名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

さかき漣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

さかき漣のプロフィール

さかき漣、さかき・れん。日本の作家。立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。著書に『エクサスケールの少女』。

さかき漣の名言 一覧

互いが違う文化歴史や思考を持つために問題に直面することがあっても、黒白の二元論ではなく、美しいグレー、澄み切ったライトグレーを目指して、何とか上手く折り合いをつけていくことこそが、人類のユートピアへの道ではないかと考えています。


さかき漣の経歴・略歴

さかき漣、さかき・れん。日本の作家。立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。著書に『エクサスケールの少女』。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

私は学生時代、まだリクルートの内定者だった時期にアルバイトで働いていました。学生ということで「お客さん」のように扱ってくれるものと期待していましたが、甘かった。いきなり営業部に放り込まれ、「契約を取ってこい」と言われました。当然、そんなことはできるわけがない。サークルのボスとしてふんぞり返っていた私は初めて鼻を折られたのです。自分はまだ、社会人としては何のスキルもない。まして「世界の中心」になどいないのだ。ここで「地動説」への転換を余儀なくされました。私は早い段階で自らを「自分は所詮、その他大勢なのだ」と相対化することができたおかげで、「会社の一員として」仕事に邁進することができるようになった。


ジョン・F・ケネディ

我々の問題は、人間が生んだものである。それゆえ、人間はそれを解決することができる。


池谷裕二

受験生のころ、「必勝合格」と壁に貼って自分を励ましていた人はいないでしょうか。泥臭い印象があるのか、最近は以前ほど見かけなくなった気がします。しかし、精神論だといって馬鹿にしてはいけません。紙に書いて自分にハッパをかけるのは実は理にかなったやり方なのです。無意識に脳にメッセージが届き、やる気をかきたててくれるのです。


駒村純一

いくら、優秀な若い人材を獲得できても、その能力を引き出せなければ、会社も成長できない。従来は人材紹介会社からスキルやキャリアに基づき紹介を受けて採用していましたが、ミスマッチが多かったのです。今はその人の「意識」を重視しています。それは、伝えて、広めて、浸透させるといったエバンジェリスト(伝道者)を欲しているからです。


藤本昌義

経営統合による融合という段階は終わり、双日の社風をつくるスタート地点に立った。「双日らしさ」というのは、今後我々が得意なところを広げて商売を拡大していく中で、双日はこういうところが得意なんだ、そういうところが「双日らしさ」なんだと皆さんに認識されていければいいと思っています。


船間隆行

販売から管理までを自社で提供する体制は、すべて必然性から生まれたものです。投資用マンションを販売すれば、誰かが家賃の集金をし、建物の管理をしなければなりません。お客様に安心してマンション経営をしていただくためには、私どもが一括管理でサービスをご提供するのが理想です。そのために、賃貸管理や建物管理の会社を設立した結果、今の体制になりました。


岩片和行

現場をスムーズに回すためには、スタッフたちに「うちのリーダーは頼りになる」と思ってもらえるかどうかが、ひとつの勝負でした。


三木雄信

上司とうまくいっていない人は、話が噛み合っていないのだと思います。上司が部下に期待していることと、部下が思っていることの間にズレがあるのです。話が噛み合っていないために、見当違いな発言に、カチンときてしまう。同じことを何回も言い聞かせなければならない。そんな相手と働くのは、骨が折れます。


松井道夫

他人の、しかもそのマジョリティ(多数派)がやっていることが、その時代に必ず合っているわけではありません。時代はどんどん動いているからです。頼るべきは、自分なりの時代観です。社会変化のベクトルを自分なりに探すのです。ベクトルとは、「方向」と、「動く大きさ」なり「スピード」です。それに商売を合わせれば、とてつもない利益が上がるんじゃないか、ということです。


門昌央

相手がイエスと言いそうだけれども、なかなか言わないときにお勧めなのが、「もうこのあたりで決めてしまいましょうかねえ?」と相手に委ねる言葉です。相手に問いかけながら、「そろそろ決めてくれ」と自分の希望をメッセージにするのです。


堺屋太一

個人も組織も、ひとつのことが成功すると、同じことばかりを手がけたがる。イギリスのことわざに「競馬のやりはじめに大穴を当てた者は破産する」というのがある。万馬券に味を占め、大穴狙いがやめられないからだ。


安達稔

過去何度となく襲われた厳しい状況を乗り越えられてこられたのは、経営者に志があったからです。その志のもとに全社員が結集し、一丸となって難局を乗り切っていく。そうした機運が会社の中にみなぎっていましたし、日本の企業社会全体がそういう空気に満ちていました。