名言DB

9412 人 / 110637 名言

しりあがり寿の名言

twitter Facebook はてブ

しりあがり寿のプロフィール

しりあがり寿、しりあがり・ことぶき。日本の漫画家、マーケッター。静岡県出身。多摩美術大学卒業後、麒麟麦酒(キリンビール)に入社。サラリーマンとしてマーケティング業務に携わりながら漫画家として活動。その後独立し、専業漫画家になった。主な受賞に紫綬褒章受章、『時事おやじ2000』『ゆるゆるオヤジ』で文藝春秋漫画賞、『弥次喜多 in DEEP』で手塚治虫文化賞マンガ優秀賞、『あの日からのマンガ』で文化庁メディア文化祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。

しりあがり寿の名言 一覧

それまでの既成の価値観にとらわれていたら、新しいマンガなんて描けるわけがない。


来年は還暦。ふた回り目の人生がはじまるわけで、あらためて追求していきたいですね。まだ、なんかあるんじゃないかって。


会社員を辞めて36歳でマンガ家になった。でもなかなか売れず、40代は不安でね。売れたい一心で描きたくないものまで描いちゃって、後悔してますよ。


サラリーマン時代の経験は当然、大いに役立っています。たとえば、マーケティングに携わった経験上、売れる・売れないはある意味博打だということを痛感していました。だからこそ焦らず、独自の道を貫くことができたと思います。独自の道を行きすぎて、今では漫画界の「辺境」に来てしまいましたが(笑)。


ずっとサラリーマンと漫画家の「二足のわらじ」生活を続ける選択肢もあったと思います。漫画家としても、サラリーマンの世界を知っていることは大きなメリットでしたし、一方、会社でも「マンガが描ける人」ということで、いろいろなプロジェクトに参加させてもらえました。でも、徐々に「どちらも中途半端になってしまうんじゃないか」という思いが芽生えてきたのです。当時、吉田戦車さんのような新しい漫画家が出てきて、このままでは取り残されるという危機感もありました。一方、会社でキャリアを積むためには、地方への転勤も覚悟しなければならない年代に来ていました。どちらかの自分を「リストラ」しなければ、すべて中途半端になってしまう。そう思い、36歳のときに独立を選んだのです。


どこかで自分の一部を「リストラ」するタイミングは、誰にでもあるはずです。でも、リストラされたほうの経験も、必ずいつか生きてくるはずです。


紫綬褒章をいただいたことには、何より自分が一番びっくりしています。理由は正直わかりませんが、私が普通の漫画家と比べ、いろいろな分野に挑戦してきたこと、また、社会から目をそらさなかったことを評価してくれたからかな、と思います。


不安はいまでもありますよ。不安だから柄にもなく、大学の教授をやってみたりね。だって一応、定期的な収入があったほうがいいんじゃないですか。こう見えて、心配性の、超安定志向なんです(笑)。


40代に入ってすぐ、文藝春秋漫画賞や手塚治虫文化賞をいただいたんですけど、本はそれほど売れない(笑)。やっぱり僕が目指したものと、みんながほしいものとは違うのかな、と思ってね。もっと噛み砕いて描いたほうがいいのかなと思って、40代は「わかりやすいもの」を目指したり、ほかにもいろいろ手を広げたりしたんですけど、もっと自分の描きたいものをつきつめればよかったなあ……と。だって人の思いつかない視点で描かなければ、自分でマンガを描く意味ないでしょ? ですからこれからもっと攻めていきたいんです。


しりあがり寿の経歴・略歴

しりあがり寿、しりあがり・ことぶき。日本の漫画家、マーケッター。静岡県出身。多摩美術大学卒業後、麒麟麦酒(キリンビール)に入社。サラリーマンとしてマーケティング業務に携わりながら漫画家として活動。その後独立し、専業漫画家になった。主な受賞に紫綬褒章受章、『時事おやじ2000』『ゆるゆるオヤジ』で文藝春秋漫画賞、『弥次喜多 in DEEP』で手塚治虫文化賞マンガ優秀賞、『あの日からのマンガ』で文化庁メディア文化祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。

