さかき漣の名言

さかき漣のプロフィール

さかき漣、さかき・れん。日本の作家。立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。著書に『エクサスケールの少女』。

さかき漣の名言 一覧

互いが違う文化歴史や思考を持つために問題に直面することがあっても、黒白の二元論ではなく、美しいグレー、澄み切ったライトグレーを目指して、何とか上手く折り合いをつけていくことこそが、人類のユートピアへの道ではないかと考えています。


さかき漣の経歴・略歴

さかき漣、さかき・れん。日本の作家。立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。著書に『エクサスケールの少女』。

他の記事も読んでみる


鈴木おさむ

人がしていないこと、やってみたいことを持っていれば、付加価値と言える。


小山昇

生産性の低い会議はムダの極致です。会議にムダがあることに気づいていながら会議を減らせないのは、問題の意思決定システムがないからです。武蔵野の会議は、職責の低い順に、1人2分から最大7分で発言し、時間が来たら打ち切りです。発表内容は「数字報告」「お客様からの声」「ライバル情報」「本部・ビジネスパートナー情報」「自分の考え」の5点です。マーケットには、お客様とライバル会社しかいません。お客様とライバルの情報がない会議は無意味です。全員が発言を終えるまで、私はひと言も発しません。全員が終わったところで、「高橋さんの○○は人を増員」「鈴木さんの□□は毎週開催」と、その場ですべて決定します。これで会議は終わり、決まったことが実行に移されます。


奥田務

私は日本の百貨店を外から観察して問題の本質を見抜きました。そしてこれを基に経営改革を進めました。変化を先読みできたから、松坂屋と統合してマルチリテーラーに変わることができた。つまり、「烏の目」こそ経営者に欠かせない大切な資質なのです。


中込純

電話番なんていらない。これが私の信条です。人口が減少に転じる中で、コールセンターは取引先企業と消費者をつなぐ電話番だけでは勝ち残れません。保険・証券、通信販売、製造業……。様々な業種を対象に、電話で注文を受けて商品を提供するところまで手掛けたり、時には消費者から届くご意見を分析したりと、取引先企業の右腕になってこそ本領発揮です。


原田隆史

成功するための第一歩は周囲に認められること。時間を守る、掃除をする、挨拶する。これら基本的な3つのことを続けて習慣にしていけば、周囲はその人を応援したいと思うようになる。そうすると自分の意欲もわいていくものです。


岩崎裕美子

世の中のワンマン社長は自分がワンマン社長と気が付いていないことが多い。私もそうでしたから。


土井健資

社内に「私の声」という箱を設けて、仕事に関する意見からプライベートの相談まで、どんなことでも投函してもらい、社員の気持ちに寄り添えるよう努めています。箱の鍵は私しか持っていませんので、投函内容を他の人に知られることはありません。投函した社員とじっくりと話し合って、一緒に問題解決を図っています。


ページの先頭へ