ながやす巧の名言

ながやす巧のプロフィール

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

ながやす巧の名言 一覧

完全に慣れるまでは、描いて描いて描きまくるしかない。


休みはないですね。起きている以上は(漫画執筆を)やっていますね。描いていないと落ち着かない。生きていない気がする。


どうせ描くならば、一本一本、一話一話、常に完璧に仕上げたい。


幸せだね。この年になってまだ描いているんですからね。それが幸せですよね。


自分でやりたいんです、全部。人に描かせたくない。だって、一番楽しい行為ですからね。全部自分でやるのが一番楽しいんです。
【覚え書き|アシスタントを使わず、すべて一人で描いていることについて】


正確に描かないとという気持ちはあります。間違いがあっちゃいけないという緊張感の中でずっと描いています。


好きだからですね。儲けようと思って(漫画界に)入ったわけじゃないですから。絵を描くのがとにかく子供のときから好きで、それを生かすには絵の仕事をやりたかった。食っていけなくなると困りますけども、食えるぐらいのものが入ればそれで描けるじゃないですか。


漫画界で最高の作品というのは、ちばてつや先生の『あしたのジョー』だと思っているんです。ちばてつや先生には敵わないけれども、でもちょっとでも近づきたいという気持ちは(デビューして50年以上経った)いまでもありますね。


ながやす巧の経歴・略歴

ながやす巧、ながやす・たくみ。日本の漫画家。長崎県出身。漫画家を目指し上京。貸本劇画作家、漫画家アシスタントなどを経て独立。代表作に『愛と誠(原作・梶原一騎)』『沙流羅(原作・大友克洋)』『壬生義士伝(原作・浅田次郎)』。『壬生義士伝』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

原晋

成果を得るにはまず基礎を身に付ける必要がある。陸上競技にとって、規則正しい生活は、数学でいえば四則計算のようなもの。


中村靖(経営者)

きちんとした使命感を持つ企業でないと命の水は扱えません。仕事の意義を常に社員に問いかけ、「もうけ」と「社会貢献」を両立させていきます。


小宮一慶

経済のセンスや世の中を見る目は地位が上がるにつれ、より重要になります。30代になったら、数字に対する感性をさらに磨くべきです。なかでもマクロ経済の大きな流れを勉強することは最優先事項です。


荻田伍

スーパードライは発売から四半世紀が経ちました。どんな商品でもずっと売れ続けるとは思えません。今年は黒ビール「ドライブラック」で新しい価値を提案しているところです。


横田雅俊

市場の縮小が避けられない状況にいて、企業が生き残る道は三つある。

  1. 成長市場を求めて海外に進出すること。
  2. 革新的な商品開発による新市場の創出。
  3. 既存市場でロイヤルカスタマーを獲得し、その割合を高めていく。

アンジェラ・ダックワース

誰もが鉄人と同じである必要はありませんが、やり抜く力を体現してくれる人たちはいいお手本になる。


平田雅彦(経営者)

松下流の事業部制とは、よく世間で言われるような単なる独立採算制ではなく、自主責任経営をかたちにしたものです。事業部内では、各部門も個人も、それぞれ経営意識を持って自主責任体制をとりつつ、衆知による経営を目指します。事業部は、当該商品の開発から販売まで一貫して担当し、その長たる事業部長は売上・利益だけでなく資金についても責任を持ちます。だから人が育ち、経営者も育成されるのです。


高島宏平(髙島宏平)

制限があった方が、かえってクリエーティブに発想できる。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

サイトのアクセス数を増やすため、「平和な炎上マーケティング」を目指しました。話題のニュースについての関連情報を集約する「まとめサイト」などに取り上げてもらうには、「あるあるネタ」や「突っ込みどころがあるネタ」が効果的です。


バートランド・ラッセル

最悪なのは、あらゆる人間を分類して、わかりやすいレッテルを貼ることである。この不幸な習性の持主は、自分が相手に適切だと思うタグを貼りつける時に、その相手について完全に知っていると考える。


三森裕

私は「邂逅」という言葉が好きなのですが、人との出会いこそ営業の基本であり、人生の喜びだと思います。


鈴木喬(経営者)

世の中の状況と自分の会社の状況は別。みんなが同じ方向に動いていたり、へばっているときこそ、成長のチャンス。


ミッツ・マングローブ

(自分が出演したテレビ番組は)極力見ないようにしています。基本的にイヤな気分になりますし。どうしても気になるところがあるときは仕事として見ますけど、喜んで自分を見るようなバカではないですね。いや、いいんですよ、自分が好きなら好きで。でもそれを言葉にして言うような人とは、友達にはなれないですね。


ロス・ペロー

この100ドル札を外に投げて、下にいる誰かを喜ばせてやろうと思うんだ。


ネム・バジュラ(ネム・バズラ)

いかにして実際に実践するかが、とても重要。


ページの先頭へ