名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ちきりんの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ちきりんのプロフィール

ちきりん。ブロガー、作家。関西出身。証券会社勤務、米国大学院留学、外資系企業勤務などを経て独立。人気ブログ「Chikirinの日記」を運営。著書に『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』『未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる』『マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』。

ちきりんの名言 一覧

元が同じ情報でも、100人いれば100通りの思考ができる。個人にとっても、企業にとっても、そこが勝負のしどころ。


思考とは知識を並べ立てることではなく、ある知識を基に意見や結論を導き出すこと。まさに、考えること。


ネットでは無理やり意見を1つに決める必要がない。誰もが自分のアタマで考えた結果をネット上で表現できて、どれが一番正しいかを決める必要もない。


働くことは好きですし、懸命に働いている人を尊敬もしています。でもだからといって「必死に働くことが最善である」という価値観を全員に押しつける社会には違和感を覚えるんです。人生はかくあるべしという考えを統一してはいけない。たくさんの選択肢が並存している社会の方が多様性があって豊かだと思う。


思考を始める時点では、情報はほんの少しでいいんです。そこから思考を始める。すると、なんだかおかしい結論にしかたどり着けない。そこで足りない情報に気づく。その情報をインプットする。また思考する。これを続ければおのずと情報収集と思考の割合は半々になる。


私は以前、外資系企業で、法人顧客の財務戦略を立案する仕事をしていました。初めの頃は、自分の意見を上司に伝えても「これは本当に自分のアタマで考えたのか?」と突っ込まれてばかりで。当時の上司に日々鍛えられ続けて、自分だけの考えを徹底的に突き詰めるコツを身につけることができた。完全なるOJTの賜物です。


これからの時代は、知識の価値はどんどん下がっていく。今やネットで検索すれば大抵のことは自分で調べられますから、物知り博士のありがたみは薄れている。知識だけでは差別化しにくくなっている。こんな時代だからこそ、思考力がモノを言うようになる。


多くの人は仕事や生活の中で、「自分は十分に考えている」と思っているものです。でも実際は、情報を集めて分析・加工するところまではできても、自分のアタマで考えられている人はあまりいません。


ちきりんの経歴・略歴

ちきりん。ブロガー、作家。関西出身。証券会社勤務、米国大学院留学、外資系企業勤務などを経て独立。人気ブログ「Chikirinの日記」を運営。著書に『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』『未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる』『マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』。

他の記事も読んでみる

杉田裕介

創業者が口癖のように、年商1千億と言っていたので、まずはそれを目標にしたい。そうなると、今の業態だけではなく、新たな業態を作りあげる必要がある。


和田明広

「市場の声なんか聞くな」という立場なんです私はいつも。車の場合で言うと、市場の声を聞けば聞くほど、重くて大きくて、使いにくくて高いモノになる。あげくに市場を失ってしまうことになります。


長島徹

企業の融合、つまり人の和をつくる作業は、人任せにするのではなく、トップが主導してやるべきです。


北沢利文

これから拡大する恐ろしいリスクとしてはサイバー攻撃があります。さらに自然災害。水害や暴風により致命的なダメージを受ける可能性もありますので、保険をかけたいというニーズが高まってくると見ています。大企業だけでなく中小企業にも需要開拓の余地が十分あると見ています。


北島素幸

年を取ったら、体力的には若い時のようにはいかないけど、商売の規模を小さくすれば仕事は追究できるだろうと思っています。大規模にしちゃったら、他人の心配ばかりになって自分らしい仕事が究められなくなるんじゃないのかな。そういう進路も含めて、若い頃から考えておいたほうがいいことだとは思う。結局、このへんの選択は「考え方」が問われることになるから。


小山田隆(銀行家)

合気道は、争うよりは相手の力を上手く活用しながら、制していくものです。大事なのは「気」を読む、あるいは相手の「気」をこちらに合わせる、マネージすることが極めて重要。


古森重隆

技術によって、イノベーションによって新たな良い製品を生み出していく。それを当社の戦いの基本。


山極寿一(山極壽一)

直接は関係ないようなアイデアから、色々なイノベーションが起こってくることはよくあります。iPS細胞も、発生学と医学という、もともとはあまり関係のなかった分野がつながることで生まれたものです。異分野の人たち同士の接触が、イノベーションの大きな原動力なのかもしれません。


小山昇

今までのやり方でダメだったのなら、さっさとそのやり方を捨てて、違う方法を試してみるべき。


中本晃

当社には創業当時から140年以上変わらないことがあります。「科学技術で社会に貢献する」。当社の社是です。分かりやすく、揺るぎない。創業以来、目指すものが変わっていないからこそ、従業員に自然と浸透しています。


瀬戸雄三

そもそもトップダウンがうまくいかないような企業は、組織として重症。トップダウンは当たり前で、その上で、ボトムアップが機能しなければいけない。


中村貞裕

アーティストや建築家は二番煎じを否定、ゼロから1を作る。だから事務所がストイックな雰囲気になる。トレンドを作るときはもっと活き活きとしていることが必要。だからゼロからではなく、1を沢山つくってそこから大きくするという発想が大切です。