名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

たむらけんじの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

たむらけんじのプロフィール

たむらけんじ。日本のお笑いタレント、経営者。高校の同級生とお笑いコンビを結成しプロ活動を開始。その後解散してピン芸人として大阪を拠点に活動。義母の経営していた焼き肉店を引き継ぐことになり、『炭火焼肉たむら』としてリニューアル。その後順調に業績を伸ばし複数店舗を運営するまでに成長させた。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生。著書に『なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?』『たむらけんじのホンマは教えたくない 味が! 満足度が! オカンが! A級大阪グルメガイド』ほか。

たむらけんじの名言 一覧

僕はホンマにビビリですねん。裸に獅子舞でテレビに出てますけど、ガラスのハートです。けど経営者としては、数字に関してそれくらい慎重でいいと思ってますわ。


一番は実践ですね。一応、会計の本とか読みましたけど、なんのこっちゃわからなくなって、眠くなるんですよ。あくまで副業ということもあって、基本を押さえたら経験しながら覚えました。いまは「赤字でなければ、現場に任せる」という方針です。


いろんな意味で、数字が大きくなりすぎないように注意して見ています。経費はもちろんのこと、店舗数も増やしすぎない。売上もです。売上がドカンと増えたら、何か原因があるはずです。そのまま上がり続けるということはないのですから、それが普通だと思うのは危険です。


これは経営の師匠といえる方から教えていただいたのですが、「何かあったら逃げられる」ようにしておくことを重視しています。たとえば2号店の賃貸契約は5年間入居し続けるという縛りがあります。でも、5年というと長いので、どうなるかわかりません。そこで2号店だけ別会社にしているんです。ひとつの会社で全部やっていたら、そこが駄目となると全部倒れてしまうけど、別の法人をつくっておけば、最悪その会社だけ売っても本体は残ります。もし会社が潰れたら芸人活動にも響いてきますから、小さくても堅実にやっていきたいんです。


お店については副業なのだから借金してまでやることじゃない、と思っています。プロデュース商品もいろいろと販売しているんですが、それについても弊社が在庫を抱えないようにしています。唯一、カレーだけは自社でつくっていますが、それ以外は全部、ロイヤリティにしているんです。また、「フランチャイズにしないか」というお話をいただいたこともありましたが、これもお断りしました。どちらもリスクを背負って挑戦する話ですが、大きなリターンよりも低リスク優先です。


経営の数字に関して注意していることは、リスクを限りなく低くすることです。たとえば、普通店舗の運営には初期投資がかかり、その回収にまず3年くらいかかるといいますよね。でも2号店も3号店も「居ぬきでなければ無理」という条件を出して交渉し、ビルのオーナーに内装をほとんどやっていただき、初期投資をかなり安く抑えることができました。


利益よりも原価率に注意しています。飲食店の原価率は一般的に30%以内と言われているんですが、うちの原価率は37~40%くらいと高めなんです。「誰でも気軽に入れるお店」をコンセプトにしているので、値上げしてしまうと店のコンセプトが変わってしまいます。ですから値上げはせず、原価率を36%以内くらいに抑えようと努力しています。


各店舗から毎日、売上と原価率、客数などのデータがメールで送られてくるので、それは欠かさず見ています。僕の場合は、どちらかというと売上よりも客数を重視します。最初は売上ばかりを見ていたんです。ところが一度、ガクッと売上が減ったことがあったんです。でも、客数を見て「今日はこれだけの人が来てくださった」って想像すると、前向きになれたんです。


お店で儲けた利益というのは、僕にとってはゲームの世界のお金のような現実味がないものなんです。ゲーム感覚だから上手くいったのかもしれません。芸人として稼いだギャラは現実のお金です。でも副業の儲けについては、はじめからないものと捉えています。もちろん、従業員にちゃんと給料を出し、業者さんにも代金を払えることは最低限必要ですが、それ以上の大儲けをしようとは考えていないんです。


