名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ながやす巧の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ながやす巧のプロフィール

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

ながやす巧の名言 一覧

完全に慣れるまでは、描いて描いて描きまくるしかない。


休みはないですね。起きている以上は(漫画執筆を)やっていますね。描いていないと落ち着かない。生きていない気がする。


どうせ描くならば、一本一本、一話一話、常に完璧に仕上げたい。


幸せだね。この年になってまだ描いているんですからね。それが幸せですよね。


自分でやりたいんです、全部。人に描かせたくない。だって、一番楽しい行為ですからね。全部自分でやるのが一番楽しいんです。
【覚え書き|アシスタントを使わず、すべて一人で描いていることについて】


正確に描かないとという気持ちはあります。間違いがあっちゃいけないという緊張感の中でずっと描いています。


好きだからですね。儲けようと思って(漫画界に)入ったわけじゃないですから。絵を描くのがとにかく子供のときから好きで、それを生かすには絵の仕事をやりたかった。食っていけなくなると困りますけども、食えるぐらいのものが入ればそれで描けるじゃないですか。


漫画界で最高の作品というのは、ちばてつや先生の『あしたのジョー』だと思っているんです。ちばてつや先生には敵わないけれども、でもちょっとでも近づきたいという気持ちは(デビューして50年以上経った)いまでもありますね。


ながやす巧の経歴・略歴

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

辻慎吾

いま東京は世界の都市間競争にさらされ、都市のあり方そのものが問われています。その競争に勝つために、東京がどのようにあるべきかを森(稔)は20年前から考え続けてきた。この街には何が必要なのか。ヒト、モノ、カネを引き付ける磁力を持つ都市をどのように作り上げるか。六本木ヒルズの運営を通して我々が考えてきたのは、このよう強都市が必要なのだという街づくりの思想を提案することでもあった。後に続いた他社の再開発を見てもわかる通り、この街(六本木ヒルズ)は日本のデベロッパーが貸しビル業から街づくり業へと脱皮するきっかけとなったんです。


千金楽健司

組織の活性化には、マニュアルではなく、自由な風土で、やる気のある人が伸びる環境が必要。


犬丸徹三

私は支出を切り詰め、もらうチップは全額これを貯蓄していった。単身異郷で生活するにはいざというとき頼り得るのは金銭のみであることが、私にはよくわかっていた。世間には宵越しの金銭は使わぬといって自慢する人がいる。この考えは、裏返しすれば、独立心なく依頼心のみ多いことだ。私は青年時代、外国に流寓して金銭の尊さを身を持って知った。時は金なりというが、同時にまた、金は時なりと私は声を大にして言いたい。
【覚書き|ロンドンでのホテルマン修業時代を振り返っての発言】


秋津壽男

よく何時間しか寝てないから眠いと言いますが、大事なのは時間の長短ではなく、明くる日起きたときの頭のスッキリ具合です。むしろ、「昨日は○時間しか寝ていない」と不安に感じるほうがよほどよくない。朝早く目が覚めてしまったなら、二度寝せずに着替えて、散歩でも、読書でもなんでもいいから活動を始めたほうがいいのです。


北島康介

僕は音楽で集中力を高められません。自分のモチベーションは自分でしか高められないと思っています。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーはその権限をもとに候補者にチーム員になることを「命じる」こともできるだろう。だがそれではメンバーはあなたに従うだけで、みずからは動いてくれない。そんな表面的なチームのなんとつまらないことか!理想は必要なメンバーから「手伝いたい」という言葉が出ることだ。まずあなたの方からメンバーのもとに降りていき、その人に何を求めたいのかを一から真剣に語る必要がある。


川越達也

気になる店には直接足を運んび、料理のコンセプトや材料費の使い方、従業員のサービスの質や内装など、いろいろ見ます。「これはうちの店よりも優れているな」という点が見つかれば勉強になりますし、それは脅威でもありますから刺激になります。


有馬頼底

精神を安定させ、何事もなく静かに日々を過ごす秘訣は掃除です。掃除は、物をきれいにするという意味があります。確かにそれはそうなんだけど、本当の掃除とは、自分の心を清め、平静に務めることです。掃除から始めてみませんか。


坂東眞理子

言語感覚やコミュニケーション能力は同じ価値観を共有する人とだけでなく、さまざまな価値観を持った人とコミュニケーションせざるを得ない経験を積み重ねていく中で養われます。


中村靖(経営者)

水道設備にセンサーを装着して稼働データを収集しても、それだけでは意味がありません。作業員が「いつ」「どんな順番」で点検するかといった、人間の活動に伴うデータを組み合わせることで、新たな価値が生まれる。


羽田孜

やはり、皆「変化」を感じています。これはポスト冷戦がきっかけかもしれませんが、各国の首脳が変えていかなくてはいけないと感じているし、また、日本に対しても協力を求めていこうとしていますね。要するに、自分たちに国民が変化を求めているということを、指導者の誰もが感じていて、それに対応していこうとする。


西任暁子(西任白鵠)

来客があるときは、事前に家を片づけたいですね。話をまとめられない人は残念ながら、「散らかったままの部屋にお客を入れ、一緒に片づけてもらう」ことを「会話」の中でやっています。