名言DB

9412 人 / 110637 名言

さかき漣の名言

twitter Facebook はてブ

さかき漣のプロフィール

さかき漣、さかき・れん。日本の作家。立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。著書に『エクサスケールの少女』。

さかき漣の名言 一覧

互いが違う文化歴史や思考を持つために問題に直面することがあっても、黒白の二元論ではなく、美しいグレー、澄み切ったライトグレーを目指して、何とか上手く折り合いをつけていくことこそが、人類のユートピアへの道ではないかと考えています。


さかき漣の経歴・略歴

さかき漣、さかき・れん。日本の作家。立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。著書に『エクサスケールの少女』。

他の記事も読んでみる

峯島忠昭

21歳の頃、リアルタイムで『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで、「株はバーゲンのときに買いなさい」と書いてあったので、9.11テロが起きて株安になったとき大量に株を買いました。元手にしたのは高校卒業後2年間ほど、食事付きの寮がある営業所で新聞配達員をして貯めた600万円です。そのとき買った株価がすべて上がったことが不動産投資に繋がっていきました。


佐藤裕久

どの店でも同じという、チェーン店のオペレーションは、運営会社側の都合で考えられたもので、決してお客様のためのものではない。


マギー司郎

他の誰かと自分を比べる必要もないし、賢く立ち回って競争に勝つ必要もないんじゃないかな。世の中、完璧な人がいるように見えるけど、じつはそのときすごいだけだから。いつ失敗するかわからない。結局、ダメな人も、スゴイ人もいないのがホントだなって思うの。


岡田正昭

ワンダ、三ツ矢サイダー、十六茶などを含め、それら基幹商品を盤石にするとともに、価格ではなく付加価値やオリジナリティの高さでヒット商品を生み出し、強いブランドの集合体になることが目標です。


仲村トオル

僕らの仕事は台詞を覚えることがゴールではありませんが、まず覚えないことには仕事が始まらない。だから、覚えたところがスタート地点なんです。


中村直樹

伊勢丹では一貫して、婦人服や婦人雑貨の部門にいました。入社時に希望したわけではないんですが、なぜか婦人靴に配属されていた。一年目は、倉庫に一日中こもって、婦人靴の入庫や返品業務ばかりしていました。しかし、倉庫の単純作業は嫌だったわけではありません。それに、毎日、靴の入庫や返品をしていると、どんな靴が売れて、どんな靴が売れないのかがよくわかってくるんです。この経験が、のちに靴の販売や買い付けをしたときに活かせました。


小山昇

そんなの(会計の知識)はまったくいらない。細かい数字で時間を取られるようなことはやらない。コンピュータに計算させればいいことでしょ。数字は大事だが、それは単純でないといけない。社員には単純なことをやってもらわないと、業績は上がらないのですよ。


松重豊

30代半ば、大河ドラマへの出演を皮切りにテレビの仕事も増えていきました。ただし、舞台と映像では勝手も違う。劇団と違い、誰も教えてくれない。必死で自分の演技をチェックして独学で研究しました。いまでも勉強の日々です。


津谷正明

ブレない姿勢を示すことがCEOに求められている不可欠な要素。


渡邊剛

ドイツでは、ストイックな環境にいられたこともよかったですね。お金もない。言葉は話せない。残念ながら彼女もいなかった。周囲に享楽的なものが何もなくて、手術が終わって夜に自分の部屋に戻ると「今日、教授はこんなふうに糸を返していたな」なんて、その日の作業を忘れないようにノートにつけていた。


小宮山宏

部分を集めても全体にはならない。


鈴木茂晴

自分が嫌なことをやっているときは一分でさえ非常に長く感じますが、好きなことをやっているとすぐに時間は過ぎていき、一時間が一分くらいに感じます。やはりいかに楽しく過ごすかが大切で、それは人間の幸福そのものであると思います。


秋田正紀

普通の百貨店にならないように、いま一度、気を引き締める必要があります。「スペシャリティー・デパートメントストア」として、もっとしっかりとお客様から存在を認めていただかなければなりません。


藤沢久美

仕事に取りかかるまでのアイドリング時間をできるだけ短くするというのは、とても大切なことだと思います。細かいことですが、たとえば、原稿の執筆であれば、原稿がすぐに書けるように、パソコンはつねにONにしておく。休憩中でもスリープ状態にして、資料などのファイルも開いておき、すぐに書きはじめられる状態にしておく。そうすると、やる気が起きたときにすぐに取りかかれるでしょう。逆に、そこでイチから準備していたら、せっかくのやる気が削がれてしまいます。


細川馨

ビジネスには、分野ごとのオーソリティ、プロフェッショナルが多く存在します。彼らを新たな「パワーパートナー」に迎えることで、お客様が求める課題を解決していくことが可能となる。