ぬやまひろし(西沢隆二)の名言

ぬやまひろし(西沢隆二)のプロフィール

西沢隆二、にしざわ・たかじ。詩人としての筆名はぬやまひろし。日本の詩人、社会運動家。在学中に共産主義に傾倒し、旧制第二高等学校を中退。日本プロレタリア作家同盟書記長をしたのち、日本共産党に入党。治安維持法で逮捕され、11年投獄されたが転向しなかった。戦後、GHQ指令によって釈放され共産党の復興に尽力。共産党党青対部長、党中央委員などを務めた。

ぬやまひろし(西沢隆二)の名言 一覧

若者よ、身体を鍛えておけ、美しい心が、たくましい身体に、からくも支えられる日が、いつかは来る。
その日のために、身体を鍛えておけ、若者よ。


ぬやまひろし(西沢隆二)の経歴・略歴

西沢隆二、にしざわ・たかじ。詩人としての筆名はぬやまひろし。日本の詩人、社会運動家。在学中に共産主義に傾倒し、旧制第二高等学校を中退。日本プロレタリア作家同盟書記長をしたのち、日本共産党に入党。治安維持法で逮捕され、11年投獄されたが転向しなかった。戦後、GHQ指令によって釈放され共産党の復興に尽力。共産党党青対部長、党中央委員などを務めた。

他の記事も読んでみる

菊川剛

ダラダラと仕事するのではなく、常にスピードを念頭に置いて、社長以下の社員一人一人が時間を有効に活用していく。これは我が社が掲げるワーク・ライフ・インテグレーション(仕事とプライベートの両立・統合)の理念にもかなうことだと思っています。


柿木隆介

日常的な悩みのほとんどが、時間をかけて悩んでも仕方がないことだ。それなのにすべて平等に悩んでいると、せっかくの成長のチャンスがただのストレスになってしまう。


鈴木博之(経営者)

ハーバード大学にアドバイスを求めたところ、3人の先生を派遣していただきました。起業とはどうあるべきかの議論の中で出てきたのは、大阪は政府から離れた場所に位置し、自由があり、起業の環境は良いというものでした。最初から役所頼みでいると規制の範囲内でしか発想が出てこないからむしろマイナスだという論です。それと、これは日本全体に言えることですが、1度失敗したら復活が難しいという風土は改善しなければならないということです。


嶋津良智

「相手にどうしてほしいか」を考え始めると、思いどおりにならない現実にストレスが募るばかり。「自分ができることは?」と考えると、何をするべきかのアイデアが浮かぶものです。この考え方に基づいて行動すると、家庭内のみならず、仕事上の人間関係も好転します。


松本南海雄

店舗の増加という点から考えて、コンビニとの競争は今後も激しくなるでしょう。彼らと比べた時のドラッグの特徴はと言うと、まず飲料や日用品などの価格が安いという印象は消費者にもあると思うんですね。また、品揃えも多い。だから、彼らの強みであるまさに「利便性」の部分を、我々はもっと強化していく必要がある。そうすれば客を奪っていけると思います。


須田勝也(経営者)

私は基本的に人材サービス会社というのは黒子だと思っています。あくまで目立たない立場から、これからも企業と働く人に貢献していければと考えています。


家本賢太郎

社員の力を発揮できる場を見つけてあげることが会社の一番の責任です。それが最もモチベーションアップの効果があると思います。


大塚寿

仕事の締め切りでルーズな人は、お金の面でもルーズなのではないかと判断されます。成功している人ほど人を見る目は厳しいものです。いい人間関係を築くためには、それを求めることと同時に自分を高める努力が必要だということも肝に銘じてください。


濱田秀彦

年上の部下に対処するポイントは3つ。

  1. 人生の先輩としての敬意を表すこと。さん付けで呼び、敬語で話す。
  2. 管理職あるいは監督職として、役割を果たすという姿勢を持つこと。指示を出す際、気を使いすぎて回りくどくなったり、曖昧になったりすると仕事に影響が出ます。「何をいつまでにしてほしいのか」はっきりと話しましょう。
  3. コーチングの手法を活用すること。進捗がよくない案件があったら「あの件どうなっていますか」「原因は何ですか」「今後どうすればよいと思いますか」「具体的にはどのように進めますか」というように問いかけて、相手が自発的に動くように仕向けます。

森下一喜

自分がすべて正しいとも思っていませんから、自分のアイデアより現場のアイデアでいいと思うことがあれば、どんどん採用します。自分では気づいていなかったのですが、社員に聞くと、スタッフから良いアイデアが出てきた時、僕は「ナイス!」と言うのが口癖みたいで。「おおっ、森下さんがナイス2回言ったよ』などとなるらしいです(笑)。


伊藤慎介

日本の中小企業の多くは大企業からの仕事さえあれば会社が経営できていましたが、徐々にそれでは成り立たなくなってきています。そのため新しいことに挑戦しなければならないという問題意識はあるのですが、何をやればよいのかと悩んでいるケースが多いように感じます。そこで、我々の方からやってほしいことをお願いできないかと考えています。多くの中小企業には優れた技術やノウハウがありますので、「こういうことをやりたい」「こういうものを作りたい」「あなたの会社の技術をこういう風に使いたい」と言えば、我々が想定していた以上のアウトプットを出してくれると思います。


岸田周三

恒久的に新作を開発しているので、突発的な事態にも焦らずに対応できるのだと思います。


矢矧晴一郎

「収益が下がって困った」ではなく、「収益が下がった原因は?」と、論理的に考える。「かなり」「多少」といった感覚的な言葉は、「利益率」や「作業人数」「時間」などの数値に置き換える。客観的な事実をもとに思考することで冷静な判断ができ、何をすべきかが明確に見えてくる。


日覺昭廣

私は「for the company」という理念を掲げています。上司のためではなく、会社のためにどんどん意見して、働いてほしいという意味を込めています。「会社のため」は英語の方が言いたいニュアンスに近いと思っています。


片田珠美

振り回す人に支配されやすい人を「イネイブラー(enabler)」と呼びます。直訳すると「~できるようにする人」。振り回す人の問題行動を助長する身近な人のことを指します。もちろん、一番悪いのは振り回す人ですが、実は振り回されている人も、振り回す人が「少々のことは許される」と思い込む状況をつくってしまっているのです。


ページの先頭へ