しりあがり寿の名言

しりあがり寿のプロフィール

しりあがり寿、しりあがり・ことぶき。日本の漫画家、マーケッター。静岡県出身。多摩美術大学卒業後、麒麟麦酒(キリンビール)に入社。サラリーマンとしてマーケティング業務に携わりながら漫画家として活動。その後独立し、専業漫画家になった。主な受賞に紫綬褒章受章、『時事おやじ2000』『ゆるゆるオヤジ』で文藝春秋漫画賞、『弥次喜多 in DEEP』で手塚治虫文化賞マンガ優秀賞、『あの日からのマンガ』で文化庁メディア文化祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。

しりあがり寿の名言 一覧

それまでの既成の価値観にとらわれていたら、新しいマンガなんて描けるわけがない。


来年は還暦。ふた回り目の人生がはじまるわけで、あらためて追求していきたいですね。まだ、なんかあるんじゃないかって。


会社員を辞めて36歳でマンガ家になった。でもなかなか売れず、40代は不安でね。売れたい一心で描きたくないものまで描いちゃって、後悔してますよ。


サラリーマン時代の経験は当然、大いに役立っています。たとえば、マーケティングに携わった経験上、売れる・売れないはある意味博打だということを痛感していました。だからこそ焦らず、独自の道を貫くことができたと思います。独自の道を行きすぎて、今では漫画界の「辺境」に来てしまいましたが(笑)。


ずっとサラリーマンと漫画家の「二足のわらじ」生活を続ける選択肢もあったと思います。漫画家としても、サラリーマンの世界を知っていることは大きなメリットでしたし、一方、会社でも「マンガが描ける人」ということで、いろいろなプロジェクトに参加させてもらえました。でも、徐々に「どちらも中途半端になってしまうんじゃないか」という思いが芽生えてきたのです。当時、吉田戦車さんのような新しい漫画家が出てきて、このままでは取り残されるという危機感もありました。一方、会社でキャリアを積むためには、地方への転勤も覚悟しなければならない年代に来ていました。どちらかの自分を「リストラ」しなければ、すべて中途半端になってしまう。そう思い、36歳のときに独立を選んだのです。


どこかで自分の一部を「リストラ」するタイミングは、誰にでもあるはずです。でも、リストラされたほうの経験も、必ずいつか生きてくるはずです。


紫綬褒章をいただいたことには、何より自分が一番びっくりしています。理由は正直わかりませんが、私が普通の漫画家と比べ、いろいろな分野に挑戦してきたこと、また、社会から目をそらさなかったことを評価してくれたからかな、と思います。


不安はいまでもありますよ。不安だから柄にもなく、大学の教授をやってみたりね。だって一応、定期的な収入があったほうがいいんじゃないですか。こう見えて、心配性の、超安定志向なんです(笑)。


40代に入ってすぐ、文藝春秋漫画賞や手塚治虫文化賞をいただいたんですけど、本はそれほど売れない(笑)。やっぱり僕が目指したものと、みんながほしいものとは違うのかな、と思ってね。もっと噛み砕いて描いたほうがいいのかなと思って、40代は「わかりやすいもの」を目指したり、ほかにもいろいろ手を広げたりしたんですけど、もっと自分の描きたいものをつきつめればよかったなあ……と。だって人の思いつかない視点で描かなければ、自分でマンガを描く意味ないでしょ? ですからこれからもっと攻めていきたいんです。


しりあがり寿の経歴・略歴

しりあがり寿、しりあがり・ことぶき。日本の漫画家、マーケッター。静岡県出身。多摩美術大学卒業後、麒麟麦酒(キリンビール)に入社。サラリーマンとしてマーケティング業務に携わりながら漫画家として活動。その後独立し、専業漫画家になった。主な受賞に紫綬褒章受章、『時事おやじ2000』『ゆるゆるオヤジ』で文藝春秋漫画賞、『弥次喜多 in DEEP』で手塚治虫文化賞マンガ優秀賞、『あの日からのマンガ』で文化庁メディア文化祭マンガ部門優秀賞をそれぞれ受賞。

他の記事も読んでみる


橋本和恵

話が長いお客様を煙たがる営業マンは多いですが、こういうお客様の話こそじっくり耳を傾けるべき。気持ちよく話すことで満足感と、こちらへの親近感をもってもらえば、その後の商談も運びやすくなるはずです。


柳井正

意見を自由に言える社風は大切です。僕はいつも言うのだけれど、社長の指示した通りに現場の社員が実行するような会社は間違いなくつぶれます。現場の人間が「社長、それは違います」と言えるような会社にしておかないと知らず知らずのうちに誤った方向に進んでしまいます。ただし、現場の社員は社長が本質的に何を指示しているのかを理解しておくこと。それを現場の判断で組み替えていくのが仕事なんです。


森川亮

一番大事なのはスピード。スピードを落としたら競合に負けてしまう。


岩田松雄

経営は人がすべてである、と実感していましたから、社員のモチベーションを高める施策を数々実施しました。初めてお店に自由裁量予算をつくったスターバックスでは、こんな出来事もありました。ある雨の日、店舗の目の前で交通事故が起こりました。それを目撃したスタッフが、事故を起こし茫然と立ちつくしている女性に、一杯のコーヒーをお渡ししたそうです。その後私は、女性からいただいたお礼の手紙で、そのことを知りました。


ベイジル・ヘンリー・リデル=ハート

大軍を相手にするときは、敵軍を細かく分断して順次に撃破せよ。


分林保弘

多くの人が、潜在的に能を観たい、あるいはやりたいと思っているんですよ。日本人は心の奥底で能・狂言に関心があると思います。でも、どうやって習ったらいいのか分からない。だから僕が声をかけると、自分もやってみたいと言ってくれます。ですから、能を観る人、演じる人を5倍、10倍にすることはできると思っています。


アンディ・ウォーホル

人はいつも、時が物事を変えてくれると言うが、実はそれはあなた自身で変えなくてはならないものなのだ。


ページの先頭へ