名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

はしのえみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

はしのえみのプロフィール

はしのえみ。日本の女優、タレント。鹿児島県出身。「欽ちゃん劇団」一期生として舞台デビュー。バラエティ番組、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。

はしのえみの名言 一覧

偶然が重なって、思いがけず話が進んでいったのは、脚本家の三谷幸喜さんとの出会いですね。私はずっとファンで、舞台も映画も観ていたし、エッセイも読んでいました。テレビ雑誌の対談で「誰か会いたい人は?」と聞かれて、真っ先に挙げたのが三谷さん。それで対談が実現しました。


大将(萩本欽一)が男の子たちにいろいろ言うのを聞いてて、覚えたんです。大将は私のことはぜんぜん怒らない代わりに、なんにも教えてくれなかったでしょ。だからすごく楽でしたよ。横から見てると客観的に見えるから、大将の教えたいことがよくわかったんです。


はしのえみの経歴・略歴

はしのえみ。日本の女優、タレント。鹿児島県出身。「欽ちゃん劇団」一期生として舞台デビュー。バラエティ番組、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。

他の記事も読んでみる

門川義彦

なぜアイコンタクトが大切なのか。それは相手を見ないと深いコミュニケーションができないからです。そのためには、相手と呼吸を合わせなければなりません。自分の呼吸に合わせてうなずいてくれるから、もっと話したいと思うのです。あなたもそっぽを向いている人に話しかけるのは嫌でしょう?お客様のことを本当に考えているのであれば、笑顔でしっかり目を見て、呼吸を合わせてうなずくことです。


清宮克幸

「言葉」を持っている組織は強い。ほとんどのスポーツチームがスローガンを作る。その言葉がチームを一つにするからだ。


奥正之

私たちも上司や先輩たちから「空気で会社がわかる」と教えられました。会社の雰囲気や従業員の振る舞い、材料の置き方一つでも会社の良し悪しはわかるものです。しかし、なんといっても経営者の人物が第一。


辻野晃一郎

たとえばイチロー選手がスランプに陥ったとき、愚痴をいったり嘆いたりするでしょうか。おそらくしないでしょう。トレーナーや栄養士と相談して身体を整え直し、課題を克服するために黙々とバットを振るのではないでしょうか。そしていつかスランプを脱して、また活躍する。それこそがプロフェッショナリズムだと思います。


井上礼之

バランスがいいとはいえない人材が、独自の個性でつかんだ情報なりアイデアなりを、上手に現場にフィードバックするには、経営陣がともに現場に入り込んで、強力にサポートしてやるくらいの体制を整えないと意味がありません。そうでないと、ただの奇人変人で終わってしまいます。結果、その人を潰すことにもなりかねません。


加藤清正

上一人の気持ちは、下万人に通ずる。
【覚書き:朝鮮出兵の帰路での発言、占領した地域にもう敵はいないのに清正が装備を整えていたのを見た人が、なぜ装備を外し身軽にならないのか問いかけたことに対する答え。自分が旅装を解いて身軽になって進んだ方が楽だが、油断をしてはいつ何が起こるかわからない。上の者が油断していれば、部下も全員油断する。だから自分は旅装を解かないのだという趣旨の発言】


西村貴好

周りの人を褒め続けると、自分の周りでいいことがいっぱい起きるようになります。それは、褒めることによって最高の返事、すなわち行動を相手から引き出していることに他なりません。反対にダメな所ばかりを指摘しても、相手はなかなか行動を変えようとはしません。


豊田泰光

チームの置かれた状況や、そのピッチャーの将来を考えたとき、140(球)でも150でも投げるべき場面が必ずあると思うんです。そういう「ここ一番の勝負どころ」は、一生に何べんも来るわけじゃない。だから、指揮官はそのとき「今日はお前一人でがんばれ」と言わなきゃいけません。


河森正治

自分が演出を担当した回は、無謀なやり方してるんだよ。例えばガンダムでうまくいった手法は絶対にやらないとか、絶対にメカ戦で決着はつけないとか言って。他で上手くいった手を使わないと、こんなに大変なんだってことがよくわかったから、劇場版では半分はセオリーに従ったんだよ。そうしないと、集団作業では物をつくり続けるのは難しい。


梅原大吾

試合形式がトーナメントなので、ある程度の技術があれば1度はフロック(まぐれ)で勝ち上がることができます。だから、ファンも1回優勝したくらいではプレーヤーとして認めない。


奥島孝康

人生とは重いリュックを担いで山を登るようなものであるとすれば、なによりもその重き荷を担ぐ足腰を鍛えねばならない。


筒井康隆

「ああでもない、こうでもない」と苦労しているうち、さすがにいろんな文体で書けるようになっていったんですよ。そうしたら、大江健三郎さんが「筒井は作品ごとに文体を変えている」なんて言い出したもんですから、周りも「次は何か?」と期待するようになってね。常に新しいことをしなくちゃいけなくなってしまったんです。まあそうは言っても、好きでやってきたんですけどね。