名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ますい志保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ますい志保のプロフィール

ますい志保、桝井志保、ますい・しほ。銀座のクラブママ、作家。神奈川県出身。13歳からタレント活動を始める。明治大学仏文科卒。大学在学中からホステスとして働き、その後、双子の妹とともに銀座に会員制クラブふたご屋を開店。主な著書に『いい男の条件』『ふたりっ子ママの銀座繁盛記』『銀座ママが明かすお金に好かれる人、嫌われる人のちょっとした違い』『愛される条件』『生き残る男の条件 うまくいく人ダメになる人の違い』『12の口癖 成功者たちの幸運を呼び込む言葉』など。

ますい志保の名言 一覧

成功されている若い経営者の方には、自分の日々の生活を、ブログやSNSでオープンにされている方が多い。「どこの店で飲んでいるかまでばれちゃうのが困る」と言いながらも、プライベートも弱みも見せるわけです。そうすることで、周囲はその人に裏表がないと感じとるのです。私生活を見せる文化の内に本ですから、このような自己開示も、上に上がるためのひとつの手段ではないでしょうか。


実際に成功した方は、本当にいろいろな経験を積んでいるものです。いままでは「脇目も振らずにこの道一筋」というタイプが出世してきました。でも最近は、そうでもありません。極端な専門職でもない限り、これだけ世の中が複雑に多様化する中、いろいろなことに興味を持って、回り道や寄り道をいっぱいしていないと、時代が何を要求しているかわからないと思うのです。


ときに撤退することは、決して敗退ではありません。負けるにしても明日につながる負け方をすればいいんです。何ものぞみのグリーン車に乗ることだけが、大阪へ行く方法じゃないのと同じです。ひかりやこだまの自由席だって、大阪にちゃんとつきます。むしろ、お弁当をゆっくり食べて、窓からの景色を楽しみながら旅をした人の方が、いろいろな素養が身につくことだってあるかもしれないですね。


わかってくれない人たちに、怒鳴り散らすのではなくて、自分からその人たちをわかろうとする。もし、「わかってくれない奴はいらない」と切り捨ててしまえば、戦力は半減です。でも、わかってくれない人たちをチームに加えてみたら、30%くらいの力なら出してくれるかもしれません。そしてもし、わかってくれている人たちが100%の力を出してくれたら130%の結果が出せます会社はわかってくれない人たちにもペイしているわけだから、働いてもらわないのはもったいない。


いい意味で妥協することも必要でしょう。ビジネスを成功させるには、ときには意見の違う相手にも歩み寄れる部分は歩み寄って着地させなければなりません。乱暴に急降下するのではなく、いろいろな人の意見を聞き、誰のプライドも傷つけず、ふわっと着地し、いわばソフトランディングが上手であれば最高でしょう。


誰が何といおうと自分の道を突き進む人や、目的のためには争いも辞さないタイプが成功すると信じられていたのは組織がピラミッド型だったころのお話です。自分が中心となって人々を回していく現代の「コマ型組織」では、いかに周囲の人々を巻き込めるかが勝負なのです。伸びる男は、むやみに敵をつくりませんし、敵だった人たちでさえ味方につけてしまうものです。


いま、いわゆる「つなぐ」ことができる男は本当に強いと思うのです。異なった職種の人どうしをつないだり、他の部署の人を巻き込んだりすることで、大きな仕事ができるからです。


成功する人は、必ずいいブレーンを持っています。人の意見にきちんと耳を傾けられるから、上からは引き上げられ、下からは押し上げてもらえます。いい男は人こそが財産だということをわかっています。義理人情に厚く、謙虚で誠実だからこそ、ますますいい人が寄ってくるのでしょう。


最近、銀座にいらっしゃるお客様を拝見していて、成功する男性のタイプが変わってきていると実感しています。少し前までは、いわゆる「俺についてこい」タイプというか、強力なリーダーシップを発揮する人が出世していたものでした。ところがいまは、周囲の共感を得ながら進むタイプの方が成功を収める傾向にあるようです。


