なかにし礼の名言

なかにし礼のプロフィール

なかにし礼、なかにし・れい。日本の小説家、作詞家。満州国出身。立教大学文学部仏文科卒業。コンサートや舞台の演出、歌、作曲、翻訳、小説・随筆の執筆、ラジオパーソナリティ、テレビコメンテーターなど幅広い分野で活躍。日本レコード大賞を3度受賞。『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞。

なかにし礼の名言 一覧

人は自ら進化するのを止めた瞬間、命そのものの意味を見失う。ただ、飯を食って、寝ているなら、これは意味がない。人はより良きものになろうとし続けてこそ、価値がある。


人生は選択の連続であり、私は常に自分を進化させる道を選びたいと考えて生きてきた。


何事も右か左かを選択するのは常に自分だ。


正直に言って、死ぬこと自体は今も怖くない。しかし、愚かな死に方はしたくない。


お前は何も考えていないじゃないかと自分に問うた。もっと生きるということを真剣に考えなければ、と。


人は同じところに留まったら最後、停滞と腐敗あるのみ。これはどんな職業の人でも同じ。組織の中で安定した地位を得ていたとしても、自らに刺激を与え、進化させることができるのは自分だけ。


自分の命の価値を考えてほしい。一見、幸せのように思える安定や常識とは別の方向にも道はあるのだと。


闘病中は古今東西の古典を読みあさった。自分の考え方は間違っていないか、本の中に答えを求めた。


常に「今、自分はどうすべきだろうか」と考えながら、前を向き、生き抜く。それがあなたのためになり、家族のためにもなる。何よりその緊張感は、毎日を輝きに満ちたものに変えてくれるはず。


銃弾は前から飛んでくるとは限らない。あるときは後ろから仲間に撃たれることもあるでしょう。上司を信頼しすぎても危ない。


僕は作詩をやろうと決めた時には訳詩から離れ、小説を書きたいと思った時には作詩をやめた。新しい世界に踏み出すために、きっぱりと過去の成功を手放した。


がん治療は様々あり、選択するのは、あくまでも患者自身の意志だ。


病院はどこでもいいのではなく、的確な治療をしてくれる医師と出会わなくてはいけない。


歌を作り、小説を書くことが人のためとも、世の中のためとも言いません。しかし、僕の価値観の中で、いいことだと言えるし、自分をより良きものにしてくれる。今もその可能性を感じ、信じているから、僕は一歩でも二歩でも努力し続けていく。


サラリーマンとして働く人は、組織の中で苦しんでいる場合も多いと思う。組織には組織の方法論があり、個人の意識と意志は挫かれやすいもの。それでも変化を怖がらず、意識、意志、持続、進化というサイクルを回し続けること。これができるかどうかで、人生は大きく違ったものになっていく。


もし、明日も同じ仕事をするだけだと気楽に構えることができていたら、自堕落な生活が侍っていたことでしょう。人は「もっと楽をしたい」と思うようになるものですからね。そうすると、通勤も仕事も人間関係も、何もかも疲れてたまらないものになっていきますよ。


がんを乗り越えた今は、これまで生きた73年が助走期間であったと感じています。ガンを克服するという体験をした者だから書けるものを送り出していくこと。そういう意識と意志を持ち、努力を持続させ、進化し続ける。それが僕のやるべきことだと思っています。


生きるためには一縷(いちる)の望みしかない。このワンチャンスで成果が決まるのだと考えられるようになった瞬間、組織の中にいてサラリーマンをやっていようと全然違った人になれるはず。見た目はさりげなくてかまいません。意識だけ変えて、やり抜けばいい。そうなると、これは疲れたなどとは言っていられなくなりますよ。


僕たちの日常というのは、ある意味、戦争状態に似ているんです。日常生活は戦争のない平和なものだと思っているなら、考えを改めたほうがいい。どんな人の人生にも、思いがけぬ荒波はやってきますから。ここは戦場であり、生き抜くのは大変なことだ、と。自分を変えるきっかけは「自分は戦場にいるんだ」という意識を持つことにあるかもしれませんね。弾が飛び交っている場に立っている。そういうイメージを持てば、苦労も苦労に思わないし、疲れたとも言っていられない。自然と発想も変わってくるはず。


いい作品を生むという行いは、1行1行を書きながら自分が進化している実感を得られるもの。そう思うと小説家って本当に楽しい仕事ですよ。何にもないところから1行書き出して、2行目、3行目。気がついたら500枚できあがっているわけです。作品を生み出すことが生きることの意味につながる、幸せな職業かもしれませんね。


世の中には、「昨日と今日を同じように生きていき、来年も再来年も平坦でいいんだよ。人間だもの」という価値観があります。ぎりぎりの選択などしなくてもいい。人間だもの、と。これは楽ですよね。しかし、あなたが自分自身の命を意味のあるものにしたいと望むなら、その価値観に身を委ねることを許してはいけません。なぜなら、人間は進化してこそ、人間だからです。


僕は53歳の時に重篤な心臓発作を起こして、「これが死か……」という状況を味わった。血圧がガクンと下がり、激しい頭痛はあるものの、そのまま無意識になってしまう。心臓発作は仕方のないものだし、苦しみの少ない死に方として、歓迎できるものです。あの時の経験は、死が身近なもので呆気なく来るものだと思い知らせてくれました。だからこそ、悔いない生活をしていこう、と。


なかにし礼の経歴・略歴

なかにし礼、なかにし・れい。日本の小説家、作詞家。満州国出身。立教大学文学部仏文科卒業。コンサートや舞台の演出、歌、作曲、翻訳、小説・随筆の執筆、ラジオパーソナリティ、テレビコメンテーターなど幅広い分野で活躍。日本レコード大賞を3度受賞。『長崎ぶらぶら節』で直木賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ロバート・フェルドマン

土日に仕事が入った場合、少しでもいいから遊びの時間を入れるようにしています。3時間空けて街まで出てぶらぶらするなどです。土日も働きづめでは疲れるだけなので次の週が乗りきれないでしょう?


