名言DB

9412 人 / 110637 名言

たむらけんじの名言

twitter Facebook はてブ

たむらけんじのプロフィール

たむらけんじ。日本のお笑いタレント、経営者。高校の同級生とお笑いコンビを結成しプロ活動を開始。その後解散してピン芸人として大阪を拠点に活動。義母の経営していた焼き肉店を引き継ぐことになり、『炭火焼肉たむら』としてリニューアル。その後順調に業績を伸ばし複数店舗を運営するまでに成長させた。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生。著書に『なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?』『たむらけんじのホンマは教えたくない 味が! 満足度が! オカンが! A級大阪グルメガイド』ほか。

たむらけんじの名言 一覧

僕はホンマにビビリですねん。裸に獅子舞でテレビに出てますけど、ガラスのハートです。けど経営者としては、数字に関してそれくらい慎重でいいと思ってますわ。


一番は実践ですね。一応、会計の本とか読みましたけど、なんのこっちゃわからなくなって、眠くなるんですよ。あくまで副業ということもあって、基本を押さえたら経験しながら覚えました。いまは「赤字でなければ、現場に任せる」という方針です。


いろんな意味で、数字が大きくなりすぎないように注意して見ています。経費はもちろんのこと、店舗数も増やしすぎない。売上もです。売上がドカンと増えたら、何か原因があるはずです。そのまま上がり続けるということはないのですから、それが普通だと思うのは危険です。


これは経営の師匠といえる方から教えていただいたのですが、「何かあったら逃げられる」ようにしておくことを重視しています。たとえば2号店の賃貸契約は5年間入居し続けるという縛りがあります。でも、5年というと長いので、どうなるかわかりません。そこで2号店だけ別会社にしているんです。ひとつの会社で全部やっていたら、そこが駄目となると全部倒れてしまうけど、別の法人をつくっておけば、最悪その会社だけ売っても本体は残ります。もし会社が潰れたら芸人活動にも響いてきますから、小さくても堅実にやっていきたいんです。


お店については副業なのだから借金してまでやることじゃない、と思っています。プロデュース商品もいろいろと販売しているんですが、それについても弊社が在庫を抱えないようにしています。唯一、カレーだけは自社でつくっていますが、それ以外は全部、ロイヤリティにしているんです。また、「フランチャイズにしないか」というお話をいただいたこともありましたが、これもお断りしました。どちらもリスクを背負って挑戦する話ですが、大きなリターンよりも低リスク優先です。


経営の数字に関して注意していることは、リスクを限りなく低くすることです。たとえば、普通店舗の運営には初期投資がかかり、その回収にまず3年くらいかかるといいますよね。でも2号店も3号店も「居ぬきでなければ無理」という条件を出して交渉し、ビルのオーナーに内装をほとんどやっていただき、初期投資をかなり安く抑えることができました。


利益よりも原価率に注意しています。飲食店の原価率は一般的に30%以内と言われているんですが、うちの原価率は37~40%くらいと高めなんです。「誰でも気軽に入れるお店」をコンセプトにしているので、値上げしてしまうと店のコンセプトが変わってしまいます。ですから値上げはせず、原価率を36%以内くらいに抑えようと努力しています。


各店舗から毎日、売上と原価率、客数などのデータがメールで送られてくるので、それは欠かさず見ています。僕の場合は、どちらかというと売上よりも客数を重視します。最初は売上ばかりを見ていたんです。ところが一度、ガクッと売上が減ったことがあったんです。でも、客数を見て「今日はこれだけの人が来てくださった」って想像すると、前向きになれたんです。


お店で儲けた利益というのは、僕にとってはゲームの世界のお金のような現実味がないものなんです。ゲーム感覚だから上手くいったのかもしれません。芸人として稼いだギャラは現実のお金です。でも副業の儲けについては、はじめからないものと捉えています。もちろん、従業員にちゃんと給料を出し、業者さんにも代金を払えることは最低限必要ですが、それ以上の大儲けをしようとは考えていないんです。


僕は人見知りでビビリなんで、何でも鵜呑みにしないで疑ってかかる性分なんです。だから業者さんから「うちに任せていただけたら、これだけ安くなりますよ」と言われても、「でも、そっちが儲かるようになってるんやろ。どんな仕組みでどんだけ儲かるんやろ」って考えます。そうやって聞き返すと、交渉の余地ができるんですわ。


たむらけんじの経歴・略歴

たむらけんじ。日本のお笑いタレント、経営者。高校の同級生とお笑いコンビを結成しプロ活動を開始。その後解散してピン芸人として大阪を拠点に活動。義母の経営していた焼き肉店を引き継ぐことになり、『炭火焼肉たむら』としてリニューアル。その後順調に業績を伸ばし複数店舗を運営するまでに成長させた。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校11期生。著書に『なぜド素人経営者の焼肉屋は繁盛したのか?』『たむらけんじのホンマは教えたくない 味が! 満足度が! オカンが! A級大阪グルメガイド』ほか。

