名言DB

9419 人 / 110788 名言

ながやす巧の名言

twitter Facebook はてブ

ながやす巧のプロフィール

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

ながやす巧の名言 一覧

完全に慣れるまでは、描いて描いて描きまくるしかない。


休みはないですね。起きている以上は(漫画執筆を)やっていますね。描いていないと落ち着かない。生きていない気がする。


どうせ描くならば、一本一本、一話一話、常に完璧に仕上げたい。


幸せだね。この年になってまだ描いているんですからね。それが幸せですよね。


自分でやりたいんです、全部。人に描かせたくない。だって、一番楽しい行為ですからね。全部自分でやるのが一番楽しいんです。
【覚え書き|アシスタントを使わず、すべて一人で描いていることについて】


正確に描かないとという気持ちはあります。間違いがあっちゃいけないという緊張感の中でずっと描いています。


好きだからですね。儲けようと思って(漫画界に)入ったわけじゃないですから。絵を描くのがとにかく子供のときから好きで、それを生かすには絵の仕事をやりたかった。食っていけなくなると困りますけども、食えるぐらいのものが入ればそれで描けるじゃないですか。


漫画界で最高の作品というのは、ちばてつや先生の『あしたのジョー』だと思っているんです。ちばてつや先生には敵わないけれども、でもちょっとでも近づきたいという気持ちは(デビューして50年以上経った)いまでもありますね。


ながやす巧の経歴・略歴

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

坂口安吾

人生はつくるものだ、必然の姿などというものはない。


ゲーテ

思案なんぞいっさいやめにして、一緒に世間へまっしぐらに飛び出しましょう。あえて言いますが、瞑想なんかする奴は、悪魔に取りつかれ枯れた草原の上をグルグルひきまわされる動物みたいなものです。そのまわりには美しい緑の牧場があるのに。


米良はるか

ユーザーさんが「READYFORは個人的な夢や親しみやすい案件もたくさんある」と言われることが多いのですが、それは狙い通り。すごい人ばかりじゃなくて、隣のおじさんが好きなことをやろうとしているプロジェクトも大事にしているから、熱い気持ちを語ってくれるのです。


小堀秀毅

エレクトロニクス事業で部長をやっていたとき、携帯電話の通信用デバイスに問題が見つかり、発売直前の機器を全部回収し、徹夜で交代しながらチェックした。対策品をつくって何とか発売につなげ、組織の代表として交渉したが、億単位のクレーム補償になった。社内で了解を取るのにも苦労したが、それによってお客様から信頼され、継続して新しい製品の開発にあたることになった。


デイビッド・マッケイ

考えを蒔いて、行動を収穫する。
行動を蒔いて、習慣を収穫する。
習慣を蒔いて、人格を収穫する。
人格を蒔いて、運命を収穫する。


三崎優太

まだ企業としての土台は決して強固とは言えません。次のフェーズとしては足元を固め、真の意味での100億円企業になりたいと思っています。戦略的には積極的なM&Aによって事業の多角化やイノベーションを推進すること。直近ではリサイクル企業と農業関連企業2社とのM&Aを成功させました。


岡野喜太郎

私は、若い事業家が失敗して、駿河銀行に救済を求めに来ると、肩をたたき、親身になって再起の方法を考えてやった。金を貸してやったが良いと思えば貸してやるし、貸さぬ方が良いと思えば貸さないで再起の道を示した。金を貸すばかりが銀行家ではない。知恵も増し、緩急よろしきを得た忠告もしてやるのが真の銀行である。これは私の60年以上に及ぶ頭取生活から得た尊い体験である。


中村獅童(二代目)

基本の「型」がない応用は、しょせん「型なし」に過ぎず、みっともないの典型。「自分の個性」にこだわるのは二の次でいい。


盛田昭夫

私は新入社員の入社式でいつも次のように言うことにしている。「君たち、ソニーに入ったことをもし後悔するようなことがあったら、すぐに会社を辞めたまえ。人生は一度しかないんだ」


橋本和良

環境整備について、私たちは定義を設けました。すなわち「礼儀、規律、清潔、整頓、安全、衛生」という6つの面に着目し、すべてを維持向上させていくことを目標に定めているのです。