名言DB

9412 人 / 110637 名言

なだいなだの名言

twitter Facebook はてブ

なだいなだのプロフィール

なだいなだ(堀内秀、ほりうち・しげる)。日本の精神科医、作家、評論家。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。精神科医、小説家として活躍。そのほか、明治学院大学国際学部教授などを務めた。

なだいなだの名言 一覧

私は、病気は、人間にとって偶然おちかかってくる事故のようなものだと思っている。それを、どのように受けとめるかは、一人ひとりの人間のすることで、病気が逆に、ある人間にとっては、時がたつうちに、しあわせな事件であったということになるのだ。


なだいなだの経歴・略歴

なだいなだ(堀内秀、ほりうち・しげる)。日本の精神科医、作家、評論家。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。精神科医、小説家として活躍。そのほか、明治学院大学国際学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

嘉納治郎右衛門(6代目)

  1. 父祖の業を専守すべし。
  2. 必ず投機的事業を避けよ。
  3. 時勢を見抜いて商機を逃すな。
  4. 主人は雇人と共に働け。
  5. 勉めて公共事業に尽くせ。
  6. 神仏を信仰する念を忘るな。
  7. 雇人はわが家族と思え。

ロバート・キヨサキ

人間は空腹になると、不満の矛先を指導者に向け始める。民衆は、自分たちの生活が脅かされるという恐怖にかられると、身を守るために闘いはじめる。


村上太一

5年ほど前から続けている習慣があります。それは、週末に大量の情報に触れることです。その目的は、解決策の引き出しを増やすこと。経営者には、何か問題があったときに的確な解決策を素早く打ち出すことが求められます。どうすればそれができるのかと考えて、引き出しを増やすことの必要性に行き着いたのです。いくら頭の回転が速くても、解決策の選択肢が乏しく、選択肢の中に的確なものがなければ、どうにもなりません。


村田昭治

外部に存在する利害関係者がそれぞれに抱く企業への期待値にたいして、その満足感を得るべく最大の努力を払うのが、企業本来の姿。


加藤俊徳

脳細胞は胎児期から赤ちゃんの時期が最も多く、その後、年齢を重ねるにつれて減少していくことから、「歳をとるにつれて脳は衰えていく一方だ」と一般的には考えられていますが、これも誤解です。確かに脳細胞は歳とともに減少しますが、成人後も、脳内には未熟な細胞が豊富にあります。アミノ酸などの身体にとっての栄養成分が供給され続ける限り、脳の未熟な細胞は死ぬまで成長し続けるのです。


渡辺昭彦(経営者)

当グループのロゴカラーのグレーは、他の色彩との調和性が高く、周囲の色を引き立てる協調の色です。すべての色がミックスされており、各色のあらゆる要素を含んでいることから、高い協調性によって相手を引き立てる力。取りまとめる能力に優れた色として、時代を超えて、その存在意義が求められていくグループのありようを象徴しています。当社は自利利他ということを大事にしてきましたが、これを現代風に訳したもので、グレーの色は当社の企業理念と合致したものになっていると自負しています。


岡田裕介(東映)

シネコンの時代は、他社がヒットを出すと、我々も恩恵を受けられるようなシステムに変わりました。各社シネコンを運営しているので、系列に関係なく、他社の作品も上映しているからです。


佐伯弘文

何時間もかけて資料を準備しても、本当に有効活用されているかといえば、ほとんど活用されていない。担当者が自己満足のために資料を作っているにすぎないのです。ひとつの報告書を作る場合でも、ほかの目的への流用を考慮した書式にすれば、無駄な書類は極力減らせる。たとえ資料に余分なことが書かれていても、その一部で意味が伝わるのであれば、同じ資料を流用しなさいと言っています。


唐池恒二

誰でも分かる身近な言葉を使い、いろいろなところで発信し続けると浸透していく。


高橋克実

頑張ることは大事だけれど、「まあ、自分はこのままでもいいね」って肩の力を抜くことも同じぐらい大事かも。


和泉學(和泉学)

新たな取り組みをするためには、代わりに何かを捨てなければならない。


野口健

彼らの成功と失敗の「基準」と、現場の僕らの「基準」はイコールではない。生きてる場所が違うから。現場で、「他人の基準」に合わせていたら、僕らは死ぬわけです。実際、植村直己さんもそうだったかもしれないし、僕は40人ぐらい先輩や友人を亡くしています。だから、「他人の基準」に合わせるのはもうやめようと決めました。

【覚え書き|2度目のエベレスト登頂失敗で糾弾されたときを振り返って】


毛利元就

たとえどのような事があろうとも、堪忍しなくてはならない。自分らは、兄の興元が死んでから40年もの間、井上党(毛利の実権を握っていた家臣の井上氏)の者どもを主人として奉って辛抱していた。その間のくやしさというものは、どのようなものであったか想像してほしい。40年の長い間のことであるから、その辛抱も容易なものではなかった。


大工富明

お笑いでアマチュアとプロの違いははっきりしています。周りの友達だけを笑わせるのがアマチュア。初めて会う人も笑わせられるのがプロです。


山下泰裕

頑張った自分を、自分で認める。他人は、なかなか認めてくれないものですから。