名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ちきりんの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ちきりんのプロフィール

ちきりん。ブロガー、作家。関西出身。証券会社勤務、米国大学院留学、外資系企業勤務などを経て独立。人気ブログ「Chikirinの日記」を運営。著書に『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』『未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる』『マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』。

ちきりんの名言 一覧

元が同じ情報でも、100人いれば100通りの思考ができる。個人にとっても、企業にとっても、そこが勝負のしどころ。


思考とは知識を並べ立てることではなく、ある知識を基に意見や結論を導き出すこと。まさに、考えること。


ネットでは無理やり意見を1つに決める必要がない。誰もが自分のアタマで考えた結果をネット上で表現できて、どれが一番正しいかを決める必要もない。


働くことは好きですし、懸命に働いている人を尊敬もしています。でもだからといって「必死に働くことが最善である」という価値観を全員に押しつける社会には違和感を覚えるんです。人生はかくあるべしという考えを統一してはいけない。たくさんの選択肢が並存している社会の方が多様性があって豊かだと思う。


思考を始める時点では、情報はほんの少しでいいんです。そこから思考を始める。すると、なんだかおかしい結論にしかたどり着けない。そこで足りない情報に気づく。その情報をインプットする。また思考する。これを続ければおのずと情報収集と思考の割合は半々になる。


私は以前、外資系企業で、法人顧客の財務戦略を立案する仕事をしていました。初めの頃は、自分の意見を上司に伝えても「これは本当に自分のアタマで考えたのか?」と突っ込まれてばかりで。当時の上司に日々鍛えられ続けて、自分だけの考えを徹底的に突き詰めるコツを身につけることができた。完全なるOJTの賜物です。


これからの時代は、知識の価値はどんどん下がっていく。今やネットで検索すれば大抵のことは自分で調べられますから、物知り博士のありがたみは薄れている。知識だけでは差別化しにくくなっている。こんな時代だからこそ、思考力がモノを言うようになる。


多くの人は仕事や生活の中で、「自分は十分に考えている」と思っているものです。でも実際は、情報を集めて分析・加工するところまではできても、自分のアタマで考えられている人はあまりいません。


ちきりんの経歴・略歴

ちきりん。ブロガー、作家。関西出身。証券会社勤務、米国大学院留学、外資系企業勤務などを経て独立。人気ブログ「Chikirinの日記」を運営。著書に『「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記』『未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる』『マーケット感覚を身につけよう 「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法』。

他の記事も読んでみる

林野宏

本の要約で大切なのは、本に読まれないこと、本の内容を丸呑みしないことです。書いてあることが全部正しいわけではないし、自分と考え方が違う部分もあります。そういう部分は飛ばしてしまうか、リライトしてしまいます。そして、重要なこと、面白いことだけを短い文章で個条書きにするのです。最初はずいぶん時間がかかっていましたが、いまではA4二枚のレポートを1時間ほどで書き上げることができます。


平田好宏

当社の店舗では、どの店舗でも簡単なフットケアやボディケアの機材による体験コーナーを設けています。こちらは月に3000円~5000円の会費をいただいて来てもらうのですが、再来店してもらう仕掛けとして今後も積極的に行っていきたい。


堀史朗

なぜ心の問題が身体の不調につながるのでしょうか。人間の行動は脳の頭頂葉によって司られており、ここに脳内伝達物質が正常に循環していれば問題ないのですが、ストレスなどで脳内伝達物質が減ると、身体を動かす働きが鈍くなります。その結果、体が重くなる、あるいは頭痛や肩こりといった症状が出てくるのです。初期は「なんとなく疲れやすいな」くらいですが、中期になると肩こりや耳鳴り、頭痛など具体的な症状が表われ出し、睡眠にも支障が出てきます。そして末期になるとパニック障害やうつ病、最悪の場合過労死にも至ります。


川田修(ライフプランナー)

新しいステージにいきたいなら、まずは、スキルの棚卸しをして、「差別化」できるかを確認してみましょう。できなかったら、今の仕事の基準値を探して、ちょっと上を目指す。休日はその感性を養い、準備をしたらいい。


丹羽宇一郎

何のためにやっているのかよくわからないのに、とにかく時間を費やしているのは努力するふりをしているだけです。正しく努力するコツは、「何のために」という目的を常に意識することだと思います。


杉田敏

語学の修得には時間がかかります。しかし、逆にいえば、時間をかけて学習を続けていけば着実に成果は上がっていきます。年に一度、TOEICや英検を受けて、自分の実力がどの程度か見極めながら、学習していくのも良いと思います。


小松俊明

仕事のスピードと質の関係は、どちらか一方を取ったらもう一方を捨てなければいけないというものではない。一番理想的なのは、一定のクオリティは保ちながらも、スピードは「ちょっと速め」を心がけることだ。その結果、平均より正確だとか、平均より優れているという人は能力が高いし、どこの職場でも重用されるだろう。


玉川勝

インドでは幹部や若手の引き抜き合戦が盛んで、当社も人材流出に悩んだ時期がありました。そこで人事制度を改革しました。ソニーで働くと、将来的にどんなポジションが期待できるのかを説明し、スキルを高めるための研修も始めました。優秀な人材は、インド以外の地域に赴任させるなど、国境を越えた人事を増やしています。


小宮一慶

仕事の出来ない経営幹部や管理職によく見られるのが、具体的な数字を示さないで「売れています」とか「落ちています」とか、あるいは「もうちょっと」「だいぶ」などと漠然とした言い方をすることです。できるビジネスマンなら会議やプレゼンはもちろん、日常会話でも「○○円売れた」「ゴールに対していま、○○%の達成率」とか、「先月に比べて○○%増(減)」などと具体的な言い方をします。


高杉晋一

それぞれの人の人生観なり哲学は、本人が意識するしないにかかわらず、その人が重大事態に直面したとき、行動となって現れるものだ。


宮内義彦

オリックスでは、以前から「オリックスの経営陣は『中長期的にこの会社の成長を見届けたい』という株主を重視している」と繰り返し株主に伝えてきました。これは暗に「短期的な投資効率を追求しようとする株主の期待に応えるつもりはない」ということを意味しています。それを許せないと思う方はどうぞ株を売ってくださいという意味です。経営者が株主像を明確に示し続けることで、少しずつでも経営者の思い描く株主像と実際の株主構成とを近づけていく努力は大切だと思います。


安田隆夫

危機に陥るたびに、それを脱して立ち上がり、さらなる成長拡大を遂げるという繰り返しが、これまでのドン・キホーテの歴史だった。