名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

なだいなだの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

なだいなだのプロフィール

なだいなだ(堀内秀、ほりうち・しげる)。日本の精神科医、作家、評論家。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。精神科医、小説家として活躍。そのほか、明治学院大学国際学部教授などを務めた。

なだいなだの名言 一覧

私は、病気は、人間にとって偶然おちかかってくる事故のようなものだと思っている。それを、どのように受けとめるかは、一人ひとりの人間のすることで、病気が逆に、ある人間にとっては、時がたつうちに、しあわせな事件であったということになるのだ。


なだいなだの経歴・略歴

なだいなだ(堀内秀、ほりうち・しげる)。日本の精神科医、作家、評論家。東京出身。慶應義塾大学医学部卒業。精神科医、小説家として活躍。そのほか、明治学院大学国際学部教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

神田正

私は店のあったJR大宮駅の出勤風景を見ていて、ハッとしました。以前はみんな弁当を持って出勤していたのに、次第に新聞と週刊誌だけになっていったのです。「これからは昼食需要がどんどん大きくなる」。サラリーマンの方たちの出勤姿がそう教えてくれていたのです。勘かもしれません。でも、世の中の出来事を好奇心を持って見つめて考えなければ、勘は生まれないのではないでしょうか。


加治幸夫

生産性の向上や顧客満足の向上は従業員満足度の向上なしにはあり得ません。当社は家族的な組織づくりを進め、必ず長期休暇をとるように推進しています。当社の離職率は業界平均の3割よりも遥かに低い1割です。


古森重隆

リーダーは成功しなければリーダーではない。リーダーの最大の責任は、その会社、あるいは国なら国が必ず生き延びていく、成功するという方向に持っていかねばならないということです。これはリーダーに与えられた厳然たる使命です。この使命を否定したり、理解できない人はリーダーではありません。


村田昭治

企業経営は「適正」が大切な条件。


堀久作

無理をして出発しただけに、私も我武者羅に働いたものである。たとえば当時(日活の経営再建をスタートさせた頃)から20数年、日曜、祭日、元旦と私は一日も会社を休んだことがない。これは私が健康だからできるのでもあるが、事業に対する情熱が、自然に私の体を鍛えたともいえる。


加治敬通

「寝ても醒めても新たな試み」を20年かけ、今回の改装で121回やり続けてきたことの成果です。
【覚書き|「どうしたらこんな店ができるのか」という質問に対しての返答】


小山昇

基本的に人間は、他人から指示されては動きません。しかし恐怖を感じたら状況を改善すべく動き出します。明らかに自分よりも能力が下だなと思っていた社員に好成績をあげさせると、これはまずいと気づくのです。それは本人にとっては一種の恐怖です。


永井浩二(経営者)

表層的なものにとらわれず、相手にとって本当に何が必要なのかを考える。そこから生まれた立ち居振る舞いが、いいマナー。


中山雅史

いまの若い選手はうまいし、強いですよ。なんでコイツらは若くて、こんなにいろいろできるんだよって。こっちはこの歳になってもまったく会得できてないのに……と。うらやましくてしょうがない。吸収しなくてはいけないことが多すぎますよ。


高杉良

小説は取材なくしては書けない。取材は丈夫な足腰があってこそ。自分で会いに行けなくなったら引退かなと思いながら足腰を鍛えています。


鈴木喬(経営者)

新人に対して助言したいのは、まずガードを解くこと。そのうえで頭を下げて人からいろいろな知恵を聞くことです。自分の頭を使うと、大抵の場合間違えます。ところが、頭を下げるのが嫌いな人がすごく多いですね。


西田一見

本番で100のパフォーマンスを発揮したければ、普段の練習で100の実力を身につけなければいけない。実力が50の人は、どんなに本番に強くてもパフォーマンスは50が限界だからだ。そう考えると、普段は本番と別の種類のメンタルの強さが求められる。高い目標を掲げて、環境が悪かったり周囲から駄目と言われたりしても、雑草のように這い上がって練習を続ける強さが必要だ。