名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ながやす巧の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ながやす巧のプロフィール

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

ながやす巧の名言 一覧

完全に慣れるまでは、描いて描いて描きまくるしかない。


休みはないですね。起きている以上は(漫画執筆を)やっていますね。描いていないと落ち着かない。生きていない気がする。


どうせ描くならば、一本一本、一話一話、常に完璧に仕上げたい。


幸せだね。この年になってまだ描いているんですからね。それが幸せですよね。


自分でやりたいんです、全部。人に描かせたくない。だって、一番楽しい行為ですからね。全部自分でやるのが一番楽しいんです。
【覚え書き|アシスタントを使わず、すべて一人で描いていることについて】


正確に描かないとという気持ちはあります。間違いがあっちゃいけないという緊張感の中でずっと描いています。


好きだからですね。儲けようと思って(漫画界に)入ったわけじゃないですから。絵を描くのがとにかく子供のときから好きで、それを生かすには絵の仕事をやりたかった。食っていけなくなると困りますけども、食えるぐらいのものが入ればそれで描けるじゃないですか。


漫画界で最高の作品というのは、ちばてつや先生の『あしたのジョー』だと思っているんです。ちばてつや先生には敵わないけれども、でもちょっとでも近づきたいという気持ちは(デビューして50年以上経った)いまでもありますね。


ながやす巧の経歴・略歴

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

栗原幹雄

ひらめきとは何かを考えてみると、私の場合、過去に経験したり伝聞したりしたことの断片の連鎖反応に、「こうだったらいいな」という妄想が加わって生まれているような気がします。


小倉広

コンサルティングを開始する前に、クライアントの「組織診断」を行ないます。従来は、定量的なアンケート調査と、定性的なインタビュー調査の二種類を行なっていました。その際に最も負担となっていたのは、前者です。回答をエクセルに入力・集計・分析する労力や時間が非常にかかっていたのです。しかし、その割にクライアントへの影響は僅少。そこでわかるほとんどはインタビュー調査ですでに明らかになっていたのです。それならば、アンケート調査をなくしてもいいのでは、と削減してみました。まずは一社で廃止して様子を見、支障がないことを確認して全面廃止に至りました。


松本晃(経営者)

もっと知恵を使って新しい産業、製品、サービスを創出しなければ日本はますます衰退する。「日本人・男・シニア・一流大学卒」だけではもうやっていけない。


米山久

外部の人と会うことは、自分自身の感性を磨くためにも重要です。私はなるべく同業者ではなく、ジャンルの違う経営者の方と会食する機会を設けるようにしていますし、時には仕事をまったく離れた人との交流も大事にしています。


森俊憲

筋肉は加齢によって減ってきますが、逆に筋肉は身体の組織の中で唯一、加齢に抗えるとも言われています。90歳の人でも、トレーニングをすれば筋繊維が太くなることがわかっています。若いほうが効果が出やすいのは確かですが、始めるのに遅すぎることはありません。人生で一番若いのは「今」なのですから。


加藤俊徳

サラリーマンのアフター5は、脳が疲れて眠くなっている状態。覚醒するために刺激を欲しがり、ムダ遣いの衝動にかられます。だから金遣いが荒くなるのです。そこでお酒を飲むと覚醒するどころか、逆に脳が働かなくなっていく。2、3軒とハシゴ酒となるのはそのためですね。


杉山大二郎

失敗は確かに痛手ですが、そこからの学びは成長への一番の近道です。


松野小百合

現地の人の物差しで見ないといけない。それができないのなら、そういう目で見える人たちをビジネスのメンバーに入れて、その意見をくみ取らないといけない。


赤塚保正

味が良くても、従業員の笑顔やおもてなしの心が無いと、お客様には喜んでいただけません。


本庄八郎

子会社を再建するときは、トップは伊藤園から送り出しますが、役員は内部からどんどん引き上げていくというやり方です。現場の社員のやる気を出して、全体を盛り上げていくことが重要です。


冨田哲郎

技術革新も大切です。けれど、それを成し遂げるには、世界やほかの産業に目を向け、開かれた組織、開かれた風土にすることが大事。


梶本修身

疲れを癒やすなら、気軽に行ける近場で森林浴を楽しむのがオススメ。木漏れ日やそよ風といった自然のゆらぎには癒やし効果があり、ストレスの解消になる。