名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ますい志保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ますい志保のプロフィール

ますい志保、桝井志保、ますい・しほ。銀座のクラブママ、作家。神奈川県出身。13歳からタレント活動を始める。明治大学仏文科卒。大学在学中からホステスとして働き、その後、双子の妹とともに銀座に会員制クラブふたご屋を開店。主な著書に『いい男の条件』『ふたりっ子ママの銀座繁盛記』『銀座ママが明かすお金に好かれる人、嫌われる人のちょっとした違い』『愛される条件』『生き残る男の条件 うまくいく人ダメになる人の違い』『12の口癖 成功者たちの幸運を呼び込む言葉』など。

ますい志保の名言 一覧

成功されている若い経営者の方には、自分の日々の生活を、ブログやSNSでオープンにされている方が多い。「どこの店で飲んでいるかまでばれちゃうのが困る」と言いながらも、プライベートも弱みも見せるわけです。そうすることで、周囲はその人に裏表がないと感じとるのです。私生活を見せる文化の内に本ですから、このような自己開示も、上に上がるためのひとつの手段ではないでしょうか。


実際に成功した方は、本当にいろいろな経験を積んでいるものです。いままでは「脇目も振らずにこの道一筋」というタイプが出世してきました。でも最近は、そうでもありません。極端な専門職でもない限り、これだけ世の中が複雑に多様化する中、いろいろなことに興味を持って、回り道や寄り道をいっぱいしていないと、時代が何を要求しているかわからないと思うのです。


ときに撤退することは、決して敗退ではありません。負けるにしても明日につながる負け方をすればいいんです。何ものぞみのグリーン車に乗ることだけが、大阪へ行く方法じゃないのと同じです。ひかりやこだまの自由席だって、大阪にちゃんとつきます。むしろ、お弁当をゆっくり食べて、窓からの景色を楽しみながら旅をした人の方が、いろいろな素養が身につくことだってあるかもしれないですね。


わかってくれない人たちに、怒鳴り散らすのではなくて、自分からその人たちをわかろうとする。もし、「わかってくれない奴はいらない」と切り捨ててしまえば、戦力は半減です。でも、わかってくれない人たちをチームに加えてみたら、30%くらいの力なら出してくれるかもしれません。そしてもし、わかってくれている人たちが100%の力を出してくれたら130%の結果が出せます会社はわかってくれない人たちにもペイしているわけだから、働いてもらわないのはもったいない。


いい意味で妥協することも必要でしょう。ビジネスを成功させるには、ときには意見の違う相手にも歩み寄れる部分は歩み寄って着地させなければなりません。乱暴に急降下するのではなく、いろいろな人の意見を聞き、誰のプライドも傷つけず、ふわっと着地し、いわばソフトランディングが上手であれば最高でしょう。


誰が何といおうと自分の道を突き進む人や、目的のためには争いも辞さないタイプが成功すると信じられていたのは組織がピラミッド型だったころのお話です。自分が中心となって人々を回していく現代の「コマ型組織」では、いかに周囲の人々を巻き込めるかが勝負なのです。伸びる男は、むやみに敵をつくりませんし、敵だった人たちでさえ味方につけてしまうものです。


いま、いわゆる「つなぐ」ことができる男は本当に強いと思うのです。異なった職種の人どうしをつないだり、他の部署の人を巻き込んだりすることで、大きな仕事ができるからです。


成功する人は、必ずいいブレーンを持っています。人の意見にきちんと耳を傾けられるから、上からは引き上げられ、下からは押し上げてもらえます。いい男は人こそが財産だということをわかっています。義理人情に厚く、謙虚で誠実だからこそ、ますますいい人が寄ってくるのでしょう。


最近、銀座にいらっしゃるお客様を拝見していて、成功する男性のタイプが変わってきていると実感しています。少し前までは、いわゆる「俺についてこい」タイプというか、強力なリーダーシップを発揮する人が出世していたものでした。ところがいまは、周囲の共感を得ながら進むタイプの方が成功を収める傾向にあるようです。


