はしのえみの名言

はしのえみのプロフィール

はしのえみ。日本の女優、タレント。鹿児島県出身。「欽ちゃん劇団」一期生として舞台デビュー。バラエティ番組、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。

はしのえみの名言 一覧

偶然が重なって、思いがけず話が進んでいったのは、脚本家の三谷幸喜さんとの出会いですね。私はずっとファンで、舞台も映画も観ていたし、エッセイも読んでいました。テレビ雑誌の対談で「誰か会いたい人は?」と聞かれて、真っ先に挙げたのが三谷さん。それで対談が実現しました。


大将(萩本欽一)が男の子たちにいろいろ言うのを聞いてて、覚えたんです。大将は私のことはぜんぜん怒らない代わりに、なんにも教えてくれなかったでしょ。だからすごく楽でしたよ。横から見てると客観的に見えるから、大将の教えたいことがよくわかったんです。


はしのえみの経歴・略歴

はしのえみ。日本の女優、タレント。鹿児島県出身。「欽ちゃん劇団」一期生として舞台デビュー。バラエティ番組、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍。

他の記事も読んでみる

小林喜光

誰も拾わないような火中の栗を拾ってこそ、経営者やリーダーの価値がある。


樋口武男

現場を見ることが全体を見るときのベースになる。


竹下雄真

続けるには、ある程度の目標を立てることが有効。身近でわかりやすい目標を立てることをお勧めします。


高岡浩三

なぜ作業を抱え込む管理職がいるのかといえば、楽なんですよね。考えなくていいから。何か仕事をしている気にもなれる。だけど、それでは本来の管理職の役割を果たしていない。面談などで注意をしても改まらないとすれば、替えるしかない。


佐藤可士和

セブン&アイの鈴木敏文会長から「セブン‐イレブンをもっと良くしてくれ」と頼まれました。セブン‐イレブンは既に業界トップで、売り上げも決して悪くはありませんでした。「その中で僕がやることはあるのでしょうか」と正直にお話ししました。しかし鈴木会長は「現状は全然ダメ。今は20~30代の男性が使っているだけで、女性客の来店が少ない。今後は高齢社会で80代もコンビニで買い物するような時代になるのだから幅広い年齢層が利用する可能性がある。だから売り上げは最低でも倍にはできる」と言われました。そして、「可士和くんがやれることはたくさんある」と話され、僕もそこでなるほどと、スイッチが入り戦略を考えました。


澤上篤人

株価が強い上昇トレンドにある時などでは、地政学リスクなんて誰も口にしない。そんなことを気にしているよりも、一刻も早く買って上昇相場に乗った方がいいとなるからだ。


大西洋

リアルからネットへみたいな言われ方をしていますが、最終的にはお客さまが使い分けることですから対立軸のようなとらえ方はしていません。ただ、伸びているチャネルであるので、力を入れていきます。


岡田武史

企業は社会貢献しないと存在しないはず。だから誰を喜ばせたいのか、もう一度見直してみることも大事かもしれません。


二宮尊徳(二宮金次郎)

速成を欲するのは、人情の常である。けれども成功、不成功には時期があり、小さい事柄でも、おいそれとは決まらない。まして大業ならばなおさらのことだ。


立石剛

自分が幸せになれると感じる根拠を積み重ね、確信に変えることができたら後悔もしません。たとえ独立後に困難に陥ったとしても、自信を持って突き進んでいくことができます。


内田和成

若手ビジネスマンの中には、エクセル分析を速くできる、プレゼン資料をテキパキ作成できるといった作業が速いことが、仕事が速いことだと勘違いしている人が少なくありません。でも、どんなに作業のスピードを速くしても、そもそもの課題設定が間違っていたら、無駄な作業が大量に発生するだけで、仕事のスピード速くなりません。


早川徳次

私は性急な人間で、よく着物を裏返しに着て、自分で気が付かないことがあるのだが、寝間着のまま帯もしないで朝の工場で金具をいじって食事も忘れていた。
【覚書き|シャープペンシルを開発していた当時を振り返っての発言】


岡田裕介(東映)

子会社の社長は、できる限り生え抜きの人間にしていきます。やはり会社が成長するためには、自主独立ということが大変重要。


沼田憲男

文章を書くとき、まずは「何をどう伝えたいか」といった要旨を一言で考える。新聞の見出しのような役割で、文章を書く目的が明確になる。


大山健太郎

製品開発は、毎週月曜日の「プレゼン会議」が中心になります。ここで、年間1000アイテム以上の新商品が誕生する。私を筆頭に、役員や幹部が勢揃いする前で、開発担当者が新商品をプレゼンするわけですね。当然、厳しくチェックします。私は顧客の代表ですから。従来品と何が違うのか、ライバルとの差別化はどうなのか、利益にどれだけ貢献するのか。 ダメ出しは日常茶飯事ですが、社員も慣れたもので、持ち帰ってその日のうちに改善してくる。社長や役員が揃っている会議ですから、その場で決裁になります。認められればすぐに取り組んでライバルよりも早く商品化できる。


ページの先頭へ