唐池恒二

私はななつ星には、他の列車とは違うんだという特別感を漂わせたかった。そこであえて、事前情報の発信を制限しました。広告を出したのは、新聞1紙と月刊誌2誌だけ。駅貼りのポスターをはじめ、宣伝広告はほとんどしませんでした。隠されるとますます見たくなるのが人の心理ですよね。広告宣伝しないことが宣伝となり、注目度と期待値を上げることができました。


北条重時

乱れ遊ぶとき、平常おとなしい人が気分をゆるして自由な振る舞いをするからといって、一緒になって狂いまわるのは、浅はかなことだ。よく心得て、そんなことのないようにしなければいけない。鵜の真似をする烏は溺れ死ぬ。むやみに人真似をすることは厳に慎むべきだ。狂い遊ぶことがあって、どんなに酒に酔っていても、自分よりおとなしい人がいる前では、着物の乱れにも注意して直すようにしなさい。どんなに騒がしく振る舞っても、精神だけはしっかりと保って、落度のないよう注意することが大切だ。


奥正之

月曜から金曜日の日中は、銀行の内外でお客様に会ったり、会議に出たりすることが多いのですが、毎日一時間、一人でじっくりものごとを考える時間を確保するよう、秘書に言っています。とくに金曜日は2時間、その週の出来事を振り返り、考えを整理する時間に充てています。


堀切功章

日本人は海外では集団になりやすいので、なるべく分散して住むようにしています。日本人村をつくるのではなく、進んで地域との接点を持ち、人も会社も地域社会に溶け込むようにする。これが、キッコーマンが実践してきた「よき企業市民になる」ことなのです。そうすることで、地域から認められ、信頼され、愛されるブランドになる。


眞鍋政義

監督、選手だけでなくスタッフを含め一丸とならなくては勝てるチームはつくれません。そこで個々のスタッフの役割を明確にして、任せるべきことは任せました。一人一人を責任あるポジションに置けば「自分はこのチームに貢献している」という意識を持ち、チーム全体の一体感も高まるだろうという期待からです。


ジェームズ・ダイソン

なぜダイソンがEV(電気自動車)を手掛けるのか。皆さんには多少の驚きを与えたかもしれませんが、決して思い付きで始めたわけではありません。むしろ長い間、考え続けてきた構想でした。ダイソンがEVを開発する理由。一言で言えば、世界で広がる環境汚染に対して行動を起こしたいという切実な思いです。とりわけ自動車の排気ガスによる大気汚染は深刻です。この惨状を変えたい。


米村歩

残業削減をすると早く帰れるので睡眠時間が増える。疲れていないのでミスが減り、トラブル対応に費やす時間も減る。連日の残業がいかにマイナスだったか痛感しました。


佐藤義雄

叱り方に自信がなく、あえて部下と距離をとる上司もいますが、これは感情任せで叱るより悪いことです。最近は指導とパワハラの境目がわかりにくく、リスクをとるより放置しようと考える心理もわかります。しかし、部下と向き合わず、陰で愚痴をこぼすような上司がはびこる組織はもはや存続の危機です。部下のタイプに合わせて叱り方を変えることなどは必要ですが、とにかく対処することです。


小笹芳央

結果を出すことで、同僚、上司、顧客などから得た信頼が貯金のように増えます。その「信頼残高」が高ければ発言力も増します。異動などの希望も叶いやすくなります。逆にいえば、「残高」が低いのに不満をいうのはお門違い。自分からの視点ではなく、組織側からみた自分を考えることも大切ですね。


ビクター・ルイス(経営者)

消費者には古いイメージが固定されていますから、それを変えるには、リーダーが新しいイメージのストーリーを語らなくてはなりません。同時に常に新鮮味を打ち出し、古いイメージではなく、新しいイメージが消費者の頭に残るよう工夫するのです。


北澤俊美(北沢俊美)

政治は感情で判断してはいけない。県議会議員を振り出しに41年間、議員を務めてきた私の信条。


三宅秀道

私も大企業の技術開発にフォーカスしたストーリーを聞くのは嫌いじゃないですが、それ以外の勝ちパターンも軽視すべきではありません。


稲盛和夫

昨今の世相の乱れを憂い、教育改革がよく叫ばれています。しかし、私は教育を論ずる前に、労働の価値と意義を子供や若者たちに教える必要があると思っています。多くの日本人が自分に与えられた仕事に打ち込み、また、世のため、人のために役立とうとするなら、21世紀の日本は素晴らしいものになると信じています。


シャルル・ド・ゴール

人はなろうとした人物しかなれない。だからといって必ずしも良い条件に恵まれるわけではない。だが、なろうという意志がなければその人物には決してなれないのだ。


ページの先頭へ