名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

たむらけんじの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

たむらけんじのプロフィール

たむらけんじ。日本のお笑いタレント、経営者。高校の同級生とお笑いコンビを結成しプロ活動を開始。その後解散してピン芸人として大阪を拠点に活動。義母の経営していた焼き肉店を引き継ぐことになり、『炭火焼肉たむら』としてリニューアル。その後順調に業績を伸ばし複数店舗を運営するまでに成長させた。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生。著書に『なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?』『たむらけんじのホンマは教えたくない 味が! 満足度が! オカンが! A級大阪グルメガイド』ほか。

たむらけんじの名言 一覧

僕はホンマにビビリですねん。裸に獅子舞でテレビに出てますけど、ガラスのハートです。けど経営者としては、数字に関してそれくらい慎重でいいと思ってますわ。


一番は実践ですね。一応、会計の本とか読みましたけど、なんのこっちゃわからなくなって、眠くなるんですよ。あくまで副業ということもあって、基本を押さえたら経験しながら覚えました。いまは「赤字でなければ、現場に任せる」という方針です。


いろんな意味で、数字が大きくなりすぎないように注意して見ています。経費はもちろんのこと、店舗数も増やしすぎない。売上もです。売上がドカンと増えたら、何か原因があるはずです。そのまま上がり続けるということはないのですから、それが普通だと思うのは危険です。


これは経営の師匠といえる方から教えていただいたのですが、「何かあったら逃げられる」ようにしておくことを重視しています。たとえば2号店の賃貸契約は5年間入居し続けるという縛りがあります。でも、5年というと長いので、どうなるかわかりません。そこで2号店だけ別会社にしているんです。ひとつの会社で全部やっていたら、そこが駄目となると全部倒れてしまうけど、別の法人をつくっておけば、最悪その会社だけ売っても本体は残ります。もし会社が潰れたら芸人活動にも響いてきますから、小さくても堅実にやっていきたいんです。


お店については副業なのだから借金してまでやることじゃない、と思っています。プロデュース商品もいろいろと販売しているんですが、それについても弊社が在庫を抱えないようにしています。唯一、カレーだけは自社でつくっていますが、それ以外は全部、ロイヤリティにしているんです。また、「フランチャイズにしないか」というお話をいただいたこともありましたが、これもお断りしました。どちらもリスクを背負って挑戦する話ですが、大きなリターンよりも低リスク優先です。


経営の数字に関して注意していることは、リスクを限りなく低くすることです。たとえば、普通店舗の運営には初期投資がかかり、その回収にまず3年くらいかかるといいますよね。でも2号店も3号店も「居ぬきでなければ無理」という条件を出して交渉し、ビルのオーナーに内装をほとんどやっていただき、初期投資をかなり安く抑えることができました。


利益よりも原価率に注意しています。飲食店の原価率は一般的に30%以内と言われているんですが、うちの原価率は37~40%くらいと高めなんです。「誰でも気軽に入れるお店」をコンセプトにしているので、値上げしてしまうと店のコンセプトが変わってしまいます。ですから値上げはせず、原価率を36%以内くらいに抑えようと努力しています。


各店舗から毎日、売上と原価率、客数などのデータがメールで送られてくるので、それは欠かさず見ています。僕の場合は、どちらかというと売上よりも客数を重視します。最初は売上ばかりを見ていたんです。ところが一度、ガクッと売上が減ったことがあったんです。でも、客数を見て「今日はこれだけの人が来てくださった」って想像すると、前向きになれたんです。


お店で儲けた利益というのは、僕にとってはゲームの世界のお金のような現実味がないものなんです。ゲーム感覚だから上手くいったのかもしれません。芸人として稼いだギャラは現実のお金です。でも副業の儲けについては、はじめからないものと捉えています。もちろん、従業員にちゃんと給料を出し、業者さんにも代金を払えることは最低限必要ですが、それ以上の大儲けをしようとは考えていないんです。


僕は人見知りでビビリなんで、何でも鵜呑みにしないで疑ってかかる性分なんです。だから業者さんから「うちに任せていただけたら、これだけ安くなりますよ」と言われても、「でも、そっちが儲かるようになってるんやろ。どんな仕組みでどんだけ儲かるんやろ」って考えます。そうやって聞き返すと、交渉の余地ができるんですわ。