僕は人見知りでビビリなんで、何でも鵜呑みにしないで疑ってかかる性分なんです。だから業者さんから「うちに任せていただけたら、これだけ安くなりますよ」と言われても、「でも、そっちが儲かるようになってるんやろ。どんな仕組みでどんだけ儲かるんやろ」って考えます。そうやって聞き返すと、交渉の余地ができるんですわ。


たむらけんじの経歴・略歴

たむらけんじ。日本のお笑いタレント、経営者。高校の同級生とお笑いコンビを結成しプロ活動を開始。その後解散してピン芸人として大阪を拠点に活動。義母の経営していた焼き肉店を引き継ぐことになり、『炭火焼肉たむら』としてリニューアル。その後順調に業績を伸ばし複数店舗を運営するまでに成長させた。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生。著書に『なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?』『たむらけんじのホンマは教えたくない 味が! 満足度が! オカンが! A級大阪グルメガイド』ほか。

他の記事も読んでみる

押井守

僕が空手を始めて体力をつけたのは、何も若返りたいからではなく、映画監督という体力勝負の商売をしている以上、気力体力が欠かせないからである。そして、会社勤めと違ってスーツを着る必要がないから、ジーンズにスニーカーを履いている。


西井孝明

決断にはタイミングというものがある。そこでやめたら二度とできなかっただろう。


高島英也(髙島英也)

北海道にいた頃、早朝に北海道神宮の周辺を散歩していました。当時、在札幌ドイツ名誉領事を務めていたので、NHKラジオ講座の会話を聞きながら歩いていましたね。東京に転勤になった後も散歩の習慣が続いています。いまは引っ越しましたが、神奈川の新丸子という場所に住んでいました。そこから東京側に丸子橋を渡ると浅間神社があるんです。富士山信仰で富士見台があり、天気がいい日はきれいに見えるんです。神々しい気分になりましてね。何かエネルギーをもらえるのかなと思っているんです。


田村潤

「なぜラガーからスーパードライに鞍替えを?」とひっきりなしに宴席に顔を出し、その場にいる人にしつこく質問しました。泥くさいヒアリングです。しかしアンケートとはひと味違う声が拾えた。一つは「キリンは苦味が良かった」という本音。酒好きが多くラガーの飲みごたえこそ支持してくれていた人が多かった高知では、とくに味を変えたことに対する抵抗は強かった。もう一つは「スーパードライが売れていると聞き、飲んでみようと思って」という声でした。モノを選ぶなら「評価が高いモノ」を手にしたいのが人情。ドライの隆盛はまさにこの情報の力に支えられていたのです。そこでやるべきことは見えた。


樋口一

社員には「売りこみ過ぎないように」と言っています。以前、成績の良い営業マンの手法を検証したことがあるのですが、こちらから積極的に売り込みすぎると契約が取れない傾向があることが分かりました。


菊地敬一

多店舗展開に必要なのは、「寛容」と「忍耐」と「度胸」。この3つです。人に任せる寛容、彼らを信じる忍耐、新規出店する度胸。


戸塚隆将

ゴールドマン・サックスで新人の頃は、とにかくミーティング中は手を止めずにひたすらノートを取れ、と教わりました。相手の発言の意図がその場では理解できなくても、ノートに書いておけば後で見直せる。そうした積極的な姿勢を見せることで、相手からのアドバイスも得やすくなる。


山崎将志

仕事の優先順位をつけ、無駄を省かなければ、決められた時間内に仕事を終わらせることはできません。仕事をする時間は8時間なら8時間と決め、それを本当に実践することが第一歩です。


田中仁(経営者)

経営者は本当にピンチなときに進退を決するような決断をしなければならない。


荻田伍

スーパードライは発売から四半世紀が経ちました。どんな商品でもずっと売れ続けるとは思えません。今年は黒ビール「ドライブラック」で新しい価値を提案しているところです。


大須賀正孝

段取りなしであてずっぽうで売ろうとしても売れるものじゃない。


勅使河原茜

「私は何をやるべきなのか」と、当初は迷い悩みました。16年という歳月を経て思うのは、経験こそが私の宝だということ。今では様々な体験を踏まえて、「これで大丈夫」と言える場面が増えてきました。