名言DB

9419 人 / 110788 名言

ちきりんの名言

twitter Facebook はてブ

ちきりんのプロフィール

ちきりん。ブロガー、作家。関西出身。証券会社勤務、米国大学院留学、外資系企業勤務などを経て独立。人気ブログ「Chikirinの日記」を運営。著書に『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』『未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる』『マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』。

ちきりんの名言 一覧

元が同じ情報でも、100人いれば100通りの思考ができる。個人にとっても、企業にとっても、そこが勝負のしどころ。


思考とは知識を並べ立てることではなく、ある知識を基に意見や結論を導き出すこと。まさに、考えること。


ネットでは無理やり意見を1つに決める必要がない。誰もが自分のアタマで考えた結果をネット上で表現できて、どれが一番正しいかを決める必要もない。


働くことは好きですし、懸命に働いている人を尊敬もしています。でもだからといって「必死に働くことが最善である」という価値観を全員に押しつける社会には違和感を覚えるんです。人生はかくあるべしという考えを統一してはいけない。たくさんの選択肢が並存している社会の方が多様性があって豊かだと思う。


思考を始める時点では、情報はほんの少しでいいんです。そこから思考を始める。すると、なんだかおかしい結論にしかたどり着けない。そこで足りない情報に気づく。その情報をインプットする。また思考する。これを続ければおのずと情報収集と思考の割合は半々になる。


私は以前、外資系企業で、法人顧客の財務戦略を立案する仕事をしていました。初めの頃は、自分の意見を上司に伝えても「これは本当に自分のアタマで考えたのか?」と突っ込まれてばかりで。当時の上司に日々鍛えられ続けて、自分だけの考えを徹底的に突き詰めるコツを身につけることができた。完全なるOJTの賜物です。


これからの時代は、知識の価値はどんどん下がっていく。今やネットで検索すれば大抵のことは自分で調べられますから、物知り博士のありがたみは薄れている。知識だけでは差別化しにくくなっている。こんな時代だからこそ、思考力がモノを言うようになる。


多くの人は仕事や生活の中で、「自分は十分に考えている」と思っているものです。でも実際は、情報を集めて分析・加工するところまではできても、自分のアタマで考えられている人はあまりいません。


ちきりんの経歴・略歴

ちきりん。ブロガー、作家。関西出身。証券会社勤務、米国大学院留学、外資系企業勤務などを経て独立。人気ブログ「Chikirinの日記」を運営。著書に『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』『未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる』『マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』。

他の記事も読んでみる

松本大

ソロモン・ブラザーズに入社して、最初は言葉が全く通じなかったですよ。でも、トレーディングなど仕事で使う英語は、言葉の順番や使う単語などの「型」が決まっていて、間違いが起きにくいんです。だから仕事で必要な会話は、最初の数カ月でできるようになりました。


小池利和

次世代や次々世代に向けて事業を転換し続けていくためには、異質な人間を排除せず、むしろ活躍できる環境を整えなければならない。それが経営者に与えられた課題だと肝に銘じています。


小川栄一

学校は人生の牧場である。その牧場の中で一人恵まれて育った者までが、先に立って悪いことをしたんでは申し訳ない。みんなには悪いが俺は就職して、自分の出世よりもみんなの職場をつくろう。職場をつくってそれをひとつひとつ分けてやろう。


加藤久光

トヨタには「正味仕事」という概念があります。例えば、5秒に一度鉄板をプレスする。でもプレスの瞬間はコンマ何秒か。このコンマ何秒が正味仕事です。ということは、ここに改善の余地があるかもしれない。そういう考え方をしています。


宗次徳二

自分で創業した会社なのに、53歳で取締役すら外れた。その決断をいぶかる声をいまでも聞きます。私自身、数年前まで辞めるなんて微塵も考えたことがなかった。でも、日本一のカレーチェーンになり、2000年の株式公開を決めた時点で退任を決意しました。いつまでも健康でいられるわけでもないし、開かれた会社にしようと。


横山光昭

お金が貯まる・貯まらないと、年収額は関係ありません。貯まる人は、収入が少なくても着実に増やしていますし、貯まらない人は年収が多くても、ほとんど手元に残らない。その差はお金を使いすぎない習慣が自然に身についているかどうか。


西村晃(経済評論家)

私はいつも、手帳に「行きたいところリスト」というページをつくって、テレビや雑誌などで見つけた、いつか行ってみたいと思う場所をポストイットに書いて、貼っておくようにしています。そして、出張の予定が入ると、必ずそのページに目を通し、ついでに行けるところがないかをチェックします。そうすれば、近くまで行ったのに寄らずに帰ってきてしまったというような、機会損失を防ぐことができます。


植竹伸二

毎月1回、主要事業の部門長と酒席で懇談会を開いています。裃(かみしも)を外した打ち解けた雰囲気の中で、部門間の垣根を取り払った情報共有が出来、相乗効果を生むような新しい力学が働いています。やがて部門横断的な新しい事業も生まれてくることでしょう。


武井壮

28歳の時、米国のオレゴンでジョギングをしていたら、巨大なシカに襲われかけました。殺されて誰にも見つからなかったら、僕の人生は終わりだったと思うと、何て自分は無力だと思ったんです。襲われない存在になるために、動物図鑑を買って倒し方を研究し始めました。バカだと言う人もいたけど、自分を貫くと、「百獣の王を目指す武井壮」に面白みを感じた人がチャンスをくれて、喉から手が出るほど欲しかった自分の価値や肩書につながり、自分だけの仕事を作り出せました。


ケリー・マクゴニガル

私は、間違うことへの「熱意」ができるだけ伝染するように努め、新しいアイデアを進んで取り入れるロールモデルとなるよう心がけています。