たむらけんじの経歴・略歴

たむらけんじ。日本のお笑いタレント、経営者。高校の同級生とお笑いコンビを結成しプロ活動を開始。その後解散してピン芸人として大阪を拠点に活動。義母の経営していた焼き肉店を引き継ぐことになり、『炭火焼肉たむら』としてリニューアル。その後順調に業績を伸ばし複数店舗を運営するまでに成長させた。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生。著書に『なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?』『たむらけんじのホンマは教えたくない 味が! 満足度が! オカンが! A級大阪グルメガイド』ほか。

他の記事も読んでみる

井上礼之

ダイキン工業は現在、世界に80以上の生産拠点を抱え、約150カ国・地域で事業展開している。グループで約6万人の従業員が勤めており、その8割を外国人が占める。従業員も顧客も、言語が違えば文化や宗教も異なる。多様な価値観を是としなければ経営は成り立たない。


田中栄

現状のビジネスが成り立たなくなるということは、それに代わる新しい事業やサービスが生まれるということ。それを自らつくることができる人材は必ず重宝がられる。


大野直竹

静岡支店に配属されて17年ほど経ったある日、当時の上司で取締役特建事業部長だった樋口武男現会長から電話をいただいた。転勤の内示でした。転勤したくないみたいなことも言ったんですけど、サラリーマンですから通るはずがない。転勤先は新潟。調べてみたら、当時の新潟支店は伸び悩んでいた。「これから大変だなぁ」って思いながら支店長として赴任したんです。でも新潟の地場の皆さん、企業さんとお付き合いさせていただくと、予想外に楽しいことがいっぱいあった。おかげさまで4年と8か月、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました。後から感じたのは、新潟転勤は会社が私のためにやってくれたことだったということ。「あいつも静岡が随分長くなったから、この辺でもうちょっと活躍の場を与えてやろう」という配慮だったんですね。


森川徹治

仕事で経営者に会うと「しんどい」という方が多かった。それは、人間関係や資金繰りに追われ、価値創造に力を向ける余裕がなかったことが要因。そこで、情報でその問題を解決し、価値創造できる環境を提供したいと起業しました。


ジョン・キム(法学者)

緊張感をもって瞬間を生きている人は、たとえ社会人一年目であっても、鬼気迫るものを感じさせます。人はそうした相手に会うと、「自分の権威で振り回していい相手ではない」と本能で察知します。そして尊重しようとします。集中力は仕事の効率を高めるだけのものではありません。媚びない自分をつくるためのものでもあるのです。


渡文明

大事にしていることは、ガッツを持つ、あるいは逆境に強くなるということ。


佐々淳行

人を大事にすれば、それは自分に戻って来る。


ロバート・キャンベル

アメリカやカナダの第1線で働く日本研究者の多くが通過している高度な学習センターが東京にあるのですが、そこで日本研究の素地になる専門的な日本語を集中して学びました。授業後は、東京の街に出るのが楽しくてね。芝居を観たり、映画を観たり、飲みに行ったりして。その1年間は、僕にとって大きかった。演劇や文学にかかわる多くの人に引き合わせてもらい、アメリカでは絶対にできないことを経験したので、これからも「日本に関わる仕事をずっとやっていきたいな」と思い立ちました。


鈴木啓介(経営者)

患者さんの安全を優先することで医師にも信頼してもらえる。営業は無理に売らなくていい。


高橋俊之

「物事の全体を構造的に捉えるよう」意識してみることが大切です。たとえば、営業マンが自社商品を採用してもらうための施策を考えるときに陥りやすいのが、「価格を下げれば売れる」「何度も足を運べばいい」などと、一番気にしていることの成果だけ挙げて終わってしまうことです。それを「購入に影響を与えている要素は何?」と、全体の構造をまず捉えるように考えていくわけです。


前村哲路

不景気の影響は大きい。事実として、価格を安くしても、簡単には買っていただけません。私は、お客様の要求は大きく4つあると考えています。「品質」「品揃え」「サービス」、そして「価格」です。日本の製造業が世界的に強いのは、お客様の目が厳しいからでしょう。4つの要素に応えなければ生き残れません。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

独身者の強みは、家族を気にすることなく、思い切った生き方ができることです。誰に気兼ねすることなく起業できますし、外国に渡ることもできます。その特権を生かさなければ、もったいない。