名言DB

9429 人 / 110879 名言

はあちゅう(伊藤春香)の名言

twitter Facebook はてブ

はあちゅう(伊藤春香)のプロフィール

伊藤春香、いとう・はるか。はあちゅう。日本のブロガー、作家。神奈川県出身。慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業。大学在学中にブログを開設。電通、トレンダーズなどを経て独立。

はあちゅう(伊藤春香)の名言 一覧

悩み相談を受けているうちに、あることが見えてきました。悩む人の多くは悩んでいるうちは行動しなくていいから悩んでいるのであり、実は、答えはすでに自分の心の中にあるのだと。同時に、悩みというものは見方や考え方をちょっと変えることによって解決できるものでもあると。


昔の私はとても引っ込み思案で、男の子に話しかけることすら予行練習をしていたくらいでした。人生が楽しくなくて、悩んでばかりで。その頃の私に、「ちょっと自分を変えるだけで人生は楽しくなるんだよ」と教えてあげたい。ずっと、そんな思いで本を書いてきました。


モノがあふれている今、人は喜びや情熱といった感情にお金を払います。だから何かを売りたいときは、どんな思いで作ったのか、何を届けたいのかを伝えることが大切。動画は、そうした感情をダイレクトに伝えてくれるんです。


私は催眠術の資格を持っているのですが、教わった先生に「人間は思い込みの生き物です」と言われたことがあります。「手のひらをぎゅっと握ってください。中に石が入っているから、開けないでしょう?」と言われたら、そう思い込むことによって、開けなくなってしまう。実際は石なんて入っていないのに。それと同じことで、人の悩みのすべては思い込みという名の催眠術にかかっているようなものではないでしょうか。


節目となる年で、長年の夢だった小説を完成させたことは、ものを書いて生きていく上で自信になりました。今の目標は、同世代を中心とした多くの方がたに、いろいろな方法で元気の出る言葉を伝え続けていくこと。それを自分の生き方と両立させること。地に足の着いた生き方をしていなければ、言葉にも説得力は生まれません。自分自身の幸せは何かということを追い求めながら、そのときそのときのテーマを明確に見定める。そして書き続ける。それが現在の私の、おそらくはゴールのない夢なのだと思います。


心には関心があります。心理学を勉強したり、催眠術を習ったり、アンソニー・ロビンズさんのセミナーに参加したりと、これまで様々な形で人の心について自分なりに学びました。私に限らず、そうした場に飛び込む人の多くは、誰かの心を操りたいというよりも、自分を変えたい人たちなんです。自分を変える術を学べば、自分の世界が変わるから。


以前IT業界で編集長業務をしていたとき、ものすごく忙しい上に追加で仕事をどんどん任されて、上司に「こんなにできません!」と訴えたんです。すると、「できる方法を考えるのが編集長だろう」と言われて、はっとしました。それで、この案件は部下に割り振ろう、この作業は削っても問題ない、という具合に、一つ一つの仕事を見直すことで時間をつくる方法を学んだのです。


昨年出版した著書『半径5メートルの野望』に、感想をたくさんいただいたのですが、「落ち込んでるときに読んだら、怒られている気分になる」という意見がありました。私としては、けっこうマイルドに変換したつもりだったのですが、それでもまだ強く響いてしまったのかなと反省し、そして考えました。同じ言葉でも、エッセイやコラムのように著者対読者の形ではなく、物語の形にしたら、読者の方も読みながら怒られている気分にはならないかもしれない。書く側としても、登場人物の口を借りていいたいことをすべて詰め込められる、と。


作家になるのは2歳の頃からの夢でした。高校時代は文学賞に何度も応募しましたが、一次選考にも通らなくて悔しい思いをしていました。そんなとき、ほぼ同世代の綿矢りささんが文藝賞を受賞して、女子高生作家としてデビューされて……打ちのめされましたね。自分には物語を書く才能はないのかな、と。それで小説を書くことを諦めて、インターネットのブログという形で文章を書いていくうちに、それを書籍化することで、本を出す夢が奇しくも叶って。その後も継続して本を出し続けていく中で、昔諦めた小説という夢が蘇ってきたんです。


これからはいろんなかたちで個人の価値を換金するサービスが登場して、好きなことを表現する活動を中心に生きやすくなるはずです。動画ECは、そうやって自由に生きるために便利。この前、『通りすがりのあなた』という著書のサイン本を動画ECで売ったら、すぐに完売しました。握手会を2回しないと売れないような冊数が、30分で売れたんです。それだけ距離を超えて感情に訴えられるツールなんです。


はあちゅう(伊藤春香)の経歴・略歴

伊藤春香、いとう・はるか。はあちゅう。日本のブロガー、作家。神奈川県出身。慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業。大学在学中にブログを開設。電通、トレンダーズなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

浜田広

私は新入社員からずっと社内で経験しているから、新入社員だったら、若い課長だったら、こういう行動、こういう表現にはどう反応するかということを考えてきました。その立場に立ってモノを言わなくてはなりません。若手の層が現場を担当していて一番大事な存在ですから、あの社長のあの経営の仕方なら賛成だと納得してもらわないといけない。とくにリストラは自ら進んでやる活動ではないから、社員の危機意識と納得が得られないと絶対成功しないでしょう。


伊藤信吾

今、最大のライバルは「男前豆腐」と「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」です。このふたつには僕が一番飽きている。今はこれらを超える美味しい豆腐をつくること。それだけに興味がありますね。


渡邊五郎

私も、高い志を真ん中に持ち、心の背筋が伸びた人間でありたい。そうした目指す人間像を表す「いごっそう」という言葉を生んだ土佐を故郷に持てたことを誇りに思っています。


谷所健一郎

応募者は非常に繊細です。新卒向けの会社説明会の案内を定型のフォーマットで行っても、学生はなかなか集まりません。彼らは自分に合う仕事というものを非常に良く考えています。文面ひとつでも舐めまわすように読んで、心が動くかどうか、説明会に参加するかしないかをじっくり見極めています。


溝口勇児

成功する人は運がいいのではなく、社会から応援されることをやっているからこそ、顧客から応援され、協力者も得られる。


川原礫

デビュー前、『月の揺りかご』というWeb小説をホームページで連載していたんです。約10年間も中断していましたが、アリシゼーション編がひと区切りついたため、続きを書くことにしました。興味の対象も、当時から変化しています。僕はドライな書き手で、登場人物に対してもゲームキャラクターを見るような感覚でした。でも、今では生々しい人間ととらえていますし、心情を掘り下げる描写も増えました。人付き合いが増え、読者の方々と接する機会が多くなり、改めて「人間って面白い」と気づいたのかもしれません。


森下篤史

20年自転車に乗っていても、両手を離しては10mも進めない。「手を離して乗ってみよう」という「テーマ」を持って乗るだけで、手が離せるようになるのと同様に、生きて行くうえで、人に言われてからするのではなく、自分で「テーマ」を持ち、やるべき事はなにかを知り(業務分解)、「作業割り当て」「スケジュール」を立てて実行することで、目標は達成できるようになる。


村木厚子

人生の中で経験したことはすべて、自分の力になる。


天野平八郎

トヨタの歴史は人づくりの歴史。中核的な部署にいる社員にかぎらず、自分たちが給料をいただいているお客様に喜んでもらいたいという気持ちが強く、一生懸命にやっています。人事考課は減点主義ではなく加点主義で、敗者復活があり、最後まで競争させる伝統がある。


山口拓朗

相手の会社のホームベージは必ず見ておく。フェイスブックも見ればよりパーソナルな情報が得られます。相手の人となりがわかれば会話の糸口もつかみやすくなるでしょう。