名言DB

9490 人 / 112001 名言

ながやす巧の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ながやす巧のプロフィール

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

ながやす巧の名言 一覧

完全に慣れるまでは、描いて描いて描きまくるしかない。


休みはないですね。起きている以上は(漫画執筆を)やっていますね。描いていないと落ち着かない。生きていない気がする。


どうせ描くならば、一本一本、一話一話、常に完璧に仕上げたい。


幸せだね。この年になってまだ描いているんですからね。それが幸せですよね。


自分でやりたいんです、全部。人に描かせたくない。だって、一番楽しい行為ですからね。全部自分でやるのが一番楽しいんです。
【覚え書き|アシスタントを使わず、すべて一人で描いていることについて】


正確に描かないとという気持ちはあります。間違いがあっちゃいけないという緊張感の中でずっと描いています。


好きだからですね。儲けようと思って(漫画界に)入ったわけじゃないですから。絵を描くのがとにかく子供のときから好きで、それを生かすには絵の仕事をやりたかった。食っていけなくなると困りますけども、食えるぐらいのものが入ればそれで描けるじゃないですか。


漫画界で最高の作品というのは、ちばてつや先生の『あしたのジョー』だと思っているんです。ちばてつや先生には敵わないけれども、でもちょっとでも近づきたいという気持ちは(デビューして50年以上経った)いまでもありますね。


ながやす巧の経歴・略歴

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

赤塚保正

「できない」と思い込んで踏みとどまらず、「まずはつくってみよう」と行動に移すことが大切。


澤上篤人

先行して自助努力を重ねた企業は、どんどん成果を上げだす。一方、大多数の企業はただただ口を揃えてビジネス環境が厳しい、政府は何とかしてくれと言う。マスコミはそれを見て景気は腰折れだとか言って騒ぐ。そのうち、先行した企業に煽られてようやく前向きに動き出す企業が増え始める。モタモタしていると、どんどん差をつけられ、下手すると脱落を余儀なくされる。その恐怖感から、しぶしぶ自分も頑張ろうとなる。この段階に入って、ようやく景気上昇のピッチが速まり始める。これまでは他人任せで何もしてこなかった企業が、置いてきぼりを食らってはマズイということで、1社また1社と動き出す。その動きが広がることで、景気全体を大きく押し上げることになる。その辺りからだ、マスコミはじめ国民の多くが景気の回復基調を実感しだすのは。景気回復の初期段階はいつもこんな感じ。そこから先は早い。気が付いたら全員参加型の景気回復となってしまっている。


鎌田薫

今、社会はこれまでとは全く違う社会構造に転換しようとしている時期であり、明治維新、戦後の復興期に続く「第3の変革期」と言うことができます。こうした時期には、優れた人材の育成が最も重要です。


池田信夫

日本のビジネスマンは、よく勉強している人でも、じつは実務に関係する情報を拾い読みしているだけになっていることが多いのです。私もNHKに勤務しているときはそうでした。しかしそれでは、日常の疑問を解決する程度の、いわばフローの情報しか身につきません。ものごとの本質を理解し、将来を予測するには、普段から多少学問的で、いわば自らのストックとなる本を意識して読むべきです。


男鹿和雄

共同で美術監督を担当した「もののけ姫」では、事前に東北の白神山地や岩手の葛根田(かっこんだ)川の上流に取材に行きました。僕は取材を一人でやりたいほうなんですよね。誰かと一緒に行くと喋っている間に大事なものを見落としてしまうかもしれないし。取材では、どこを見るともなくボーッと目の端で捉えた物事が割と役にたつんです。まっすぐに見るよりも目の端で見ているほうが「何となく」の印象が残っていたりしますから。すると、それは風景の周辺を省略する時の手がかりになるんです。


酒井貞彦

独立前に私が勤めていたのはある電機メーカーです。輸出業務に携わり、納入先のバイヤーともいろいろと付き合いがありました。そうした外国人バイヤーと話しているときに愕然としたのが、休日の過ごし方の違いです。彼らは実に多彩な趣味を持ち、生活を楽しんでいる。日本人の所得水準も急速に上がっていたので、いずれ欧米のようなライフスタイルへ移行していくことは自明の理でした。「レジャー関連産業は有望だ」と会社を設立することにしました。


瀧本哲史

ユニクロや楽天などの企業では「英語公用語化」を進めています。そうした動きに影響を受けたのか、英語学習を始める人も増えているようです。しかし脱コモディティ化のために英語を勉強したり、会計やITなどの資格試験の取得を目指したりすることはあまり意味がありません。これらは不安解消マーケティングのひとつにすぎないのです。


太田光代

意見を聞く時は、共通するポイントを探すようにしてください。一見、対立する内容でも、視点を変えると狙いや本質は近いということがよくあります。


大橋未歩

私自身、「アナウンサーに合格するなんて宝くじに当たるようなもの」と言われました。確かに、キー局に限ればそうかもしれませんが、アナウンサーという職種にこだわりたかったので、そのためなら私は全国どこでもいいと思って探しました。間口が狭いというのは実は思い込みで、自分のやりたいことを優先して挑戦するほうがいいと私は思います。


アレックス・カー

記者クラブ経由で流れてくる「表」の情報が必ずしもすべてを語っているとは限らない。「裏」の情報にまで目を向けて初めて、事の全貌が見えてくる。


大久保尚武(積水化学工業)

弊社では事業を進めて行くべきか否かの判断基準として、「際立ち」という言葉を使っています。事業自体に独自性・技術優位性はあるか。単に「よそがやっているから」という理由で参入した事業からは撤退し、際立ちのある事業に特化するのです。


前田鎌利

「ロジックを整え、立て板に水を流すように説明したはずなのに、なぜか相手の反応が鈍い」という場面を経験したことはありませんか? それは、相手を「理解させる」ことはできても「心を動かす」ことができなかったから。人は、心を動かさない限りアクションを起こすことはありません。相手の心を動かすには、「念い(おもい)」をのせたプレゼンをすることが欠かせないのです。念という字は、「今」と「心」でできています。現在、自分の心を支配している希望や夢、企業で言うならば「理念」という根本姿勢を表わす言葉です。