ますい志保の経歴・略歴

ますい志保、桝井志保、ますい・しほ。銀座のクラブママ、作家。神奈川県出身。13歳からタレント活動を始める。明治大学仏文科卒。大学在学中からホステスとして働き、その後、双子の妹とともに銀座に会員制クラブふたご屋を開店。主な著書に『いい男の条件』『ふたりっ子ママの銀座繁盛記』『銀座ママが明かすお金に好かれる人、嫌われる人のちょっとした違い』『愛される条件』『生き残る男の条件 うまくいく人ダメになる人の違い』『12の口癖 成功者たちの幸運を呼び込む言葉』など。

他の記事も読んでみる

野志克仁

中村(時広)知事がよく「チーム愛媛」という言い方をされるのですが、県と20市町が連携して、愛媛の観光の魅力を高めていくことは大切ですね。観光は地域間競争でもありますが、松山だけ良ければいいではありませんから。観光部署でも、松山だけでなく、他の市町さんと一緒に旅行商品を作ることもしています。


アンドリュー・カーネギー

現状に不満をもつことはいいことだ。


柳沢慎吾

バラエティの生番組って、何度出ても本番前に凄い不安に陥るんですよ。バッと出て行ったときに、会場がシーンとしたらどうしようって。もう緊張でガチガチなんです。ホント、手に汗びっしょりで……。でも、ディレクターの人とかは、当たり前のように「慎吾ちゃん、またワーッと盛り上げてよ」ってプレッシャーをかけてくるんですよ。こっちは本気で「外したら、どうしよう」って心底心配しているのにさ。「なに、いってんですか」といって誰も取り合ってくれない。だから、切羽詰まった状態で飛び出すんだけど、ワーッとしゃべりに火がついちゃうっていうか、一気に畳みかけていっちゃうんですね。もう人の話なんか聞いていない(笑)。


高崎充弘

ノートはそれ自体が価値を生むわけではありません。価値を生むのは、あくまでも「自分の頭脳」です。のちにノートを見返したときに、ある情報がきっかけで、考え続けていた課題を解決するアイデアをふと思いつく。そしてその発想を、またノートに書き留める。


マハトマ・ガンジー

自然は時に残酷な暴力となって、人々に降りかかる。けれどもあらゆる出来事には意味があると考えるなら、私たちは自然の猛威さえからも、目をさらさずに何かを学び、救いの道を探るべきではないだろうか。


ジョン・キム(法学者)

車の運転には3つの要素が重要です。「目的地が決定されていること」「ハンドリング。方向がぶれないように絶えず軌道修正すること」「速度」です。のろのろ運転していると、なかなか目的地にたどり着けません。しかし、スピードを上げるとハンドリングが難しくなり、一瞬の気の緩みが事故へとつながっていきます。人生も同じようなものです。目標に向かって速度を上げていけば、それだけ集中力が必要になります。


藤井孝一

優秀な会社員が給与所得を維持しながら事業所得を得るためにお勧めなのは、自分が属する組織を切り口にした「コンサルタント」です。たとえば、ある住宅メーカーの敏腕営業マンは営業コンサルタントとして活躍しています。もっと切羽詰まっている人は、現在の仕事の延長線上で事業を始めてもいいでしょう。ただし、会社では受けられないような小さい仕事を個人で受けるなどの棲み分けが必要です。


酒井穣

問題に本気で向き合えば、何かが見えてくるはずです。偏差値は関係ありません。


中山マコト

企画の人脈というと、その道のプロが頭に浮かぶかもしれませんが、灯台もと暗しのたとえのように、身近なところに宝の山が眠っていることが多いのです。仕事上では関係のない他部署の人間だからこそ、自分には想像もつかないネタをもっています。また、その人の知り合いまで広がりができれば、あなたのネタの発掘ソースは、飛躍的に増えるはず。人づき合いを大切にするというのは、社内の処世術のみならず、企画術でもあるのです。


水越康介

単純に考えると、価格を上げれば販売個数は減る。けれども、売上全体が下がるかどうかはわからない。利益が下がるかどうかもわからない。さらに、顧客満足度すら、下がるかどうかはわからない。


村石久二

わたし個人ではなく、チームワークで永続していく企業でありたい。


佐藤祐輔(経営者)

添加物だらけのものを出して日本酒と呼べるのか。酒造りをやっている今でも、自分がやっていることの本質はジャーナリスト時代と変わらない。