名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

こだま(作家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

こだま(作家)のプロフィール

こだま。日本の作家、エッセイスト、主婦。小説『夫のちんぽが入らない』が漫画化、テレビドラマ化された。Yahoo!検索大賞小説部門賞を受賞。

こだま(作家)の名言 一覧

「普通」を手に入れるのはとても難しい。そんな基準があるのかさえ疑わしい。


「これが最後かも」と、毎回どこか観念しながら書いています。綱渡りです。だからこそ後悔のないように心を込めて書きたい。


人の顔色をうかがってビクビクし、失敗ばかり繰り返す。仕事も続かない。病気にもなる。私の過去は惨めなことばかりだと思っていました。でも失敗と一括りにしていたものを紐解いてみると、愉快な出来事もたくさんあった。地味ながらも意外と楽しんでいたんじゃないかと過去をようやく肯定できるようになりました。


人と顔を突き合わせることに苦痛を感じる私にとって、書くことは救いでした。話すことは苦しいけれど、文字ならば心の内を伝えられる。子供の頃は日記帳だったものが、いまではブログや同人誌、そして商業誌や書籍に変わりました。書くことによってたくさんの人と繋がることもできた。言いたいことを思う存分言える性格だったら、書く世界に足を踏み入れてなかったと思う。口下手でよかったと思えるようになりました。


自分の「普通」じゃない顔面や、それを苦しく思う気持ちは、家を引っ越すように簡単に解決できませんでした。いまもトラウマがあり、人に会うのはとても緊張します。でも、それは自分が勝手に判定していること。自ら「普通」じゃないという枠を作り、苦しんでいる。私だけじゃないし、そもそも「普通」がどうこうなんて馬鹿らしいよ、と過去の自分に教えたい。


どの作品も中心にあるのは自分の弱さです。育った集落や家族への不満を並べて終わりにはしたくなかった。自己肯定感が低いまま、変わろうとしなかった自分について書くことで過去に決着を付けていく。そんな作業のように思えました。一冊の本にできるくらいの失敗があったんだから、それはもう成功と言っていい、私の人生はうまくいっている、と自分に言い聞かせたい。無理やにでも自己肯定感を上げていこうと思います。


医者に「完治することはない。ずっと向き合っていかなければいけない病」と言われた日から、嘆いても意味がないと悟りました。落ち込んでもキリがないから、落ち込むことを諦めました。明朗な性格ではないので、カラッと明るい文章は書けないけれど、現実を見つつ淡々と、自虐を込めて書いてます。明るい人だけがポジティブなわけではない。ひねくれた前向きさもあると信じています。


私には生まれつき顔面に茶色い痣、耳の後ろにはカブトムシくらいの肉厚で大きなほくろがありました。私はそれを恥ずかしく思い、いつも髪の毛で隠していた。ただ、顔面のコンプレックスにとらわれていた年月は無駄だったとは思っていません。クラスの笑われ者になった人、卑屈になってしまった人にしか見えない世界があり、それを体験として書けたことは結果的によかった。


「女は~」とか「妻は~」「教師は~」という大きな視点からはとても書けそうにありません。私はどの立場においても脱落しており、何かを語る資格がないように感じてしまい、「私は」で始まる個人の話を書いています。集落、家族、教室、病室……と狭い人間関係で生きてきたことも関係するのかもしれません。私が書けるのは、そんな日常の些細な出来事だと思っています。


次はエッセイのほか、小説を書く予定です。身の回りの出来事から少し離れ、新たな挑戦になりますが、言葉や体裁を飾らずに書いていきたい。少数派の気持ちをわかりやすい文章で、読んだ人の心に届くように。一作目が『夫のちんぽが入らない』だったので、何を書いても「前ほど怒られないだろう」と思えるようになったのは得です。


こだま(作家)の経歴・略歴

こだま。日本の作家、エッセイスト、主婦。小説『夫のちんぽが入らない』が漫画化、テレビドラマ化された。Yahoo!検索大賞小説部門賞を受賞。

他の記事も読んでみる

豊田章一郎

「トヨタも100年後、200年後はどうなるかわからん」と社内に言い続けています。


山本梁介

お客様を感動させるおもてなしマインドは「ここまでやってくれるのか、ここまで考えてくれたのか」という程のサービスを提供しようとする意識。


川村隆

お客様のニーズは、時代とともに常に変わる。それに合わせて、事業も変わっていかねばなりません。ヒト、モノ、カネを適切な事業に振り替えることが必要です。


水谷孝次

とにかく、まずアクションを起こしてみること。そうすれば、少なくとも「思いを実現する力」は確実に鍛えられます。そしてこの力は、どんなスキルよりもずっと重要なものなんです。


築山節

疲れてきたら「ボーッとする時間」を作ってください。新しい情報の入力や分析などの作業で、脳を稼働させ続けると、負荷がかかります。情報を整理する時間を与えてあげないと、集中力も処理能力も落ちます。


塩沼亮潤

企業社会で言えば「社長の肩書」も仮のものでしょう。地位や権力におこ守り、関わる人たちを軽んじたり無理を強いたりするのは愚かなこと。先を行く者は「親の目」で関わる人々に心を配り、時に厳しく、しかし慈悲の心を忘れずに接する。そして厳しい状況にあっても自らを律し、範を示す。そうした背中を見て育った者が、やがて志を継いでいく。


西尾太

40代ではとくに人材育成と専門性が大切。部下がいるのに、相談に乗るどころか、雑用係のように扱う人も少なくない。そういう人は個人として成果を出しても、周りからは困った人だと思われてしまう。


小路明善

現在、ドライのブランドエクステンション(拡張)を行うなど挑戦しています。守りに入るとブランドは陳腐化し、魅力は失せていきます。


井阪隆一

鈴木(敏文)会長と私は、いわば師匠と弟子の関係です。鈴木会長との様々な商品開発を通して、「トップは妥協してはいけない」ことを学びました。その意味では、セブンは経営と現場とが近い会社だと思います。


羽鳥兼市

水をたくさん飲んで走って、帰ってきてまた水を飲むと、汗がぶわっと噴き出てくる。そうすると悩みも一緒に噴き出て全部なくなる。


松井忠三

人事を全体最適にするには、私情を挟みにくい仕組みが欠かせない。


泉谷閑示

精神科医として接してきた人たちの悩みを振り返ると、かつては「愛情への飢え」や「劣等感」「人間不信」が中心でした。これらは熱い情念が絡む「温度の高い」悩みです。ところが最近は「自分は何をしたいのか分からない」と、自らの存在意義や生きる意味を問うものになっている。独り密かに苦悩する「温度の低い」悩みなのです。こうした病態は「新型うつ」と呼ばれ、従来の精神医学では歯が立ちません。その苛立ちからか、専門家の中からは「精神医学が真正面から扱うに値せず、患者の意志の薄弱さがそもそもの原因である」という乱暴な意見も出ています。この最も人間的な苦悩から目を背けるのならば、精神医学や心理学は一体、何のためにあるのでしょうか。