さかなクン(宮澤正之)の名言

さかなクン(宮澤正之)のプロフィール

さかなクン(宮澤正之、みやざわ・まさゆき)。日本の魚類学者、タレント、イラストレーター。東京出身、神奈川育ち。幼少期から魚類に並々ならぬ関心を抱き、中学3年時にカブトガニの人工孵化に成功。高校3年時にテレビ東京系のバラエティ番組『TVチャンピオン』の「第3回全国魚通選手権」に出場し優勝。その後5連覇し殿堂入りを果たす。魚類に対する豊富な知識と、独特の明るいキャラクターで人気を博した。日本政府クールアースアンバサダー、農林水産省お魚大使、環境省「環のくらし応援団」メンバー、JF全国漁業協同組合連合会魚食普及委員、WWF親善大使、WWFジャパン顧問、ユネスコ国内委員会広報大使、グアム政府観光局「ハッピー大使」、千葉県立安房博物館客員研究員、千葉県館山市「ふるさと親善大使」第一号、静岡県御前崎市なぶら親善大使、新潟おさかな大使、よしもとおもしろ水族館研究員、東京海洋大学客員准教授、自然のめぐみ教室海のめぐみ教室室長、魚類のイラストレーターとしても活躍した。

さかなクン(宮澤正之)の名言 一覧

本当に好きな道を突き進んでいくと、ムダなことは何もない。


本当に好きで心から願っていると、お魚はもちろん、周囲の人たちも手を差し伸べてくれます。


人生こうあるべきじゃないかと深刻に考えるよりも、夢中になっているお魚をひたすら書いたり、調べたりすることのほうが自分には自然でした。


自分の知識の中で答えられないこと、文献でも調べられないことが出てきたら、ためらわず専門家の先生に電話をします。お相手が、お会いしたことがない先生でも。


お魚が生命をつなぐ姿は美しいのです。卵を一生懸命に守っているときは、小さなアイナメでも人に対して威嚇してくるんですよ。そんな姿を見ると、自分も頑張らなければと思います。


海の生物には、その生き物ならではの役割があり、上手に棲み分けがされているんです。まったく違う生き物同士で役割分担して助け合うように生きている、クマノミとイソギンチャクの仲間。ハゼの仲間とテッポウウオの仲間。また、掃除魚と呼ばれるホンソメワケベラのようなお魚もいます。人も同じで、それぞれの人が自分の役割を果たすことで社会が成り立っています。これは自分の得意分野だ、譲れない、というものをひとつでも持って、誇りをもってお仕事をすると、きっと楽しくなると思います。


お魚を仕事にさせていただけることは本当にありがたいことです。ただ、すべての仕事に締め切りがつきものですので、イラストのお仕事など、ときどき「ギョエー、時間がない!」なんて思うこともあります。自分にとってはお魚の絵を描いて多くの人に見ていただくことも夢でした。夢が叶ってお仕事ができているのに、「時間がない」なんて言っちゃダメだ、と思って頑張っています。


お魚に会えたらそれだけで嬉しいですし、食べることができたらその味わいにも感動します。お魚を通じての多くの皆様とのギョ縁(ご縁)、絵を描く喜び、それから、お魚の素晴らしさを伝える喜びもあります。


同じお魚でも大きさや色や味わい、すべて異なります。それぞれのお魚に固有の魅力があり、奥深い。だからこれからも、自分の足でたくさんのお魚に会いに行って、目で見て香りをかいで、舌で味わうなど、五感を使ってお魚を研究していきます!


昔から大好きなお魚を見ると、身体の中で爆発が起きたように感動するのですが、以前は表現として出さずそれを全部体内で消化していました。このままだといつか倒れるんじゃないかと思っていたのですが(笑)。あの番組(テレビ東京系のバラエティ番組『TVチャンピオン』の全国魚通選手権)に出たとき、正解すると周りの皆様も一緒に喜んでくださったのが嬉しく、気が付くと自然に飛び上がって喜んでいました。「喜びって外に出して表現していいんだ!」と気がついて。だから、さかなクンが「ギョギョ!」っていったり跳んだりしているときは、本当に感動しているときなんですよ!


当時、テレビを観て「ここに出ればいろんなお魚に会える!」と思って、初めて自らチャレンジしようと思ったことなんです。
【覚書き|テレビ東京系のバラエティ番組『TVチャンピオン』の全国魚通選手権に出場したきっかけについて語った言葉】


「どうしても聞きたい!」「あの先生に会って話してみたい!」となると止まらない。好奇心とワクワクで飛び込んでいくと、皆様が受け入れてくださいます。それが結果的に、お魚を通じた人の輪を広げてくれているのかもしれません。


自分にとってはお魚屋さんも、市場の方々も、漁師さんも、研究者の先生方も、皆さまがお魚や海・大自然のことを学ばさせてくださる素晴しい先生。教えてくださること、お話してくださることへの感謝でいっぱいです。


自分の中で、ひとつ支えになっていたのは、小学校6年生の時の家庭学習です。週末に出る宿題で、自分の好きなお魚を調べて絵と文を書き続けました。当然、毎回毎回、お魚のことを提出していたら、担任の先生が「職員室ですごい評判だよ。絵も上手だから廊下に貼り出そう」と、仰ってくださって。自分の描いたお魚の絵をちりばめた壁新聞を、周りの友だちも立ち止まって見てくれたんです。それで、描く喜びがさらに増していき、お魚のことを伝える楽しさを知りました。この時の嬉しさは、いま、新聞や雑誌で連載させていただいている喜びの原点です。


いま、日本の近海におよそ4000種のお魚がいるといわれています。そのうち、会ったことのあるお魚は約1800種。10年以上前に、千葉の館山へ引っ越したのも、もっともっとたくさんのお魚に会いたかったから。実際、「会いたい、会いたい」と念じていると意外と姿を見せてくれるものなんです。