他の記事も読んでみる

ジョン・キム(法学者)

「感情」「理性」「言葉」「行動」。これら4つを統制する力を磨き、さらにそれらを統合したとき、人は自信に満ち溢れた独立した存在になるのだと思います。


小野寺五典

重要なのはイノベーション。新しい発想が出てこなければ、本当の意味での経済の好循環につながらない。


塚本康浩

人は話してみないとわからない。逆に言えば話せばわかる。


石井住枝

私が会話をするときに心がけていることは、自分の立ち位置を見極めることです。状況を観察し、どのスタンスで話をするか、考えます。


西澤敬二

さらに新たなビジネスモデルにチャレンジしていかなければいけない。今後の競合はどこになるかまだ見えないが、お客様の立場に立って徹底的に取り組んでいく。


後藤玄利

コンサルタント時代、「米国では本社の優秀なコンサルタントがレイオフされている」。そんな情報が届き、情報収集をしてみたら、「彼らはクビになったのではなく、自らスピンオフ(独立)してITベンチャーを立ち上げ、うまくやっている」と。


松﨑暁(松崎暁)

当社はすべてが自社の企画商品ですから、同じものはマーケットにない。これはやっぱり大きいですね。創設当初は商品判定会というのがあり、外部のデザイナーなどで構成したアドバイザリーボードの方々や堤さんが参加していました。ここで彼らに認められなければ商品として発売できなかった。今も月に1回、アドバイザリーボードのメンバーと意見交換があります。


山田隆持

支店やショップに行くと、現場の雰囲気が本当に把握できます。学ぶことが多いですし、本社の施策をダイレクトに伝えられます。思わぬメリットとして、経営層が現場に行くと、本社の社員が現場のことを勉強するようになったんです。現場が喜ぶ提案が上がるようになりました。これは嬉しかったですね。


ドナルド・トランプ

混乱から変革が生まれる。必要に迫られてこそ創造性を発揮する余地ができる。


松井忠三

トップとして組織を引っ張っていくには「本質が見える」ことも大事です。いくら経営の本に書いてあることでも、実態にそぐわないものに一生懸命取り組んでも仕方ありません。その場合、違う方法を考えるしかなく、それを見つけるには本質を見る力がないと難しいでしょう。


倉本圭造

重要なのは、自分の居場所に根を張りつつ、最先端にもアンテナを張っておくこと。そういうバランスの取れたマイペースさこそが大切。


夏川賀央

もはやコツコツ地味に働いても、必ずしも出世は望めません。むしろ、変化の激しい時代は、他とは違う個性的な人材にこそみんなの期待が集まるのです。過重労働とストレスから解放され、自分の楽しいこと、好きなことに時間を使う。そしてそれが仕事のうえでもプラスになるなら、残業なんてしている暇はないのではないでしょうか。


小林亮介(経営者)

テーマを絞ることで、より関心度の高い方、勉強したいと思っている方が集まる。


松井利夫

内観を実践していると、カン違いに気づくということはすごくあります。たとえば、「やさしくする」「親切にする」ことと「甘やかす」こととは、言葉のうえでは別物です。しかし、現実には一緒になっていたりする。「忙しい」と「忙しがっている」もそう。また、「オレは人に親切だ、人を褒めて上手に使っているんだ」と思いこんでいても、たんにおだててお世辞を言って、自分の言いなりに人をうまく手の上でコロコロと転がそうとしているだけのことだったりする。「ほめる」と「おだてる」は違う。こういうとんでもないカン違いに、少しずつ気づくようになりました。


和田一浩

バッティングはこの先も伸ばしていきたい。筋力が落ちた分は技術でカバーして、いまある体を上手く使っていきたい。