他の記事も読んでみる

村口和孝

「顧客の現実の存在に対して商品を企画すること」に成功せずして、事業の成功はあり得ない。顧客とは誰で、どのくらいの世の中に居て、それはどんな生活を送っている人、または会社なのだろうか。その人または会社は、当社の商品を購入するのだろうか。想定顧客が存在し、想定顧客が満足する様な商品を企画開発出来ているかどうか。


永守重信

最近の若手は海外勤務を嫌がらず、むしろ心待ちにしているようなのです。彼らの姿に接し、私は日本電産が将来ますます強い会社になると確信しています。もっとも、日本全体を眺めると、こうしたアグレッシブさはずいぶん薄まってきているように思われます。この意識を変えなければ、急激な国力の低下は押しとどめようがないでしょう。


山﨑賢人(山崎賢人)

「智」じゃないですかね、知識が足りてないから(笑)。でも、欠けていることがむしろ強さの源になるっていうこの物語のように、あんまり頭でっかちで考えすぎるよりも、知らないからこそ突き進んでいける強みもあるんじゃないかって。できない奴って思われていたほうが、結果を出したときにより評価してもらえますし(笑)。

【覚え書き|舞台『里見八犬伝』に出演したとき、「授かるとしたらどの玉か」と問われて】


大橋徹二

イノベーションとは、お客様との新しい価値創造。


和田秀樹

お金持ちがトラブルに強いのは、物事にトラブルがつきものだと知っているから。だから、損切りができるし、準備も怠らない。ある程度はこんなミス、トラブルがありそうだと考えて備える。対策を立てておく。


飯島彰己

日本が弱るということは、我々の活動も弱るということ。海外ばかりで稼いで、その土台が砂上の楼閣になってしまっては困る。新しい産業の育成などを通して、少しでも日本経済の活性化に貢献する必要がある。それに、政官財が一体になって動かないと、これからのグローバル競争の中では勝ち抜けない。


辻庸介

お金って手段ですよね。物々交換のための。でも、この単なる手段のために、我々の人生はものすごく制約を受けているし、そういう人生はあまり楽しくない。だから、お金からある程度自由になりつつ、お金をうまく使えるようになるためのお手伝いをしたいと思ったんです。日本人はお金の使い方・扱い方に関する教育を十分に受けていないし、お金の話は、依然として、後ろめたいものとして捉えられがち。「お金を前へ。」は、そうした現状の改善に役に立ちたいという気持ちを表現した言葉です。


田中健一(経営者)

仕事の一番の面白さは、自分のアイデアが活かせることだと思います。


村田昭治

創造の源は経営理念であり、時代適応のために会社内に議論をたぎらせて、大きなエキサイトメントを引き出すことが必要。


中村獅童(二代目)

僕が特に気をつけているのは、1日が終わったら気持ちを「リセット」すること。連日の舞台で役に慣れきらないよう、翌日は新たな気持ちで臨む。役者だから、芝居の流れや結末は当然知っています。でも舞台では、その一瞬一瞬を初めてのこととして演じなければなりません。


水口和彦

相手にとって返信しやすいメールを送ることも、仕事の効率を上げる上で重要なポイントです。たとえば、日程を調整する場合にはあらかじめ選択肢を提示する、あるいは要点を個条書きにまとめるなど、相手が読んでわかりやすい、決断しやすい工夫も必要でしょう。読みやすいメールほど相手は返信しやすいですし、相手からの返信が早ければ、結果的に自分の仕事もはかどります。


三木雄信

私は20代半ばでソフトバンクに転職をした。入社面接の際、孫正義社長から「三木君は英語はできるよね」と聞かれ、思わず「日常会話程度なら」と答えてしまった。初めて孫社長の海外出張に同行したときにボロが出た。行き先は、シリコンバレーのヤフー本社。創業者のジェリー・ヤンや初代CEOのティム・クーグルなど錚々たるメンバーとのミーティングだ。私は一言もしゃべることができないどころか、彼らの英語を聞き取ることさえできなかった。あまりに黙っているので、ティム・クーグルから「恐るべき男だな!」と声をかけられたのだけは覚えている。孫社長は呆れた表情で私を見ている。このままではクビになる。そう覚悟した私は「交渉で負けない英語力を一年間で身につける」という必達目標を自らに課した。


大橋洋治

私は若い連中がやっているのを手助けしていただけ。変化を起こすのは若い人たちだというのは、いつの時代でも同じ。


張瑞敏

過去に構築された仕組みを捨て、一から作り直さなければなりません。それをできるかが、激変する世界で生き残れるかどうかを決めると思います。


野口吉昭

小学生には、翌日の授業で必要なものをまずランドセルに詰めてから遊びに行くタイプと、当日の朝、家を出る直前にバタバタと準備するタイプがいます。一見直前に集中してやる当日の朝タイプが効率的なようですが、もし途中で忘れ物に気づいて取りに戻るなどをしたら、結局は余計に時間を費やすことになります。これは大人も同じです。