さかなクン(宮澤正之)の経歴・略歴

さかなクン(宮澤正之、みやざわ・まさゆき)。日本の魚類学者、タレント、イラストレーター。東京出身、神奈川育ち。幼少期から魚類に並々ならぬ関心を抱き、中学3年時にカブトガニの人工孵化に成功。高校3年時にテレビ東京系のバラエティ番組『TVチャンピオン』の「第3回全国魚通選手権」に出場し優勝。その後5連覇し殿堂入りを果たす。魚類に対する豊富な知識と、独特の明るいキャラクターで人気を博した。日本政府クールアースアンバサダー、農林水産省お魚大使、環境省「環のくらし応援団」メンバー、JF全国漁業協同組合連合会魚食普及委員、WWF親善大使、WWFジャパン顧問、ユネスコ国内委員会広報大使、グアム政府観光局「ハッピー大使」、千葉県立安房博物館客員研究員、千葉県館山市「ふるさと親善大使」第一号、静岡県御前崎市なぶら親善大使、新潟おさかな大使、よしもとおもしろ水族館研究員、東京海洋大学客員准教授、自然のめぐみ教室海のめぐみ教室室長、魚類のイラストレーターとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

ハンス-ポール・バークナー

常に聞く耳を持つこと、目を開いていることが大事です。自分とは違う文化、風土から何を学び取ることができるか。自分のスタイル、流儀に固執すると、せっかくの学べる機会を失うことになります。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

仕事の進め方としては、バグはとても恥ずかしいことなので、大きなプログラムを組むときほど、テストを細かく刻みながら、コツコツやることにしています。そうすれば、「今日やったところまでは動く」となるので、大失敗ですべてやり直し、とはなりませんから。


藤原弘治

現場の声をフィードバックして、そこで意見交換をさせていただくことが大事です。今、日銀総裁も副総裁もオープンマインドですし、積極的に対話をしていこうという姿勢をお持ちなので、現場に近い我々、特に私は頭取としての全銀協会長になりますが、現場で何が起きているか、実態をしっかり話して意見発信につなげていきたいと思っています。


芳井敬一

10年ほど神戸製鋼所のグループ会社で働いてから大和ハウスに転職しました。神戸製鋼所を辞めたとき、もう一度、人生を見直そうと適性検査を受けたところ、営業の適性が二重丸と出ました。大学卒業の時にやりたくない仕事が営業でしたが、逆にやってみようと。できれば上場会社で営業の厳しい会社でやりたいと。


村口和孝

誰か顧客に、何らかの商品やサービスが届けられる能力を持つこと、これが会社存続の最低要件。


藤沢晃治

報告書を書き終わったら、そのまま提出せずにきちんと推敲してみましょう。長さを意識せずに書いた報告書には、重複やムダな表現がたくさんあります。私の経験でいうと、きちんと推敲して文章を詰めていけば、たいていは3分の2の長さまで縮めることができました。忘れずに推敲する習慣を身につけることで、報告書はグッと短く読みやすくなるはずです。


冨田英揮

リーマンショックでは、求人ビジネスのマーケットは3分の1まで縮小し、多くの同業他社が大規模なリストラに踏み切りました。しかし我々はそれをせず、逆風下でも人を守り育てました。景気の風向きが変わったとき、アベノミクスという追い風にいち早く乗ることができたのも、弊社には人材が質・量ともに揃っていて、彼らが成果を発揮してくれたからなんです。


立花隆

その分野に関連する本を全部買ってきて片っ端から読むと、教科書のような本に当たるからそれを精読する。


赤江珠緒

私は自分のことを種みたいだな、と思っています。風任せでどこにふわーっとたどり着くかわからない種。そんな私ですが、着いた場所が沼地でもジャングルでも受け入れて、開拓して、自分なりの花を咲かせるつもりで仕事には打ち込んできました。何をやっても三日坊主ですが、仕事なら続けられるんです。今はフリーになったからこそ開けられる扉があることを実感しています。


古川裕倫

舐められるような上司は、失敗に対してすぐに犯人捜し・魔女狩りを始める。「これは誰の責任だ」と。怒鳴っても失敗は戻らない。それどころか、部下たちは責任を押しつけられることを恐れて、挑戦も成長もしなくなる。


熊谷正寿

日本で一番になったサービスのみ持っていきますので、タイやベトナム、ミャンマーなど、合弁で立ち上げた拠点は勢いがあります。すでにインフラ事業と金融事業が伸びていて、将来が楽しみです。


森秀明
  1. 事実はどうなっているか(証拠)。
  2. そこから何が言えるか(主張)。
  3. なぜ、それが正しいのか(保証)。

提案書作成時には、この「3つの問い」を繰り返し自問自答し、証拠・主張・保証を明らかにしましょう。特に強調したいのが、おろそかになりがちな「保証」です。


橘木俊詔

当たり前のことですが、60歳になった途端、急に下流に転じるケースはほぼありません。現役時代からの差が積み重なり、格差が生じるのです。


石田淳(コンサルタント)

部下から信頼を得ていれば、きつい言葉で叱っても相手はしっかり受け止めてくれます。しかし、近くを歩いているおじさんにいきなり同じことを指摘されたら、たとえ正論でもカチンと来ます。発言内容は関係ありません。敵をつくるかどうかは、信頼関係次第です。


ウォルト・ディズニー

子供のため、もしくは批評家のために作られた作品はヒットしない。私は子供のためにも、批評家のためにも映画を作ったことがない。ディズニーランドは子供たちだけのものじゃない。私は相手に合わせてレベルを落としたりはしない。


ページの先頭へ