ますい志保の経歴・略歴

ますい志保、桝井志保、ますい・しほ。銀座のクラブママ、作家。神奈川県出身。13歳からタレント活動を始める。明治大学仏文科卒。大学在学中からホステスとして働き、その後、双子の妹とともに銀座に会員制クラブふたご屋を開店。主な著書に『いい男の条件』『ふたりっ子ママの銀座繁盛記』『銀座ママが明かすお金に好かれる人、嫌われる人のちょっとした違い』『愛される条件』『生き残る男の条件 うまくいく人ダメになる人の違い』『12の口癖 成功者たちの幸運を呼び込む言葉』など。

他の記事も読んでみる

出口治明

仕事ができるというのは、人より多くの付加価値を生み出すことだと私は思います。そのためには、隣の席の人より長く働くのではなく、隣の席の人が思いつかないようなことを考えられるようにならなければいけません。「人と同じことは絶対にやらない」という気概がなければ、新しいビジネスの発想は絶対に生まれません。


堀之内九一郎

この人は余命わずかな、今日死ぬかもしれない人だと思って接客してみよう。もし、自分の目の前にいまにも死にそうな人がいて、「ちょっと、背中をさすってくれませんか」と頼まれたら、さすってあげるでしょ。ちょっと不謹慎な例えかもしれませんが、それくらいの気持ちでお客さんに接すれば、売り上げは必ず伸びるんです。


菅原道仁

過度な集中力は不要。それどころか、ミスの原因になり得る。集中力とは「一つのことに没頭する力」のことだと思いますが、手術中は目の前の作業に没頭してはいけません。血圧などの数値や患部以外の場所の変化など、様々なことに気を配らなければならないからです。何かにたとえると、手術は、クルマの運転のようなもの。まっすぐに走ることに気を取られていると、周囲のクルマや歩行者の状況、信号などが目に入らなくなります。これは、すごく危険なことですよね。また「集中しよう」と考えると、身体がこわばって、手がスムーズに動かなくなる。ミスを防ぐという観点から言えば、百害あって一理なしです。


松田秀和(経営者)

多言語通訳を謳っている会社は、社内に東南アジア語のスキルチェック体制ができていないため、専門知識をもった通訳翻訳者を揃えることができない。そのため、市場の大きな英語や中国語の人材を確保しようとするが、当社はあくまでも後発のベンチャー。他社が手を出さない東南アジア言語に特化したから、ここまで来ることができた。


文弘宣

選手の入れ替えは、社員の入れ替えと同じ。選手を切るのはつらいけど、チームを強くするためには絶対に必要。


マイケル・ペン(コンサルタント)

明治さんからは最初「チョコレートの新しいパッケージを考えてほしい」と依頼されました。しかし、我々はそこで「本当にそれが明治さんが望んでいることなのだろうか」と問いかけるところからはじめました。「チョコレートの体験自体を変える方法を考えたら面白くありませんか」と課題を立て直していったのです。


藤森義明

重要なのは、目の前の仕事をするだけではなく、仕事とは直接関係のないところで、あるいは仕事をしている間に何を知り、どれだけ情報を探していくかです。そこに大きな差が生まれます。


田原総一朗

数年前に日本で流行った「ハーバード白熱教室」では、サンデル教授は正解のない問題を学生たちに投げかけて議論をさせました。一方、日本の教育にはディスカッションがない。本当はディスカッションの中から創造力がつくられるのに、日本では答えはひとつだと教えるから、むしろ議論はしちゃいけなくなっている。


鑄方貞了(鋳方貞了)

社長はみずから先頭に立ってリーダーシップを発揮し、強い決意と実行力でそれに立ち向かっていかなければならない。社長が弱気になったり、問題から目を背けたりすると、乗り越えられる困難も乗り越えられなくなる。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

才能があっても、胸くその悪くなるような輩(やから)もいれば、いくつも欠点を持っていて、快感を与える人もいる。


山本亮(コンサルタント)

自分とは反対のタイプの人とつき合うことが、なりたい自分になれる一番の早道。


植田実(経営者)

ATMの操作画面に、暗証番号などをのぞき見されないようにフィルターが貼ってあることは知っていたんです。なんとか携帯電話とのぞき見防止が結びつかないか、と必死で頭をひねっていて、メールが思い浮かんだんですよ。僕らも昔、文通の手紙を見られるのは嫌だったじゃないですか。だったら、メールだって打っているときや読んでいるときに、隣から見られるのは嫌なはずでしょう。よし、この「メールの覗き見防止」というコンセプトでいこうと思いましたね。