名言DB

9413 人 / 110706 名言

なだいなだの名言

twitter Facebook はてブ

なだいなだのプロフィール

なだいなだ(堀内秀、ほりうち・しげる)。日本の精神科医、作家、評論家。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。精神科医、小説家として活躍。そのほか、明治学院大学国際学部教授などを務めた。

なだいなだの名言 一覧

私は、病気は、人間にとって偶然おちかかってくる事故のようなものだと思っている。それを、どのように受けとめるかは、一人ひとりの人間のすることで、病気が逆に、ある人間にとっては、時がたつうちに、しあわせな事件であったということになるのだ。


なだいなだの経歴・略歴

なだいなだ(堀内秀、ほりうち・しげる)。日本の精神科医、作家、評論家。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。精神科医、小説家として活躍。そのほか、明治学院大学国際学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

田村潤

私は会議は嫌いでしたが、しょっちゅう支店の皆と「雑談の場」は作っていました。一番多かったのは飲みの席でしたけどね(笑)。話すのは、まず他愛のない内容です。社内で顔を見かけたら「最近、どう?」「子供は元気?」と声をかけた。そして、新人もベテランも若い女性も関係なく「どうしたら高知の人たちに喜んでもらえるかな?」と意見を求めました。これ、同じことを会議だけで言っていても意味がないんですよ。廊下であったとき、お酒を酌み交わすとき。そんな日常のリラックスした場で、しかししっかりと問題意識を持った「誠実な雑談」を繰り返すからこそ、一人ひとりの中に「お客様のためにどうすれば?」という意識が染み込む。また「自分のアタマで考え、意見を持ち自ら行動する」という習慣が根づいたのだと思います。だから、高知支店は、営業マンはもちろん、事務職員まで含めて、すべてが「お客様に何ができるか」を考えて言動を続けていた。


角田雄二

25歳の時に「日影茶屋」に入って、なんでもやってきました。失敗すれば痛いし、成功すればうれしい。そうやって力をつけてきた。若い人がやれる環境をできるだけ作るべきですよね。【覚書き:日影茶屋とは神奈川県葉山の老舗日本料理店】


唐池恒二

券売機の前でうろうろしているお客様がいたら、「切符の買い方がわからないのかな」と気づき、聞かれる前に案内する。行動というシグナルにいかに気づくかが大事。


井岡一翔

ああすれば勝てた、こうすれば勝てたという試合ではダメだ、確実に勝てる試合をしなきゃ。


三國清三

どんな仕事であっても、みんながやりたくない、嫌がる仕事には、突破口となるチャンスが隠れている。


新将命

社長だけではなく、役員や部課長、一般社員にいたるまで、自社の現在の立ち位置を把握しており、将来はこういう会社になりたいという夢や理想を共有し、どういう方法でその夢や目標を達成したらいいかという戦略も認識し、現場で個人個人の戦術の部分にまで落としこまれている。ここまでできれば、トンネルの先の光が見えてくることは間違いないだろう。これが全員経営の入り口である。


和田秀樹

人生において、イライラすることはとても損なことです。ビジネスシーンを例にとっても、ついカッとなって失礼なことを言ってしまったり、感情的になったがゆえにミスをしてしまったり。そもそも、つねにイライラしているような人間は、周囲から嫌なヤツだと思われてしまいます。


柴田励司

以前は「求心型」のリーダーでした。「俺についてこい!」と牽引するタイプです。いわば、自分のために皆を働かせていたのです。いまは「遠心力型」マネジメントへ変えました。皆のために私が働く、というスタイルです。その結果、スタッフとの心理的な距離が縮まり、彼らの方から様々な働きかけをしてくれるようになりました。


國井総一郎

人に何かを伝えるというのは決して簡単なことではありません。とにかく継続していくことが大事。


小杉俊哉

本当に意識するべきなのは、社内の評価よりも、世間から見たときの評価ではないでしょうか。自分の市場価値を知るためには、たとえば、転職をする気がなくても、人材紹介会社で定期的に面談するというのも一つの方法です。


新田信昭

これから国民の可処分所得が減り、消費のパイはますます小さくなっていきます。その中で生き残るには、店はもっと個性的にならなければいけません。「誰のための店なのか」を明確にしていかなければいけません。


村上龍

私は作家としてデビューして36年経ちますが、「書けない」と思ったことはありません。『半島を出よ』という作品で北朝鮮の反乱コマンドの視点から物語を進めようと決めたときは「むずかしすぎる、無理かも知れない」と立ちすくみましたが、それでもどこかで「自分はきっと書くだろう」と思っていました。


奥山清行

相手に何を与えられるかを考えた方が、本当の意味での自分の市場価値を高めることにつながると思います。


岸見一郎

仕事は人生の課題の一つにすぎません。アドラーは、人生には「仕事の課題」「交友の課題」「愛の課題」の三つがあると言っています。この三つのバランスが良いことを「人生の調和がとれている」と表現しているのです。仕事が忙しく、家族サービスもままならないという人は多いでしょう。家族を養うために働いていると言われるかもしれませんが、それを、他の課題に取り組めない口実にしていないでしょうか。


苦瓜達郎

人のやっていることと全然はずれたことをして、流れが自分に向いてくるのを待つというほうが、結局、人生、ずっと仕事をしている分にはいいのかな。そういう考え方は割合、若いころからです。