名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ぬやまひろし(西沢隆二)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ぬやまひろし(西沢隆二)のプロフィール

西沢隆二、にしざわ・たかじ。詩人としての筆名はぬやまひろし。日本の詩人、社会運動家。在学中に共産主義に傾倒し、旧制第二高等学校を中退。日本プロレタリア作家同盟書記長をしたのち、日本共産党に入党。治安維持法で逮捕され、11年投獄されたが転向しなかった。戦後、GHQ指令によって釈放され共産党の復興に尽力。共産党党青対部長、党中央委員などを務めた。

ぬやまひろし(西沢隆二)の名言 一覧

若者よ、身体を鍛えておけ、美しい心が、たくましい身体に、からくも支えられる日が、いつかは来る。
その日のために、身体を鍛えておけ、若者よ。


ぬやまひろし(西沢隆二)の経歴・略歴

西沢隆二、にしざわ・たかじ。詩人としての筆名はぬやまひろし。日本の詩人、社会運動家。在学中に共産主義に傾倒し、旧制第二高等学校を中退。日本プロレタリア作家同盟書記長をしたのち、日本共産党に入党。治安維持法で逮捕され、11年投獄されたが転向しなかった。戦後、GHQ指令によって釈放され共産党の復興に尽力。共産党党青対部長、党中央委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

ケインズ

企業家を悪徳利得家に変ずることは、資本主義に打撃を加えることになるであろう。なぜなら、それは、不平等な報酬の永続を許容する心理的均衡を破壊してしまうからである。


フレッド・ノー

伝統を守りながら常に挑戦するのがビームの精神。


鍵本忠尚

組織が大きいと、組織を説得するところにエネルギーを取られてしまいます。一方、ベンチャーは創薬に納得している人しか入らないので、「この薬、どうですか」などという稟議はいらない。シリコンバレーでそのことを学びました。


松村沙友理

昔はみんなと自分を比べてばかりだったんです。あの子にはかなわないなって落ち込むこともありました。でも、最近吹っ切れたというか。メンバーひとりひとりに尊敬できるところがあって、そこが以前は比較対象でしたけど、今はそういう違いを愛せるようになったんです。尊敬できるところがあるからこそ、こんなにもメンバーのことが好きなんだなって。それに気づいてから、自分らしくいようと思えるようになりました。


山下雅史

新生銀行の支店には現在、セブン銀行のATMが置かれています。当時、新生銀で個人部門責任者として交渉を担ったのは、実は私。セブン銀で初代社長を務めた安斎隆さんに「セブン銀行の赤色のATMを、銀色にして使わせてほしい」などとお願いした記憶があります。決済のキャッシュレス化が進むなか、ATMの総数は大きくは増えないでしょう。しかし新生銀が決断したように、メガバンクや地銀が縮小するATM網の受け皿として、コンビニATMには成長の余地があります。ローソン銀行も当面はATM事業の手数料収入が事業の柱になります。


原典之

いま社内の若い人の優秀さには驚かされます。我々の若い頃は、人前でしゃべれなんて言われたら随分と上がったものですが、みんな堂々と、ポイントを押さえた議論ができるんですね。彼らにはもっと成長してもらいたい。


為末大

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはず。それは全く別の人生に踏み出しても通用する普遍性があると思う。不安を感じたら、自分の来し方を棚卸ししてみてください。


手代木功

よく「塩野義はなぜ少ない研究開発予算で新薬を生み出せるのか」と聞かれますが、私は塩野義の創薬力は「チーム力」のたまものだと思っています。野球を思い浮かべてみてください。一流のピッチャーとキャッチャー、守備を集めてきて、いきなり試合をさせても勝てるとは限りませんよね。厳しい戦いを勝ち進むには、チームがまとまって互いの短所を補いながら力を発揮していくことが必要です。


水野幸男

日本人の技術者に創造性がないわけではありません。システムを構築する論理的思考能力も、それをやり遂げる熱意もあるのです。ただ、それを発揮する場を与えられていないだけであり、それは経営の責任だと思います。


西秀訓

人も商品も、ある程度長い目で育てる姿勢が必要になります。人も、自分も、ミスはするんですよ。当たり前ですね。つまずいたかもしれない。今はうまくいっていない。でも、それって本当に「失敗」なの? 試していない手はある。じゃまだやったらいいじゃないの、と。


キース・マクローリン

スケールを手に入れることでコスト削減も進めやすくなり、キャッシュフローはさらに大きくなるだろう。競合と有利に戦っていくために必要な決断だった。


石川康晴

関係の質を高めるために絶対的に必要なのは、よく話すこと。「オフ」「オン」の境界線をコミュニケーションを通じて消すことが、「関係の質」を高める早道。仕事の話題だけではなく、「趣味」や「特技」などでもいい。相手の思考や個性を知る手がかりになる。