葉が自然に出てこないのではないでしょうか。では、誰もが自然に話せるネタは何かといえば、その人の実体験です。そしてその実体験が、失敗談であったり、自虐ネタにつながるようなものであれば、かなりの確率で笑ってもらえます。


神田昌典

いま、営業マンやマーケッターの存在理由が問われていると思います。私はこれらの業種が、不要になるとは考えていません。しかし求められる役割や能力は、今後確実に変化するはずです。


加谷珪一

何世代にもわたって生き残る資本家の多くは、歴史を重視している。最新の知識やスキルも大事だが、これらは時間が経過するとすぐに陳腐化してしまう。しかし、歴史から得られた知見は決して古くならず、生涯にわたって資産形成の大きな助けとなる。


江草康二

常にお客さまが少しでも喜んでくれるような、そんな差を生み出していく。他社がやらないことを少しずつ積み上げていくようにしています。


ルイ・フェルラ

我々は目利き向けのブランドだ。エレガントであること、控えめであること、そしてディテールのバランスや仕上げの美しさが、彼らから高い支持を集めている理由だろう。


川内正直

結論だけを示すのではなく、結論に至る思考のプロセスや裏づけとなった知識・情報を説明する習慣をつけてください。自分たちを取り巻く環境に精通しており、経験豊富であることを示せば、部下にも「この人が言うことは間違いない」という心理が生じます。


鈴木雅哉(経営者)

経営者になると、みんなが自分に気を使ってくれる。すると、気付いた時には裸の王様になりかねない。


吉田たかよし

スーパーマンのポーズを取ってください。なんと、それだけで体内のホルモン量が変化し、やる気がみなぎってくるという驚く実験結果が発表されたのです。ハーバード大学のグループは、両足の間隔を肩幅くらいに広げ、胸を張り、両手は腰に当てるという映画でおなじみのスーパーマンのポーズをしたときに、体内でどんな変化が起こるか調べる実験を行いました。その結果、たった2分、このポーズをしただけで、テストステロンというホルモンが増加し、これが脳に作用することによってやる気が高まるというデータが得られたのです。しかも、このポーズを止めたあとも、効果は15分から20分ほど持続することも分かりました。こうした現象が起こるのは、脳がポーズに編されるためだと考えられています。私たちは子供の頃から何かを成し遂げると、ついつい胸を張って誇らしい気分に浸ってきました。こうした経験を繰り返すと、脳は次第に、胸を張っているときは自分が絶好調なのだと判断するようになるため、自動的に前向きな気分が生み出され、やる気が高まるのです。スーパーマンのポーズはその究極の形だったわけです。


井上高志

採用時に学生に説明しているのは、働くとは傍(はた)を楽にすること、つまり自分以外の誰かを楽にすることが「はたらく(傍楽)」ことだよと。「自分以外の誰かを楽にすること=働く」であって、単なる生活費を稼ぐ利己的なものではないということ。


枡野俊明

余計な思考を限りなくシンプルに削り、本質を見出せば人はもっとラクに生きることができる。


守本正宏

アプライドマテリアルズにいた頃、全グループの中でも日本人はとても優秀だと感じました。私自身も熱心に勉強してこの分野では誰にも負けない自信がありました。ただ、どうしても日本人が弱いと思うのは、自分を主張しないことです。だから日本人は外資系企業のボードメンバー(取締役)になかなかなれません。


松山大耕

不安に対して言えることがあるとすれば、考えても仕方のないことに対して、不安を持ちすぎてはいけないということ。「他国が攻めてきたらどうしよう」と不安がっても、自分にはどうにもならない。備えといっても、たいしたことはできません。そんなことを不安がるのは、心の浪費。それよりも、いまこの瞬間を生きることに心を尽くすこと。


兼元謙任

クレームの相手が感情的になっている理由を謝意を表したうえで、「今回の問題では、どこを一番重要視されているのでしょう。よろしければご教授願います」と、率直に聞いてしまう手もあります。依頼者が激怒した理由が自分たちのミスにあれば、全力で最善の策を練り、ミスが起きた原因と具体的な改善策を挙げるべきです。


イチロー(鈴木一朗)

2000本目を打ったときも、次の打席のことのほうが大事だととらえていました。
【覚え書き|メジャー通算2000本安打を達成したときを振り返っての言葉】


池本克之

部下に話す際は、要点をまとめて話すこと。人の時間を奪って、長々と話す上司は少なくないですが、その間何も生み出していない。まとめて話したほうが伝わります。


ページの先頭へ